2013.02.15 (Fri)

サンティアゴ→ブエノスアイレス

バスは21時なので昼間にバスで2時間の港町バルパライソに行ってきました。

サンティアゴのバスターミナルには荷物預けもちゃんとあるのでここで荷物を預けて…



バルパライソは坂の上にカラフルな家が並ぶ世界遺産の街であります。首都はサンティアゴなのに国会議事堂はここバルパライソにあります。




バスターミナルの真ん前が国会議事堂。



インフォメーションで地図をもらってブラブラ。坂の上に上がるアセンソールという斜面を昇る箱がいたるとこにあるんですが、わたしが乗りたかったやつは何故か止まってました。



なので自力で坂と階段を昇る。

青空美術館と呼ばれているエリアには壁に絵がたくさんあります。








芸術は難しい。

あとは港を見に行ったり、



お土産探してみたりしたけど、なんもなかった。

そしてサンティアゴに戻りバスを待つ。

待つ。



待つ…


遅いわっ!

21時発のバスがターミナルにやってきたのは22:40。荷物を預けたりで結局出発したのは23時。
バス待ちの人で乗り場はとんでもない混雑っぷり。



そしてこの混雑の中、事件は起こりました。
ようやくバスが入ってきて、いざ乗り込むぞ!って時にふと見るとカバンが開いてる…



財布がねええぇっ!
((((;゚Д゚)))))))




けっこうガッチリガードしてたのに。

わたしのバッグは簡単に開けられない仕様なのに。

バッグの上からさらにリュック前がけしてたのに。

バッグのチャックはこんな風になってて



この上からリュックですよ。
なのに開いてました。

バスが遅れず来ていたら絶対すられてなかった…だって直前まで買い物してたもん。バス会社のせいやあぁっ

バスが遅れたので乗り継ぎも間に合わず。バス会社に文句言ってすぐ次のバスに変えてもらったものの、待ちは5時間。お金ないから何も買えない。

ブエノスアイレスの宿の人に到着時間伝えてたのにそれも遅れる。伝えたいが乗り継ぎのバスターミナルにはWiFiがない…

インフォメーションで事情を話しどこか無料でWiFi使えるとこないか聞くとなんとお兄さんが自分の携帯を貸してくれた!なんていい人。


無事遅れることを連絡し、あとはバスを待つだけ。幸いサンティアゴ出る前に食料は買い込んでたしブエノスアイレス着くまではなんとかなる。

水がもうちょい欲しいな~って思ったけどもちろん買う金がない。
そこでターミナル内のカフェに入り空のペットボトルを渡し、悲しそうな目で一言。

「財布盗られちゃったの…水をこれに入れてください。」



快く補充してくれました。


アルゼンチン人最高。

そして朝7時半にブエノスアイレス到着。バス代ないから1時間かけて歩いて宿へ。

ぐったりですが、宿で何人かの旅友と久々に再会できて気分はUP


財布は盗られちゃったけど現金だけやし、カード類は別んとこ入れといたので無事。


被害額は日本円で1万円ほど。

これも勉強と諦め、気をとりなおして明日早速イグアスの滝行ってきま~す。バス2泊で日帰りします♪
17:07  |  チリ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2013.02.13 (Wed)

サンティアゴ3日目

はい、今日もいい天気。
サンティアゴは年間300日が晴れらしいです。



そして何故かサンティアゴに入ってからやたらとアボカドが食べたくなる。

多分そこら中にアボカド売ってるせい。市場でも商品がアボカドだけの店があったし街中のファストフード店のメニューにもアボカドたっぷりのホットドッグやらハンバーガーやらがあるから。

どの店にもあるメニューが「イタリアン」

アボカドトマトとマヨネーズでイタリア国旗の色を表現してるらしい。

ケンタッキーにもある。



ケンタッキーの隣の店でホットドッグ試してみたけど、写真と全然違ってアボカドがちょっとやった。ガッカリ。



自分で買って食べたほうが安くていっぱい食べられるわ。


そして今日も暑い暑いとぶつぶつ一人文句言いながらブラブラ。まずはモネダ宮殿。自由広場側から。




モネダとはお金の意味で、もともとは造幣局やったとか。今は大統領府として使用されてます。ブエノスアイレスにもあったな、ピンクのが。こちらは白。

裏の憲法広場側から。




中には入れないので通り過ぎてまたブラブラ。


お、これ何かいいねぇ。がんばってる感じが出てる。



これ撮ってたら現場のおっちゃんが
「オレは撮らなくていいの?」みたいなジェスチャーしてきた。


いえ、結構です。


改装中?なのかベニヤで囲まれてたけどこれ、裁判所。




さらに歩いてて気になったのが作業服の専門店らしき店のショーウインドウにあったマネキン。




なんか…スタイリッシュじゃね?
写真じゃ反射して見づらいけど、なんかすげえかわいく見えたのよ。

だって数件隣の同業の店なんて…これよ。




さて、今日の最大の目的。


昨日のリベンジ。


ベガ市場再訪。

今日こそ美味いもん食ってやる。

吟味を重ね、オーダーしたのは
Cazuela de Vacuno Ens
もう読めもしない。気になる人は調べてください。

1500チリペソ(約300円)

これは自信あった。
昨日の失敗をふまえて、今日は食べてる現地人のを見まくって、美味しそうなやつを選んだから。

こちらのお店で、







大正解です。

ポトフみたいな感じ。ジャガイモ、人参、カボチャ、玉ねぎ、インゲンぽい豆、トウモロコシと柔らか~い牛肉。
牛スジみたいやった。そしてパクチー。

これ、日本でも絶対流行る。
だって美味しいもん。

パクチーのせいかタイを思い出すな~。


とっても美味しゅうございました。

やっぱ市場いいわ~。


明日の夜、ブエノスアイレスに向けてまたバス移動。
到着予定は乗り継ぎ含め26時間後。

昼間はお出かけしよっと。
12:40  |  チリ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.02.11 (Mon)

サンティアゴ2日目

さすがに都会じゃ、サンティアゴ!

最近何もないとこに足止めくってたせいであんま出歩かなくなってたけども今日は久々に街歩き!レポートすることもいっぱい。


とりあえず暑い。持ってる温度計では33℃やけど日向はもっとな気がする。
コイアイケは涼しかったな~なんて恋しくなってみたり。

午前中まずは宿移動。

前の宿から歩ける宿にしました。
次もなかなかいい感じ。

荷物を預けてまずは昼ご飯を食べるべく大きな市場へ。
サンティアゴには川を挟んで2つ大きな市場があってひとつはベガ市場。こちらは地元の人向けだそうです。







ここには安い食堂もいっぱいあるので何かチリっぽいのも食べるつもりで気合入れてたんやけども、まあメニューが分からん。
しかもチリはシーフードが美味いらしい。


が、わたしはシーフードが好きではない。

でグルグルグルグルした結果、どんなんかは分からないけど頼んでみたのがこれ。




簡易辞書によるとchupeはスープとかシチューって書いてあってguatitasは出てこなかったけどguataが腹部とか詰め物って意味やったのでこれは内臓系だな、と。

モツのスープならイケると判断しオーダー。


で、来たのがこれ。




なんか、ドロドロしてます。





うん、まあ…マズくはない。
モツなのもたしか。でもなんだ?なんかこのトロトロ感は…白子潰したみたいな。味は塩味。


二度と食わないな。

もうひとつの市場は中央市場。
こちらは観光客向けで中が見やすい。
けど買うものはなかった。

で、市場を出て向かったのは旧市街の中心アルマス広場。一角にはサンティアゴ大聖堂。



入場無料、写真も撮れる。





大聖堂も久しぶり~♪って思ったけど、やっぱ似てるわ、どこのも。


で、次がサンタ・ルチアの丘。


のそばの民芸品市場。
実はチリって世界でアフガニスタンとチリだけっていうラピスラズリの産地なのですよ。

日本からつけてきたパワーストーンのブレスは3つ。そのうち2つが旅の途中で切れました。きっと何か身代わりになってくれたに違いない。

とはいえ、残り1つではさみしいのでラピスの何かが買えたらいいな、と来てみたわけです。



小さいお店がいっぱいあって見やすくてとてもいいんですが、ビビっとくるのはなかった…ラピスのモアイは悩んだけど、わたしイースター島行ってねえし。

なので保留してサンタ・ルチアの丘に登る。暑さにムカつきながらも無事展望台まで行きました。








そして、サンティアゴに来てから屋台をあちこちで見かける謎の飲み物。

mote con huesillo モテ コン ウェシージョといいます。





何か穀物らしき黄色い粒々と干した桃を戻したやつが入ったジュース。味もまあ桃味。

この粒々、ベガ市場でもそこら中で売ってた。



↑これがモテ。

で、ウェシージョが桃。

モテを調べたら辞書では乾燥トウモロコシってなってるんやけどどうみてもトウモロコシではない。
で、このmote con huesilloで調べると麦ってでる。まあ麦でしょう。

なかなか美味しいです。
でもサンティアゴ以外では見かけてないな。
チリの夏の定番って書いてあったのに。

あとは暑さに負けてスーパー寄って宿に帰宅。


<宿情報>

Casa Mosaico Backpacker Hostels

Hostelbookersで前日に予約。

6ベッドミックスドミで予約やったけど案内されたのは4ベッドのミックスドミ。

でしたが、夜に移動してくれと言われ8ベッドの女子ドミへ。



5350チリペソ/1泊。1000円ちょい。

WiFi、キッチン有り。
朝食つき。
部屋にシャワー、トイレ有り。
電源は見つけたのは7つ。

移動した先は夜遅かったので未確認。

かわいい宿ですわ。







18:12  |  チリ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.02.11 (Mon)

コイアイケ→サンティアゴ

2泊のバス旅を終え、チリの首都サンティアゴ到着です。
今回利用したのはQueilen Busという会社の。
2/8Coyhaique発14時、中継地Osorno着が翌9日の11時半。
そしてOsornoで9時間半待ち、21:15発、翌2/10日曜8:15にサンティアゴ到着。料金が45000チリペソ。約8800円。Osornoのバスターミナル横にはスーパー、ターミナル内ではWiFiが使えたので何とか時間は潰せた。

バスターミナル内のトイレは有料(150ペソ)やけど隣のスーパーは無料です。


チリ内移動なのに陸路では途中アルゼンチン側を通らなければならないので出入国の手続きが2回あります。


めんどくさいことこの上ないわ。



やから、理想はコイアイケから少し西に行き、船でプエルト・モンまで行ってそこからバスでサンティアゴ向かいたかったのであります。






船やったら途中には何ちゃらイルカも見れるっていうし。


そやけど、その船は2/13まで満席で取れんかったのであります(T ^ T)
ハイシーズンは辛い。


サンティアゴ到着後、そのまますぐに次のブエノスアイレス行のバスを聞きまくるがどこの会社もまたFULL。結局取れたのは3日後のバス。

サンティアゴ1泊だけしてすぐブエノスアイレス戻ろうと計画してたのにまたもや計画倒れ。

宿は1泊だけ予約してたのでとりあえずそこへ向う。


久々の地下鉄で!
想像よりキレイ。





たどり着いた宿がなかなか良さげなので2泊延長を申し出たけど、料金がさ…

Hostelbookersっていう予約サイトを通して予約すると4500チリペソやったんです。今までのチリで最安。900円弱。

でも直接やと7000チリペソなんですって。

ならもっかいHostelbookersでって試すももう出てこない…

仕方ないので1泊で宿移動です。
もう少し安くないとさ!



3泊するとなると観光もそんな急がないんで今日はもうゆっくりすることにしやす。

2晩ぶりにシャワー浴びて~
2日ぶりにベッドで寝ます♪


<宿情報>

Ecohostel
住所:General Jofré 349 B, Santiago

8ベッドミックスドミ
4500チリペソ/1泊
(予約サイトで予約した場合)

キッチン有り
WiFi有り
朝食つき。

電源…ベッドで隠れてて見つけにくいけど各ベッドにライトがあるので電源もその数あるはず。







01:28  |  チリ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.02.08 (Fri)

コイアイケ3、4日目

ははは~この2日間いったい何時間ドラマ見たことでしょう。


ヒマなんです。でも行くとこないんです。
お金もないんです。

ネット環境が良くて助かりました。

夕方ちこっとスーパー行くくらいであとはほぼ宿でダラダラ。

写真も全然。
この2日撮ったやつといえば、

スーパーで普通に売ってる巨大アロエと…




アジア人わたし以外泊まってないのに誰が作ったかお弁当。




しかも冷めるまで蓋開けておくという腐り防止のワザまで。


さ、明日はやっと移動できる。
金曜日14時に出発してサンティアゴ到着は日曜日の8時。途中乗り継ぎで8時間の待ち。

え?風呂?
あるわけないね。


大丈夫。今日ちゃんと隅々まで洗ったんで。
あ、この宿洗濯禁止で服は同じの4日ほど着ることになりますね。

大丈夫大丈夫、わたしキレイやから。
14:03  |  チリ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT