--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.01.05 (Sat)

ベルリン3日目~6日目

ズルい数日分まとめUP、コレには重大な訳が…


この4日間、バタバタ&ショックで最後の方にここだけはってとこだけ観光。









ベルリンといえばコレしか思いつかないといっても過言ではない「壁」。
そして壁崩壊の象徴ブランデンブルグ門。
あとは移動中に見たもの。









この信号ベルリン名物みたい。
どこでもあるわけじゃないけど結構ある。かわいいグッズもいっぱい売ってるんー。でもわたしには買えない…


なぜなら…



大晦日に…




パスポート失くしたから



初日に行った有名curry wurst屋さんで落としたらしい。翌日大晦日に気づいて色々手は打ちましたが結局見つからず。

正月早々日本大使館に駆け込むも当然休み。でも警備のドイツ人のオジちゃんに緊急事態なんだよおぉぉぉ~っ!
と訴えるとなんと携帯で連絡をしてくれて大使館の職員の方が2名駆けつけてくれました。日本クオリティ万歳!

この先まだ旅行を続けるためにはパスポートを再発給してもらうしか手はありません。日本に帰るだけならもうちょい簡単な手があるんやけど。

結局、1/4の営業日まではどうにもならないと。そして1/4までに必要なものを揃えて来なさいと。

コレが必要なもの。

①戸籍謄本(HPには抄本でもOKとある)
②写真2枚
③警察の紛失(盗難)証明書
④手数料(5年用98€、10年用たしか148€)


これあとで知ったんやけど正直に失くしたって言わず盗られたことにしておけば保険が下りたと思う…クソっ!手数料分返ってきたかも。


通常なら数日かかるところを即日発給してもらい無事に新しいパスポートをGETすることができました。これでまだ旅を続けられる。



わたしのパスポート発券場所がドイツになった ♪( ´θ`)ノ (T ^ T)



わたしの大失態のせいでバスの日付変更したり、次の国の滞在が24時間くらいしか取れない事態になったり、とにかく旅友に甚大な迷惑をかけてしまった…。

でも旅友はずっと一緒にいて、いっぱい助けてくれました。
一人のときじゃなくてホンマに良かった。そして大使館のある都市に滞在中でホンマに助かった。


そうそう日本にいる弟妹よ、
朝イチ戸籍謄本を取って在ベルリン日本大使館にFAXしてもらったりメールで送ってもらったり手間かけたね。
ありがとう。


でも姉ちゃんは元気です。


パスポートに押されてた思い出のスタンプたちは失くなったけど、また貯めればいいもんね!
ベルリン来てからついてないことの連続でおいいっ!って思ってたけどまた明日から新しいパスポートと共に新しい旅に出発じゃっ!


<宿情報>

Hostel Die Etage

8ベッド女子ドミ
8€/1泊 hostelbookersで予約。
キッチン有り。ガスはないのでグリルパンで何か作る感じ。

トースター、オーブン、レンジ、ポットがある。

隣にスーパーがあって便利。
駅からも10分以内。

安くて快適でした。



スポンサーサイト
09:57  |  ドイツ  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2013.01.01 (Tue)

ベルリン2日目&カウントダウン

あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします。


ブログ1日ズレてるので大晦日のことを。

まずは年明けどうするかを旅友サチと考え、やはりコペンハーゲンを目指そうということになりました。

旅友はポーランドからなら世界一周券で追加料金を払うこと無くヘルシンキにいけるというのに、そのチケットを捨ててわたしとデンマーク経由でヘルシンキに行ってくれるというのです
なんていいやつ…(;´༎ຶД༎ຶ`)

コペンハーゲン行のバスは1/4までありません。なのでベルリン1/4、9:30発のバスチケットを購入。

到着は17:30頃かな。Berolinaという会社で料金40€。

ということでベルリンで2泊追加決定。まあゆっくり観光できるしいっか、と。

年が明けて安宿も空きが出たので1/2、3は移動です。

今の宿は快適やけどやっぱ高い。



↑今の宿。ベッドが離れてる!くらい広い。テーブルと椅子もあるからご飯作って二人で食べられる。
調べ物もしやすい。

左手のドアはバスルーム。バスルームはお隣さんと共用。コネクティングルームみたいになってるのです。

よし、とりあえず少し先の予定までは決まった。

スーパー寄って宿に戻って溜めた洗濯物持ってコインランドリーに行くと何と閉まってる!
宿のお姉さんは大晦日は開いてるって言ってたのに!((((;゚Д゚)))))))

じゃあもう宿に戻って夕飯作り。
買ったのはレタスとズッキーニとソーセージ。
スーパーもね、年末年始仕様で品揃えがあんまし…

全部ぶっ込み旅友の持ってたスープの素で煮込んで完成。



あったかスープをお腹いっぱい食べて大満足でしたわ。安いパンもつけました。

しばらくゴロゴロして22:30頃カウントダウンに向け宿を出発。ものっそい寒いんじゃなかろうかとビビりまくり着込めるだけ着込んで出陣。



完全に職質レベルの不審さになりました。

わたしたちがカウントダウンの会場に選んだのはブランデンブルグ門広場。

真下の駅を目指して電車に乗りさあ次降りるぞと立ち上がったのに…


電車止まらず。

あれ?今駅…通り過ぎたで!?
ひとつ先の駅で降り逆のホームでもっかい向かったけどやっぱり止まらない。

どうやら会場ど真ん中は規制されてて降りれないみたい。隣の駅で降りると少し先からは人人人~っ!
門までの道は歩行者天国になってました。



屋台もたくさんあるって話やしまず進めるだけ進もうと人混みに突入していきましたが屋台もなけりゃ門までもとうてい辿りつけない…

みんなロケット花火や爆竹を鳴らしまくりでもううるさいったら!
どっから花火が飛んでくるかヒヤヒヤもん。

途中少し横道に入るとソーセージ屋台が2件、酒の屋台が3件ほどあったのでホットワインとホットドッグを買ってカウントダウンを待つことに。



カウントダウンてさ、みんなで5~4~3~2~1~っハッピーニューイヤーっっ!

みたいになると思ってたわけ。


やからホットドッグ食べてワイン飲んで油断してたら突然の爆音とともにデカイ花火がドガーンと打ち上がり始めたではないですか!







ほう~キレイじゃのぅ~さすがプロの花火やの~なんて感激して見てたらさ、旅友が気づいた。


今何時?


え?


ちょっと!0時1分なんやけど!


えええぇぇっっƪ(΄◞ิ۝◟ิ‵)ʃ



カウントダウンしそこねてしまった…

花火が終わって駅に帰るとなにやら駅前広場が明るい。




屋台ココかよっ!
さっきはこの広場に背を向ける出口から出たみたいで全然気づかんかった…

クレープにワッフル、ドーナツにサーモン、もちろんソーセージも。

こ、こんなことならさっきホットドッグ2個も食うんじゃなかった…


二人で半分こしてマッシュルームのバター炒めガーリックソースかけだけ食べました。





あとは見て回って終了。
↓これは怖くて食べられない…

14:09  |  ドイツ  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2013.01.01 (Tue)

パリ→ベルリン1日目

今朝は5時起きでした。

コッソリ準備して6時に宿を出て向かうはパリ、オルリー空港。

空港で前夜に作ったバゲットサンドの朝食。

一人やとヒマを持て余すね~

年越しはドイツ、ベルリン。
パリで再会した旅友サチと一緒なのですが同じ飛行機が取れなかったため、いったんパリでサヨナラし、数時間後にまたベルリンで待ち合わせということに。

先にベルリン入りし宿にたどり着いたわたしは旅友が来るまでにいくつかリサーチ&下見。

まずは年明けにどの国に行くか。

そう、1/2からの予定がまだ未定なのですよ( ̄◇ ̄;)
わたしは1/9にフィンランドのヘルシンキからロンドンに飛ぶフライトが決まってるのでそれまでにヘルシンキに到着せねばなりません。

ベルリンから1週間でどうやったら安くヘルシンキに行けるのか。まだ何も決められてないのです。

とりあえず大きなバスターミナルまで行き、1/2に取れるバスをリサーチ。
第一希望はデンマーク。
そこから北欧巡れるから。

しかしデンマーク行は1/4までダメ。
ポーランドのワルシャワならある。

ならそこからバルト3国を回ってエストニアからフェリーでヘルシンキ?

これは宿に持ち帰り旅友と相談せねば。


いったん宿に戻り次はコインランドリー探し。イタリアまでは一人コツコツ毎晩手洗いしてたけど2人で割り勘できるとなるとコインランドリーがやっぱり便利♪( ´θ`)ノ

宿で教えてもらったとこは夜23時までやってるそう。よしよし。オッケー!

そしてお次はスーパー探し。
これも最寄り駅の地下であっさり発見。大晦日も元日も開いてるみたい。


いいやん、いいやん!

そうこうしてる間にそろそろ旅友到着予定時間。
わたしに合わせて旅程をたくさん変更してくれた旅友サチ。ヘルシンキまで一緒にいてくれるという優しいヤツ♪( ´θ`)ノもちろん最寄り駅までくらいお迎えに行こ~!



そして無事再会を果たしたので早速人気のソーセージ屋さんへ!





すごい行列でした。
このすぐ近くにあったケバブ屋さんもものっそい行列で。なんかあそこまで並ばれると逆に気になって食べたくなるわってレベルの行列っぷり。

時間があればまた来てみよう。

あとはスーパーでジュースとか野菜とか少し買って終了。
ベルリンの宿もキッチン付きなので明日は何か作ろう。

<宿情報>

Sunshine house hostel

ツインで一人28€/1泊
Booking.comで予約。年末年始価格で高かった(>人<;)
でも部屋広い~っ!
最寄り駅からは近くて◎
共用バスルームもキレイ。

不思議な形態の宿で敷地内に小さいアパートがいっぱいある感じで家みたい。



二部屋にひとつのバスルーム。
4部屋に1つのキッチン。
Wi-Fiが有料なのが辛い。そして高い。
1時間/1€
24時間/5€
宿代にこれ足したらそうとうキツイ!
ベルリンは他のドイツの街に比べて物価安いと評判なのに!

部屋の写真はまた明日。
06:20  |  ドイツ  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2012.10.18 (Thu)

ミュンヘン4日目

今夜23時発の夜行バスで次の国、オーストリアのウィーンに出発します。だいたい6時間半くらいのバス旅です。寝てたらあっちゅーまやね。

今日もミュンヘンはいい天気!
旅友愛ちゃんは体調不良のため、今日は一人でおでかけです。

今日の目的…


エコバッグ探しっ!


ドイツはエコバッグ大国。スーパーの袋はほぼ有料。いいのがあるに違いない♪( ´θ`)ノ

色んな店に突撃し、バッグありますか?攻撃。
事前にネットで情報をつかんだ店を中心にまわって行きました。



いや、この建物は入ってないけど。
キレイにしとるな~と関心しただけ。


3時間歩いて探した成果は3つ!


①本屋さんの(なんとたったの0.50€)




②スーパーの(これも激安0.75€)



③こないだ行った市場の(ちょい高め1.80€)



うん、こんなに買ってどうすんのやろ?

ま、いっか。



誰?目がチカチカすんねん…↓




伝統服↓…意外に着れそうやな。



陳列が見事なドライフルーツ屋さん↓




そしてここでお知らせ。

明日から約一ヶ月、二人旅になります。15年以上仲良くしてもらってる元同僚のUさんが休暇を取ってヨーロッパにやってきます!

オーストリア、チェコ、トルコ、ギリシャの4カ国を一緒に旅しますよ。

どうなるんでしょうか!?
03:08  |  ドイツ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.10.17 (Wed)

ミュンヘン3日目

起きれたぁ~っ!!


ちゃんと出かける準備をして、8時にレストランへ。愛ちゃんも無事に起きれて一緒に朝ごはん。


そして、9時半頃宿を出て中央駅へ。
行き先はフュッセン。まずはインフォメーションで電車の時間を聞いてみる。

「次は9:51だよ。30番ホームね。」


只今の時刻9:45


急いで券売機に行き、画面で切符を探す。
わたしたちが買いたいのはバイエルンカードというバイエルン地方の公共交通が一日乗り放題のチケット。

5人まで一緒に使えてとってもお得なのです。


が!券売機で買えるはずのバイエルンカードがどれか分からんっ!
悩む時間がもったいないので、有人のチケットオフィスに行き切符GET!

大急ぎで30番ホームを目指す!



しかし!ことのほか27番以降のホームが遠いっっ!26番までは近いのに!

努力むなしく…


電車は目の前で出発してしまいました…


うなだれてもっかいインフォメーションへ。次の電車を聞く。


「次は10:51ね。」


1時間後ですやん…


ようやく電車に乗りミュンヘンから電車で2時間。

フュッセン到着!




ここから路線バスで10分。

目的地のふもとに到着し、チケット売り場へ。目的地は完全予約制で、時間ごとに人数が決められていて、専門ガイドさんと一緒に回らなければなりません。

日本語オーディオガイドを申し込み15:45の回のチケットを購入。(12€)
チケット売り場から、またバスに乗ります。目的地まで眺めのいい山道を10分弱。入り口までは車が入れないのでここから15分歩きます。

その前に、このバス停近くの橋から見る景色を撮りに行く。

これこれ!これですよ!
今日の目的地!




ノイシュヴァンシュタイン城っ

一部工事中でネットかかってますが、なかなかよろしいやん。
この写真はポストカードではありませんよ。

ほんとはこの撮影場所の橋、現在封鎖されてます。橋のはじめが壊れてます。



でもみんな、すみっこを通り入ってっちゃってます。わたしも行きました。

良い子はマネしないでね。


そして、入城までの待ち時間は周りの風景を撮ったり…






なんちゃってシンデレラごっこしたり…



ちゃんとクツ、置いてます。


ようやく時間になり、入城!
残念ながら内部の撮影は禁止。絢爛豪華でしたわ~♪( ´▽`)
ゆっくり観たかったなーっ。

そして城内のショップで盛り上がる。





満足満足。
さあ、帰ろうか。


<おまけ>

お城の工事してる逆側からの眺めの方がいいのだが自力では行くのが無理な模様。

これはポスターの写真。

こっち側を遠くからみたかったな~。
真下では観れるんやけどね。

17:34  |  ドイツ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。