2013.01.17 (Thu)

ロンドン8日目

朝起きるとTwitter友からメッセージが。

「ロンドンでヘリが墜落したみたいやけど大丈夫か?」


まーじーかー!

ニュースを調べてみると宿から歩いて15分ほどの場所らしい。早朝に墜落したもよう。
まあ、堕ちたときは爆睡でしてもちろん宿はいつも通り。

でも気になるやん?
しかも知らなかったんやけど墜落現場近くにはあの本部があった!


見に行かねばなるまい。


テムズ川の向こうに見える建物。



チャンチャンチャッチャ♪チャンチャンチャッチャ、ピラリ~♪のあれです。


これで分かったあなたは天才。



現在の正式名称はSecret Intelligence Service。


そして…


旧称はMilitary Intelligence section 6。



そう!あのMI6です!
秘密情報部ですよ!トムクルーズですよ!
→訂正。MI6はミッションインポッシブルではなく007だそうです。失礼しました。

チャンチャンチャッチャ♪チャンチャンチャッチャ、ピラリ~♪でしょ?!

川向こうからのは後ろ。
横からやと




はい、このあと正面から撮ろうとしたら…


アカンアカンアカーン!って言われた。秘密情報部ですもんね。

でもションボリしたら警備のおっちゃんが「ほら、今朝ヘリ堕ちたとこあそこやで。」って教えてくれた。

早くどっか行けってことか?



ヘリなんて見えんかった。
人とテレビの車ばっかり。
もう撤去されちまったか?もう昼やし。


さ、わたしの今日のミッションを遂行しますかね。こっちはインポッシブルじゃないからね。


だって…弟へのお土産買って荷物を送る!んやもん。

でもこれがなかなか難航。


お金出しゃいくらでもあるけど安くて目当てのものとなるとなかなか。

最終的にはなんとか決まり、スーパーで箱をもらい郵便局へ。
小さい箱いっぱいに詰めて(ほとんどわたしの収集したエコバッグ)2.283kg。

窓口のお姉さんが「2kg以内ならだいぶ安くなるから283gなんか抜いたら?」とアドバイスをくれた。

せっかくパッキングしてテープぐるぐるにしたのを開け直し、エコバッグ1つ抜いて1.833kgに。
これで更に船便で!と頼んで送料は£13.49。
約2000円ほど。


届くのは2ヶ月先。
無事届きますように。


明日夜の飛行機でいよいよ南米に飛ぶ!13時間半のフライトです。
楽しみだ♪
07:53  |  イギリス  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2013.01.16 (Wed)

ロンドン7日目

もう7日目か…

今朝はね、朝食にありつけました。
シリアルとトーストだけですが。

そして宿替え。

あと最後2泊の宿です。
チェックインは14時以降なので荷物を預けて今日はナショナルギャラリーへ。ここももちろん無料。
パンフレットには

「所蔵している美術品は国民のものです」


だから無料なんだと。観光客は国民やないけどきっと観光でお金いっぱい落とすからそれはそれでええんでしょう。

でも残念ながら撮影は禁止。



ここもかなりの所蔵数!
モネやレンブラント、ミケランジェロ、フェルメールにターナー、ゴッホのひまわりもありました。

中に日本人のスタッフもいて、

「何かご質問はありますか?」
って聞くから
「見所はなんですか?」
って尋ねたら
「3.50£のオーディオガイドを借りていただければその中に見逃せない厳選30作品の案内がございます」

だって。
「お金ないんですよ」
って言ったら黙って去っていった…


教えてくれへんのかい!?



まぁどうせ聞いてもフーンってなるからいいもん。

てか所蔵品は国民のものっていうコンセプトはどこいったんや…( ̄◇ ̄;)
やっぱ国民じゃないからか?


あとは中心部をブラブラ。

ここがピカデリーサーカス。



ショッピングエリアなのでいつも人でいっぱいです。
お土産ウォッチングしたけど収穫無し。


<宿情報>

Travel Joy Hostels

12ベッドミックスドミ
12.17€/1泊

高いだけあってなんと!
3カ所目にして部屋でWi-Fiが入ります。さらに2段ベッド。
1階はここもパブ。

電源部屋に12個見つけたけど配置が微妙。
わたしのベッドの壁に4つもある。

基本上の段やと使い辛い。
他のベッドに2個ずつ。

キッチンはなし。小さい冷蔵庫とレンジだけ。あとドリンクが終日飲み放題。これはいいね。
コーラとかティーとか水とか。







下のベッドにはカーテン付き。
あ、タオルも貸してくれます。
10:56  |  イギリス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.01.14 (Mon)

ロンドン6日目

物価が高くてキツイ~っ!
何も買えん。


妹にはがんばってお土産収集してるのに(キーホルダーやから。でも北欧では高過ぎて買えず)、弟にはあまりない。ちょっとおかしな子やから普通のお土産はいらないはず、と思ってたら何も見つからない。

ヨーロッパ最後やから何か買いたいな~。もう普通でええやろか?


今の宿は朝食付き。なのに時間が早くて起きれない。ゆえに食べられない。


明日はまた宿替えするんで早起きして食べよう。


今日は博物館2カ所行ってきました。

どちらも(っていうかロンドンのほとんどの美術館、博物館は)入場無料。
素晴らしい精神だ。

最初は大英博物館。



ここの目玉はロゼッタストーン。







エジプトのロゼッタで発見されたロゼッタストーンには三つの文字「ヒエログリフ」と「デモティック」、「ギリシア文字」が刻まれていて、本質的には同一の文章が三つの言葉で著されていると考えられ、これによってロゼッタ・ストーンはエジプトのヒエログリフを理解する鍵となりました。

もともとは大きな石柱の一部らしいのだが、ほかの部分は発見されてないそうです。

ほかにも広い大英博物館内には色んな時代、地域の展示物がたくさん。
でもやっぱエジプトやアッシリアの方に気がいってしまう…





ギリシャ、ローマ、アフリカ、中国など地域ごとに展示がわかれてました。






でも正直…
2時間で飽きた。


何だろ?展示の仕方?
ただ並べてあるだけであんま面白くない。エジプトもただ置いてあるだけやったけど、あっちは空気からしてそこにあるべきって感じが漂ってた。

無料だし気兼ねなく移動。
自然史博物館へレッツゴー!





最初に言います。

ここ、


大興奮。


入ってすぐにどーんっ




内装も展示も大好きだ、ここ。

目玉は迫力満点の動くT-REX!





本物(見たことないけど)みたいに動くし吠える!

T.rexにたどり着くまでの展示も楽しい。





こんなかわいい説明文も。





もちろん恐竜だけじゃなくて地球自身のこと、地球上の生き物のこと、鉱物から自然の脅威まで見てて飽きない。

圧巻なのはシロナガスクジラの模型。
色んな動物たちと一同に展示してあって大きさに口が開きっぱ。







こんなん海の中で出会ったら間違いなくビビり死ぬ。


生き物たちの展示を見たあと、地球の展示を見に行く。
地球を作る鉱物のフロアでは思わず、
「これでパワーストーンブレス作ったらいくらかな?」とか考えてしまう。
不思議な色の鉱石がいっぱいだな。
見たことある名前のもチラホラ。










そのほか火山、地震、山崩れのメカニズムからその威力の説明。
ここで日本語発見。








阪神大震災の揺れをを体験できる地震コーナー。


やけど…


たかだかこんなん震度3~4くらい。
こんなんで死者6000名以上になったなんて思われたくない。

みんなキャッキャッ言いながら楽しんでた。何か腹立つ。

やるならちゃんと再現してほしい。


なんだか最後の最後にイヤな気分になっちまったけど、全体的には好きな博物館でした。無料バンザイ!

帰りに超高級デパート、ハロッズの前を通りました。



入れるわけない( ̄◇ ̄;)


<おまけ>

自然史博物館で。






鳥羽水族館のセレナちゃん元気かなあ…
22:02  |  イギリス  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2013.01.14 (Mon)

ロンドン5日目

二度寝三度寝しちゃってお出かけは昼から。

重要情報をゲットしまずは宿から徒歩10分のここへ。




サッカーが好きな人ならビビッとくるらしいイギリスプレミアリーグのアーセナルのホーム、エミレーツスタジアム!

しかも今日ここで試合がある。
昨日までなかった屋台も出ててユニフォームを着たサポーターもゾロゾロ。

あわよくば一度くらい本場のサッカーを、と考えてチケットブースに行くも高くて断念…一番安い席で£89。約13000円。

無~理~っ


ということでサッカー観戦は諦めテートモダン美術館へ。
イギリスは太っ腹ねぇ~入場無料ですってよ。



うん、まあ…芸術は難しい。
とくにモダンアートは??これ??っていうのが多いな。



行動開始が遅かったのであっというまに夕方近く。せっかくなのでアーセナルの試合を宿のデッカいプロジェクターで観ようと帰路へ。

スーパー寄ってたら遅くなっちまった。

前半終了間際に帰る。


0-2で負けとる…

後半ひっくり返すかと期待したものの、結局このまま負けてしもうた…


サッカーって実は通して見たことない。ゴールしたら点が入る以外のルール分からんし。
けどこうやって盛り上がってるの眺めるのは面白いねぇ。

この宿も1階がパブなのでみなさんおお盛り上がりです。ああ負けたから今回は大人しめか。

いつか寝ないで前半後半通して観れる日がくるといいんやけど。
04:17  |  イギリス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.01.14 (Mon)

ロンドン4日目

フフフーン♪今日はひとりじゃないのです。

パリの宿で会ったロンドンでワーホリ中のタマルちゃんが案内してくれたのです。

一人じゃ行きにくいとこ連れてってもらおっと!

まず午前中に宿を移動。昨日までの宿を延泊しようとしたけどいっぱいやったのでチェックアウトです。

1時間かけて次の宿にたどり着き荷物を預けていざ、出発。
待ち合わせはノッティングヒル!

オサレでしょ~っ?
あのジュリア・ロバーツ様の映画の舞台になったノッティングヒルでございます。

映画にも出てきたマーケットが毎週土曜日にあるのです。ヒュー・グラントが歩いたとこです。



ものすごい人出でした。


さて、お目当ての「ノッティングヒルの恋人」の舞台となった本屋ですが…元の建物はなくなっちゃったそうです。でも観光用に映画通りに再現された本屋がちゃんとあります。



中も映画そっくり。

実は中までそんな覚えてないけどタマルちゃんが同じ!って言ってた





そしてノッティングヒルでタマルちゃんオススメのカフェで初スコーン&ティー!!



イギリス来た~っ!


外はサクサク中はフワフワの絶品スコーン♪ティーはルイボスティー。
え?なんでアッサムやアールグレイちゃうのかって?
まあそこは気にしない気にしない。


そして、一人じゃとっても行きにくいとこがここ。





行きにくいっていうか絶対4人必要なの!ここは!



これこれ、ビートルズのABBEY ROADっていう曲のジャケットに使われた世界一有名な横断歩道。

ただね、この横断歩道信号ないのよん…(~_~;)車ガツガツ来るからゆっくりポーズとって道のど真ん中で写真撮りにくいねん…

だからカメラマンは歩道から。
しかもわたしとタマルちゃんだけやと2人やから通りすがりのスペイン人捕まえて4人に。

イギリス政府さん、ここ信号つけましょ!!

あとは2階立てバスでロンドン巡りながら夜の聖ポール大聖堂眺めて、夜ご飯に大人気の24時間ベーカリーでベーグル2つ買って完食。







うん、モチモチだ。


<宿情報>

Arsenal Tavern Hostel

12ベッドミックスドミ
10.75€/1泊

電源は8個。でもちょい使い辛い位置。
トイレ、シャワーが部屋に1つあるけど12人で1つじゃ無理でしょ。

外に共用シャワーとトイレがあるので大丈夫かな。

ここも1階がPUB。ロンドンのスタンダードスタイルにのかしら?
共用スペースが広い。

WiFi部屋では入りません。

共用スペースの隅に冷蔵庫とレンジだけあり。


今回は3段ベッドの真ん中になってしもた…もう寝るだけね、ここは。





03:40  |  イギリス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT