2013.04.22 (Mon)

コパン遺跡

ちょいちょい更新遅れてく…


コパン遺跡はコパンルイナスの街から歩いて10分ほど。




ん~便利♪


おそらくこの旅最後のマヤ遺跡。


入場料US$15を払って中へ。

ここではコンゴウインコがたくさん餌付けされていて何かカラフルな色に似合わず恐ろしい鳴き声で頭上スレスレを飛んでいきます。







まずはグランプラザ。



コパン遺跡には石碑AとかBとか1とか2とか祭壇GとかLとかMとか…何か細かくいっぱい。


石碑④と石碑B。





マヤ遺跡には必ずある球技場を抜けて写真左隅のテントみたいな屋根がかかってるとこへ。




ここは神聖文字の階段。




高さ約30m、63段の石段にはコパン王朝の歴史絵巻がひとつひとつの石に象形文字で刻まれていてその数2500以上だとか。



まだまだ修復されてないので上の方は崩れててあんまよく分からん。
1~15段目くらいまでは比較的保存状態がよかったそうです。

当時の再現図。





さて更に南へ。


神殿を上ると球技場や神聖文字の階段が見渡せます。ここにも当時の再現イラストがあってこれを見るとここから王族たちが球技を見学してた様子がよくわかります。






ちょっと木が邪魔やけど。
そしてこの頭の像を見て、




神殿を下りると西広場。



ここにある16号神殿の前に祭壇Qというのがあってこの側面に1面4人、16代にわたるコパン歴代の王様が刻まれてます。







↑16人ほとんど区別つかないな…


どれが誰?ま、聞いても分からんけども。


そして16号神殿。




上れない。


何かガイコツが階段の途中にある。
近づきたい…でもできません。


更に東広場の階段にはちょっとかわいい狛犬みたいなのが刻まれてたり、その真ん中のは可愛くなかったり…を眺めて







もう一回りしてから遺跡を出ました。


今日は曇ってて今までの遺跡見学の中で一番涼しかった!もう快適快適♪


遺跡から戻ってまだ昼過ぎ。


街中を散歩しつつ

アヒルや鶏が売られていたり、




懐かしのベーゴマ遊びをする子どもを見ながら




子ども博物館に行ってみました。



入場料無料ってガイドブックにはあったけど、情報が古いせいか20レンピラかかりました。約100円。


受付も子ども。


子どもが楽しんで勉強できるようになってる博物館。
しかもお客さんは遊んでる少年2人。



ヤシュクックモは小さかったんやな。
ヤシュクックモはコパンの初代王とされてる人物。






まあ、ちゃちい感じですがここでこれを発見。




これ、マヤ遺跡で毎回見る球技場で行われていた球技用のボールの復元。


表面はゴム。


何と重さは8ポンド!


ちょっとか弱目(を装う)の女子が使うボーリングの玉くらいの重さ!大きさもハンドボール大。


これを手を使わず腰や肘で打って高い壁にある穴に通す……って…



骨折れるわあぁぁっ!!



昔の人は大変やったんですね。


負けたら殺され、勝っても神への生贄。どっちにしても死ぬなら勝った方がいいけど。


そして子ども博物館の外に心をくすぐるものが。



やりたいな~



やりたいな~



でも誰もいねえな~


ひとりじゃ出来ないんだよな~



そうや!



博物館の中で遊んでた少年2人を呼ぶ。


ジェスチャーで伝え、撮ってもらっちゃった~ん( ̄▽ ̄)




撮ってくれた少年。かわいいよね。





帰りに地元人が何人か買ってたのを見てマネして買う。





こちらでは主流の白いトウモロコシ。


トルティーヤにも使われるやつね。

茹でてマヨと粉チーズをまぶしたやつ。


このトウモロコシ自体全然甘くないからこれだけやと美味しくないけどマヨとチーズのおかげで小腹満たすオヤツに最適なものに。さすがマヨネーズ。


あ、スペイン語やとマヨネッサ。

なんかいいよね、マヨネッサ。


日本でも使おう。
16:30  |  ホンジュラス  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2013.04.21 (Sun)

キリグア→コパン・ルイナス

今朝もマサキさんの美味しい朝食を食べ、初日に降りたバスが集まるメルカド前までトゥクトゥクで移動。




次の街に向かうぞ!


今日はずっとミニバス。
エアコン無し。
人は乗れるだけ乗せる。席がなくてもドアの淵に手をかけ、体半分外に出ながらも立って乗る。もちろんメンズがね。女子は席に詰めて座るさ。


まずはキリグアからチキムラという街まで1時間45分、30ケツァール(約380円)。


チキムラには以外と普通にバスターミナルがあった。周りにはメルカドみたいに屋台もいっぱい。
でも次もミニバス。





↑この玉ねぎとネギ足して2で割った野菜が焼くとめっっちゃ美味いの。
甘くてトロトロになるのです。
そのうち自分で焼いてみよ。


さて、路上のそこら中に響く呼び込み。
行き先を叫んでます。

同じ行き先も多いので客の取り合い。
車が満席にならないと出発しないから呼び込みがんばらないと。


わたしが乗るのは国境行き。

何台かあったから決め手は呼び込みのお兄ちゃん。一番若くてかわいい子のミニバスにしました。


だって他に選ぶ基準ないもんさ!


次もたしか2時間かからず国境到着。
料金25ケツァール(約320円)。
呼び込みんときら20つってた気がしたが聞き間違いか…??


途中でクオリティの低いピエロが乱入。何かしゃべって降りてゆきました。お客さんの反応は…失笑クラスです。





そして国境到着。



どこのって?



ホンジュラス入国です!




あれ?ホンデュラス?ホンジュラス?

Hondurasやからデュ?


まあいいや。


グアテマラ側のイミグレでまずは出国税10Q取られる。約130円。


また戻ってくるよ~って言ったのに。ガイドブックには戻ってくる場合出国税かからんて書いてあったのに。仕組みが全く分からん。

マサキさんによるとレシートくれない場合は係員の懐行きだそうです。



たしかになんもくれんかった。


でも拒否るともめるので120円くらい払ったらぁっっ!!


そして歩いて国境越え。


50mほど先のホンデュラス側イミグレへ。


出入国カード記入はしたけど荷物チェックなんかは全く無し。
入国税3US$。


国境で少しだけ両替。
個人両替屋が何人か待ち構えてたので。


ホンデュラスの通貨はレンピラ。


1レンピラが約5円。
おお、計算楽かも。


イミグレ過ぎたとこにまたミニバスが呼び込み。てかもう時間だ、早く来いとか叫んでる。


いや、バックパック背負って走るとかほんと無理なんで。


普通に歩いて乗り込む。

ここから宿泊するコパン・ルイナスの街までは10kmほど。




20レンピラ。約100円。


15分ほどで到着~。

さっそくツーリストインフォメーション行って宿を聞く。

目をつけた宿に行ってみるも満室。
あ~あ、良さげやったのになiguana azulって宿。青イグアナって名前もステキやったのに。


そこから何件かまわってようやく宿決定。思ったより混んでるのか?



<宿情報>

Hotel/Hostal BERAKAH

中央公園からAv.Copanを北に2ブロック行ったあたり。





6ベッドドミ
US$7か143レンピラ/1泊

初日はドミが空いてなくてツインを間借り。
ツインやけどひとつはダブルベッドですでにカップルが。
その隣のシングルって何か…どうなの?


明日はドミが空くそうなのでお引越し予定。


WiFi有り
生ぬるいシャワー(でも暑いから適温)
ハンモックテラスあり
タオル無し
朝はコーヒー飲み放題

テラスに簡単なキッチン有り。
ただし洗い場は1階。
冷蔵庫使用可。

調理スペースや流し台がないので使いにくい気もするけど…キッチンに水もないし。

でもガッツリ作ってる人もいるので使い方次第。

レンジ、トースターあるのでインスタントなら楽かな。

冷蔵庫がとっても助かる。
冷たい飲み物飲めるって幸せですもの♪





08:40  |  ホンジュラス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |