--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.09.30 (Sun)

アントワープ!in ベルギー

ブリュッセルからまたまた列車で45分。

宿をチェックアウトしてアントワープにやってきました。



↑はい、駅豪華でキレイ!

コインロッカーにリュックを預け、いざ散策。お目当てはサンデー・マーケットの食べ物…



↑直径30cmのレーズンパン。間にマーガリン入。約250円。






って!それもやけど!食べたけども!






違う違う。




こっちがメイン。










ノートルダム大聖堂!!


ノートルダム大聖堂といえば聖母マリア様に捧げる教会のことなので、ゆうめなパリをはじめ、フランス語圏にいくつもありますが、日本人ならここ、ベルギーはアントワープのノートルダム大聖堂でしょ!!


そう、ここにはあの涙無しでは見ることのできない…




アントワープ出身であるあのルーベンスの三連祭壇画絵があるのです!

昔は高いお金を払わなければ見れなかったこの祭壇画。いまは大聖堂の入場料5€です。もちろん、クリスチャンなら礼拝の際タダで見れるでしょうが。


ネロ少年が見たくて見たくてしかたがなかったルーベンスの絵画。
最後の最後に偶然見ることができ、その後パトラッシュと共に天に召された場所…

ここなんですっ!


ネロ少年が思い焦がれたルーベンスの祭壇画。

↓祭壇左翼に「キリストの昇架」



右翼には「キリストの降架」




↓そして前には近づけなかったけど中央の祭壇には「聖母被昇天」



教会内には他にもルーベンスの絵画がたくさんありました。

ステンドグラスもきれい。




この床でネロは…。

。・゜・(ノД`)・゜・。





さ、号泣のあとはベルギー最後のポテト。

1つください!って言ったら、



1本だけ渡された…

いや、わたしが悪かったよ。
スモールください。


おやじバカ受け。

だって1つって言ったしぃ~♪
ってしつこく言ってきやがる。

ここのソースはセルフ。
何にしよかな~ってオヤジに聞いたら、カレーケチャップとタルタルのミックスが美味いってさ。




たしかにおいしかったです。
もう悔いはない。
さらばベルギー!



おまけ。

彼女の名前はポップスちゃん。
モフモフでした。

スポンサーサイト
21:41  |  ベルギー  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2012.09.30 (Sun)

日帰りでブルージュへ。

ブリュッセル4日目は日帰りで近郊の街ブルージュへやって来ました。

週末のみ往復チケットが半額になるサービスがあるので、利用しない手はありません。てか、そのために土曜まで待ってた。金曜の夜から日曜の夜まで有効で50%OFFになります。つまり平日の片道分で往復できるのです!素晴らしい。

ICという特急列車みたいなので行きました。ブルージュまでは1時間、料金は14.40€でした。

この街は「天井のない美術館」と言われるほど美しい街で、どこを切り取っても絵画や絵本の世界みたい!

昨日のマダム曰く晴れの日がめっちゃ少ないベルギーでは1日まったく雨が降らないのは珍しいそうです。なのに昨日も今日も快晴!やはりわたしの日頃の行いですわ( ̄▽ ̄)

しかも土曜のブルージュではサタデー・マーケットという市も出ていてウマイもんがいっぱいありました♪( ´θ`)ノ

ではブルージュを写真で振り返りましょう













上品なマダムの手作り品のお店。
古着のリメイクもあったり、可愛いお店でした。1000円の布バッグ買っちゃった。





どうですか!?
食べたもの載せたら大変なことになるので割愛します。アイスと~チキンと~ハムと~ポテトと~パンと~ドーナツと~…カフェオレはわたしの胃の中におさまりました。

明日はもうひとつベルギーの街に行ったあとそのまま列車でオランダ入りします。サンデー・マーケットもあるみたい。またウマイもん食べれるわぁ♪( ´θ`)ノ


次のオランダではこの旅で初めての体験が待ってるのです。
オラ、ワクワクすっぞ!
20:25  |  ベルギー  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2012.09.29 (Sat)

ブリュッセル3日目

今日も昼ごろ昨日のマダムと約束しておりました。ランチご一緒させてもらうのさ。よし、昨日のお礼にランチならわたしがオゴるぞ!

と、内心意気込んでたものの連れて行ってもらったのはこれまた日本人職人の寿司屋!ランチメニュー限定の海鮮チラシを食べました。



いや~美味しかったわ~♪( ´θ`)ノ
日本の繊細な味思い出した。


いくらかって?ヨーロッパで寿司ですよ、500円なわけない。



一人1200円…(>人<;)
昨日のラーメン以降贅沢し過ぎやな!
マダムの行きつけらしく、大将もおかわりする?って聞いてた♪(´ε` )プッ。

いつもはおかわりする?マダムも今日はおかわりしなかったけど、わたしはしました( ̄▽ ̄)刺身まだ残ってたし。お腹いっぱい食べとけば晩ご飯削れるなって。


そして、お会計。2400円はキツい…でも昨夜のムール貝様に比べたら…とカッコ良く財布出したけど、マダムは言いました。


ここは高いから出すわね、と。


いや、もちろん割り勘よ!さすがに自分の分は出すわ!
いやでも…って恐縮したら


じゃあ後でお茶おごってくださいって。



超絶いい人!

そんで、ブリュッセル観光もしました。







↑ベルギーの最高裁判所。中も入れます。弁護士さんが並んで法律相談受けつけてました。

今日はトラムも乗った( ̄▽ ̄)
地下鉄もバスも乗った。マダムが回数券くれたから乗り物代も出してないねん。ホントは1日券やと500円くらいするのさ。



高台から街も眺めた。




そう!そんで初日にたまたま撮ったGODIVAの店!あれ、本店なんやて!
こないだの写真ショボかったから撮り直しました。本店様やったとは。





あ、ちゃんとお茶とケーキはわたしが出しましたからね。
二人で1200円くらいやったけど。


さらにマダムはサイズが合わないからと以前日本のお友達が置いてったコートや長袖のTシャツなんかもくれました。これで何も買わなくても秋はしのげる!



マダム和恵さん、メルシー!!
21:34  |  ベルギー  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2012.09.29 (Sat)

ブリュッセル2日目

もちろん、今日は本格的にTHE観光!
ものっそい歩いた1日でした。多分余裕で10kmは歩いたね。


真っ先に向かったのはもちろん世界三大ガッカリのひとつにノミネートされているこちら。


小便小僧





ちっさっΣ(゚д゚lll)


近づかないと写真撮れん…



あんなん人だかり出来てなきゃ見逃すわ!50cmくらいしかないよ?



見事にガッカリ。

小便小僧の近くにはブリュッセルの中心広場グラン・プラス。世界で最も美しい広場と言われております。

週末なにやらイベントがあるようで、設営機材や重機が置かれ、ゴチャゴチャしてました(>人<;)

これはグラン・プラスにある市庁舎。
夜はライトアップされてます。





ここらでまたワッフル。
一番安いプレーンを。小便小僧の周りの店には1€ワッフルがありました。





そして、ブリュッセルには小便少女もいるんです。こちらは噂によるとリアル過ぎて引くとか。確かめに行きましょう。

少女は小僧と違い狭い路地の突き当りにひっそりといました。でもわたしが行ったときは観光客たくさんいましたよ。厳重に柵で囲われてます。








ドン引きっ!((((;゚Д゚)))))))




なんでかちっともかわいないわっ!



気を取り直して町歩き再開。




↑サン・ミッシェル大聖堂。



↑ヨーロッパ最古のアーケードだそうです。老舗が軒を連ねます。



↑EU本部!!





↑ベルギーの凱旋門です。

この公園の木の下を歩くときは要注意です。パンっ!ゴンっ!と音を立てて地面に落ちた瞬間を目撃しました。



栗…でしょ。栗にしか見えない。
でもあのイガイガがないんです。弾ける音したのに。
ということは…

どうやらこれがイガイガの一部みたい。



変なの。


ベルギーは天気がコロコロ変わります。晴れてると思いきやイキナリ雨。すぐ止む。また晴れる。でもまたすぐ曇ってきて雨、けっこうキツメ。

雨宿りに入ったカフェでご主人の仕事の関係でブリュッセルにお住まいの日本人の奥様と出会いました。同い年。



めちゃ上品なカフェでしたわ~( ̄▽ ̄)
チョコも美味かった…

そして、雨も止みこのあとブリュッセルに来て一番楽しみにしてたところへ。いや、このためにブリュッセルに来たと言っても過言ではない。
やっと出逢えた…アイツ。











味噌チャーシューメーーン!

日本人が作ってるので、かなりのクオリティ!11€(1100円!)と超高級品でしたが並んで良かった!マンガあったから待ち時間もヒマしまへん。ドラえもん3冊読めた。

ルンルンで宿に戻りしばし休憩のあと、昼間カフェで会った人妻と2回目のディナーへ。一人じゃ食べにくいブリュッセル名物を食べに連れてってもらいました。

それはこれ!



暗くて分かりにくいけど、ムール貝の白ワイン蒸し!ブリュッセルはムール貝で有名なんです。他にも名物の小エビのチーズクリームコロッケとサラダにポテト。しめて5400円。

正直…懐がヤバい。ラーメンも高かったし。ワリカンとはいえ、ラーメンとこれで3600円…でも仕方ないか、と思ってお金用意したら、なんと!




オゴってもらっちゃいました。

同い年なのにすいません(~_~;)
でもほんとにありがとうございました。美味かったデス♪( ´θ`)ノ

明日も昼からブリュッセルを案内してもらうんですよ~しかも以前お友達が置いていったサイズの合わないコートを譲ってくれるって!
重ね重ねありがとうございます。


<おまけ>

ブリュッセルの治安を守る警察官。
グラン・プラスで張り込みですか?
でもちょっと目立ちますよ。

05:00  |  ベルギー  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2012.09.26 (Wed)

ブリュッセル1日目

ベルギーの首都、いやヨーロッパの首都ブリュッセル!なぜならブリュッセルにはEU本部があるからです。

空港から地下鉄で15分。
ブリュッセル北駅を出ると大都会!
モロッコとのギャップに目がチカチカしました。





今日から3泊する宿。



レセプションに共有スペースとドミトリー







ヨーロッパにはユースホステルがたくさんありますが、中には年齢制限があるところも。まあ、金のないユース向けの宿泊施設ですからね。

この宿もドミトリーに泊まれるのは35歳まで。ギッリギリセーフ。ここの宿は高い個室には何歳でも泊まれます。

でも一部のユースホステルは宿泊自体30歳以下とかでないとできないとこも。歳くった貧乏人もいるんじゃいって叫びたいけど、しょうがないよね。

宿に着いたのが18時ころやったので、遠出はせず、宿のスタッフに「ワッフルとチョコレート食べたいんやけど、どっかオススメないかね」と聞き、今夜の晩ご飯にすることに。

教えてもらった店に向かいます。徒歩…15分くらいかな。

お、ベルギー名物フライドポテト。
モロッコもフライドポテトのクオリティはかなりのもんやったのでほぼ毎日食べたけど、これはまだ食えるな。
ベルギーも名物なんですって。お店いっぱいあるし。





ソースの種類がいっぱい。
前のお客さんが頼んでたのを「それ、何?」って聞いたらよく聞き取れんかったけど、辛いよ、とのことやったので却下。
辛くないオススメを聞いたら他のお客さんがコレ美味しいよ、と。



なんかあんま好きじゃないネギの絵描いてあるけど、聞いた手前断れんので、じゃあそれでっと注文。



かなりボリューム有り。
ソース代込みで2.5€。約250円。
このソース。

なんで名前で気づかなかったのか…



タルタルやんっ


美味しかったです。



そのあと目的地到着。






そう!レオニダス!百貨店にもあるし、バレンタイン時期は特別出店もあるし。けっこう日本でも有名どころ。
京都にも下鴨神社の少し北に店舗があります。

ここでワッフルが食べられる!
ワッフルとチョコ同時に味わえるということですな?



ここのワッフルはモチモチしてました!分かってたけどチョコが美味い~っ♪( ´θ`)ノ

3€もしましたけどね。300円ですよ。

かなり濃厚やったので、今夜のご飯はさっきのポテトとコレで大満足。

レオニダスだけじゃなくとにかくチョコ屋がいっぱい!全部試せるやろか…?








明日はブリュッセルのこと調べてる途中に知ってから行きたくて行きたくてたまらんかった場所に行きます。

また明日報告します~
21:30  |  ベルギー  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2012.09.26 (Wed)

カサブランカ4日目&…

飛行機に乗り込みました!



いよいよアフリカ大陸からヨーロッパへ!

出国審査の場所でキュートなモロッコボーイ♪(´ε` )
ママに写真お願いしたけど…


ブレブレですやん!






ブレブレやけど、かわいい♪
小さいジュラバ着て、小さいバブーシュ履いてさ。


このあと向かう国。

それは…





ベルギー!


そう、ワッフルとチョコと小便小僧の国です。

気温35℃超えやったモロッコから到着地のブリュッセルはなんと10℃。冬服なんか持ってねえしっ!10℃ってどんな服着てたっけ?

旅に出て初めて靴下はいたさ。

今日お別れした旅友に袖に穴のあいたパーカーもらったんで、あとは持ってる服総動員でしのぎます。

では、次は西欧ブリュッセルで!
20:16  |  モロッコ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2012.09.26 (Wed)

カサブランカ2日目&3日目

昨日は旅友と合流の日。

マラケシュから国営バスのCTMでやってくる。
予定では14:30着とのこと。民営バスは所々でお客さんを乗せるので遅れることが多いがCTMは定員以上乗せないし、直行してくれるので若干民営より早く着く。


午前中宿周りをブラブラしたあと14:30にCTMのターミナルまで旅友を迎えに行った。ま、モロッコ時間だと15時くらいか…と思って待つこと1時間…


バス来ねえ…


ほんまにCTMなのか、民営と間違ってんじゃないかとか色々考えた。
やつは携帯はおろかパソコンも持ってない。連絡手段は何もない。
何時まで待つか考えた結果17時までと決めた。会えなくてもお互い死にはせんし。


結果。


16時過ぎに無事再会。
バスの出発がだいぶ遅れたんやって。
まあ、モロッコやし仕方ねえな。
待ってて良かったわ。

そのあと夕方旧市街メディナをブラっとして朝食用のパンとか買ったりスーパーで水買ったりしてカサブランカ2日目は終了。

3日目。

昨日買ったパンにチーズとジャムつけて朝ごはん。安上がり。

そして見所の少ないと言われるカサブランカで多分一番の有名どころ。
1993年完成という新しいハッサン二世モスク。モロッコ最大の大きさを誇ります。





ハッサン二世の「海の上にモスクを作りたい」との願いから大西洋に突き出た形で建てられている。
多額の税金を投入して作られたこの絢爛豪華なモスク。中もさぞかしすごいんやろうけど、観光客が入るには1200円という高額な入場料がいるため、断念。
明日モロッコを去る身としてはこれ以上の出費は避け、小銭を使い切りたいしね。

この美しいモスクの100mほど先にはバラック小屋が並んでいて、貧しいモロッコの人たちが暮らしていた。
なんかギャップが有り過ぎる。この人たちに税金使えばいいのに。


ああ、日本も同じか


モスクの周りは大西洋。
地元の若者たちが泳いだり、飛び込んだり。しばらく眺めてみたけど、暑くて無理だわ。日陰に避難避難。

帰りにまたメディナを通り、15時頃宿に戻って休憩タイム。
涼しくなったらモロッコ最後の晩餐にでも行くかな。もうお金無いから予算は二人で400円以内!


と、いうことで夜。
最後の晩餐は魚!港町やから魚でしょ。
二人で一人前をシェアして1人100円ずつ。余裕の予算内。
帰りに最後のアボカドジュース飲んでモロッコ飯終了!






明日は5時起きで空港向かいます。




追記:今日郵便局から荷物を発送。

みなさん、すみません。お土産はほとんど入ってません。わたしの不要物です。明日からヨーロッパ!
夏服とおさらばです。でも餞別にいただいた服たちはこのまま一緒にヨーロッパ入りします♪( ´θ`)ノ
下に着込めばまだイケる。

送料が4800円くらいかかりました。
2週間くらいだろうとのことですが、どうなることやら。

再追記:カサブランカに着いてから毎晩悩まされたこと。






今までいなかったのに…(T ^ T)
1日目で7箇所やられ…夜の間はあのイヤな羽音!(~_~;)


旅友と合流したあと1匹やっつけたと思ったらまた新たな奴が!
その夜はわたしより8つも若い旅友が餌食に。わたしはおかげでグッスリ(( _ _ ))..zzzZZ

何度か闘いを挑むも2日目の夜は惨敗。
旅友は全身ガードして寝てたけど、夜中何度もプーンプーン聞こえたそう。
お気の毒さま♪(´ε` )



そして今日!
明るい内になんとか奴を倒そうと部屋中捜索。なんとか机の下に潜んでた奴を発見し、潰すことに成功いたしました!!

今夜は安心して眠れる~っ!


新しいのが侵入してなければね。
05:13  |  モロッコ  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2012.09.24 (Mon)

カサブランカ1日目

はあ~…疲れた!

シャウエンからのバスに揺られて7時間。
モロッコの経済都市カサブランカ到着!

あ~なんか…都会や…汚いし、ラクガキいっぱいやし、悪ガキっぽいのうようよいる…

今回利用した民営バス。
バス自体はまあこんなもんか、くらいなんですがエアコンなかった(T ^ T)
いや設備としては備わってるようですが、多分バスが古過ぎて壊れてんやろね。

窓もはめ殺しで開かんし、暑くて死ぬかと思いましたわ。屋根の部分がちょっと開くので走ると少し風が入ってくるけど、いや~もう二度と乗らね。

明日また、フェズで会ってシャウエン2日一緒した旅友とカサブランカで合流するので、1日早くカサブランカ入りしたわたしは宿探し。

のつもりやったけど、お腹減るわ、暑さで汗だくだわでウロウロする気が起こらず、明日の集合場所近くの宿にチェックイン。

○○の歩き方に載ってる宿です。
残念ながらシャワー共同の安い部屋は満室で、トイレのみ共同のシャワーが部屋にあるお部屋です。

高いよう(>人<;)



まぁ部屋はキレイです。


<宿情報>

Hotel Touring

Wi-Fiなし(T . T)
ツイン1泊165DH/1室。
トイレ共同。シャワーは部屋にあり。

今夜はわたしだけなので、シングル料金の125DHです。シングル高っっ((((;゚Д゚)))))))1200円ですぜ!?昨日の宿3泊できるわ!

明日旅友と合流したらメディナ探索したいと思います。
今日は久々に一人部屋!
スッポンポンでシャワー浴びに行けるのね♪(´ε` )
03:31  |  モロッコ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.09.22 (Sat)

シャウエン8日目inモロッコ

もうタイトル考えんのめんどくさくなったんで、今後はこれで統一!

実は昨日、急な坂道を下ること20分。
カサブランカ行のチケットを買いにバスステーションに行きました。

モロッコのバスはCTMという国営バスとその他の民営バスがあり、CTMの方がちろっと高いが比較的いいバスだという。でもシャウエンからカサブランカ行のCTMは一日一本で朝7時発。

これはさすがに早過ぎるので、民営バスのチケットブースへ。ここなら一日何本かあるのです。



よし、9:15発のにしよう。
数日前この会社のバスでカサブランカに向かった旅友情報だと7時間かかったとのこと。まぁそれくらいなら暗くなる前にカサブランカ着くな。

わたしがオフィスに着いたのが13時頃。窓口は閉まってました。



あああ…昼休憩やったか…と、しばらく待つことに。どうせヒマやし。
しかし待てど暮らせど誰も来ない。

結局14:30まで待って諦めて帰りました。バスは動いてるんやけどなぁ…金曜日やったからか。

急な坂道を下ったということはもちろん帰りは上りなわけで。ゼーゼー言いながらメディナに戻る途中で見かけたお店。
玉子屋兼、鶏肉屋兼、養鶏場です。



店の奥には鶏たち。産まれた卵を売り、生きたままの鶏を売り、さらにさばきたての鶏肉を売る。

効率いい~っ!目の前でさばかれていく鶏。うん、美味そう。
でも後ろの鶏たちはどんな気分なんやろと一瞬考えたけど、すぐ止めた。
鶏肉、できるだけ残さず食べようっと。

そして、夜。
いつものファストフード屋でモロッコに来てからずっと気になってたドリンクを注文してみることに。
その名も

ZAAZAA


何なの何なのそれ!?
オレンジジュースとかアボカドジュースとかバナナジュースと同じ並びで同じ値段。つまり何らかのフルーツか野菜ってこと!?

この店だけではなく他の店でも見かけたからオリジナルメニューってわけではなく、ポピュラーなものってこと。
iPhoneアプリの辞書引いても該当無し。

気になってしょうがなかったんスよ。



結果。

ミックスジュースでした!

ベースはもちろんアボカドミルク。
そこに角切りのりんご、バナナ、プリンと上にホイップクリームとナッツ。

食べ応えありましたわ。
ベースはアボカドジュースなんで美味いのは間違いないし。
プリンが入ってるのには驚きやけど、合うや~ん!ええや~んっ!
なんかお得や~んっ!!

ミックス具合は店によって変わるかもしれんけど、モロッコに来たらぜひ、飲んで(食べて?)ほしい一品です。



そして、今日。
午前中に再度バスステーションに行き、チケット買ってきました。
80DH約800円です。7時間乗って800円はやっぱ安い。

400円で屋上泊まって、60円のサンドイッチ食べて、40円のプリンに100円のドリンク…ヨーロッパでは二度とできんな。そう思うとちょっと、いやかなり悲しい。

ヨーロッパの物価はほんまにツライ。
でも4日後にはヨーロッパ!アボカドジュース飲み貯めしとこっと。
21:08  |  モロッコ  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2012.09.22 (Sat)

あと2泊

今日は金曜日で、イスラム系はお休みの日。閉まってる店多し。昨日はその分普段の倍以上の路上販売が出てました。



路上で売ってるのって、野菜と果物、ドライフルーツ、オリーブの塩漬け、ミントとパクチー、パン、電化製品、あと…ガラクタ。






中にはそれ、ここ来る途中でもいできただけでしょ?ってサボテンの実10個くらいだけ売ってる人もいる。原価ゼロやん、絶対。

見てんのは面白いけど正直物欲は沸かん。でも地元人は休み前の木曜日に色々買い込むんやろね。デカイ袋持った人いっぱいいるし、荷物用のドンキーも待機してたし。



でもこんなバリエーション少ない材料で何作ってんのやろ…?
やはりタジンかクスクスなんやろか。


ああ、もうね、移動代節約という理由をつけてシャウエンいますわ~

飛行機はカサブランカからなので最終そっちには移動しますよ、もちろん。
3泊カサブランカにいる予定。
今の宿には4泊したから、あと2泊また宿替え。
シャウエン最後の宿は部屋ではなくテラス(屋上)泊!テントみたいなんで貧乏バックパッカー同士雑魚寝。

1泊40DHで、400円弱。人いっぱいいます。空きスペースほとんどないもん。
どこの国にも貧乏バックパッカーはいるんやな…









しかし、弱いけど驚きの屋上でもWi-Fi入ります。もうずっとダラダラ次の国の調査してよ。

そう!やっとヨーロッパ戻るんですよ!

モロッコ飯とおさらばですよ!
いや、別にモロッコ飯キライじゃないし、美味しいんやけど、ただ飽きただけ。

酒も好きな時飲めるんですよ!
いや、そんな飲まんけど。何か飲めないと分かると飲みたくなるっちゅーか。晩ご飯のとき友達といたらちょっとくらい飲みたくなるでしょ?

どんなにBARっぽい雰囲気出してる店でも酒ないからね。コーヒーとスプライトとコーラやから。アボカドジュースはどこでも飲めますよ。


<安宿情報>

「Hotel SOUIKA」

メディナの中心ハマン広場から徒歩3分くらい。

テラスのテント
40DH(約400円)/1泊

普通のドミトリーやと60DH(600円)/1泊

Wi-Fiフリー
HOTシャワー有り

ドアと壁がないと1泊200円も安くなりますよ~( ̄▽ ̄)
00:00  |  モロッコ  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2012.09.20 (Thu)

モロッコ20日目。

洗濯終了後、暑い時間にお出かけ。

まず、サボテンの確認。



実の重みでボキッといってるのも多数。わわわ~っと生ってるでしょ?
サボテンの隣の木には洗濯物。
よく乾くでしょうね。



そして、プリン②へ。



スプーンは横ではなくプリンに刺すのがモロッコ流。そして、アボカドジュース。モロッコに来て何度飲んだことか。これだけは何回飲んでも飽きんくらいウマイ。たまにハズレもあるけど。

ここのプリンも美味かった!プリン①は家庭の手作りプリン風。こちらは更になめらかになり、コンビニスイーツ級!どっちもスキ

さて、食べるもん食べたし歩くかな。

今日はメディナの中ではなく、外側を歩いてみた。



道も広くて歩きやすい。
建物が途切れ、ひらけた場所を覗くと下に川が流れてました。
降りれそうなので降りてみた。







なにやら、奥に若者がたくさん。
近づくとそこには天然プール!
子供がパンツいっちょで遊んでました。



気持ちよさそ~っ♪( ´▽`)
入ったら?みたいなことを言われた気もするけど、諸事情により丁重にお断り。

ここらで暑さに負け、一旦休憩。
メディナの中に入り、プリン①の店に。そしてハンドメイド風プリンとカフェオレで休憩。

一旦宿に戻り、洗濯物取り込んでしばしダラダラ。
そして夕方涼しくなった頃再びメディナをぶらつく。
モロッコ出る前に一度日本にいらない物を送るつもりなので、いっそ重いもんでも買っちまうかと考え中。
食器なんかは割れるから無理なので、今んとこ第一候補はカーペット!

手織りのかわいいのが小さめやと1500円くらいで買える!値切れば1200円くらいか!?

部屋に敷きたいな~♪(´ε` )

買ってもいいですか?


あと、今日の晩ご飯はなかなか良かった。メディナの外なんやけど、めっちゃ現地人いたんで、間違いないなと入ってみた。



メニューはただのファストフード屋なんでピザとスイーツとハンバーガーかパニーニくらい。

オーダーしたのはエッグバーガーとアボカドジュース(またしても!)

いや、アボカドジュースはモロッコ名物なんやって、マジで。

だってアボカドジュースだけはみんな頼むから作り置きしてあるもん!



ね?
そしてバーガーも注文入ってから作るから熱々。



ポテトにソース4種類もついて約160円!アボカドジュースは100円。
この薄緑のソースが絶品!あとのはチリとケチャップとモロッコマヨ。
チリ以外どれでもいけるけど、この薄緑のが一番。
何やろコレ?ガーリックとー…
あの味、ほら、ポテトチップのサワークリーム&オニオン!の味やと思う。

あ~あ、朝フランスパンサンド、アボカドジュースとプリン2回、砂糖多めのカフェオレに夜ハンバーガーとポテト…太る要素しかねえな。
しかも明日も来ようとか思ってるし。
05:02  |  モロッコ  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2012.09.19 (Wed)

ひと仕事。

アヤちゃんも去り、1人になった…

ツインの部屋に来たのは日本人ではなくドイツ人でした。
まあ、女の子やし部屋では少し話すんやけどね。

今日も昼過ぎに起きて、まずはブランチに宿近くのサンドイッチ屋にいってみることに。

一番安いノーマルサンドをオーダーしてみる。何がノーマルなのか…



ごく少量のトマトに玉ねぎ、オリーブ、ご飯粒、そして揚げたてフライドポテトが入って6DH、約60円。

うん、まあそこそこ美味いんやけど、何回食ってるんやろ、こんなん。どこもやっぱ一緒。

そして、今日は昼までにもう一仕事。


洗濯!!

3日溜めました。

宿の人に声をかけ、洗濯機を使わせてもらう。てか、勝手に触ると壊れるからと操作はしてくれた。どうせ使い方分からんからちょうどいい。

そして1時間半…

長っ!いつ終わるのん

洗い過ぎじゃね?服ボロボロなるわ!


待ち疲れたけどようやく終了。

屋上に干しに行きましょ~



屋上にも共有のくつろぎスペースがあります。陽が落ちれば気持ちよく過ごせるけどWi-Fiはさすがに届きまへん。

喫煙スペースってとこかな。

景色はなかなか。



屋上の一角に洗濯物を干す場所。



よし、3日分干したぜよ。
さ、どこ行くかな~。暑いしな~。

まあ、とりあえず昨夜宿の近くの店にもプリンあんの見つけたから、まずはそこ行って~プリン食べながらカフェオレ飲んで~

あ、その前に屋上から見えた宿の裏山に生えてるサボテンの実の写真撮ってきますわ。前にたしか実食べた時の写真は載せたけど、実ってるのはまだでしょ?



けっこうね、ボワワ~って生ってるから。
22:10  |  モロッコ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.09.17 (Mon)

まだまだシャウエン。

フェズから一緒にシャウエン入りした旅友は今朝早くそれぞれ次の街へと旅立ってしまいました。

そして、1人になったわたしも宿を移動するため新たな宿探しへ。

荷物はまだ移動させず、チェックアウト時間まで部屋に置いて身軽に出発。

1時間半ほど、路地を歩き、7~8件の宿に突撃しましたが、1泊500円前後で泊まれてWi-Fiとお湯シャワーが使える宿はなかなか見つかりません。

早い段階で1件条件にヒットした宿は部屋が5階。Wi-Fiが飛んでるのはせいぜい2階まで。上がったり下がったりしんどそうやな…と、とりあえず保留。

そのあとは全然見つからない。
Wi-Fiがないか高過ぎる。

で、ようやく最後にたどり着いた宿。

青色のメディナからスーク門という門を出て、振り返ると看板があり、そこを入ります。
突き当たりにまた看板。



看板に従い右に曲がりま~す。

また突き当たりに看板。



ここも右。
そして道なりに左へ。



入口見えました~



共有リビング。



はい、オシャレさ~ん。

部屋は3階。



ツインの部屋です。いや、わし独りですぜ?

ベッド①



ベッド②



どうやらもう1人予約が入ってる模様。
あと1人日本人来るから!とのこと。
マジですかい。また旅友になりますな。


そうそう昨日の夜、宿で先月のトマト祭りで出会ったかわいいアヤちゃんと再会。今日は朝から1人になっちゃったので来たばかりのアヤちゃんとブランチがてら少し街ブラ。

シャウエン歴2日先輩のわたしが出会ったいままでのモロッコで一番美味いものを食べに行きました。



このプリンが激ウマ~っっ!
モロッコやればできるやん!(←上から目線)
このプリン、たったの40円!
毎日来るぜよ。


「今日のシャウエン」









今日のエリアは青多かったな…
用途の分からないカラフルな染料はよく見かけます。

青は食欲減退の色との情報をいただきましたが、わたしには効かないようで。毎日お腹グーグーいわしてます。


<お宿情報>

Hotel goa

Wi-Fiがなんと3階の部屋でも入ります。
シャワーはどうやら1箇所のよう。お客さん多いと混むかも。トイレは各階にあるので問題なし。

ツインで1人60DH/1泊 (約600円)

そ、そしてなんとこの宿、



洗濯機があります!
声をかければ自由に使えるそう。
やった~っ!溜めて洗おう!
17:49  |  モロッコ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2012.09.17 (Mon)

日曜日。

あ~る~晴れた~♪ひ~る~下がり~♪
市場へ続く道~♪荷~馬~車が~ゴ~ト~ゴ~ト♪子牛子羊を乗せて行く~

って歌が頭を回りました。
ちょっと時は遡り、昨日シャウエンへ来る途中の休憩ポイント。





全然子羊じゃなかったし、食用かどうかも分からんが、とりあえず歌ってみました。

今日も散策してみたけど、街中はとくに新ネタ無し。相変わらず街の人はウザくなくて、心地よい。
でもやっぱご飯はイマイチ。

ラーメン食いてえっ!!


ぶどうの屋根。



街の中心広場には必ずあるモスク。



明日はどうしよっかな~


<宿情報>
Hotel ABI KHANCHA

4人で来て、5ベッドルーム1室250DH/1泊
Wi-Fi、お湯シャワーあり。
めっちゃ清潔!って感じはないけど、居心地は悪くない。

せっかくこの街に長めにいるので、あと2箇所くらい宿変えて調査してみようかと思うのだ。

飽きたらまたどっか移動するけどねん。
02:32  |  モロッコ  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2012.09.16 (Sun)

青い?街

青の街シャウエン。

想像してたよか真っ青ではなかったけど、客引きも全然来ないし、ゆったり、散歩したりお店見たりするには最高ですな。

しばらく滞在してみるつもり。

青いとこ、抜粋。







モロッコはご飯のバリエーションが極端に少なくて、もう…飽きたの、マシで。でもあと10日くらいやし、それも楽しんで行くかな。

昨日は夕方着いてからの散策やったので、今日はもっと色々歩き回りま~す。でも街が山肌に建ってるので、坂が多い~っ!

19:47  |  モロッコ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2012.09.14 (Fri)

迷宮都市フェズ

はい。

宿出たら1分で迷子です。

これはしょうがないよ、もう。

コンパス頼りになんとか宿には帰りついたけど、無理無理無理。

しかも人のウザさはモロッコNo.1さ。
多分ね。

フェズはとっとと通り過ぎて明日はバスで次の街向かいます。

あ、フェズでサハラ砂漠一緒やった愛ちゃんに再会したので、次の街も一緒に行きます。

宿からメディナに入る道。
細過ぎ。



モスクの装飾はホントに素晴らしい。
モロッコは厳しくて、イスラム教徒以外は入れません。



ちょっと覗くだけ。



メディナの中はとにかくみんな声かけてくるので、急いで歩かないとならん。なのでゆっくり写真撮れない…

もう、ほっといて!って日本語で言ってます。
20:21  |  モロッコ  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2012.09.13 (Thu)

今から移動です。

今から出発。

列車で次の街フェズに向かいます。
赤い車体の列車。



一等車と二等車があって、多分1000円くらい金額が違うはず。
一等は指定席、二等は自由席。
今回は奮発して295DH、約2700円の一等車!



だって座れなかったらやだし~。エアコン欲しいし~。二等にもエアコンあるかもしれないけどね。

6人掛けでひとつのコンパートメントになってます。



何かと遅れるという噂のフェズ行き。
定刻通り着けば7時間後には世界遺産の迷宮都市、フェズです!
16:58  |  モロッコ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.09.13 (Thu)

な、なんと!

エッサウィラのお花屋さんで、女子トークで楽しい時間を過ごし、夕方宿に向かって旧市街を歩いていたら、


なんと!オモロイ人発見!

でももっそい嬉しい出会い!



分かる~?



そう!たこ焼き!




鉄板ひとつでモロッコに上陸したたこ焼き野郎!滋賀で実際にお店やってるプロ!忍者のカッコした松之助くん!

彼によると、日本に輸入されてるタコの大半はモロッコ産だとか。だから、モロッコ来てみたらしい。

すげえな!単純だな!

材料もすべて現地調達。
砂漠で出会った青年と共に、この港町へ。タコは朝揚がったばかりのピチピチを漁港で買い、彼の人柄か、優しいモロッコ人に助けられ、ガスを貸してもらい、ピザ屋の店先という営業場所もGET。

ソースはないので、ダシをきかせたたこ焼きに仕上がってました。
醤油かマヨでいただきます。そのままでもいけます。

夕方出会ったときはあとの予定があったので1個だけ食べて宿に。あとでもっかい行ったらちょうど売り切れちゃった!

商売繁盛やったようです。

彼をめちゃサポートしてくれてるおじさんのピザ屋でみんなでピザを食べ、
わたしは翌日マラケシュに帰ったのでした…

結局たこ焼き1個しか食えんかった…

彼はあと3~4日、毎日昼からエッサウィラでたこ焼き焼くそうです。

こういう若者がいるうちはまだまだ日本は大丈夫。
なんて、思ったりして。
日本帰ったら今度は店行ってみようっと。
07:24  |  モロッコ  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2012.09.12 (Wed)

アルガンとお花

アルガンオイル買っちゃった~ん♪( ´θ`)ノ

でも、結局製造してるとこまでは行かなかった…タクシー使うと金かかるし、その分オイル買っちゃおうと。

で、街の中の専門店で買いました。



オイルはアルガンの実の中の核を取り出して、石臼ですりつぶして精製されます。



大変そう…

オイルと、石鹸、あとオレンジウォーターとリップクリームお買い上げ。


2日前、偶然ここエッサウィラで6年以上お花屋さんをやっている女性に出会いました。そして、昨日お言葉に甘えてお店に行っちゃいました!

モロッコとは思えないかわいいお店です。





お花とオイルと石鹸と。



アンナさん、楽しい時間、ありがとうございました♪( ´θ`)ノ

日本を離れても、好きな国で、好きなことを自分の力でやってる人ってステキだ~っ!苦労は日本にいる何倍もあるはずなのに、みんなそれを感じさせない…

わたしにはまだ届かないレベル。
貧乏めの観光客がせいぜい。

精進、精進。


さて、今からまたバスで一旦マラケシュ帰ります。
昨夜またしても面白い人に出会ったので、その報告あとでしますね。
19:33  |  モロッコ  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2012.09.10 (Mon)

エッサウィラの宿

3泊取ってるエッサウィラの宿。
パティオには木が!



予約サイトで1泊450円くらいなんですがベッドがフルでハンモックって書いてあったんです。ハンモックって思ったけど、海沿いでハンモックもいいかと何気に楽しみにして来たら、風が強過ぎて無理だと。

翌日はベッドが空くということで、初日は共有スペースのリビングのソファで寝ました。しかもハンモック予定の屋上に上がってみましたが、海は1mmも見えませんでした。



ハンモックもわたしが想像してた網みたいなんではなく、硬い揺れる座椅子みたいな…まぁ、ソファで結果オーライ。

マラケシュで泊まった2件のリヤドより、だいぶクオリティは落ちますが、スタッフや他のお客さんがフレンドリーで居心地はいいです。

昨日はお客さんの一人にご飯誘われたので一緒に行こうとしたら、宿のお兄さんとその友達もきて、結局4人でご飯。まぁ、わたしの英語力では会話が続きませんが、運良く(?)友達だというモロッコ人は自称流しのミュージシャン。





半分くらいは彼の歌を聞いてたので、間が持ちました。分かった歌はスタンド・バイ・ミーとHey Judeくらいでした。嵐は歌ってくれんかったです。
モロッコではメジャーじゃないみたい。

ご飯のとき出てきた食器。
何一つ統一されてないのになんかしっくりくるから不思議。



できることなら大量に買って帰りたい…

「宿情報」

Surf&Chill

お湯シャワーはでます。
WiFiは現在修理中。
全てが男女共用。
シャワールームがビーチにあるやつみたい。
清潔感は中の下。
キレイさはマラケシュの方が良かったかな。
とにかく誰が宿の人で誰が客か分からんフレンドリーさあり。
23:00  |  モロッコ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.09.10 (Mon)

エッサウィラにいます。

マラケシュからバスで西に3時間弱。

港町エッサウィラにやってきました。



漁師さんの捨てる魚の切れ端を狙って集まってくるカモメがハンパないっ!
フンが落ちて来ないかとヒヤヒヤする。しかも人に慣れてるのか逃げもしねぇ(~_~;)ハエもいっぱい。







この街、宿のWiFiが壊れてるのに加えてモロッコの携帯の電波も入らないという驚きの場所。時々は電波入るんやけども。なんのために現地のSIMカード買ったのやら。城壁の外に出て3G拾えるまで太陽の下をウロウロ。
てか、3G回線て昔の壁ごときに阻まれるもんなのか…上は開いてんのに。



この街は16世紀初めにポルトガル人によって支配され、大西洋沿岸に要塞が築かれました。城壁の上には塔が立ち、その北側と南側に大砲の攻防に備え、円形や四角形の見張り台が建てられてます。





今ではそこは海や旧市街を眺める展望台となっていて、観光用に大砲が並んでました。







エッサウィラの街は小さくて、1日あれば街中見れてしまう感じ。お店が並ぶスークもマラケシュと違って迷路になってないので、迷うことも無し。



大量のミント!モロッコ人はミントティーが大好きです。





ここで3泊するんですが、すでに明日行くとこが無い。ビーチあるけど水着ないし、そもそも一人でビーチって寒過ぎるでしょ。



アーティストが集まる街としても有名らしく、ギャラリーみたいなのもたくさんあります。マラケシュみたいに客引きがないと聞いていたけど、普通にありました。マラケシュほどではないけども。わたしが日本人やからなのかもしれません。

あ、まだもっと有名なものがあった。

それはアルガンオイル!と寄木細工。

アルガンの木はモロッコ南西部にしか生えてなくて、ここ、エッサウィラ近郊は数少ないアルガンツリーの生育地。100kgの実から1Lしか取れないそう。純度によって金額はピンキリですが、なんとかいいの見つけたいところ。

寄木細工もすごいんやけど、写真撮ると金取られるからなかなか撮れない…。店の真ん前に人がいるから隠し撮りしにくいのよね…

てもこれだけは撮った。怖くない?



なんでこの吊り方になっちゃったのかなぁ…

よし、明日はアルガンオイル製造所まで遠出するかな。欲しい人!送りますよ~。わたくし、予算は上限3000円を考えております。

石鹸とかハンドクリームとかオイル入りの何かなら安いだろね。
純正手絞りオイルっていくらするのか…スークの店舗で1000円くらいのが売ってますが、クオリティが分からん。明日工房探して比べてみます。
22:54  |  モロッコ  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2012.09.08 (Sat)

あああっ!

すっかり忘れてたトマト祭り報告。

こないだ旅友もりじゅんのおかげでようやくSDカードから画像を取り込めました。

もう、目から鼻からトマトが出てきました。写真ドーンといきましょう。









ギュウギュウの人の中にデカいトラックがトマト積んでやってきます。











足元はトマトの川!







トマトが終わると近隣の人たちが所々で参加者に水をかけてくれます。
トマト洗い流さないと電車乗れないからね。



一緒に参加したステキな夫婦!



圧死しそうなくらい押しつぶされるけど、ほんまめっっっちゃ面白かった!

また参加したいな~♪( ´θ`)ノ
22:37  |  スペイン  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2012.09.08 (Sat)

明日、次の町へ

昨日20:30頃サハラ砂漠からマラケシュに戻りました。
せっかくなのでこないだとは別の宿に泊まってます。

「Riad Massine Ⅱ」
またしてもⅡです。狙ってるわけではなく、本館より安いだけ。
4Bedの女子ドミトリーで1泊55DH(約500円)
迷路のような路地にあるのは前回と変わらず。でもマラケシュにすでに9日もいるんじゃいっ、と自力でたどり着く。宿の人も驚いてました。フフフン(ドヤ顔)



部屋。狭めですが全く問題なし。



部屋の入口。



部屋は2階。これは部屋の窓の外側。



下にはリヤド特有のパティオ。
プールもあるみたいですが水は無し。



ここもお湯シャワー出るし、エアコンもWiFiもあるので快適。
マイナスポイントはここが別館で、中に入るには毎回20mほど離れた本館で人を呼んで入口を開けてもらわないとダメなこと。すぐ近くやけどけっこうめんどくさい。

ここはお客さんいっぱいでにぎわってました。頼めば朝食も22DHで食べられます。

そう、そして次の町へ。
明日、旅友もりじゅんがモロッコを出てドイツに行くのでわたしもマラケシュを出て移動します。今日はバスのチケットを買いに駅へ。

今回はSupratoursという民営バスで行きます。鉄道駅に隣接した場所に乗り場がありました。

これは鉄道駅。



そして、バス乗り場。



明日のチケット無事GET!

22:22  |  モロッコ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.09.07 (Fri)

砂砂砂

サハラ砂漠の入口の町、メルズーガ。
到着したのは19時過ぎ。
ここから砂丘のテントに向かいました。

ツアーのみんな11人でラクダに揺られて行くはずが、なんとラクダが8頭しかいない。なので夕陽組と朝陽組に別れることに。もう1グループ、朝陽組の5人がいたので、わたしと旅友もりじゅんとあと1人は翌日の朝陽組に入ることに。

夕陽組を見送り、わたしたちはジープで宿営地に。
これがなかなかエキサイティングで!



全員車の屋根に乗り、砂漠をぶっ飛ばすっ!ジェットコースターのようでした。



そして、夕陽の時間。





iPhoneではなかなかキレイに撮れんな。

宿営地では人形たちがお出迎え。





変な足跡発見。



なんと、スコーピオンやって!
でもわたし、さそり座やから刺されないよね。

夜はタジン鍋を食べ、火を囲んでベルベル人の演奏を聴き、ものっそい星空の下で就寝…
初めて天の川見ちゃったわ。

気になってると思いますが、もちろん電気、風呂、トイレ無しですよ。
歯磨きだけはペットボトルの水で。

トイレは広大な砂漠の好きなとこで。
シャワーなんか1日浴びなくても平気。
でも身体も頭も砂でジャリジャリですワ。

さて、早朝。夜明け前にテントを出発。ラクダで月明かりのみの砂漠を歩く。これが、結構揺れる。

明るくなんないとiPhoneで写真が撮れない~っ(T ^ T)









ベルベル人の美青年と。



ありがとうラクダさん。


おまけ。

23:41  |  モロッコ  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2012.09.07 (Fri)

砂漠への道

順番に砂漠までの道のりを。
昨日砂漠へ出発してまずベルベル人の村。
見所…特になし。絨毯売りたかったみたいですが全員が無言になったため、すぐたたんでました。
ちょい悪風ベルベル人のおっちゃんと。



その次がトドラ渓谷。

キラキラ流れる川を見て、見上げれば赤茶色の絶壁。こんな場所もあるんだなぁ…水を見て、なんか感動。







周りの山を見渡しても水の気配のないカッサカサなのにこの冷たい清流はどこから来るのでしょう?


さあ、そしていよいよサハラに向かいますっ!
23:01  |  モロッコ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.09.07 (Fri)

あ、電波

ゆうべは電波がダメでしたが、今まさにラクダに乗って朝日を待ちつつ町に向かってますよ~

揺れる~!

サハラ砂漠なうっ!


でも写真はアップできね…
14:39  |  モロッコ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.09.06 (Thu)

サハラ砂漠に一歩近づいた

朝7:30にマラケシュを出発し、ガンガン赤茶色の山を登る。サハラ砂漠に行くにはアトラス山脈を越えるのだ。

景色の良いところではたびたび車を止め、撮影タイムをとる。





途中世界遺産にも登録されているアイト・ベン・ハッドゥに寄って1時間半歩く。

ここはベルベル人がアラブ人からの侵略を防ぐため城砦化した村。今も8家族がここで暮らしてる。







上までみんなで登った。




お高めのランチを食べ今夜の宿に向けて再出発。

水分の気配を感じない景色が続く。
なんか、カッサカサだわ。





↑このツアーで一緒になったアイちゃん。真ん中の二人もツアー客。17歳と20歳。か~わ~い~い~の~♪(´ε` )


19時に無事に宿到着。
明日も道中の観光スポットに寄りながらいよいよサハラ砂漠まで行っちゃいますよ!


参考までに。
今回利用したツアー会社は
「ANDO VOYAGE」
2泊3日で800DH。約8000円。

隣が日本人の利用が多いSahara Expeditionという会社やったんですが、料金を聞いたらANDOさんのが安くしてくれるというので、決めました。
Sahara Expeditionの客引きのおっちゃんはかなり文句たれてたけど、そんなの知らな~い♪(´ε` )

現時点での不満はランチタイム。
アイト・ベン・ハッドゥに着いたのが昼の12:30。ランチかと思いきやそのまま観光。
朝も早かったしかなりの空腹状態で1時間半の要塞巡り。
やっとランチにありついたのは14時過ぎ。先にランチにしてほしかったヨ…そんで、腹ごなしに登る方が断然よかったのにな。

他のツアー会社のグループもみんなそのタイミングでご飯やったから決まってんのかもしれんけど。

まあ激安ツアーやとこんなもんか。
サハラ砂漠でラクダに乗れりゃなんでもいいっ!
04:16  |  モロッコ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2012.09.05 (Wed)

旅友と再会。

タイの終わりに出会い、インドの半分を共にした旅友と本日マラケシュで再会。っていうか来るの待ってたんやけど。

明日から一緒に2泊3日のサハラ砂漠ツアー行ってきます。1泊目は途中のホテルやけど2泊目は砂漠の砂丘でテント泊です!

本気の砂漠なんてそうそう見れんし、もっそい楽しみですわ。

今日は再会した旅友とスークで迷ったり、カフェでまったりしたり…



アボカドジュース、濃厚で美味かった~っ!

そのあとサボテンの実20円を食べて~



味?柿とメロン足して2で割ったののちょいクオリティ低いやつ。けっこうおいしい。

そして、夕方のクトゥビアモスク。



明日は朝早いんで、早めに寝なくちゃ!
05:14  |  モロッコ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2012.09.04 (Tue)

新市街。

宿から旧市街の中心フナ広場へは20分かかるが逆に新市街に出るのは15分じゃいっ!

フナ広場周辺の安宿やと新市街まで30分はかかるぜぃ。まぁ30円くらいでバスあるみたいやけど。路線バスって初心者にはハードル高いよね。行き先がアラビア語なんかで書かれた日にゃあ…( ;´Д`)

ということで、今日は新市街へ。
宿から城壁伝いに門へ向かう。







この門の手前の勝手口(と名付けた)から新市街に出る。

いきなり道が広くなり、道路も整備されてて歩道もある。



が、やはり信号や横断歩道の類はない。カンボジアやインド方式で車の間をすり抜けて渡る(;´Д`A

新市街でもモロッコの伝統服を着ている人は多い。昨日わたしが買ったカフタンより、もっと普段着なのがジュラバというフード付きの服。



見た感じ男の人は地味目な色、女性は明るい色や派手な柄が入ったのを着てる人が多い。若い子も着てる。

グレーのやつ着てるおじさん見ると、みんな同じこと思うんじゃないかな。


「ねずみ男」



足元はバブーシュ。男性のバブーシュは黄色率高し。ジュラバはアースカラーで明るい色のバブーシュ。オシャレやの~

なんかかわいい。

ジュラバも欲しくなってくる。
冬用とか夏用があるらしい。
冬用買ったら日本でコート代わりになんないかな?部屋着にはちょうどいいよね。でも、スークで冬用なんてあったかな?また行かないと!

三大ウザい国のひとつに数えられるモロッコ。あとの2つ?もちろんインドとエジプトよ。

エジプトはまだ体験してないけど、インドに比べたらモロッコは全然軽い。
客引きは多いけど一回スルーすりゃたいてい引下がる。


そうそう、新市街に来た目的はブログで紹介されてたカフェにでも行こうと思って。Wi-Fi使えてオサレなカフェって書いてあったんで、そこ目指して新市街のショッピングモールへ。



いや、買い物ちゃうよ!

でもそのカフェの場所は銀行になってました。

しゃあないのでお隣の世界のマクドナルドへ。Wi-Fi使えて長居できるしさ。
そしたらナゲットのソースにカレーが!



あれ?日本にもあったっけ?
まぁ、あんま美味しくなかったです。
しいて言うなら酢豚のタレにカレー混ぜた感じ。微妙な酸味がありました。

やっぱBBQのがいいな。
00:13  |  モロッコ  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2012.09.04 (Tue)

お宿周辺

報告忘れてましたがモロッコに来て早4日。

泊まっているのは「Riad Amlal Ⅱ」というとこ。


この、リヤドというのは、もともとは「中庭のある家」という意味のアラビア語。
ところが近年、旧市街に住む地元のモロッコ人たちに、「暮らしにくい、新しい家に住みたい」という事で見捨てられつつあったこれらの建物が、古いものに価値を見つけるヨーロッパ人によって買われ、改装されてホテルになるものがたくさん現れました。
現在ではこうしてプチホテルに生まれ変わった邸宅ホテルが「リヤド」と呼ばれ、「リヤド」といえば「中庭のある家」という意味合いで使われるよりも、「旧市街内のプチホテル」という意味合いで使われる事の方が多くなりました。と、どっかのサイトに書いてありました。

この「リヤド」マラケシュでは、旧市街の中だけで250軒以上あるそうです。最近は格安予約サイトで予約できるリヤドも増えたみたいです。

ただ一般的なホテルとは違って細い路地の奥にあるところが多くて駅や空港、バスターミナルから自力でたどり着くのはかなり難しい。
わたしも結局3日分の宿泊費相当の料金を払って空港まで迎えに来てもらいました。

こんな路地にあります。



二筋目右です。

入ると吹き抜けの中庭があって周りを部屋が取り囲む感じ。かわいいし、オシャレ。



部屋のドアと洗面台。



予約サイトで予約して、1泊4.8€。480円くらい。ディルハムやと50DH弱か…?わたしは7つベッドがある女子ドミトリーに泊まってます。が、貸し切りです。2日ほど、金髪のお姉さんが一緒でしたが今また1人です。

旧市街の中心フナ広場までやや遠い(徒歩20分くらい)のとWi-Fiが壊れてる以外はわりといいと思うんやけどな。エアコンもあるし。ちょい出が悪いけどお湯シャワーやし。
00:07  |  モロッコ  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)
 | HOME |  NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。