--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.12.13 (Thu)

再々カイロ4日目

つまりエジプト最終日。

最終日の行き先は…


カイロ発祥の地、オールドカイロ。

エジプトに来てすぐに一度来たんやけど30分ほどで帰ってしまった場所。
あとで色々情報を得て、見逃してるとこいっぱいありそうやったので再訪。


お土産買うチャンスも最後やしね。
明日は朝イチで空港向かうからどこも行けへんし。


午前中に洗濯をすませて屋上に干し、昼頃お出かけ。メトロに乗ってオールドカイロの最寄り駅マルキルギスへ。


平日の昼やというのに電車混み混み。

一応ね、いつも女性専用車両に乗ります。

でもめっちゃ見られるのは男女問わず…アジア人観光客なんてちっとも珍しくないはずなんやけど。


さあオールドカイロに着きました。
やっぱ車少なめで歩きやすい。

このエリアには原始キリスト教のコプト教の教会があったり、博物館もあるのですがお金かかるので入ってません。エジプトはイスラム教のイメージやけど今でも一割ほどのコプト教信者がいると言われてます。





↑墓地も入ってみました。
小さい教会も中にあったり日中で天気も素晴らしいので暗い感じは全くない。逆にかわいい感じのエリアも。



でもなかには今にもゾンビ出てきそうな壊れてフタ開きかけの石棺もあったり…
そのあともオールドカイロ内にちょろっとあるお土産物屋をみたり。外から階段で降りてくオールドカイロエリア。細い路地になってます。





そして1件だけすごく大きい土産物屋があって今までで一番見てて面白かった。このまま日本に帰るなら大人買いしそうで危なかった!

↓石けん置き…かなあ?
ちょっと置き場所とるけど誰かのお土産にしたかった…



あともし買ってたら日本に送るしかないデカイ椅子。でも絶対弟は大喜びする。てかヤツが見たら買うね、間違いなく。



これであなたもツタンカーメン。


とはいえ、まだ日本には帰らないし送る金もないので全部諦めたんやけど。


帰りの電車を待ってたら向かいのホームのが先にきた。

んん?




おお!どうやら日本製のようです。

「日本のみなさんより」的な文字と共に日の丸印が。
なんかこういうのちょっと嬉しいね。


そして屋台でレバー炒めサンド20円を食べ



それがとっても辛かったのでいつものフレッシュジュース屋さんでマンゴージュースを飲み、綿菓子売りのおっちゃんを眺めつつ…




帰宅。エジプト最終日終了。
本日大人買いしたもの…


デーツ入りクッキー。
デーツとはナツメヤシのこと。
生もドライも旨いです。


毎日毎日食べてました。
色んなメーカーのを食べ比べて一番美味しかったもの(わたしの中では)を20個ほど購入。4つ入で13円くらい。

これをアテネまで…( ̄◇ ̄;)
しかたあるまい。うまいんだもの。


さ、明日は5時半起きじゃ。
スポンサーサイト
00:26  |  エジプト  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.12.11 (Tue)

再々カイロ2日目&3日目

バウィティから帰った翌日。

何にもしませんでした。
もうエジプトも残すところ3日やというのに。

いつものフレッシュジュース屋さんでタマルヒンデイジュース(1.5LE約20円)を飲んでいつもの人気パティスリーでドーナツとアイスを買い、これまたいつもの宿前のサンドイッチ屋でサンドイッチを買い…あとはダラダラしてただけ。





ここ何日かバタバタしてたからいいの。

それより今ドミトリーに泊まってる1人がイケメンで大変。
しかも超フレンドリー(≧∇≦)
いつもモロッコのジュラバ着てるの。

かわいいやないの~っ!

ジュラバ覚えてますか?



↑これです、これ。


朝方まで旅友と出かけ夕方近くまで寝てるけど目の保養になってます。


そして3日目。

この日は早起きして郊外にある巨大ショッピングセンターへ!

事前に調べたところ宿近くの大通りから30番か121番のバスが近くまで行くらしい。

道端でアラビア数字で書かれた番号をガン見しながらバスを探します。


バス停?そんなもんありません。

みんな好き勝手な場所でアピールしてバスを止めます。
交差点前後が比較的止めやすいかな。
スピード緩めるし交差点常に大混雑やから自然と止まることもあるし。


しかしこのバス捕まえるのに時間かかったの…来ないのもあるけどあ、あれは?って思ってもナンバーどこか探してるうちに素通りされちゃったり。

30分はかかったね…


地元人でもバス見つけて乗る乗る!ってアピールして開けっ放しのドアに手をかけて乗り込もうとしてもバスがスピード落とさないので乗れず置いてかれる人もいる。


このシステムどうかと思う…


そしてようやく121番を発見。
タイミングを見計らって動いてるままのバスに乗り込むことに成功。
行き先も確認してひと安心。


45分ほど乗って目的地周辺に到着。
周りがみんなココよ、ココで降りてあっちに歩きなさいって教えてくれた。

今日も、エジプト人に助けられる。


そしてやってきました!





でかーいっ!そして広ーいっ!
さらにキレーイっ!

もうここはエジプトではありません。

だって商品に値札がある。
やってきたのはCity Starsというショッピングセンター。600店舗以上が入る大型ショッピングセンターです。

欧米ブランドがたくさん入ってます。

もうウッキウキですよ。交渉なしで値札見て買い物できるんですもの。

平日やったせいかもうガッラガラ。
店員さんも超ヒマそう。


最初は大興奮で見てたわけですが…

結局…


特に買いたいもの見つからず。

買ったのは妹へのお土産にエジプト綿のポロシャツのみ。あとはスーパーでお菓子を少々。

お金下ろして張り切って来たのになぁ…

でも広いし歩き回ってるだけでけっこう時間使う。途中フードコートで昼ご飯食べたりカフェで休憩もはさみつつ、なんだかんだで7時間もいた。


帰りもなんとか121番バスを捕まえ、やれやれ。

開きっぱの窓から外を眺めるけど排気ガス盛り盛りの空気の悪さに思わずむせる。でも窓は閉まりません…



ごくたまにあるただの模様と化した車線を見る限りこの道路は片側4車線。
そこに最低7台は横並びになってるね。

わずかな隙間も詰めてくるからね。
結果身動きとれなくなってるやつもいるしね。頭悪いよね。


のんびり外を眺めてたら途中でバスが故障!電気も消え動かなくなってしまいました。




今日ついてない気がする…

みんなバスを降りてまた違うバスを捕まえる人、タクシー乗り出す人…
料金てどうなんの?バス代2LEはすでに払ってるけど、乗り換えた場合また払うの?
なんか納得いかないよね?

でも仕方ないのでここでまたもやiPhone地図登場!
現在地を確認して最寄りの地下鉄駅まで歩く!メトロなら1LEで帰れる。

バスが故障した場所から15分ほど歩いてメトロに到着。ということは1kmくらいか。もうちょっとあとで故障してくれたら歩かなくてすんだのに。

まあでも帰れて良かった。
今日もグイッとタマルヒンディジュースを飲んでから宿に帰りました。


で、タマルヒンディって何なのか?


さあ?


スーパーで見かけたのはこれ



英語やとタマリンド。

見た目豆っぽい?

でも、味はグレープのような…ブルーベリーのような…ちょっと渋めで…説明できないけど旨いんです。

インスタントタマルヒンディないかとスーパーで探したけど見つかりませんでした。
18:10  |  エジプト  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2012.12.11 (Tue)

バウィティ→カイロ

リアルタイムと3日ズレてきた!


バウィティ村からカイロ行のバスは10時発。
前日チケット買いに行ったときは誰もいなくて、ていうか田舎は基本バスの発着前後しか人いない。

で、当日。

宿の人に砂漠ツアー仲間のオーストラリア人青年と一緒にバス乗り場まで送ってもらう。

彼はもともとカイロ往復のバスも砂漠ツアーもバウィティでの前後泊も含めての3泊4日プランを申し込んでいたので当然バスのチケットはある。

だから買うのはわたしだけ。

チケットブースでエジプト流に割り込みし我先にと金を出してアピール。

この時点で出発10分前。


はい。すでに満席でした。
多分やけど、わたしの前2人くらいで満席になったんやないかと。


結果チケット買えず



わたしの他にも当然何人もチケット買えなかったエジプト人がいる。


わたしはカイロに帰りたいんじゃっっ!


じゃあどうすんの?ってなるでしょ?

そこはエジプトなんで。



席がないなら立てばいいだけ。


うん、5時間。


チケットはバスの中で車掌から買いましょう。


無事(?)バスに乗り込みカイロに向けて出発。

途中、3時間くらいたったところで休憩タイム。
みんな軽く昼ご飯食べたりシャイ飲んだりするので時間もやや長め。





ここにもちゃんとお祈りのスペース。



周りは砂漠。何にもない。



お腹ちょっと空いてたけど、あまりに高いので何も買わず。
だっていつもは1LEで買えるお菓子が4LEする。いやそれでも50円ちょっとやけども。4倍て…日本でもSAとかで買ったらたしかにそれくらいするけども。
購買意欲はわきません。


結局渋滞もあってカイロまで6時間ちょいかかりました。
休憩後ももちろんずっと立ってたんやけど、最後の2時間くらいは座れたんですよ。

誰かが降りたわけじゃなく、おじちゃんがね、席譲ってくれて。

いやいや逆に気使うわ、と最初はもちろん断ったんやけども、おっちゃん立ってホラここ座れってジェスチャーずっとしてくるし、アラビア語分かんないからキチンと断ることもできず…


10分くらいしたら席を返そうととりあえず座らせてもらった。


でも席代わらせてくれない。

立ち上がっておっちゃんに座って座ってってジェスチャーするも向こうもイヤイヤ大丈夫座ってなさいとジェスチャーで返される。

そのうち逆隣のおっちゃんが立ち上がり最初のおっちゃんに席を譲る。


ええ!また違うおっちゃんが立っちゃったよ!それならわたしが立つからいいよ!とまた慌てて立ち上がるもおっちゃん2人していいから、いいからってしてくる。

結局その後もおっちゃん同士が交代しながら立ったり座ったり。
わたしはカイロに着くまで座らせてもらいました。


スキあらばボッたり、頼んでもないことしてチップ要求してきたり、バカにしてきたり腹立つことも多いけど、普通の人たちはみんな親切。たまに出会う無償の親切に10倍はある腹立つ出来事が帳消しになるね。


そしてやっとカイロ到着。
またしてもここドコ?って場所が終点。なんでバスターミナルに戻ってくれないんやろう…?

今回もバスターミナルの近くかなと思いきやどうやら全然違う。
一緒に帰ってきたオーストラリア人青年はホテルまでタクシー使うという。


タクシーて!!
どう考えても一番高くつくやん。
ここがどこかもまだ分からんのに。


わたしはなんとか公共交通機関で帰るよと伝えここでサヨナラ。

幸いiPhoneアプリでカイロの地図をダウンロードしてたので現在地を検索してみる。GoogleMAPやとネットつながってないと地図情報更新はできないけどすでにダウンロードしてある地図があれば携帯のGPSで場所を確認できるのですよ~♪( ´θ`)ノ便利な世の中。


確認したところ、どうやら近くにメトロの駅があるもよう。メトロさえ乗れればどこだろうと宿近くまで1LEで帰れる。


地元人にも聞きながら歩いてメトロの駅へ。10分弱で駅を発見。駅名を確認したらめっちゃ宿から遠い!てか終点駅やんココ!

まあでも料金は距離関係ないからいいけども。

いつものカイロの宿に戻ったときにはすでに18時前。ベッドも運良く1つ空いてた。


もうこの日は宿前のサンドイッチ屋で晩ご飯を買い、あとはゆっくりベッドで3日ぶりのネットをダラダラして終了いたしました。
09:11  |  エジプト  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2012.12.09 (Sun)

砂漠へGO

20時にシワを出たバスは時間通り6時にカイロ到着。
ただ出発したバスターミナルに着くのが当たり前やと思ってたらただの道端で降ろされる。

は?ここどこよ?って思ったけど見覚えのある場所やったためなんとか無事にバスターミナルに戻れました。
出たとこに戻ってほしいわ、まったく。

で、すぐにチケットを買いそのまま7時発のバスで次の目的地バウィティ村へ出発!なんとか乗り継げた…ε-(´。`;)


バウィティでは砂漠ツアーに行きます。でも今日は夜行明けやし、のんびりして明日砂漠ツアーで一泊して明後日バウィティ観光して…と三泊の予定してました。

ツアーも一人じゃ高いので宿やバスで仲間見つけようと。

なんで全部過去形なのか。


思い通りにはいかんかったからです。


まず、昼過ぎにバウィティ到着。

まー来るわ来るわワラワラ客引きが。
予約無し、日本人お一人様なんて絶好のカモ。

「うちにはあと2人日本人がいる」
「今から砂漠ツアー行ける」
「いくらならいい?」
「あいつんとこは高いぞ」
「うちは日本人に有名なんだ」

一斉にしゃべり出す。


もう、うーるーさーいーっっ!爻((╬ಠิ益ಠิ))


一人ずつしゃべれ。

よし、まずおまえんとこから、と端から聞こうとしてたら同じバスに乗ってた外国人グループが声をかけてくれた。

わたしたちと一緒に来る?


うんうん行っちゃう。

彼女たちはカイロでツアーを申し込んでいたのですでにお迎えが来てた。
そこに便乗させてもらう。

まずはホテルで昼食。
急に増えたわたしの分もちゃんと用意されてた。手際いいな。

そのあとボロいランドクルーザーに乗り込んで砂漠ツアー開始。

わたし…昨日夜行バスでシャワー浴びてないのに今夜も砂漠でシャワー無し。同じ服着続けて4日。ま、いっか。

ホテルに前泊してたお客さんも入れて合計9人でのツアー。すごいのは9人とも国籍が違う。みんな一人旅。最初に声かけてくれたのは5人組やったけど彼女たちもエジプトで出会って一緒にバウィティにやってきた個人旅行者。

カナダ、オーストラリア、アメリカ、メキシコ、コロンビア、グルジア、中国、スペイン、そして日本。

こんなにかぶらないのも珍しい。
たいがい1人2人かぶるんやけど。

まずは黒砂漠。







砂が黒いわけではなく黒い石がゴロゴロしてる。でも遠目で見るとたしかに真っ黒。

次はクリスタルマウンテン。
その名の通り水晶のかたまりの山。







水晶の山…あ!ちょうどええやん!
ということで。
しばし浄化タイム。



パワースポットっぽーいっ( ̄▽ ̄)


そしてメインの白砂漠へ。









夕陽に間に合うように来たけどあいにくの曇り空。
白砂漠には風化した石灰岩の岩がたくさん。キノコみたいなんが、いっぱいです。カッパドキアがぶなシメジやとしたらここはぶなピー。

今夜は白砂漠で野宿。
さすがに12月の砂漠。朝夜はちょっと寒い。
暗くて撮れんかったけど、ここで食べたご飯は本当に、うまかった。
モロッコのサハラ砂漠で食べたのと同レベルを予想してたから驚きよ。


品数もあったし、どれも最高にウマイ。エジプト人ガイド万歳!エジプト一番のシェフ!他のみんなも大絶賛。
店できるよ!ってベタ褒め。
そんなエジプト人ガイドの愛称は「たま」日本やと猫の名前で人気やでって教えてあげました。


メニューだけ紹介。

●トマトときゅうりのサラダ
●トマト系スープ何かパスタみたいなん入り
●スパイスご飯野菜の煮込みがけ
●チキンのホイル包み炭火焼き

ね?どれもヨダレものでしょ。
大人数でワイワイやれたのもよかった。ご飯のあとは焚き火を囲んでシャイTime。何杯お茶飲んだでしょう…



夜は雲がはれて、満天の星空の下で寝袋に入って就寝…


そして朝!

またもや曇り…みんな早起きしたのに!





わたしたちのキャンプベース




マッシュルーム



エリンギ



さあ、9人中7人はこのまま10時発のバスでカイロに帰ります。
わたしはさすがにあと1~2泊します。
10:05くらいにギリギリでみんなバスへ。見送ってわたしは最初にお昼食べたホテルに帰ります。

ただここが…ホテルはいいんやけど、中心部から遠くて…5kmはある。そして宿の周りには何もない。
バウィティ観光するには最悪の立地です。でも計らずもこのホテル。
昨日書いたkmpの本に出てくる宿やったのです。
16年前に比べると随分豪華になってました。









自転車もないし、ここを拠点に観光できないので、砂漠から帰ってすぐ車で中心近くまで送ってもらい、見たいところ一通り周って1時間以上かけて徒歩で帰りました。


もう明日カイロに帰ろう。

<宿情報>

Ahmad Safari Camp

ツインを一人で使う

50LE/1泊 朝食込み
夕食は別途25LE

お湯の出る時間が短い。
2日ぶりやったのでガツガツ洗ってたけど、後半どんどんぬるくなるシャワーに慌ててスピードアップ。

宿の裏手に温泉あり。

ハエがめっちゃ多い。部屋ん中もハエの死骸だらけ。蚊帳あり。
ハエが多いのはこの宿に限らずなので特にマイナスポイントではない。

日中外のベンチで日向ぼっこしながら本読むのはかなりいい感じ。
ハエにたかられるけど。

Wi-Fiはありません。
19:19  |  エジプト  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2012.12.09 (Sun)

シワオアシス3日目

生きてます。
Wi-Fiないとこいたもんで。



シワオアシスからのバスは20時発なのでそれまで、宿周りを再散策。



↑小学校。窓から子供がハローハロー!マネーマネー!って叫んでくる。

ハローは分かるがマネーって…それ、学校で教えてるん?観光客を見たらなにかせびれと。うっせ、誰がやるか!
と素通り。

シワの街は車は少なくて、メインはロバ。荷物運んだり人を運んだり。



あんま元気そうじゃないロバばっかなのが気になる。
タクシーだってロバ。



よく見ると??なとこ多い。

まずこの街はシワ。SIWAなんです。
なのにWelcome to SAWIって…地元の名前間違ってるよ。

そして、4×4の文字。
たしかに4駆やけど…足4本も4駆って言うの?4輪駆動ならぬ4足駆動。


最近思うのは一眼レフみたいなかっこいいカメラやと地元の人達を撮ったりも様になると思うのよ。撮られてる方も満更でもない気になるよね。でも携帯やとどう?


なんか撮りにくい。


遠目でコソッと撮ろうと思っても外国人の女が一人で歩いてるとみんな見てくるからちっともコソッと撮れない。
結果カメラ目線…




後ろからしかコソッとできん。


小さい街なので、散策もそんなするとこない。初日にいったシャーリー要塞前のお店でお土産用に砂埃にまみれたTシャツ購入。
絶対カイロで買うよりは安いはず。




うん、もうやることない。
宿で本でも読もう。

実はアスワンからルクソールのナイル川クルーズで会ったおばあちゃん孫ペアに本を1冊もらいました。

わたしも大好きなkmpの「エジプトが好きだから」文庫版。
字が小さくて読めないからって譲ってくれました。家にデカイのあるからどうぞって。

何年か前に読んだっきりやったのでこれはうれしかった( ̄▽ ̄)
自分がエジプトに来て改めて読むとまた違った面白さが。初版は16年前なので変わってることも多いけど、シワの街のことなんかはちっとも変わってないと思う。

写真をみても同んなじ風景。


宿の兄ちゃんにも、ほれこれ16年前のシワやでって見せたらめっちゃ食いついた!

あ、この建物まだ2階までしかない!

とか、

あ、これ◯◯んちや!


みたいな。
日本語はもちろん読めんけどしばらくずっと読んでた。



そのうち友達にも説明して見せてた。




さ、そろそろバスの時間。

兄ちゃんにサヨナラしてバス乗り場へ。
途中に止めてあった、バイク。

何気なく見て…


二度見。



夜やから暗いけど…分かる?


KAWASAKI→KEWESEKI


一人でちょっと吹いたわ。

全然違うメーカーなのかもしれんけど、いやそうであってほしい。

見ただけじゃそんな面白ないねん。
口に出して読んでみ?


ケウェセキ


あ~面白かった。
05:15  |  エジプト  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。