2012.10.31 (Wed)

アンタルヤ最終日

11時のチェックアウトまで部屋でゆっくりして、荷物を預かってもらう。今朝は雨スタート。チェックアウトはしたものの雨なので宿の中でネットして時間を潰す。雷も鳴ってるし、バスステーションまで行くのも大変や…

次の街へのバスは18:30。16時過ぎくらいまではここらへんにいる予定なのです。


しかしっ!日頃の行いがいいせいか、1時間ほどすると雨が止んで日差しが!

よっしゃ!とばかりに最後の散策へ繰り出しました。とはいえ、カレイチ(旧市街)は小さいのでもうあんまり行くとこない。


入ってみたのは人がいっぱいいたパン屋さん。で、他のお客さんが買ってた気になる食べ物を購入。






けっこうデカイ。
厚めのクレープにほうれん草とチーズと何かソースがはさまってます。
おいしいけど、お腹いっぱいなっちゃって1/3はサヨナラしました。

あとで、調べたらギョズレメというトルコ料理でした。

このあとはほんと、ただブラブラしただけ。早めに宿に戻って次の街のこと調べたりしてるうちに時間が経ったのでバスステーション(オトガルといいます)へ。

ビックリするくらい時間ピッタリに出発し、これまた驚くほど定刻に通りきっかり3時間後には次の街に到着したのでした。


おまけ。

モロッコのもよかったけどトルコもランプがかわいい~♪( ´θ`)ノ

06:51  |  トルコ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.10.30 (Tue)

アンタルヤ3日目

はい、今日はツアー申し込んじゃいました。

アンタルヤ近郊の3つの遺跡を巡るツアーです。

朝8時にピックアップしてもらい、ミニバスで一つ目の遺跡ペルゲ遺跡に到着。

ペルゲの町の起源は、紀元前1200年頃のトロイ戦争後に移住してきたギリシャ人により建設されたとも言われています。

広範囲に遺跡が散らばっていてローマ浴場、劇場跡などがあります。







でも、すみません…すごい遺跡のはずやのにイマイチ乗り切れんかった。

その訳はツアーガイド。

とにかく説明が長いっ!
バスの中でもしゃべりっぱなし。
遺跡に着いても10m歩いては15分しゃべる。同じガイド仲間であろうおじさんも苦笑い。

後から来た団体さんにもどんどん追い抜かれて行く。うちらだけ尋常じゃないくらい進みが遅い。

勝手にスタスタ遺跡見に行ったりもちろんするけど、結局最後は合流しなきゃだし。もう、誰も聞いてないのに。

でもそんな始まってそうそうウンザリ気味のわたしらに救世主が!



写真は後半の遺跡で撮ったもんやけど、このお姉様のおかげですっごい楽しめた!陰で師匠と呼ばせていただいてました。

師匠はとにかく写真撮られるのがお好き。一緒のお友達はまるで専属カメラマン。色んなポージングをとる師匠をひたすら撮る、撮る、撮る!

もうその動向に釘付けです♪( ´θ`)ノ

師匠たちもガイドの説明にウンザリし、勝手に動き回る。わたしらと一緒や(^◇^;)

師匠に夢中のわたしたち。

わたしらもマネしてモデル立ちしてみたりしたけど、師匠には遠く及ばない。
そして、極め付けはバスの中。


移動中もひたすらしゃべり続けるガイドのおじさん。とにかく自分の知識を全て披露したいみたい。

ガイド:「どんな質問にも答えるし!難しい質問してみて!」


すでにみんなガイドの説明疲れでグッタリ…誰も口を開かない。

そう、師匠以外は。


しゃべり続けるガイドに師匠が放った質問。


ランチ何?




師匠、さすがです。
ガイドも一瞬だまりましたよ。


ツアー後半も結局ガイドはしゃべり続けたけど、もう全然無視しちゃいます。











二つ目の地中海のビーチに立つシデ遺跡、三つ目はアスペンドスのローマ劇場。この、ローマ劇場は世界でもっとも保存状態が良いと言われていて、なんと現役で使われているのです。

すごいな~と感心しつつ、師匠のように絵になる写真を目指しました。
どうでしょう?CDジャケット風にイケてるでしょうか?

このあたり、もう楽しくてしょうがなくなってました。ガイドなんかそっちのけです。

帰りに何とかっていう滝に寄ってツアー終了。




はあ~…終わってみれば楽しい1日やった( ̄▽ ̄)師匠ありがとうございました。

明日は移動です。
07:44  |  トルコ  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2012.10.29 (Mon)

アンタルヤ1日目&2日目

プラハの空港で夜を過ごし、早朝発の飛行機でトルコへ!


3時間ほどのフライトで到着したのはトルコ南部、地中海沿岸のリゾート地アンタルヤ!

プラハとの気温差15℃以上( ̄◇ ̄;)夏再来です!!

宿があるのはアンタルヤの旧市街カレイチKaleiçiというエリア。カレとは城砦、イチとは~の中という意味だそう。つまり城壁に囲まれた街ということ。

空港で聞いたカレイチの近くまで行くというバスに乗る。年に一度の犠牲祭真っ只中のおかげか料金無料。
空港で色々教えてくれた兄ちゃんがバスの運ちゃんにわたしたちがおりるバス停で声をかけるよう頼んでくれた。

世界三大ウザい国のひとつに数える人もいるトルコ(定番はインド・エジプト・モロッコ)。でも出だしはまずまず。インドやったらバトル開始してるとこやわ。

バス停からは歩いて行けると言われたけど、土地勘ないし、Uさんはスーツケースやし、ここは楽チンなタクシー!


久しぶりに値段交渉から始まった。

わたし「この宿までいくら?」

タク運ちゃん「20リラ」

わたし「10リラ」

空港の兄ちゃんがタクシー乗るなら、ローカル価格で10リラ、MAXでも15リラやからね!と料金の相場を教えてくれてたので、まずは10リラで交渉開始。


運ちゃん「15リラ」


2人で割り勘したいし…偶数だな。


わたし「12リラ」

運ちゃん 「よし、10、10だ」

おい、一人10やと増えとるやないか!

わたし 「7、7や」


となんとか2で割り切れるようにしたかったけど、結局15リラ払いました。

いまだいたい1リラが45円くらいなので、15リラやと約660円です。
10分もかからん距離にこの値段…


クソっ(*`へ´*)


宿はこれ。



空港、飛行機と前夜ほとんど寝てないわたしたち。眠気もピークやけど、この陽気、この晴天!
とりあえず宿周りを散策。








ザ・リゾート!

ついでに海も見に行った。



地中海~っっ!
冬服しか持ってきてないUさん。

「寒いて言うたやんか…」


いや、ヨーロッパは寒かったでしょ?
すんません…アンタルヤ情報まで調べてなくて…

この日は眠すぎたので20時に就寝…



翌日、宿の朝ごはんを食べ、やや体調の悪いUさんに洗濯物をたくし、わたしは次の目的地までのバスチケットを買いに行くことに。

長距離バスのステーションは「オトガル」といいます。宿からオトガルまではトラム(路面電車)で行きました。



料金はまたもや無料。犠牲祭中やからです。ビバ!ホリデー!

20分でオトガル到着。





中にはバス会社のカウンターがいっぱいっ!いったいどこのバス会社に行けばいいのかしら?

よく見ると、バス会社それぞれ決まった行き先があるよう。わたしの行きたい場所に行くバスはどれかな~とウロウロしてると、おっちゃんが声をかけてくれたので、行き先を告げ、バス会社を教えてもらった。

トルコいい人多いやん。


わたしが買いたいのは明日のチケットでしたがホリデー中で満席とのこと。
明後日夕方以降のバスならあるというので、それで購入。

もう1泊カレイチに泊まるとこに。
宿にお願いしなくちゃ。

宿に戻り、Uさんに報告。
今泊まってる部屋は4ベッドのミックスドミ。もう1泊することになりました、と報告すると、嫌ですとの答え。
どうやら、この部屋はお気に召さなかったよう。トイレも汚いし、同室の人とも合わないそう。

わたしにはこの宿5つ星なんですが…


で、宿のおっちゃんに部屋変えられるかと1泊延長をお願い。

なんと、どちらの要求も快諾してくれました。
ということで、2泊目、3泊目はツインルームです。

ドミより、もちろんお値段高め。
ううっ!わたしはドミでいいんやけど!

でもUさんがドミの値段超える分を払ってくれました。よ、太っ腹!

でもこの先も基本安宿よ。
ヨーロッパのクオリティは忘れてね♪(´ε` )




<宿情報>

sabah pensiyon

4ベッドミックスドミ11€/1泊

ツイン60トルコリラ/1泊(1室料金)

トイレとシャワーが仕切られてないので(カーテンのみ)、シャワーを浴びると床はビショビショ。
排水溝が開閉式で、開けっ放しやとだいぶ臭います。

朝食、タオル、シーツ代込み。
ドミにはフリーの電源1つ。テレビのを抜けば3つ。
05:13  |  トルコ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.10.27 (Sat)

プラハ最終日

もうすぐ空港に向かいます。

今日は…ショッピングしかしてません。朝、Uさんに持ってきてもらった味噌ラーメンを食べ、外の屋台でパンみたいな、スイーツみたいな美味しいもんを食べた。







生地を棒に巻きつけてクルクル回しながら焼いて、砂糖つけてまた焼いて。

外はサクサクなかはホワホワ( ̄▽ ̄)

ヤ○○キパンで作ってくれないかな。

そして、空港行のバスの時間の確認にプラハ中央駅へ。




これで、プラハ本駅(中央駅)ってことよ!?読めんわ!!

Praha hlavní nádraží ←だいたい何なのアルファベットの上のチョンチョンは!

あとクレープも食べたな…
ウィーンではクレープをパラチンケンっていったけど、チェコではパラチンキ。

そしてお腹いっぱいでショッピング。

いや、わたしは買ってないよ?妹へのお土産のキーホルダーと自分へのお土産のエコバッグしか!

「dm」っていうドラッグストアのね、エコバッグが可愛かったのです。





ああ、Uさんはまた服買ってました~。

では、トルコ行ってきます。
ちなみにイスタンブール着ではなく地中海側のアンタルヤ着でございます。

ええ、ええ、おもくそリゾート地ですよ。
03:07  |  チェコ  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2012.10.25 (Thu)

プラハ3日目

早起きっ!



しようと思ってたのに…どうしてわたしらは!!(>人<;)

昨日の残りのスタンポットを食べ、昼にようやく宿を出た。


今日のメインはプラハ城と城内にあるヴィート大聖堂内のステンドグラスを見ること。

プラハ城に向う道中、いろんな店が気になってすぐ入ってしまうのでなかなか先に進まん…






↓これは天文時計。

約600年前に作られ今も現役で動いてます。



プラハ城へ続く橋、カレル橋に着きました。





カレル橋(チェコ語ではKarlův most, 英語やとCharles Bridge)モルダウ川に架かっている橋で1357年に建設が始まり1402年に完成。橋の欄干には15体ずつ、合計30体の彫刻が並んでます。

さすがにプラハ一の観光名所、人でいっぱいです。そして景色はスバラシイ。ずっと曇り空でどんよりした写真しか撮れないのが残念でならん。
ほんまはもっとキレイなのよ!




プラハ城の正門に到着。



お城とは言っても敷地の中には大統領官邸や大聖堂、今は土産物屋やけど、当時の家が建ち並ぶ黄金小路などここだけでひとつの街!てか、城は結局どれなん?大聖堂が目立ち過ぎ。



当然中に入ります。お目当てのステンドグラスはチェコ出身のミュシャがデザインしたステンドグラス!



高台にあるお城からの眺めもすんご~いっ(=´∀`)人(´∀`=)





敷地内を散策して、二人でいかにオシャレに見える写真を撮るか考える。








どう?どう?
Uさんがほめてくれるので、最近ちょっと調子に乗ってます。

プラハはマリオネットも名物。
操り人形のお店もいっぱい。だいたいちょい怖い雰囲気をかもしだしてます。



晩ご飯を洒落たレストランで食べ(でも700円くらいの日替わりセット)、行きに通った天文時計がある広場まで戻ってきた。



夜の感じもいいねえ。
でもだいぶ寒くなってきたので帰ろう帰ろう。

明日は夜を空港で過ごし、翌早朝4:40発の飛行機でトルコに移動しま~す。
なので昼間まるまるまだプラハ観光。
いや、またショッピングかな( ̄▽ ̄)
23:48  |  チェコ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2012.10.25 (Thu)

プラハ2日目

昨日は到着しただけでどこにも行ってないので、今日が観光1日目。


まずはここ。

「MUCHA MUSEUM」


日本でも人気のミュシャの美術館です。ミュシャってのはフランス語読みだそう。チェコ語やとムハになるそうです。

作品は撮影禁止やったので、入場チケットを。



ね?見たことあるでしょ。
とってもとってもキレイな絵ばかりです。


ここのあとは通称Dancing Buildingと言われてる建築を見に川沿いへ。

ビルがダンスを踊ってるみたいなのでこう呼ばれてます。




このビルの前を流れてる河はなんと!

モルダウ川です!
小学生のころ、音楽の授業で習ったスメタナの「美しき河よ~モルダウの~♪」のモルダウ川ですよ~!

でも河自体はちっとも美しくなかったです。でも河の流れる景色は素晴らしい( ̄▽ ̄)





明日はこの河を渡ります。


川沿いを歩きながら次の目的地へ移動中、河で出番を待つこの子たち。




乗りたい気持ちはあったんですが、いかんせん寒くてね。大人なのでやめときました。



さあ、着いた。
ここが次の目的地。



でっかいスーパーっっ!
外国のスーパーって何でこんなウキウキするんでしょうね。

地下がスーパーで上は化粧品やら服やら売ってるプラハのイトーヨーカドーです。いや、イオンかも。

ここで、材料を調達し今夜の晩ご飯は自炊。オランダでカウチホストに作ってもらったスタンポットを再現してみます。

ケールはみつからなかったので、ほうれん草で代用。まずはマッシュポテトの部分。茹でたジャガイモにミルクを少しずつ…


少しず…


少し…ん…?



これ、牛乳ちゃうやんっ!


スーパーで牛乳やと信じて買ったものはヨーグルトでした。甘くない飲むヨーグルト。

牛乳コーナーらしき場所でそれでもずいぶん悩んで買ったんやけどね。
チェコ語やからさっっぱりわかんなくて。

Uさんは横で「いけんじゃね?」なんて言ってるけど、いやいやいけませんよ!酸っぱい匂いするし、分離してきてるしぃ~っ!

あわててジャガイモを洗いました。
まだ潰してなくて良かったぁ!


急いで近くのミニスーパーに走り、店の人に聞いて牛乳購入。

なんとかスタンポットもどき、完成です。





お味もまずまずでした。
05:24  |  チェコ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2012.10.24 (Wed)

プラハ到着

WESTBUSのチケット買えました~っ( ̄▽ ̄)



お値段、19€。約2000円で国境越えです。13時にウィーンを出発し、プラハに着いたのは18時半頃。




ここから地下鉄に乗り、宿の最寄り駅まで行くまでは順調でしたが…



宿まで迷いまくりました。
そもそも自分のいる通りの名前を勘違いしてたのが原因なんですが、人に聞いてもみんなおしえてくれる場所が違う。


そして、ようやく辿りついてみると、駅から超近かった…


グッタリしながら宿に荷物を置き、とりあえず何か晩ご飯食べねばと外へ。
道を教えてくれた(違ったけど)お姉さんのいるチョコ屋さんに寄ってお礼を言う。

こんなチョコ売ってる。




「カレーココナッツバナナ」


旨いの?


もう今日は疲れたのでスタンドでホットドッグ食べて終了~



<宿情報>

Ahoy!Hostel

6ベッド男女ミックスドミ 10€/1泊

電源4カ所は見つけた。
キッチンあり。ランドリーはなし。
ベッド数のわりにシャワーは2カ所。
看板がなく見つけにくいです。インターフォンに名前があるだけ。





ここでUさん初のミックスドミ。

なにやら色々カルチャーショックを受けてたようです。

大丈夫!慣れる慣れる。










<宿情報>
22:18  |  チェコ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.10.23 (Tue)

ウィーン最終日

明日は移動日。

なのに今日も宿を出たのはすでに昼前。ダメね~ついダラダラしちゃうわ。

今日は特にここって場所に行く予定なし。しいて言うならショッピング?(Uさんのね)

まだ旅行始まって5日やというのにたくさん服買い込んではりますよ( ̄▽ ̄)
知らないよー重くなっても。

わたしの目標は明日のプラハ行のバスチケットを買うこと。STUDENT AGENCYっていうハンガリーの会社のバスがとっても安くて良さそうやったんやけど、webサイトで席の予約はできたものの支払い画面のページに飛べず、結果予約が完了しない…

チケットオフィスがないかと出発する駅まで出向いてみたけど、やっぱりオフィスもない。
いちかばちか当日バスでチケット買うことも考えたけど、それもできる保証がないので、このバスは諦めることにする。

夜、他のバスを探してたらWESTBUSというバスを発見。料金もサービスもSTUDENT AGENCYと変わらないし、HP見ると直接バスのドライバーからチケット買うこともできるって書いてある!

もうこれに賭けます!


果たしてわたしたちは格安でプラハまで行けるのでしょうか



お昼ご飯は遅めの14時半頃。
パラチンケン(palatschinken)っていう料理を食べに専門店まで行きました。



ハムとチーズ、ミートソースみたいなん、タマネギをトマトソースで炒めたようなやつがクレープみたいに包まれてます。

デザートはウィーン名物の「Kaiserschmarrn(カイザーシュマーレン)」オーストリア風パンケーキです。

レーズンが入ってるのが普通。
小さく切ったパンケーキにフルーツソースをかけていただきます。





お腹パンパンなりました。


腹ごなしにガイドブックに載ってる小路を探し、散策を続けてると自分の絵を売ってるお姉さん発見。もっそい絵がうまいっ!いや、わたしら芸術に関してはド素人やけども。








最初のは小路のレストランの看板。

あとはお姉さんの油絵。
めっちゃうまいっしょ!


さあ、今夜は貯めた洗濯しなくちゃ。
パッキングもあるし、早めに帰りましょう。



あ、Uさんスワロフスキーでネックレスまで買っちゃいました。
何故ならスワロフスキーはオーストリア発祥のブランド。





気持ちは分かるよ。
本場で買う自分に酔うのが大好きなわたしたちです。
10:45  |  オーストリア  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2012.10.22 (Mon)

ウィーン4日目

日曜日。


てことはほとんどのお店が休みってこと。レストランはまだ少し開いてるけど、買い物はほとんどできない。
日本人には理解できん。


日曜日こそ働けよ。


利益より、プライベートな時間が大事なんでしょうな。お金ないと遊べませんよ~って言いたい。


この日わたしたち最大のミッション。


オペラ座のチケットを買う


いや、立ち見は開演の80分前にしか発売されないので、それより早く行って並ぶしかないのですが、Uさんはね、出来れば座ってゆっくり鑑賞したいと。


でも結局座席は全て売り切れ。
立ち見席に並ぶしか手は残ってナイ。
開演は19時なのでチケット発売は17:40から。17時くらいから並ぼうか、ということになりそれまでは観光、観光。


最初はオペラ座からすぐのアルベルティーナ美術館(ALBERTINA MUSEUM)
初日あの建物のなんやろね~といいながらスルーしてたんですが、有名作品をたくさん所蔵してる美術館やと知り、なら行かねばとなりました。

モネやピカソ、そしてUさんの愛するマグリットの絵もあり、なかなか見応えのある美術館でした。
でもわたしが気に入ったのはこの3箇所。







豪華な美術館なのに、こういう遊び心いいよね~♪( ´▽`)

で、次に行ったのも美術館。
ここにはUさんの最大の目的、グスタフ・クリムトの「接吻」という絵画が展示されているのです。

美術館と書きましたがここは元宮殿。
上宮と下宮からなるベルヴェデーレ宮殿(belvedere)です。

美術館になってるのは上宮の方。
こんなとこです!





庭も広いっ!

庭園の散策だけならお金はかかりません。天気良かったら庭園の両端の並木道のベンチでおやつとか食べたかったな。





ここも展示されてる絵画は撮影禁止で残念。

そうこうしてるうちにオペラ座で並ぶ時間が!予定よりやや遅れて17時半にオペラ座到着。すでにそこには立ち見チケットを買う人の長い行列!

1時間半並んでGETしたのは



2階の隅っこ。
お値段驚きの3€!!
300円ちょっとで国立オペラ座でオペラ観れちゃうんですよ!日本やと何万もするのに!

この日上演されるのは「ティート皇帝の慈悲」というオペラ。一応あらすじだけは予習して行きました。

そして、とうとうオペラ座の中へ!



↑舞台の真下にはオーケストラ。





↑わたしらは○のあたりの立ち見席です。





ステーション以外も華やかやわ~

そして、ついやってしまいました。



オペラ座でオペラグラス借りてオペラ観る。このために2€払ってオペラグラス借りました( ̄▽ ̄)


で、肝心のオペラですが。

全くセリフは分からんけど多少の予習のおかげでストーリーは何となく分かるので結構楽しめました。なにより、この広いホールに人間の生声があんなに通るものかと感動((((;゚Д゚)))))))

マイク使ってもあんなに通らんのじゃないかと思う。そして、生のオーケストラもすんごいかっこいい。

3€でいいんかいと思うくらい貴重な体験でした。
20:25  |  オーストリア  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2012.10.22 (Mon)

ウィーン3日目

今日は最初にこ~んなオシャレな小路を通り抜け(小路にハマり中)、



ハプスブルク家の王宮Hofburgに行ってきました。ハプスブルク家は13世紀後半から約640年にわたり中欧を統治していました。ウィーンはそのハプスブルク帝国の都でした。

ハプスブルク家の有名人といえば、マリー・アントワネット!っていってもあんま詳しく知らないけど。
あれでしょ、パンがないならケーキを食べればいいじゃない的な発言して、民衆が怒った人でしょ。





外観は大きくてなかなか入りきりませんわ。中は撮影禁止。
で、コソッと撮った1枚。かわいいけど、あんま使う気にはならん皿たち。



展示の最初の方は当時の銀や金の食器類ばっかり!現在も国賓を招く際は使われているそうです。

さすが元王宮。
皇帝の執務室や皇妃の寝室。どこもすんごい豪華でしたよ。

王宮の後は、休憩がてら元ハプスブルク家御用達の店Demelデーメルへ。
店内は行列なので、テイクアウトして近くのベンチでいただきます。



上のは箱ね。
小さいケーキは本場のザッハトルテ♪

でもわたし…

アンズジャム挟まってるチョコケーキあんまり好きじゃないかも。
ジャム無しでええのに。でもそしたらザッハトルテじゃなくなるの…

横のはカスタードと生クリームのパイ。こちらは最高っ!元王室御用達は違いますな~( ̄▽ ̄)

甘いもんの後は甘くないもんでしょ。
こちらも人気店のオープンサンド屋さんの「TRZESNIEWSKI」1つ1€。
品名がさっぱり読めなくて、見た目のみでオーダー。でもどれも美味しかった。



この日は土曜日。お店が平日より2時間くらい早く閉店してしまうので、わたしたちも行くとこが減り早めに帰路へ。途中マクドナルドで気になってたマックヌードルで晩ご飯。

カレーとスイート&サワーの2種類味があってわたしはスイート&サワー味、Uさんはカレー味にしました。



スイート&サワー、つまり甘酢味。
旨いっ!ってほどではないです。食べ比べた結果Uさんは自分のカレー味の方がウマイな、とおっしゃってましたが…



甘酢味の勝ちでしょ。


と密かに思っておりました。
あ、これは内緒で。
09:27  |  オーストリア  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2012.10.21 (Sun)

ウィーン2日目

キッチンで朝ごはん!
自分たちで用意。安上がりやし、暮らしてるみたいで楽しい。1人やと材料余るからほとんどせんが、二人なら自炊もいいね~




そして今日は朝から観光!


のはずが宿を出たのは昼…


うん、あるある。



まずは有名どころでしょ。

シュテファン大聖堂!
はい、絶賛工事中!



工事流行ってんのかね。
ケルン大聖堂もノイシュヴァンシュタイン城も足場やネットがかかってたし。歴史のある建物やから、常に修復してないと崩れたりすんのかな。

続いて音楽の都らしく、国立オペラ座!



やっぱりオペラ観るべき?
どうしよ、どうしよ。
立ち見席なら500円しないし、ドレスじゃなくてもいい。でもチケット買うのに最低2時間は並ぶ。買ってから入場まで1時間は待つ。オペラ鑑賞中は3時間立ちっぱ。

待つ&立つのはぜんぜんいいの。大歓迎よ。ただ待ち時間に観光できないでしょ?6時間はオペラにかかりっきり。


でも時間以上の価値がきっとあるはず


できゃこんなに永く国民に愛されん。


でも今日はオペラ保留。

次はUさんが愛してやまない方の絵を観にセセッションという場所へ。



正面からやとこう。



なんか半球の物体が乗ってます。
黄金のキャベツと言われてるそう。

中は…残念ながら撮影禁止。
お目当てはクリムトの絵。これが建物の壁面に直接ドドーンと描いてあって、けっこうな迫力やったんですが、まさかの見所そこだけ。15分ほどで鑑賞終~了~


セセッションを後にして、ナッシュマルクト通りに入る。日曜日以外毎日市場やレストランが並ぶ楽しい通り。

写真はうまく撮れず。
途中スープ屋さんで、旨いスープを飲む。

そろそろ気温も下がってきたし、宿に向かいつつ、小路探索。オシャレな感じに写真撮るのに夢中。




でもどんなにオシャレに見えても、これもわたし。



ウィーンはモーツァルトの街です。
08:49  |  オーストリア  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2012.10.19 (Fri)

ウィーン1日目

音楽の都、ウィーーーーーン

でも、ウィーンというのはドイツ語。Weinね。英語やと全く違ってViennaヴィエナみたいになります。

日本語のカタカナって基本英語由来かと思ってるとチケット買うときとか全く通じなくてあれぇ?ってなります。

23時過ぎにミュンヘンを発ち、翌朝5時過ぎにウィーン到着。バスステーションはちょっと中心部から離れたErdbergという駅の近くなので、とりあえず宿のあるウィーン西駅まで地下鉄に乗る。

西駅に着いてもまだ外は真っ暗。
予約はしてあるけど、さすがに6時前の暗い中宿までウロつくのはいやなので、駅前のマクドナルドで朝マック。

旅行者の味方マクドナルド。
安いし、ネット使えるし。

そのマクドナルドのカウンターにこんな広告。



マックヌードルとな!?
なんか旨そうやの~♪( ´▽`)
朝マックメニューではないので、そのうち食べにこよう。

夜が明け始めた7時過ぎにマクドナルドを出て宿へ。駅から5分ほどで難なく発見できました。

ただ~しっ




チェックインできるのは14時。
荷物はロッカーに預けることができるので出かけることもできたけど、わたしは…


14時まで宿のリビングで待ちました。
顔洗ったりしたかったし、何だか出かけんのはメンドくさくて。ここならネット使えるし、ウトウト居眠りできるし。





14時にすぐチェックインして、一息着いたらウィーン西駅から地下鉄に乗り、Uさんとの待ち合わせ場所のミッテ駅へ!果たして無事逢えるのか!?


待ち合わせ場所は空港からの直通列車CATが着く専用ホームのそば。わたしの乗ってきた地下鉄3号線のホームから案内に従って進むも、駅が工事中で回り道ばっかり!全然辿りつか~んっ!


息を切らしてようやく到着すると…




いたっ!


無事3ヶ月半ぶりに再会できました。

一緒に宿へ戻り、夜に西駅近くのレストランへ。ええ、もちろん明日からこんな贅沢はお断りですが、せっかく再会したしね。

まずはシャンパンで乾杯。


わたしは特製オムレツ、Uさんはウィーン名物シュニッツェルをオーダー。シュニッツェルとは、薄っすいカツです。




美味しかったけどぉ…
正直出費は痛い…(>人<;)Uさん、明日からは貧乏バックパッカー風でお願いしますね。



日本からドバイ経由で21時間かけてきてくれたUさん。
明日から二人旅の始まりでいっ!



<宿情報>

Hostel Ruthensteiner
http://www.hostelruthensteiner.com/

6ベッド女子ドミ
1人当たり15.75€/1泊
Wi-Fiフリー、キッチンあり。
文句なく、キレイです。

19:20  |  オーストリア  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.10.18 (Thu)

ミュンヘン4日目

今夜23時発の夜行バスで次の国、オーストリアのウィーンに出発します。だいたい6時間半くらいのバス旅です。寝てたらあっちゅーまやね。

今日もミュンヘンはいい天気!
旅友愛ちゃんは体調不良のため、今日は一人でおでかけです。

今日の目的…


エコバッグ探しっ!


ドイツはエコバッグ大国。スーパーの袋はほぼ有料。いいのがあるに違いない♪( ´θ`)ノ

色んな店に突撃し、バッグありますか?攻撃。
事前にネットで情報をつかんだ店を中心にまわって行きました。



いや、この建物は入ってないけど。
キレイにしとるな~と関心しただけ。


3時間歩いて探した成果は3つ!


①本屋さんの(なんとたったの0.50€)




②スーパーの(これも激安0.75€)



③こないだ行った市場の(ちょい高め1.80€)



うん、こんなに買ってどうすんのやろ?

ま、いっか。



誰?目がチカチカすんねん…↓




伝統服↓…意外に着れそうやな。



陳列が見事なドライフルーツ屋さん↓




そしてここでお知らせ。

明日から約一ヶ月、二人旅になります。15年以上仲良くしてもらってる元同僚のUさんが休暇を取ってヨーロッパにやってきます!

オーストリア、チェコ、トルコ、ギリシャの4カ国を一緒に旅しますよ。

どうなるんでしょうか!?
03:08  |  ドイツ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.10.17 (Wed)

ミュンヘン3日目

起きれたぁ~っ!!


ちゃんと出かける準備をして、8時にレストランへ。愛ちゃんも無事に起きれて一緒に朝ごはん。


そして、9時半頃宿を出て中央駅へ。
行き先はフュッセン。まずはインフォメーションで電車の時間を聞いてみる。

「次は9:51だよ。30番ホームね。」


只今の時刻9:45


急いで券売機に行き、画面で切符を探す。
わたしたちが買いたいのはバイエルンカードというバイエルン地方の公共交通が一日乗り放題のチケット。

5人まで一緒に使えてとってもお得なのです。


が!券売機で買えるはずのバイエルンカードがどれか分からんっ!
悩む時間がもったいないので、有人のチケットオフィスに行き切符GET!

大急ぎで30番ホームを目指す!



しかし!ことのほか27番以降のホームが遠いっっ!26番までは近いのに!

努力むなしく…


電車は目の前で出発してしまいました…


うなだれてもっかいインフォメーションへ。次の電車を聞く。


「次は10:51ね。」


1時間後ですやん…


ようやく電車に乗りミュンヘンから電車で2時間。

フュッセン到着!




ここから路線バスで10分。

目的地のふもとに到着し、チケット売り場へ。目的地は完全予約制で、時間ごとに人数が決められていて、専門ガイドさんと一緒に回らなければなりません。

日本語オーディオガイドを申し込み15:45の回のチケットを購入。(12€)
チケット売り場から、またバスに乗ります。目的地まで眺めのいい山道を10分弱。入り口までは車が入れないのでここから15分歩きます。

その前に、このバス停近くの橋から見る景色を撮りに行く。

これこれ!これですよ!
今日の目的地!




ノイシュヴァンシュタイン城っ

一部工事中でネットかかってますが、なかなかよろしいやん。
この写真はポストカードではありませんよ。

ほんとはこの撮影場所の橋、現在封鎖されてます。橋のはじめが壊れてます。



でもみんな、すみっこを通り入ってっちゃってます。わたしも行きました。

良い子はマネしないでね。


そして、入城までの待ち時間は周りの風景を撮ったり…






なんちゃってシンデレラごっこしたり…



ちゃんとクツ、置いてます。


ようやく時間になり、入城!
残念ながら内部の撮影は禁止。絢爛豪華でしたわ~♪( ´▽`)
ゆっくり観たかったなーっ。

そして城内のショップで盛り上がる。





満足満足。
さあ、帰ろうか。


<おまけ>

お城の工事してる逆側からの眺めの方がいいのだが自力では行くのが無理な模様。

これはポスターの写真。

こっち側を遠くからみたかったな~。
真下では観れるんやけどね。

17:34  |  ドイツ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.10.17 (Wed)

ミュンヘン2日目

朝食の時間は7:00~10:00。

そう、朝ごはんを食べたければ何がなんでも10時までに地下のレストランに行かねばなりません。

昨日の夜の時点では、2日目は8時前に起きて、9時過ぎに宿を出てちょっと遠出をする予定でした。




うん、予定ではね…



7時半に目覚ましで一旦起きるもそのまま二度寝。9時頃再び起きて外を見る。



うっそ雨やん…


雨やし出かけんでよかったワ、と開き直り朝ごはんを食べに行く。
ビュッフェ形式なので好きなものを自分で取る。品揃えがなかなか豪華でつい食べ過ぎる…(ーー;)


折りたたみ傘はあるし、カッパもある。ここはミュンヘンで、ずっといるわけじゃない。時間を無駄にはしたくない。


分かってるのだ。


でも…




雨の中出んのいややわ~


朝ごはん食べて、出かける準備もまあ出来てる。1日中宿にいるのはもちろん嫌。ウダウダ考えながらベッドでゴロゴロ。


そして昼。


おお、雨止んだや~んっ!
よかった、よかったほな出かけよかと部屋を出て下に降りると受付前のソファに知ってる顔。


モロッコで会ってサハラ砂漠に一緒に行き、いったんお別れするもフェズで再会。一緒に青い街シャウエンに行った旅友愛ちゃんがいるではないですか!今朝ポーランドからミュンヘンに着いたんやって。


さっそく2人でミュンヘンの街に繰り出しました。


マリエン広場にある市庁舎



パラソル邪魔…

道沿いにはなぜかブタ。




腹ごしらえにそこからすぐのViktualien(読めない)市場へ。

分厚いハムサンド食べたり、お店もいっぱい出てて面白~いっ♪( ´θ`)ノ2人やからなおさら楽しい。






でもせっかく偶然にも再会したんやし?お祝いに飲むか!ってことになり16時過ぎに宿に戻る。スーパーに寄りワインとビール、つまみのサラミやオリーブを仕入れる。なんと市場で銘柄は違うけどハニーワインを発見したので、それも購入。

再会を祝して乾杯!



この一ヶ月のお互いの旅路を報告し合い、気がつけば20時少し前。
酒が足りんな、と慌てて閉店間際のスーパーに駆け込み、ワイン追加。

駅ナカでソーセージとチキンを二人で食べてまた宿で酒盛り再開。




いや~飲みましたわ。
明日、愛ちゃんと今日一人で行こうとしてた場所に遠出します。明日は早起きやで、愛ちゃん!酔っ払ってる場合ちゃうで!


結局6時間酒盛りしてました。
明日は地下のレストランに8時集合ですぞ!
05:20  |  ドイツ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.10.17 (Wed)

ミュンヘン1日目

フランクフルトから列車で4時間強。

ミュンヘンに降り立ちました!
世界的に有名なビールのお祭り、オクトーバーフェストの開催地です。



もちろん、オクトーバーフェストは終わってます。たしか今年は9/22~10/7の開催。ええ、ええ、分かっててずらしたんですよ。ビール興味ないし、宿高いし。

今一番気に入ってるお酒はハニーワイン!カウチホストのアンドレアス君に飲ませてもらったらもっそい美味しくて~( ̄▽ ̄)甘いですよ、かなり。



ハチミツを発酵させて作られたお酒なんです。

あんまりスーパーや酒屋さんにも置いてないそう。このハニーワインはフェスティバルがあったときに買ったものなんだそう。
見つけたら買おうっと。

さて、ミュンヘン中央駅に着いてまず思ったのが、「フランクフルト中央駅そっくり!」おかげで迷うことなく宿に到着。

ミュンヘンには3泊予定。

着いたのがもう17時頃で、なおかつ日曜日。店はたいてい閉まっております。なんで、宿の周りを一周しただけで終了。宿のスタッフにスーパーどこですやろ?と聞くも「今日は日曜日やから、何か買うなら中央駅やな」との返事。たしかに駅構内の店は開いてましたな。

大きい駅なんで、フードコートみたくご飯屋もあるし、コンビニみたいなんもいっぱいあるのです。
とりあえずミュンヘン初日なんで、この日はミュンヘン名物の白ソーセージを食べました~♪( ´θ`)ノ



この白ソーセージは皮を剥いて食べます。そして'焼き'ではなく'茹で'です。
皮も食べれんことはないんやろうけど、ゴムみたいでおいしくないです。
ピローっと剥いて食べましょう。

今まで食べたソーセージより、柔らかいです。美味しいけど、わたしは茶色い方が好きです。



<宿情報>

The 4 you Hostel & Hotel

www.the4you.de

わたしは予約サイトで12ベッド男女ミックスドミを予約したのですが、チェックイン時に6ベッドの女子ドミにUPグレードしてくれました♪(´ε` )

14€/1泊 朝食付き。←けっこう豪華

6ベッドで電源3つ。
シャワー、トイレは各フロアに。
お湯の出はいいんやけど、固定式で放射状にお湯がでるので、身体に届く頃には頼りない勢いに。全身の泡落とすのにはやや時間かかります。
04:35  |  ドイツ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.10.15 (Mon)

フランクフルト2&3日目

Frankfurt hostelを1泊でチェックアウトして、お昼過ぎ、電車に乗ってホストさんの家のあるRusselsheimへ。

25分ほどで到着すると、ホストのアンドレアス君が車で迎えに来てくれてました。

「ヨシダサン」

って声かけられて、まさかまた日本語ペラペラなのか!?と思いましたが、どうやら、このために覚えたよう。
ありがとうございます。


着いたのが13時過ぎ。まだ時間も早いのでリュッセルスハイムから車で20分ほどのマインツという街に連れて行ってもらいました。

ライン川クルーズの発着点でもあるマインツ。住みやすそうな街でした。

あとで見るとあんま写真撮ってなかった…

路地とマインツの大聖堂(の中)






いや~ヨーロッパの教会ってどこも美しいけど、何日か後に写真見ると…



これ、どこの教会やっけ



てなる。


教会そばの広場で花嫁さんと遭遇。
プロカメラマンに、混じって撮影しちゃいました。
ちゃんと許可とりましたーd( ̄  ̄)



お幸せに♪( ´θ`)ノ


夜はマインツでアンドレアス君が通いつめているという日本食レストランへ。ちゃんと日本人が作ってます。



茄子の揚げ出しと鳥カラ定食。


そして、朝ごはん用にとリュッセルスハイムで一番だというパン屋さんへ。
なぜわたしがパン好きやとわかったんや!?





2日分の朝ごはんを買ってくれました。


3日目


は再びフランクフルトへ。
アンドレアス君の友達も一緒に車でビューン
電車代浮いた\(//∇//)\

この、友達が!

めっちゃイケメンやって~ん


いや、アンドレアス君もいい人っぽさにじみ出てる感じなんやけども。

目の保養ができた。

土曜日ということもあって、蚤の市を発見。クレープとでかソーセージのホットドッグ食べながら、ブラブラ見てると



Σ( ̄。 ̄ノ)ノ


懐かし過ぎるやろ~っ!




電池の残量が足りなかったけどちゃんと起動しました。


そして、旧市庁舎がある街のメイン広場へ。



国土は日本より全然小さい国でも、ヨーロッパはどこも歩道が広くて、公園や広場がたくさんあっていいな。

これが市庁舎。



このあとモダンアートミュージアムに行ったけど…正直イマイチ。10€もしたのにな~

ああ、面白かったのはこの2つくらい。





この足、奥が見えそうで見えんのよ!
やりおるな…


そして、フランクフルトで一番驚いたもの。
フランクフルトのマネキンは…




生きてます。

笑顔で手振ってくれるし、カメラ目線してくれるし、ポーズもいろいろとってくれます。
もちろん記念撮影。



マネキンぽいポーズとろうとしたらすでに撮影済み。早いよ!

そんなこんなでフランクフルト滞在終了。翌日はミュンヘンへ移動です。
03:32  |  ドイツ  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2012.10.12 (Fri)

フランクフルト1日目

ケルンから新幹線で2時間半。

フランクフルト中央駅到着~



駅もデカイし高層ビルもたくさん!
さすが金融の中心地。

まずは宿にチェックインして荷物を置いて、散策開始ぃ~

ムムッなんだあのチャリは!



あったかそうやな、オイ!

そして、



何か、有名な撮影スポットらしいよ、このマーク撮るのが。
これが欧州中央銀行です。

高層ビルのほとんどが金融系か保険会社のビルなんだそうです。
こんなにたくさん高層ビルがあるのはドイツではフランクフルトだけなんやってさ。

ブラブラ散策してるとそろそろ夕方。

むふふ、今日はドイツ在住9年の日本人女子とディナーの約束しとるんですよ。しかも同い年の!

カウチサーフィンの掲示板でわたしがフランクフルトに来るっていうのをたまたま見つけて、ご飯どうですかってメッセージをくれたのです。

しかも彼女はドイツ語、英語ペラペラです!スペイン語やチェコ語も勉強中やって。かっけ~っっ\(//∇//)\

待ち合わせ場所はアルテ・オーパーの噴水前。



古そうな歴史ありそうなオペラハウスです。

そこから地下鉄に乗ってザクセンハウゼンという地区へ。この地区でしか飲めないお酒、アップルワインの有名店に連れてってもらいました。

ウキウキ付いてったら店の写真撮るのすっっかり忘れてました。
料理は撮ったのよ。





名物アップルワインと、彼女に教えてもらったドイツっぽい料理。
厚切りソーセージ(見た目ハムやけど、食感はソーセージ)目玉焼き乗せ、ポテトサラダ添え。

グーでした。アップルワインはね、想像ではアップルな感じで甘いのかと思ってたけど、実際は全く甘くなく、どちらかというと身体に良さげな味。
好き嫌いが別れそうな味。でも飲みやすくていいと思う。わたしは好きだ。


ちなみに彼女が頼んだのは豚肉とザワークラウト。こちらもドイツっぽい。



分厚い豚肉がどーんっと来ましたが、程よく塩味ついててこちらも美味。


チヅヨ様、誘ってくれてありがとう~っ!

ご飯のあと、カフェでお茶してもう少しトーク。年末休暇でヨーロッパのどっか行くとのことやったので、また再会できるといいね~っと行って彼女はこのあとジムへ行くのでした。アクティブや…わたしは宿へ戻ります。

宿は今夜1泊だけ。
あと2日週末はフランクフルトから地下鉄で20分ほどのRusslsheimという街でまたカウチホストの家に泊めてもらいます。こんどはどんなとこかな~( ̄▽ ̄)ああ、もう1日フランクフルト観光しますけどねん。



<お宿情報>

Frankfurt Hostel

中央駅から徒歩2分!立地は素晴らしい。
近くメッセ開催らしくお値段高め。

6ベッド、女子ドミ 30€/1泊。部屋にコンセント5つあった。

安い時期なら19€/1泊くらいか。
なんと朝食だけでなくディナーもついてました。残念ながらディナーはたべてないけど。

部屋もシャワールームもキレイやし、安けりゃもう何日か泊まってもいいホステルでした。
なんといってもシャワーが可動式で湯量や勢いが完璧。



18:59  |  ドイツ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.10.11 (Thu)

ケルン3日目

ケルン最終日。明日はフランクフルトに移動します。

昼前に宿を出て、今日向かったのは

チョコレート博物館!


チョコ好きなら当然惹かれるでしょ。

大聖堂からライン川沿いを南に歩くこと25分ほどで到着。

ケルンにはLindzのチョコレート博物館があるのです。
何故スイスの有名チョコレート会社がドイツにあるのか。



そんなん知らね。


近いからでしょ。

入場券を買って中に入ります。
たしか6.50€でした。
カカオの木やチョコレートの歴史、昔のチョコの作り方など、チョコレートに関する資料や展示物がたくさん並びます。ドイツ語と英語の説明があります。

しかし、チョコの歴史なんぞにはたいして興味がないので、どんどん先に進みます。どのみち説明見たってほとんど分からんしね。

奥にはLindsのチョコを作ってる作業工程の一部を見ることができます。





学校からの見学で来てるらしき子供の集団がいっぱいいて、さすがにチョコが流れてるエリアは大人気です。

そして、カカオの木にチョコレートの泉が!!



わかりにくいけど木の土台部分にはナミナミとチョコがたまってるのですよ。そして、白衣を着たお姉さんが、ウエハースにチョコをつけてお客さんに配ってます。



え?もちろん並んでわたしももらいました♪( ´θ`)ノ



そして、次の人だかりが。
このあたり、英語の説明がなくなっててドイツ語オンリー。
人観察と写真で推測するとどうやら、リンツのオリジナルチョコがオーダーできるもよう!



ふむふむ、この申し込み用紙に記入するのね。説明書らしきものもあります。



35分で完成みたいね。
ベースのチョコを3種類の中から選び、次に好きなトッピングを選んでオーダー。お値段4.90€。よし、やろう。やらんわけにいくかい。

必死で辞書アプリを使い、トッピングの種類を訳していきます。フルーツ部門はブルーベリー、ラズベリー、イチゴ、オレンジ…

次のカテゴリーはナッツ。
これは好きじゃないのでパス。

そしてその他のカテゴリー。

これがクセもの。辞書アプリでは半分も出てこない。
20分くらい奮闘したあと、もう推測で選ぶかとレジに向かうと…





現物の見本並んでるやん!!

頑張らんでよかったやん…




時間かけたわりに選んだトッピングは2つだけ。ゴチャゴチャ入れても美味しくならんでしょ。

今日は人が多いのか1時間かかるとのこと。オッケーオッケー。

隣ではオーダーの入ったチョコをひたすら作る人たち。



ふーん、そやって具を乗せてくのね。

待ってる間にミュージアム内のカフェへ。冷たいチョコドリンクにベルギーチョコアイスとホイップという、素晴らしい組み合わせのものを食べ、1時間後にふたたび中へ。



はい、これがわたしのオリジナルチョコ!



ミルクチョコベースでトッピングはイチゴと小さいマシュマロ!わたし、チョコとマシュマロの組み合わせが大好きです。

これ、バカ旨ですわ。

明治の板チョコ3枚分は量あるけど、油断したら一気食いしそう。
今日はなんとか数口でストップできました。

チビチビ食べないとね。



<おまけ>

1日1ソーセージと思ってたらうっかり2ソーセージ食べてしまいました。
え?確信犯?たしかに気づいてました。

07:42  |  ドイツ  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2012.10.10 (Wed)

ケルン2日目

再びケルン大聖堂へ行ってみました。

中に入るだけならタダみたい。







天井がものすごく高~いっ!
サグラダファミリアを思い出しました。そういえば似てる…?

塔の上にも登れるようですが、こちらは有料。ちょっと悩んで今日はパス。

そのあとケルンイチのショッピング通りへ。最新ファッションが並ぶ若者に人気のエリアとか。たしかに平日昼間やというのに人が多いっ!



そこで、気になる店が。



んんん!?
18?やったっけ?日本にも入って来て人気出た安い服屋さん、こんな名前やけども。

わたしの記憶では21やったはず。
中国みたいやな。

そしてまたブラブラ。
一応目的の店に向かってはいるのですが、このファッション通りとは全然違う通りなんで、まあ、この道は見るだけね。

たいして珍しいものもなかったし…



しかし、目的の店に向かってたはずがいつのまにやらどこよココ?みたいになってまして。まあ、広い道やし適当に歩いてりゃどっか分かるとこ着くだろ、くらいのスタンスでいました。



アイスクリームがビルの上に。
ビルの正面から見る感じではアイスクリーム屋はなかったけど。中に入ればあるのかなぁ?



後で宿でもらったMAPを見るとこの建物が載ってた。大昔は武器屋やったらしい。今はcity ミュージアムの本部とか。


そしてわたしは今どこにいるんや…


MAPで道の名前を探すもわたしの考えている地域とは全然違うとこにいるのか見つからず、やや困る。
まぁどっかカフェ入ってWi-Fi使ってGoogleマップみりゃ一発やけどカフェ代が惜しい。

ということで、自分を信じてまたブラブラ再開。べつに急いでないし、むしろヒマやし。真昼間やし。

そうこうしてたら…


あ。


大聖堂が見えました~♪( ´θ`)ノ
なんやそんな遠ないやん。余裕やん。
帰れるや~ん。
大聖堂ってデカくて目印になってよいね。ただわたしの考えてた場所とはずいぶん離れてました。おかしいな。

大聖堂のおかげで無事に目当ての店にたどり着きました。



ケルンって、ドイツ語やとKoln。あ、oの上に点々が2個つきます。
そして英語やとCologne。
そうなんです、ケルンってコロン発祥の地なんです。オーデコロンってケルンの水っていう意味のフランス語なんです。ほお~知らなんだ。

ということで、1792年に世界で初めてコロンを作って今もなお、当時の場所で当時のレシピを守り営業している4711の本店にやってきました。4711が店名です。
実は日本でも取り扱ってる店もあるし、通販もできるので別にここに来なくても…と思うけど、歴史のあるお店って何か特別な気がして、せっかくケルンにいるのなら行ってみようと。

液体物やし、ガラス瓶に入ったコロンをこの先持ち歩くことはできんので小さいシャワージェルを買いました。
早速今夜シャワーんとき使おう。

体がいい匂いになるはず♪( ´θ`)ノ





ああ、ガラス瓶がどーの、液体がどーの言う前にコロンとかつける習慣も無いくせに、というツッコミのコメントはいりません。
これから女子力上げるんですぅ~
04:59  |  ドイツ  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2012.10.08 (Mon)

ケルン1日目

記念すべき10カ国目、ドイツ入り!

ジョルジーナ家は今日からまたみんな仕事なので、わたしも移動することに。一人で出歩くにはやや郊外なので。朝、出勤するジョルジーナの車で駅まで送ってもらい、さよならしました。



切符買える?手伝おうか?というジョルジーナの申し出に張り切って「大丈夫!ありがと♪」と自信満々にジョルジーナを見送り、さあ、切符だ。
とりあえずアムステルダムに向かいます。

券売機があるわけやから、楽勝でしょ。むむ、高いな8.90€もします。





が!

券売機は現金はおろかクレジットカードさえ使えない!つまり地元銀行のデビットかICOKAみたいなんしか受け付けないみたい。

どうすんの!これじゃ買えないやんか!ジョルジーナに買ってもらえばよかった…
駅員もいない小さな駅で悩むこと10分。ついにこれを押してみた。



確かに緊急事態やけど、押したのは青い方。インフォメーションみたいやし。
以下、わたしの勝手な翻訳です。

「ハローハロー、切符買いたいんやけど、どうしたらええのん?」

「コインなら現金を使える券売機があるはずよ。」

「小銭も全くないねんけど」

「店で買い物するとか、誰かに替えてもらえないかしら?」

「店なんか近くないし。」

「困ったわね、わたしじゃどうもできないわ」

「じゃあもういいです…」

という感じのやり取りのあと、何人か金持ってそうな人に聞くも、みんな現金を持ち歩いてない。

とりあえず乗って中で車掌を探そうと、駅に入る。
あ、改札とかないんで、出入りは自由。

そしたら、さっき両替を頼んだおじさんが耳より情報をくれた。

「2つ先の駅はデッカいから、チケットオフィスがあるよ。そこに行きなさい」

どのみちアムステルダムに行くにはその駅で乗り換えのようやし、よっしゃそこ行くぜ!

ヨーロッパには改札がほとんどなくて、無賃乗車も簡単にできるけど、かなりの頻度で電車の中で切符チェックがあります。気のちっさい日本人としてはちゃんと切符を買いたいところ。

結局2駅先までは切符無しで行き、無事にアムステルダム行の切符をGET!
料金は80円分くらいしか得してないけど。

そして、1時間ほどでアムステルダム到着。アンネの家行こうかと思ったけど、もう大行列の時間やったし、やめちった。昨日だいたい観光したし、もうこのままドイツ行ってしまえ!という気になり、アムステルダムから今度はドイツ国鉄の新幹線みたいな立派な電車に乗り15時過ぎにはドイツ入りいたしました!



ドイツ最初の都市はケルン!
ホームに降りた途端目に入る世界遺産。







ケルン大聖堂!

デカすぎてiPhoneになかなか収まりません。中に入るのは明日にして、まずは宿探し。

目をつけてた駅近くのホステルに行ってみたら空きがあり、楽々チェックイン。

今日のところは近辺をうろつくだけ。

まずはライン川!



列車も通る橋は側道を人が渡れるようになっていて、線路との間にあるフェンスには南京錠がビッシリ!







カップルがうまくいく祈願スポットのようです。

橋まで来て大聖堂を見てみる。




明日ゆっくりケルン観光するとして。

さ、ドイツといえば!

もちろんコレでしょ!





前にテレビで観てからずっと食べたかったcurry wrustというB級グルメ!
ソーセージにケチャップとカレー粉がかかってます。辛くなくて美味かった!

よし、ドイツ滞在中は1日1本ソーセージを食べよう。ビール飲まないから。
ドイツワインも有名よね~♪こっちは試そう。


<お宿情報>

Station hostel for backpackers

女子ドミ6ベッドルーム 17€/1泊
ランドリー設備有4€
Wi-Fi無料
シーツ代込み
朝食は別料金

部屋はシンプル。
シャワー、トイレもけっこうキレイ
各ベッドにライトと電源有、これけっこうポイント高い。
20:27  |  ドイツ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.10.08 (Mon)

アムステルダム観光

まず、これやるよね。







I amsterdam

定番の写真スポット。
ジョルジーナと一緒やったので写真お願いできるのよ~。でも遠い。
ミヤコのMに登らせていただきました。

ジョルジーナと彼氏のマルコ。



とっても仲良しでした。

まず行ったのは国立ミュージアム。現在改装中のため、規模が縮小されてたけど、目当ての超有名なコレはもちろんあります!



↑↑レンブラントの「夜警」

マドリッドでみたピカソのゲルニカには負けるけど、かなりデカイ!!迫力満点。

そして、フェルメールの「牛乳を注ぐ女」



こちらは思ってたより小さかった。


そして、次にわたしがリクエストしたのはこれもオランダ名物のコロッケの自販機!ロッテルダムにもあったはずなんやけど、出会わなかったのです。







ミンチとチーズ入りのコロッケでした。あったかくてサクサクでした。
この店は人気店でみんな買うので常に新しいコロッケが入ってるけど、中には長時間ほったらかしでマズくなってるのもあるんやって。

そして、オランダと言えばドラッグと売春が合法な国。

もちろん、わたしはやってませんよ!


アムステルダムで看板にcoffee shopの文字があるときはコーヒーを飲むところではなく、ドラッグのお店なんです。前を通ると煙でクサイねん。

そして、もうひとつがお子様立ち入り禁止のRed light district。飾り窓地区と言うガラス越しにセクシーな下着姿のお姉さんたちがお客を誘うエリア。写真撮影は厳禁。

真昼間に行ったので、2割くらいしかお姉さん働いてませんでした。やっぱ夜にならないと。

窓の上に特徴の赤いライトがついてるけど、こちらも昼間やとあまり効果なし。







日曜日の昼間はただの観光名所と化してました。お姉さんがたのヤル気もあまりみられません。

あともう一箇所。一番有名な観光スポットがアンネ・フランクの家。
アンネの日記のあのアンネです。
実際にフランク一家が隠れてた家がそのまま保存されていて見学することができるのですが、中は当然狭いうえ、ものすごい人!

朝にオンラインチケットを買おうとジョルジーナが試してくれましたがすでに今日のオンラインチケットは売り切れ。並んで買うには列が長過ぎるので、今日は断念。
また後日一人で朝イチにでも行こうと思います。

そして、あとはアムステルダムをブラブラ。ロッテルダムより更に都会ですが、主な観光名所は全て歩ける。
コンパクトに収まってるとこでした。
わたしはロッテルダムの方が好きかな。

通りがかったゾンビ屋。
こんな店がウチの近所にも欲しい…



ハロウィンが絶対楽しみになるよね。


晩ご飯に帰るとママのご飯が待ってました。こないだドミニクス君が作ってくれたのと同じスタンポット!でもこちらはケールではなくキャベツバージョン!



ハンバーグもありました。
お腹いっぱいですわ。

それと毎食後出てくるデザート。
たしかにデニスも食べてた…

「Vla」フラーというデザート。
オランダ人の大好物のよう。スーパーにもめっちゃ並んでます。





中身はトロっとしたカスタードクリームみたいな感じ。
定番のバニラ、イチゴ味、ダブルフラーという2色ミックス。これはチョコとバニラのミックス。
スーパーに並んでるのはこんなもんじゃない。キャラメル味とか季節限定モノなんかも含めると10種類以上は常時ある。

ホイップクリーム乗せたり、写真のみたくチョコスプレーかけたり。
ま、とりあえず太るのは間違いない。
でも美味しくてつい食べてしまうねん。

昨夜、部屋に体重計があったので、恐る恐る乗ってみた。


((((;゚Д゚)))))))

出発前から1kgも変わってない!
痩せも太りもしてない。
インド行ったのに…お菓子はそんな食べてないのに…

でもヘルシーな生活かと聞かれると、答えはNO。野菜不足やし、炭水化物ばっかやし…むしろ激太りしてないのが奇跡か。

がんばってちょっとくらい痩せます。
04:27  |  オランダ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.10.06 (Sat)

○○○1日目

ただいま「Voorschoten」フォールスコーテンというとこにいます。

地図でいうとロッテルダムとアムステルダムの真ん中くらい。閑静な住宅街です。



なぜここにいるのか。

それは2人目のカウチホストの家にお邪魔しているから!

今回はジョルジーナという女の子のお家です。パパとママと弟くんもいます。

本来カウチサーフィンはタダで寝るとこだけ貸すよ~ってコンセプトなのですが、今夜はジョルジーナお手製の晩ご飯もご馳走になってしまいました。

いいんでしょうか。

この雰囲気は…完全にホームステイです!
お昼にロッテルダムの駅まで車で迎えに来てくれて、わたしがオランダ名物のHaringを食べてみたいと言ったら、海沿いの有名店までドライブしてくれました。

これがHaring。



生ニシンの塩漬けの塩抜きしたものです。これに玉ねぎのみじん切りを乗せ、尻尾を持って下からかぶりつく、というのが本来の食べ方らしい。

こんな感じ。



でもわたしはちょっと小腹すいてたのもあってサンドイッチをオーダーしてみました。





うん、



パンいらねーな。

塩味のニシンは美味しい気がします。
このままかぶりついた方が良かったのかな。

あまりに美味しそうに見えたのでコレも食べた。



サーーーモン!マヨ欲しいわ~っ!
間違いないね、こっちは。

今夜から3泊お世話になるジョルジーナ家。わたしはファミリーの初サーファーですっ!光栄ですが、今後のカウチサーファーのためにも印象を悪くするわけにはいきません。
たどたどしい英語での会話は正直厳しいけど、優しそうな家族で良かった( ̄▽ ̄)

食後のテレビのチャンネル争奪に24歳の弟くんとママが体をはったバトルを繰り広げてたからね。微笑まし過ぎる。

そして、ここには他にも家族が。





犬のトミー(♂)と猫のビア(♂)です。

種類はなんでしょな。
見たことあるんやけどな。
だれか教えてください。

黒人さんがキライだというトミー君。日本人は…


そこそこ気に入っていただけたようでひと安心。

明日はジョルジーナのボーイフレンドと共にアムステルダム観光行って来ます。
20:58  |  オランダ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.10.06 (Sat)

ロッテルダム6日目

もうロッテルダムも6日目か~長いね。

とうとう5日間お世話になったデニス&ドミニクス君とお別れ。

まあ、向こうは慣れてるしあっさりしたもんやけど、こっちは初カウチってのもあって泣きそうやったわ!



ほんとにほんとにありがとう。

。・゜・(ノД`)・゜・。


そして、ロッテルダム観光も多分最終。

今夜はずっと泊まってみたかった宿に泊まります。その名も

CUBE HOUSE!

その名の通りキューブ型の箱が並ぶ不思議な建物。












この箱、普通に人が住んでます。

そして、どうやって住んでんのか中が見たい!という人のために1つがミュージアムになってます。

更に一部がユースホステルになってて泊まれるのです!

中はこんな感じ。











すごいキレイで快適です!
でもその分お値段やや高め(>人<;)
1泊が限界です。

共有スペースにはカフェもあり。
0時までやってるバーもある。



はい、みんな泊まりたくなった~っ!
ワカルワカル( ̄▽ ̄)


<宿情報>

stayokay Rotterdam

7ベッド女子ドミ
30€/1泊(朝食、シーツ代込み)
部屋の中にシャワー、トイレ、洗面台あり。
なんとシャワーとトイレと洗面台がセパレート。でもそれぞれ1つしかないので7人フルで泊まると混みそうダ。


おまけ。
キューブハウスの周りには変な斬新な建物が他にもある。





普通に建てた方が楽そうやのにね。
02:21  |  オランダ  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2012.10.05 (Fri)

ロッテルダム5日目

もう5日目ですわ。

若干飽きてきた感じもする。

今夜がデニス&ドミニクス家の滞在最終日。明日の夜は予約してある宿に行きます。ここも楽しみにしてんね~ん!

午前中、世界博物館というとこに行ってみた。デニス君のオススメ。入場は無料。海沿いにあるので散策もできた。



今日は晴れてて日向は暖かい。


結果から言うと、この博物館…

ちっとも面白くない

デニスよ、すまん。
無料じゃなかったらかなり不機嫌なるとこやった。
世界がテーマとはいえ、ヨーロッパはなくアジア中心の印象。その地域の文化に焦点を当ててるようだ。




日本エリアでは寺や神社の内部が再現されていて、BGMにお経が流れてた。不気味…
それだけなら良かった。日本の印象って世界からみたらこんなんなのね、で終われたから。

でもね…わたしは言いたい。


日本人↓↓↓↓祀ってねーよっ!





ティンティンが飾ってありました。
日本にもコレの博物館あるらしいけど、こんなん祀ってると思われたらたまらんわ。
デニス君にも伝えておきました。
彼は日本文化にとっても興味があるので、ここの展示は好きなんだそう。
でもあれ間違ってるからね。デニス君さ、四国八十八ケ所、お遍路もやったことあるんです。あんなもん飾ってなかったでしょう!?

と、こんな長々書くのも腹立つわ。
次行こう。


帰ってから気を取り直して洗濯。
コインランドリーへGO。だいぶ貯めたから手洗いできん。



コインランドリー落ち着くわ…

そして、スーパーへ。
↓↓この中段の赤いパッケージのシリーズ。



寿司材料のコーナーやったんですが、米、海苔、米酢、ワサビ、ガリ、たまり醤油、味噌汁の素…なかなか本格的やないの。

その中にはこんなものまで。
真ん中を拡大。



やるな!ちなみに会社はスイスの会社でした。

そして、最後の晩餐。
昨日、わたしは彼らにお礼もかねて日本のご飯を作りました。
肉じゃがと出し巻きです。残さず食べてくれました。

そして今夜は料理好きのドミニクス君がオランダの伝統料理stamppotを作ってくれました。
スーパーにも出来上がったやつが売ってるくらいメジャーなオランダ料理です。
↓スーパーのやつ。



それにしてもオランダ人…っていうか欧米人はジャガイモ好きね~。このスーパーにもカット野菜が充実してるんですがジャガイモだけ別コーナーですごいバリエーション!切り方、大きさはもちろん下味ついてるものも種類が多い!20種類は軽くありました。
主食なんやろね。わたしらが米食べる感覚か。


で、ドミニクス製のスタンポット。



とっても美味しかったですよ~♪(´ε` )

スタンポットとはジャガイモと野菜を茹でて潰し、塩コショウで味をつけて上にデカイソーセージを乗せる料理です。

この緑の野菜。
ドミニクス君にこれ何?と聞いたところ英語の名前は思い出せないけどオランダ語でboerenkoolやと。
たしかにスーパーのにもその単語がありました。


早速検索。

英語名はfarmer's cabbage。もしくはkale。


そう!これあの日本やと青汁の原料のケール!生で売ってんの日本じゃあんま見かけないよね?身体に良さそうダ( ̄▽ ̄)

オランダの大学は金土日休みなんやって。毎週3連休。今日はアパートにお友達がいっぱい来てます。みんなで朝までゲームして遊ぶんだそう。
今のベッドだとうるさくて寝れないのでわたしは別部屋を借りることに。


明日わたしが出るとき起きてくれるのかしら…
05:41  |  オランダ  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2012.10.03 (Wed)

ロッテルダム4日目

ロッテルダムにいすぎやな、とも思いますが、アムステルダムより楽しそうなんでついつい長居。いや、旅仲間によるとアムステルダムやばい!楽しい!って言う人もいるので、あくまでわたしの印象。

今日は朝から雨…奇跡続かず。


ブリュッセルで買った安い折りたたみ傘。

早速壊れた。

風強くて…

いやまだ、使えるレベルよ。
骨1本先が折れただけやから。

しかも今雨止んでるし!


今日は美術館にきました。
「Museum Boijmans Van Beuningen」
というとこです。
なんと水曜日は入場無料。普段は大人やと12.50€もします。

美術館系は絵ばっかやとすぐ飽きるんですがここはめっちゃ楽しいっ!
絵もいっぱいやし、彫刻とか、変なアートとか、陶器や銀製品、とっても古いもの…とにかく種類も年代も豊富!

ゴッホにダリ。レンブラント、ルーベンスもありました。

でもわたしがとっても気に入ったというか、ガン見してしまったのはルネ・マグリットの作品!





この方、ベルギー人!今更ですがブリュッセルにあるマグリット美術館行っときゃよかった…(>人<;)悔やまれる。

他にも面白いというか魅力的なアートがたくさん!

ダリ↓











↑これなんかミロのビーナスにポンポンついちゃってるからね。さすがダリです。

他には









↑このロッカーだってアートです。
2011年の作品なんでついこないだですな。

↓のは、最初アートやと気づかなかった。この美術館今一部改装してたから、その一部やと。あとから作品名とか書いてあるプレートに気づきました。



ガラスにゴミ袋はっつけてあるだけなんやって!

タイトルは

「Untitled(Garbage Bag#21)」

まんまかい!

2010年作成でした。

アーティストの考えることはよく分からん。


あとね、受付にあるクローク。自分の上着預けるとこが面白いっ!
上からたくさんぶら下がってるハンガーに自分で服をかけ、ヒモを引っ張るとスルスルーっと服が上の方に!

届かない位置まで上げたら手元でロック。これで誰にも取られません。





面白いね~っ!

ロッテルダムに起こしの際はぜひこの、ボイマンス・ファン・ベーニンゲン美術館へ!


あ、水曜日にくることをお忘れなく。
21:07  |  オランダ  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2012.10.02 (Tue)

ロッテルダム3日目

今日もラッキーなことに晴れ時々曇りな感じ!わたしすごい。


なら、動物園へGO!


広かったし…疲れたし…一人やし…

お世話になってるデニス君とドミニクス君は現役大学生なので、昼間は学校。
遊んでもらうわけにはいきません。


一人でだって大丈夫やもん…


ここ、動物園の中に水族館もあるのです。大興奮ものでしょ!






アシカもアザラシもトドもゾウガメもペンギンもいた!


でも最大の目当てはこいつ!




カワウソ!

最初水族館にいるやろうと思って探し回ったけど見つからず、出口に出ちゃってまた入って、探し直し。
だって絵はあんだもん。

結局水族館でなくて動物園の片隅の中国風庭園エリアなんていうところにいました。ここ、展示場所がわかりにく過ぎ。



ほとんど見えませんでした。


こんなん多くて。

ヒョウの檻なんか、ジャングルを再現してんのか全然奥まで見えないの。




ジャングル過ぎやっちゅうねん!

猛獣系で目視できたのは、




はい、みんなくつろぎ中~

白熊にいたってはモコモコしたデカイ何かがいるって感じ。
ハイエナさんも爆睡。ワニは微動だにせず。

小動物系はよかったの。




ミーアキャットにプレーリードッグ、カンガルーみたいなんはなんだっけかな。オカピはなかなか止まってくれなくて。何度も頼んだのに。

「すみませんが、ちょっとだけ止まってくれませんか?」 って。


日本語やったからかな。
でもオランダ語わかんねえし。


まあでも、やっぱ楽しかったかな!
25%割引チケット使ったから水族館、動物園両方入って入場料1500円くらい。お昼も手作りサンドイッチ持参したし。
動物園関係ないけど、オランダは水道水が飲める!水代も節約できて助かります~♪(´ε` )



<おまけ>

なんか腹立つねん、こいつ。

23:59  |  オランダ  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2012.10.02 (Tue)

ロッテルダム2日目

朝起きて空を見た。


よっっしゃああっ!晴れとる!


動物園も行きたいし、食べ歩きもしたいけど、晴れてるときに一番行きたい場所がある。


まず、オランダといえば何を連想する?


わたしは

*風車
*チーズ
*チューリップ

でした。あとは木靴とかコロッケの自販機とか…


なので、やっぱここ行かないと!


キンデルダイク という街。


デニス&ドミニクス家からトラム(路面電車)に乗って15分のLombardijen駅前へ。そこで90番のバスに乗り換え約35分。
Molenkadeというバスストップで下車すると目の前に現れたのは



これ、夕暮れじゃないよ、真昼間!12時前よ。少し曇ってたのと逆光でiPhoneやとこれが限界。

ここキンデルダイクには19基の風車が維持管理されていて、1997年に世界遺産に登録されています。
短い等間隔でこれだけの風車が見られるのは世界中でここだけだそう。

オランダは海抜0m以下の国土が1/4を占めているため、高い治水力が必要とされました。この風車たちはまさにその技術のかたまり!

土地に溜まる水を川に排水するために昔からずっと利用されてきた水路や風車が今も昔のまま保存されています。

そのうち1基は中に入ることができ、中の様子を見学できます。この1基は今も風車守が常駐し、動いているのです。水は組み上げてないけどね。





中には大きい歯車と風車守の居住スペースがありました。4階建てでなかなか快適に暮らせそうです。













↑風車の中から外を見た。





写真撮る向きによって明るさが全然違うわ~
同じ時間に撮ってるのに。

帰り道のトラム車内から激写!



何のビルだろな~。建物の前面が全て電光掲示板になってました。

あの棒折れたら倒れんのかしら。

まさかね。
下のほうは結構幅のないビルでした。

夕方ちょっとだけ霧雨が降って、そのとき気づいた。

わたしのクロックス…雨で濡れても全然平気やけど、靴下ベッチョベチョなるやん。寒くね?帰国までこれでいくつもりやったけどキツくね?


とりあえず家近くのすたれた靴屋に入ってみた。大きいとこより安そうやし。真冬のヨーロッパはモコモコブーツ買うしかないとして、秋を乗り切るために安い靴探し。



ちょっと大き目やけどワゴンセール品やし、オッケーでしょ。


お買い上げです。


いくらやと思いますか?
コンバースではないよ、当たり前やけど。

なんと…




2€! 200円です!

フフフ…すたれた靴屋バンザイ。


<おまけ>

秋の空とキンデルダイク。

06:37  |  オランダ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.10.01 (Mon)

ロッテルダム1日目

ベルギーのアントワープから電車で45分。
オランダのロッテルダムにやってきました~!いつ国境越えたかも分からんかったわ。ヨーロッパすげえな。



さて、今回のオランダで…



初カウチサーフィンです!


カウチとはソファのこと。
ソファでいいので泊めて、みたいな。


Webサイトでユーザー登録をして、地元の人んちにタダで泊めてもらうのです!

ベルギーはうまく見つけられずホステルに泊まりましたが、今日からオランダ9泊のうち8泊はこのカウチサーフィンでいきます!宿泊費タダ!


今日から5泊お世話になるのはデニスくんち。まあ、わたしより若いです。26歳です。
大学のお友達と2人でアパートをシェアしていてそのリビングにベッド置いて、世界中のカウチサーファーを泊めてあげてます。

もちろんデニスくんも旅行に行くときはサーファーとなってホストを探し泊めてもらったりするわけです。


ざっくりと使い方を説明すると、Webの掲示板に「わたしはこの日に○○行きます。誰か泊めて」みたいなのを載せとくと、その地域の登録してる人から「じゃあウチ来る?」って招待メッセージが来たり、逆に地名で検索して良さげな人に「あなたのうちに泊めてください」って直接リクエスト送ることもできるのです。

ベルギーも掲示板書き込んで、直接リクエストも4人くらい送ったのですが、日が合わなかったり、すでに他のサーファーを受け入れてたりでうまくいきませんでした。

あとは何故か一人暮らしの50代のおじさんからよく、「うち来ていいよ」ってくるけど、それはちょっと…なんとなく…ヤダ(~_~;)


オランダは2件のお家におじゃまします。このデニスくんちは大学生の若いイケメン2人暮らし。ルームメイトのドミニクスくんなんかまだハタチ!
「うち、泊まれるよ」のメッセージもらってプロフィール見た瞬間即答したわ。



お願いします。



そら行くでしょ。


後半の3泊はアムステルダム近くに住む女の子の家。
この子もカウチサーフィンで旅をしてすっごい楽しかったから家族を説得して今回が初めてのホスト。わたしが最初のサーファーなんやて♪( ´θ`)ノ

こちらも楽しみ。



↑デニスくん。インスタントの何か作ってます。
ドミニクスくんは英語かオランダ語ですが、このデニスくんはなんと!




日本語話せます




招待メッセージが日本語で来てびっくりやったもん。

この可愛いベッドを借ります。



ホテルとは違い、人んちにタダで泊めてもらうわけですから、それなりに不便や気を使う場面もあるけど、でも地元の人にローカルな話し聞けるし、絶対楽しくなる!

明日からロッテルダム観光楽しむよ~!

でもデニスくん曰く…明日から天気悪いよ。


凹む…ベルギーも天気いい日ばっかやったのにな。でもわたしツイてる人なんで、案外大丈夫かも♪( ´θ`)ノ
ロッテルダムには面白い変な建物が多いのでそれを見に行く予定。

でも明日は動物園行こうかな~。だって下調べしたとき、知ってしまったんです。


ロッテルダムの動物園には…



大好きなカワウソがいることを!

行かなくては!シロクマもいるみたい。
05:29  |  オランダ  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)
 | HOME |