--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.12.31 (Mon)

パリ6日目

パリ最終日です。

この日は宿の仲間総勢5人でパリから4時間かけてやってきました。





モン・サン・ミッシェルぅぅ~っ!



…遠い。

個人で行くとこ場合は電車とバスを乗り継いで行くのですが、今回は規定の人数が集まったので宿から車で送迎してもらうというVIPな感じとなりました。

直前(というか当日)電車とバスで行くとだいぶ費用がかさむので少し割安で行けてラッキーでしたわ。それでも90€かかります。

しかし天気が最悪。曇り時々豪雨。パリ市内はひっさしぶりの快晴やったらしいのに。なんでやの…(T ^ T)


ところでモンサンミッシェルとは

Mont Saint-Michel

モンは山、サンは聖(英語やとセイント)
ミッシェルはミカエルのフランス語読み。つまり聖ミカエルの山です。

司教オベールが、大天使ミカエルのお告げにより、海に浮かぶ岩山に聖堂を建立した708年にその歴史は始まり、拡張を繰り返し16世紀に完成。一時期、要塞や牢獄となりながらも、1966年からは修道院として甦り、現在に至っています。

尖塔のてっぺんには4.2mのミカエル像が立ってるのですがそんな巨大さにもかかわらず肉眼ではほとんど見えず。

内部にあるレプリカを撮影。



この一番最初に聖堂を建てたオベールさん。ミカエルさんが夢枕に立ちお告げをしたにもかかわらず最初は信じず結局ミカエルさんは3回もお告げをしあげく信じさせるためオベールさんの頭に穴を開けたんですってよ。

頭蓋骨に穴の開いた骨が見つかってるのです。信じてサッサと聖堂建てんと身体中に穴開けたるでっ!って脅したんでしょうかね。

そこまでしてオベールさんやないとダメやったのでしょうか…


聖堂内入るのに9€払って見学。







↑ここは迎賓の間。
2つある大きな暖炉でイノシシや鹿を焼いたとか。旅友サチにイノシシの気持ちを味わってもらいました。



↓ここも礼拝堂。
監獄として使われていた時代は囚人が最終判決を待つ場所として使われてました。



↓こちらは食堂。両側の柱の間にに59の小窓があり光が射し込んでるのに入り口からは窓がいっさい見えないというこだわりの作り。
写真はボケボケ。



↓ここは何だっけ…
そうそう騎士の間。
僧たちの仕事部屋やったところ。




薄暗いとこが多くてなかなか写真が撮れない~(>人<;)

あとは大聖堂周りのショップを覗いたり…


したかったのに大雨で断念。




モンサンミッシェル名物の美味しくないフワフワオムレツも時間が合わず食べられず。



靴下までビッショビショになりながら車に戻る~

暗くなるギリギリまで待ってパチリ。



分かってる。
ホントはみんなが想像するモンサンミッシェルはこれでしょ?



これいつ見れるんでしょうかねぇ。

そして忘れられない衝撃の出来事が帰り途中でトイレ休憩に寄ったパーキングで起こりました。

まずトイレを開けるとヨーロッパでは珍しいアラブ式トイレ。
あら久しぶりだわ、としゃがんで用を足す。
壁のどこにもスイッチらしきものは見当たらず水洗じゃないんかな?とティッシュはゴミ箱へ。

そのとき隣に入ってた仲間のリカちゃんの叫び声が響く。

「ギャーッ濡れるぅぅっ~!」

ええっ!?濡れるとは??
自動なの??
慌てて外へ。わたしの方の個室はまだ大丈夫でした。


何が大丈夫かって?
それを確かめに旅友サチが果敢にも挑戦。用を足し素早く外へ。どこにセンサーがあるのか時間制なのか謎だらけですがとにかくこうなります。

↓↓↓↓



個室中水浸しです。
でも水が止まるとすごい早さで水が引きます。これ、洗浄のつもりなんだよね?タイミング狂ってしゃがんでるときに水が出たら大惨事ですよ。

もう女子3人で大爆笑!
こんなすごいトイレ初めてだわと大盛り上がり。

そこから帰りはずっとトイレ談義。
今までの旅で出会ったトイレ達の話に花が咲き気づいたら宿に帰ってきてました。

到着は22時。昨日の残り物食べて小腹を満たし、宿泊客が多くてお湯が足りなくなったシャワーで苦行のような水シャワーを浴びて就寝…
スポンサーサイト
08:14  |  フランス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.12.30 (Sun)

パリ5日目

あ~忙し忙し!

朝、お気に入りのカルフール(大型スーパー)のバゲットにバターとジャムをサンドしてお弁当を作り、ノートルダム大聖堂にやってきました。
何か分からないテントが立ってて邪魔なことこの上ない。



ここ、入るのはタダ♪( ´θ`)ノ
地下の宝物庫と塔に上るのは有料。

入るのにけっこう長い行列ができてたけどスイスイ流れてるみたいなので最後尾に並ぶ。

半分くらいで列がUの字に折り返してたんやけども、そこから割り込んで来るフランス人一家。ジジババと孫と娘な感じ。

フランス語分からんから片言英語と日本語でここは最後尾やないから向こうから並んでと伝えた。


そしたらばあさん、

ウィウィって言いながらグイグイ列に入ろうとすんの。

いやいやウイウイちゃうって。
あっちから並べって!ってジェスチャーも入れて説明するも「ウィ。分かってるけどいいでしょわたしたちくらい」な雰囲気で笑顔で入ろうとする。
しかも小さい孫を先頭に背中押しながら。

絶対入れねぇから(*`へ´*)

わたしらのすぐ後ろの外国人カップルも苦笑いしながら間を詰めて割り込ませない。


そりゃそうでしょーよ。


でも結局その後ろに割り込んでた。












キレイで相変わらず細かい彫刻にステンドグラス。
でも…もう大聖堂どれも同じに見えてきた…


大聖堂を出て濁流のセーヌ川を見ながらサンドイッチをかじる。






寒いけど美味しかった。

もう街歩きは今日が最後なのでもっかいコンコルド広場からシャンゼリゼ通りを通ることに。

今後の寒さ対策にこちらのグッズを購入。旅友の写真ですが。



完璧でしょ。これの白を買いました。

引き続き食べ歩きしながらシャンゼリゼを歩いていると路肩に超ウルトラスーパー高級車のランボルギーニ!
ガルウィングではなかったです。

こちら、なんとレンタカー。


さて、いくらでランボルギーニに乗れるのでしょうか。買えば3000万円とか4000万円するやつです。




20分で89€。10000円です。
たった20分で!!

どんな人が借りるのでしょうか。

いつか乗ってみたいもんですな。
宝くじが当たったらかな。


明日はフランス最終日!
いよいよあそこに行っちゃうぜ!
09:16  |  フランス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.12.29 (Sat)

パリ4日目

ちょい遠出DAY。

こんなかわいい電車に乗って、




どこに着いたかというと、



はい、こちらヴェルサイユ宮殿でございます。

豪華な宮殿内に素晴らしい庭園。


のはずやったんですけどぉ~

暴風雨でぇ~

寒くてぇ~

庭散策は5分で断念。
ここは夏に来るべきです。
庭園に色とりどりの花が咲き乱れるらしい。






宮殿内はまさに贅沢の極み。
そりゃ革命も起きますわ。



↓どこの鍵?デカイねぇ。
てかこれじゃ簡単にピッキングできそ。



↓用途不明。





↓マリーアントワネットのベッド。



ルイ16世もマリーアントワネットも寝室の隣が執務室。寝坊対策でしょうかね。起きてもドア開けたらすぐ職場。

↓鏡の間。



↓ナポレオンの戴冠式を描いた絵



↓お土産屋さんで発見。



アンドレ~っ!


オスカ~ルッ!








まぁ読んだことないんやけどぉ~
アニメちろっと見たことはある。


寒かったのでヴェルサイユ宮殿から帰ってこの日はスーパーで材料を買いエジプト風サラダと野菜スープ作って晩ご飯。


写真撮るの忘れました。

なんだか行くとこが多くてパリ7泊もするのにスケジュールがいっぱいいっぱいだ。
08:54  |  フランス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.12.28 (Fri)

パリ3日目

今朝はのんびりスタート。

朝食のあとゆっくり準備してまずは溜めた洗濯。
旅友と二人でコインランドリーへ。
ありがたいことに宿の向かいにあるのです。そして、洗ってる間に大型スーパーへ。

スーパーに入るとテンション急上昇!

長くて美味しいバゲットがたったの50円ほどで買えてしまいます。
外はパリパリ中はフワフワ。これがフランスパンクオリティ…( ̄▽ ̄)

コインランドリーで乾燥待ち中にガマンできずかじり始める。



洗濯終了後、宿に戻ってさて本日の観光は…


こちら!



ルーブル美術館!

ここに行くならもっと早く行けよ、と言われそうですがこの日は夜の22時まで開館してるそうでなら昼からでもいっかって。

有名美術館にはたいてい主要所蔵作品の解説を各国言語でしてくれるオーディオガイドがあるもんなんですが普通は15年ほど前の携帯かテレビのリモコンみたいなやつで耳に当てて説明を聞く感じなのです。しかしここのはなんとニンテンドー3DS!!現在地から見たい作品までのルートを教えてくれたり、作品の3D画像を360°見れたりとすごいヤツです。

ハイテク過ぎる!

ルーブル美術館はめちゃ広いのでもちろんこれを借りたんですが…


使いこなせない…(ーー;)


要所要所作品の前で説明は聞きますが、ナビとして使おうとしてもうまくいかないのよ…紙のマップ見た方が早い。


そして、ルーブル美術館といえばコレでしょ。




ああ、間違った間違った。
こっちこっち。



世界一有名な微笑みです。
ただね、みんなモナリザに背中向けて記念撮影してて「見ないんかいっ!」ってツッコミたくなる。

もちろんこれだけではありませぬ。







たしかに解説通り無い腕がどうなってたのか想像がふくらむ美しい彫刻。

そして次に楽しみにしてたのはフランス革命を主題にした絵画「民衆を導く自由の女神」



つい先日他の美術館に貸し出されてしまっていてここにはありませんでした。残念。

あとは…ハンムラビ法典。



あの「目には目を、歯には歯を」のやつです。石碑にびっっしり文字が刻まれてました。

↓はトルコでも見た勝利の女神NIKE。ナイキじゃないよ、ニケです。



↓なぜこの場面をわざわざ彫刻に?って作品。



白鳥(?)と格闘する子供。


ですよね?解説ないから分からんかった。

さらにこんなとこにもパリのオシャレエッセンス。
美術館内での注意書き。



もうね、とにかく広くて。
5時間ほど歩き回ったけど半分見れたかどうか。

あとは夜景見て終了いたしました。

09:28  |  フランス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.12.27 (Thu)

パリ2日目

遅れましたがメッリ~クリスマス!!

まさかクリスマスにパリにいる日が来ようとは。

今日は夢の国ネズミーランドディズニーランドに行ってまいりました。

なんと20周年の記念年!



ものすごい人出でしたわ。










思わず手を振ってしまう…


クリスマスにディズニーランド。


一人じゃなくて良かった。

涙でるよね、確実に。

乗り物乗ったり、土産物屋巡りしたり、カフェでお茶しながらポストカード書いたり…女子っていいねぇ。

ランチは大奮発して「レミーの美味しい(ビュッフェ)レストラン」





奮発っていうか選択肢があんまなかったのよね。

中ではスタッフの生演奏あり、レミー(?)が登場したり。





食べ放題方式なのでオレンジ、バナナ2本、リンゴ、塩と胡椒の小袋を何度かに分けてコッソリかばんへ。お持ち帰りです。夢の国だもの。ケチ臭いこと言わんでしょ。

ミッキーは長蛇の列やったので並びませんでしたがデイジーは空いてたので一緒に記念撮影。





クリスチャンの国でのクリスマスはほとんどの店か閉まるけど、この夢の国は25日も通常通り22時まで営業。

わたしらは21時過ぎに出ましたが最後の最後にショーをやるみたい。
働くねぇ~っ!さすが夢の国。



夜の方がキレイかも。








パリには7泊します。

なのに毎日バタバタ。
なぜなんだ。

見どころが多過ぎるのよ…
10:19  |  フランス  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME |  NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。