--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.08.09 (Thu)

バタバタッ

朝早く急いで最後の晩餐の場所へ。







ダヴィンチの描いたのとは雰囲気違うけど、ここがキリスト最後の晩餐の場所なんだろう。

Mr都市伝説によると、キリストの死後ここにイスラムのモスクが作られたそうで、建物はたしかにモスクっぽいです。

そして、最後の晩餐の場所の下には何があるのか。


そこにはイスラエル建国のダビデ王のお墓。

そう、ここはイスラム、ユダヤ、キリストの3宗教が一つになる場所。

同じように3つの宗教のシンボルを掲げる場所がある。

それは「フリーメイソン」




てな感じでテレビでは次にフリーメイソンとのからみ話になるんですが、わたしはここまで~

急いで宿に帰って荷物を持ち、
9時前に乗り合いタクシー乗り場へ。
人数集まらないと出発しないという話やったけど、わたしと旅友2人のあと欧米人カップルが乗ってすぐ出発してくれました。

そこから50分ほどで、イスラエル側の国境アレンビー橋に到着。
めっちゃ高い出国税176シェケル、3460円を払って厳しいとウワサの出国審査へ!


…とくに何も聞かれんかった。

ヨルダン側の入国もあっさりで、9時にエルサレム発、13時にアンマンの宿にチェックインできました。ヨルダン国境から乗ったタクシーに変なとこで降ろされたせいで、道がよくわかんなかったけど、まわりの助けもあり、無事到着。

今夜1日だけの宿は「Abbasi Palace Hotel」日本人宿はあまりに汚くてもうヤなので、一緒にヨルダン帰ってきた旅友2人と分かれて一人でこっち宿泊。

3人ドミを独り占め♪( ´θ`)ノ



1泊朝食つきで7ディナール、775円。
こないだ泊まってたマンスールは1泊4ディナールで445円やけど、ご飯ついてないし、汚いしもう行きたくなかった。

旅友探しと情報集めにはいい宿なんやけども。

さあ、ゆっくり休んで明日はいよいよヨーロッパ入りっ!スペインに行きます☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
スポンサーサイト
19:18  |  イスラエル  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2012.08.09 (Thu)

ショッピング♪( ´θ`)ノ

買ってしまいました\(//∇//)\



エコバーーーッグっ!

1100円。高いよね、うん、分かってるの。でもやっとこのタイプのペタンコバッグみつけたもんで、つい…

これ、買った場所は「The Garden Tomb」イエスが亡くなったあと安置され、3日後に復活した石窟がある場所なのです。

ここからは「やりすぎ都市伝説スペシャル2012春」風にお送りします。

信じるか信じないかはあなた次第です。

一説ではこここそがイエスが磔刑され亡くなった場所ではないかとも言われている。イエスの墓についての聖書の記述の中で記されている全ての特徴がここにあるからだ。





イエスが安置されたのち、復活したとされる場所。





鉄格子で閉じられているこの場所には石灰石の小さな石窟。



イエスが安置された壁には「A:アルファ」「ω:オメガ」の文字と十字架が書かれていた。その上には「IC:イエス」「KC:キリスト」の文字があった。



謎多きキリストの死。

我々が新市街へのショッピングのあと、次に向かったのはレオナルド・ダ・ヴィンチの描いた「最後の晩餐」の舞台となった実際の部屋。


その部屋にはあるメッセージが隠されているとMr都市伝説は言う。





すいません。

18時に行ったら閉まってて…中まだ入ってないのです。

明日はヨルダンに帰らねばならないので、一か八か朝一にもっかい行って来ます!
ここまで来たら全部見たいっ!

都市伝説スペシャルはまた次回!
05:47  |  イスラエル  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2012.08.08 (Wed)

連続

イスラエルはなかなかに物価が高くて困ります。

昨日今日の晩ご飯はケバブサンド。

ラマダン時間が終わると一斉にご飯屋台が出るので、わたしらも食べに出ます。

パンの中に、チキンと羊の串焼きにしたやつが入り、(チキンばっか、羊ばっかも可)



野菜類を自分で詰め込んで完成。



塩コショウしていただきます。
こっちのピクルス美味しいのでモリモリ詰め込んでます。

これで、10シェケル。約200円。タイなら5食は食えるワ…(´Д` )

明日もう1泊して、明後日ヨルダン帰ります。

明日はねえ…
女子だけでウインドーショッピング!!お金ないから買わないけど。新市街、旧市街全部回っちゃいま~す(^∇^)
カンボジアで買ったゾウさんシャツにカレーつけてダメなったからTシャツ1枚くらい買っちゃおかな。

もしくは、なんちゃってクリスチャンになって、十字架のネックレスとか。でもユダヤの六芒星も捨てがたい…

女子の悩みよのう…
03:20  |  イスラエル  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2012.08.08 (Wed)

そして最後の地へ

ベツレヘムから戻ったあと、時間があったのでイエス最後の地、ゴルゴダの丘へ。
イエスが裁判で有罪とされてから、十字架を背負って歩くゴルゴダへの道が「ヴィア・ドロローサ」
この道に14箇所のポイントみたいなんがあるんですが、全部回る時間がなかったので、最後の5つとイエスのお墓がある聖墳墓教会へ。

ここは十字架を背負ったイエスが最後に到着したゴルゴダの丘の上に立ってます。

第10留がここ。ここでイエスは衣を脱がされ、



第11留で十字架に釘づけにされ、



そして、第12留のここで磔になったイエスの十字架が立てられ、息を引き取った場所。



この祭壇の下の穴からゴルゴダの丘に触れることができます。
写真は暗くてうまくとれなかったです。

第13留。マリアがイエスの亡骸を受け取ったと伝えられてる場所。イエスの死を嘆くマリアの小祭壇があります。



第14留。ヴィア・ドロローサの最終地。イエスが墓に納められたとされる場所。現在は聖堂となってて、墓石が納められてるそうです。



イエスが息を引き取ったあと、香油を塗られた場所というのもありました。



1日で産まれた場所と、亡くなった場所の両方行くことができました。
どっちもほんと、ステキな場所でした。







01:43  |  イスラエル  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2012.08.08 (Wed)

ベツレヘム

エルサレムから南に10km。
ベツレヘムはイエス・キリスト生誕の地とされています。



イエスが産まれたとされる場所にある聖誕教会。





聖誕の場所は教会の地下洞窟。その場所には星の印が設けられてました。



この場所で熱心に祈る人を見て、キリスト教徒ではないわたしはなんとなく触れることに気が引け、その様子を見てました。

宗教について考え出してもキリがないので、深く考えないことにした。次から観光地と考えることしよう。

聖誕教会のあとは5分ほど離れたミルク・グロットへ。



ここはマリアが産まれたばかりのイエスとこの洞窟の中で一緒にいるとき、母乳が何滴か地面にこぼれた。すると赤かった地面が急にミルク色に染まったという。







ミルク・グロットをあとにして、ランチのあと、だいぶ歩いて向かったのは分離壁。ここベツレヘムはパレスチナ自治区なので、イスラエルではない。
そのベツレヘムとイスラエルを分ける壁を見に行きました。





直接的なメッセージ、間接的なメッセージ、皮肉った絵…

こんな壁サッサと誰か壊しちゃえばいいのに。
01:16  |  イスラエル  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。