--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.12.23 (Sun)

ミラノ

ミラノ観光は今日1日だけ。


早起きしてまずは中央駅へ明日の切符を買いに行く。
ミラノ中央駅はかなりキレイで豪華。





次の目的地はツーク(ZUG)。
フフフ…どこか分からんでしょう?

ここには依然お世話になった人が結婚されて住んでいるので会いに行くのです。そして図々しくも泊めてくださいとお願いしてるのであります。


ミラノ発7:10の切符を買い、ここからは観光。

歩けるだけ歩くでっ!

ショッピングストリートではウインドーショッピング!


にはならずタイツとあったか靴下購入。これは必要経費で許される。

そしてこの日もジェラート2回。



とくに↓の2箇所目。
ここは桃源郷ですか?







チョコのジェラートの種類が多いぃぃっ!!何ここヤダここ!

ミルクチョコとー、ラムチョコとー、ホワイトチョコの3種盛りにしました。


ここ、



イタリアナンバーワンの称号授与。


そしてミラノ観光は2箇所。

まずはドゥオーモ。
言い方違うだけでヨーロッパ中にある大聖堂の意味。英語やとカテドラルだとかドイツ語やとドムかミュンスター。大聖堂だらけ。



ミラノのドゥオーモは世界最大のゴシック建築だそうで135本も尖塔があるんですってよ。
完成まで500年かかってるらしい。
世界一とか言われると…


やっぱ見るでしょ。


あいにく雨が降ってきて楽しさ2割減。

ドゥオーモの周りには規模は小さいながらクリスマスマーケットが。
でも同じもの売ってる店ばっか。
サラミ屋、チーズ屋、クリスマス小物屋、パン屋。






そしてミラノといえば!



このサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会は世界遺産に登録されてるそうです。

ここの壁にある絵を見るために数日前からネット予約しておりました。
サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会(長いわっ!)自体には予約はいらないけど内部の壁にある絵を見るには予約した方が無難だと。



何せ15分に1回各25人の入場制限があるからです。

え?サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会のことはもういい?
でしょうね。
でもね…内部は撮影禁止なの。

なので得意のポストカード撮影。



実際はもっと損傷してて見辛い。
でも本物のレオナルド・ダ・ヴィンチの最後の晩餐がそこにあったわけです。


さあこれでイタリア旅行終了。
今夜は宿近くのスーパーで何か買って食べよとスーパーへ。

明日お邪魔する人へ少しお土産も買ったりで合計19.60€でした。

細かいのがなかったわたしは50.60€払いました。
レシートにはしっかりお釣り31€の文字。
なのにレジのおばちゃんは間違って30€しかくれなかったのでジェスチャーであと1€ちょうだいって言ったわけです。イタリア語なんて分からんし。

そしたらおばちゃんはソーリーソーリー言いながらチャリン、パラっとお金をくれた。


ん?パラっ?


そう、そこには20€札と1€コインが。


!(◎_◎;)


こ、これはどうしたら…
おばちゃん完全に勘違いしてます。


レジにはどんどん次の人が並んでます。


こちらこそソーリー


そのまま店を出ました。
19€の買い物して20€余分に返ってきちゃった♪(´ε` )タダで買い物して更に1€得した。


ありがとうイタリア。
ピザもジェラートもスパゲティも大満足です。
スポンサーサイト
08:42  |  イタリア  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.12.21 (Fri)

フィレンツェ?→ミラノ

ローマを早朝に出発。
11時にフィレンツェに到着!


…はしたけどすぐにまた電車を乗り換え1時間。一目散にここへ!





そう!チラッと見えてるナナメの建物!


ピサでございます。

天気も良くてダウンが暑い…

斜塔に登るには予約と入場料がいるのでわたしはそとから眺めただけ。

近づいてみましょう。



写真やとイマイチ傾きっぷりが伝わらない…

これだとどう?



隣の大聖堂と比べると傾いてるでしょ?

今日は今日一人なので残念ながら有名な斜塔を支えるポーズ写真は撮りませんでした。

あれさ、知らない人に頼むのちょっと恥ずかしくない??わたしだけ?

斜塔の横には大聖堂。



この青銅の扉には伝説があり、彫刻されているレリーフの中にいるカエルハゲ頭のおじいさんイモリの3箇所だけが黄金に輝き、それぞれが「友情」「知性」「13の願い」を象徴しているのだとか。
それらをなでながら願いをかけるといいらしい。



必死に探したさ。
光るカエルとイモリとジイさん…

カエル、イモリ、ジジイ…

カエルイモリジジイ…


発見!!







たしかによく見りゃみんなになでられて色はげて光ってます。
でもね、カエルとイモリのあった扉にはロープで柵があって触れませんでした。

ジイサンは出口の扉やったので触れた。13個お願いしていいのか分からんけど念のためいくつかお願いしときました。


で、



今日の目的はこのピサだけなのでございます。フィレンツェ観光は無しです。

なぜならピサの駅で次の目的地ミラノへの安いチケットが取れたから!

いつも券売機ではなくわざわざ並んで窓口でチケット買ってたのです。
何故なら券売機では買えない割引きチケットが時々あるから。

この日も事前に券売機で時間と料金を調べた時はミラノまで安くて31€やったのです。それが窓口で聞くとエコノミー切符19€があると!

迷わずGETおぉぉっ!

ピサ発13:44なので斜塔だけ見てサッサと駅に戻りミラノへ向かったというわけでございます。

ミラノ中央駅到着は18時前。

地図やと駅から近そうでしたが歩いたら30分かかりました。
ピサでもずっとバックパック背負って観光してたので肩痛い…

でもどうしても徒歩圏内の宿に泊まらないとまた次の移動が朝イチで地下鉄とかが動いてないから歩いて中央駅までたどり着く必要があるわけです。

ミラノ観光は明日1日のみ。

見たいの1~2箇所やから余裕っしょ。


<宿情報>

Scream Hostel

8ベッドミックスドミ
8€/1泊

シャワー、トイレが2箇所だけなので朝はかなり混む。誰かシャワー浴びてるとトイレ使えないからちとツライ。

ここも看板はなし。住所で確認。

中は普通にキレイ。レンジはないけどキッチンあり。共用スペースがないです。





あと…便座がない…
ヨーロッパたまにこの形式あるけど未だ正しい使い方分からず…

03:49  |  イタリア  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.12.20 (Thu)

ナポリ→再ローマ

本当はナポリからフィレンツェに直接向かいたかったのですが列車がね…宿代足してもローマいったん戻った方が安くてね…

なのでローマに帰ってきました。また半日ローマ観光です。
ローマにもう1泊して明日朝イチの列車でフィレンツェ向かいます。

ローマにお昼に到着して宿にチェックイン。さあ、お出かけ!

今日は全部徒歩で回ろう。電車代節約&運動じゃ。

今回は色々リサーチしてジェラートに重点を置く。

まずはガイドブックの常連、超ミラクル有名店ジョリッティへ。





ここでなんと贅沢してテーブル席でカプチーノまで頼んでしまいました。
頼んだジェラートは3種類。

バナナ
シャンパン
ピスタチオ

ローマっ子に人気なのはピスタチオとノッチョーラっていうヘーゼルナッツのジェラートらしい。





うん、うん旨いねぇ~( ̄▽ ̄)
あっさり完食です。朝ごはん食べてなかったしこれがブランチか。

そしてジョリッティを後にしてそこから5分かからず2件目のジェラテリアへ。
2件目はFIOCCO DI NEVE。









壁には地元雑誌や新聞に載った記事が飾ってありました。
ここで頼んだのは
ザバイオーネリソのチョコレート。

ザバイオーネとは卵黄に砂糖とマルサラワインなどを加えて煮詰めたクリームのこと。

このジェラートもお酒の味がしてめーっちゃ美味かった!
リソはお姉さんにオススメを聞いたらコレって言ったやつ。
チョコジェラートにお米が入ってます。滑らかジェラートと粒々の食感が面白くて美味しい。

そして、ジェラートを食べながらちゃんと観光も。







このパンテオンは、紀元前27年に建設され、紀元後123年ハドリアヌス帝によって改修された、現代にまで遺る唯一完全なローマ時代の建造物です。この中にはあのラファエロさんのお墓もあります。
ジェラートに夢中で中入るの忘れてた…

パンテオンの前にはオベリスク。
オベリスクの下はキモカワイイ噴水。

そうそうエジプトで調べたとき現存する完全な形のオベリスクは世界に30本。エジプトにはたった6本のオベリスク(大型で、今もまだ立っているもの)しかないのに、なんとローマには本家エジプトを上回る13本ものオベリスクがあります。(所有率なんと世界一)
 中には、本当に古代に作られたものもあるし、ローマ時代の皇帝が古代のオベリスクの模造品をわざわざアスワンの石切り場から切り出させ、運んだものもあるそうです。

このオベリスクもラムセス2世が立てたものをローマの皇帝が持ち帰ったものらしい。ヒエログリフも刻まれてました。
オベリスクってご自由にどうぞ的なもんやったん?!


真面目な観光はそこそこに3件目のジェラテリアへ。このパンテオン近くにはジェラテリアが多くてウホウホです。
3件目はIL Gelato di San Crispino









ここで食べたのはクリームウイスキーハチミツのジェラート。

これまた…

クゥーッ!ってなる旨さ。
ハチミツもやけどクリームウイスキーにLOVEです。なんだろアイリッシュクリームてっいうかベイリーズなお味。

これまだあと2~3件ははしごできるわ。なんで前回もっと食べとかんかったんや~っ!


ジェラートで夕方になってしまったので晩ご飯の場所探し。
まだイタリアに来てパスタを食べてない…よし、今夜はスパゲッティ!

で、来たのがここ。



店名がすでに旨そうなラ・カルボナーラ
開店は19時やと言われたのでいったん宿に戻って19時過ぎにまた行きました。

観光客もいっぱいいたので何かに載ってるんでしょうな。

もちろんカルボナーラ頼みました。



お値段は6€。最近ユーロが高くなってきてるので670円くらいでしょうか。
付け合わせにパンがきたから食べたら、きっちり2€加算されてた…やられた…!

ナポリのピザと違って10分かからず完食でした。おかわりできそう。

よし、ローマはこれにて終了。


<宿情報>

Coconuts Female Hostel
4ベッドドミ

10.90€/1泊

女子専用ホステル
常駐のスタッフはおらず到着時間を伝えとくとその時間だけスタッフが来る感じ。

テルミニ駅前でかなり立地◎
朝早い移動のとき助かるね。





看板はないので住所だけが頼り。
インターホンには名前がある。
ここも11時から14時は必ず外に出てないとダメ。
07:47  |  イタリア  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.12.19 (Wed)

ナポリ2日目

今日はエジプトで出会った旅友と再会の約束をしております。
1日だけ旅程がかぶったので一緒にポンペイ遺跡に行ってきました。

久々に脱お一人様観光です。
いぇいっ(⌒▽⌒)

ナポリ中央駅からヴェスヴィオ周遊鉄道に乗りポンペイまで30分ほどの道のり。

ポンペイ遺跡は

「79年のヴェスヴィオ火山噴火による火砕流によって地中に埋もれたことで知られ、その遺跡はユネスコの世界遺産に指定されている。
ローマ人の余暇地として繁栄したポンペイの最盛期の人口は約2万人といわれている。18世紀に発掘が開始され、現在は主要な部分が有料で一般公開されている。」by Wikipedia

遺跡の中はひとつひとつの詳しい説明がないので事前に情報収集できた数カ所のポイントを中心に回りました。途中日本人団体客がガイドさんの説明を聞いてるのを発見してさりげなく近づいたらさ…

「こっちに近づかないでください」

こ、ここみんなの遺跡なのに!

「わたしたちガイドにお金払ってるんで」


べ、べつに説明なんて聞いてねぇし!
そこの写真撮りたいだけだし!


「じゃあどうぞ」


めっっちゃ上から目線!
こんな嫌味ったらしい日本人団体客は初めて会ったわ!
どうぞっておまえの遺跡じゃねえダロ!
入場料ワシらも払ってっから!


プリプリしながらわたしたち3人はサッサと写真撮って移動。
何っってイヤな奴らなんだ。

そのあとは奴らと出会うことなく女子3人でキャイキャイ言いながら楽しくポンペイ観光。

有名どころは、











上から

埋まってた人型を取ったもの

当時のキッチン

玄関の床にに猛犬注意のモザイク画

アレキサンダー大王とポンペイ軍の戦いを描いたモザイク画

そしてお店の壁に書かれた落書き!


2000年以上前の町やとは思えないほど生き生きしてます。落書きも家の床のデザインも今と変わらないんじゃ?っていうのもたくさん。

あとは馬車が通ってた轍とか



金持ちの家の壁画。
ポンペイの赤と言われてる色で今でも完全に再現はできないんだそう。




火山灰に埋れたって言うけどさ火砕流に比べたら逃げる余地ありそうに思えてならないんやけど、街が丸々そこにいた人ごと滅んでしまったということはきっとわたしなんかが想像もできないことが起こったわやろうなぁ…

何て話をしてたらドラえもん欲しいなぁ…って話になった。
火山が噴火する前の街が見たいねって普通の会話から、じゃあ旅でドラえもんの道具一個だけ使えるとしたら何がいい?となり、3人の意見が割れる。

わたしは翻訳こんにゃく
友達2人はどこでもドアとスモールライト。

どこでもドアなんかあったらさ、移動の楽しみなくなるやん!
翻訳こんにゃくでしょ。どこの国言っても言葉が通じれば最高でしょ。

スモールライトはありやな。荷物ちっゃくしたら運ぶの楽。お土産もたんまり買えるしね。


で協議の結果…


やっぱどこでもドアじゃね?ってなりました。
移動にメインで使うのではなく、夜になったら家に帰る。
そしたら宿代かかんないじゃん!って。さらに着替えも持ち歩かなくていいから荷物が減る。

う~ん…いいけど…旅してる感ZERO~


みなさんはどう思いますか?

あ、四次元ポケットが欲しいってのは無しですよ。


晩ご飯も3人で。
今夜ももちろんナポリピザ♪( ´θ`)ノ

昨日のよりチーズが多くてまた旨っっ!
ナポリピザ最高!

07:23  |  イタリア  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.12.17 (Mon)

ローマ→ナポリ1日目

ナポリにやってまいりました!

ナポリといえばピザ!

楽しみ過ぎます。

ナポリ中央駅から地下鉄を乗り継ぎまずは宿にチェックイン。



なんか、ナポリ…
雰囲気暗い…もちろんわたしの印象ですが。天気のせいもあるんやろな。どんよりしてるから。
暗くなってから出歩きたくない感じです。

宿も辿りついたときは

え…



ってなりましたが中は大丈夫でした。

とりあえず荷物を置き早速ピザ屋へ!

超有名老舗のDa Michele ダ・ミケーレへ。半端な時間(17時前)にもかかわらず店内は満員。外で待つ人たちも。
先にレジで人数を告げ、番号札をもらって待ちます。

が、お一人様のわたしは隙間席に入れてもらえて待ち時間ZERO~

このお店のメニューは2つしかありません。マルゲリータとマリナーラ。


マルゲリータを注文して待つこと5分。

来たぁ~っ!





直径30cm以上はあるどデカイのがやってまいりました。

ナイフで切ってかぶりつくと…


うま~っ!


旨いよ、旨いよ!

でもデカ過ぎだ…3/4まではめちゃ快調なんやけどね。残り1/4は地獄…
でも初ナポリピザなんでなんとか完食しました!

お店はこんな感じ。







このお店、なんとジュリア・ロバーツも食べに来たお店なのです!
とは言っても完全プライベートではなく映画のロケがあったためですが。

店内の壁に写真がありました。



こちらは映画のワンシーン。
食べてるのがここのピザらしい。



このロケの日、早朝にジュリアさんはピザを食べに来たらしいですよ。


この日はピザ食べただけで終了。
暗くなったし帰りましょう。

<宿情報>

La Controra Hostel Naples

10ベッドミックスドミ

11€/1泊 朝食込み
最寄駅からは近いけど中央駅からは乗り継ぎもあってやや不便。
早朝中央駅初の電車には間に合わない。

10ベッドの部屋に見つけた電源が1つ。
共用スペースはいいけどやはり電源が少ない!あと、部屋ではWiFi不可。

中はキレイで雰囲気もいいです。







23:06  |  イタリア  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。