2012.12.31 (Mon)

パリ6日目

パリ最終日です。

この日は宿の仲間総勢5人でパリから4時間かけてやってきました。





モン・サン・ミッシェルぅぅ~っ!



…遠い。

個人で行くとこ場合は電車とバスを乗り継いで行くのですが、今回は規定の人数が集まったので宿から車で送迎してもらうというVIPな感じとなりました。

直前(というか当日)電車とバスで行くとだいぶ費用がかさむので少し割安で行けてラッキーでしたわ。それでも90€かかります。

しかし天気が最悪。曇り時々豪雨。パリ市内はひっさしぶりの快晴やったらしいのに。なんでやの…(T ^ T)


ところでモンサンミッシェルとは

Mont Saint-Michel

モンは山、サンは聖(英語やとセイント)
ミッシェルはミカエルのフランス語読み。つまり聖ミカエルの山です。

司教オベールが、大天使ミカエルのお告げにより、海に浮かぶ岩山に聖堂を建立した708年にその歴史は始まり、拡張を繰り返し16世紀に完成。一時期、要塞や牢獄となりながらも、1966年からは修道院として甦り、現在に至っています。

尖塔のてっぺんには4.2mのミカエル像が立ってるのですがそんな巨大さにもかかわらず肉眼ではほとんど見えず。

内部にあるレプリカを撮影。



この一番最初に聖堂を建てたオベールさん。ミカエルさんが夢枕に立ちお告げをしたにもかかわらず最初は信じず結局ミカエルさんは3回もお告げをしあげく信じさせるためオベールさんの頭に穴を開けたんですってよ。

頭蓋骨に穴の開いた骨が見つかってるのです。信じてサッサと聖堂建てんと身体中に穴開けたるでっ!って脅したんでしょうかね。

そこまでしてオベールさんやないとダメやったのでしょうか…


聖堂内入るのに9€払って見学。







↑ここは迎賓の間。
2つある大きな暖炉でイノシシや鹿を焼いたとか。旅友サチにイノシシの気持ちを味わってもらいました。



↓ここも礼拝堂。
監獄として使われていた時代は囚人が最終判決を待つ場所として使われてました。



↓こちらは食堂。両側の柱の間にに59の小窓があり光が射し込んでるのに入り口からは窓がいっさい見えないというこだわりの作り。
写真はボケボケ。



↓ここは何だっけ…
そうそう騎士の間。
僧たちの仕事部屋やったところ。




薄暗いとこが多くてなかなか写真が撮れない~(>人<;)

あとは大聖堂周りのショップを覗いたり…


したかったのに大雨で断念。




モンサンミッシェル名物の美味しくないフワフワオムレツも時間が合わず食べられず。



靴下までビッショビショになりながら車に戻る~

暗くなるギリギリまで待ってパチリ。



分かってる。
ホントはみんなが想像するモンサンミッシェルはこれでしょ?



これいつ見れるんでしょうかねぇ。

そして忘れられない衝撃の出来事が帰り途中でトイレ休憩に寄ったパーキングで起こりました。

まずトイレを開けるとヨーロッパでは珍しいアラブ式トイレ。
あら久しぶりだわ、としゃがんで用を足す。
壁のどこにもスイッチらしきものは見当たらず水洗じゃないんかな?とティッシュはゴミ箱へ。

そのとき隣に入ってた仲間のリカちゃんの叫び声が響く。

「ギャーッ濡れるぅぅっ~!」

ええっ!?濡れるとは??
自動なの??
慌てて外へ。わたしの方の個室はまだ大丈夫でした。


何が大丈夫かって?
それを確かめに旅友サチが果敢にも挑戦。用を足し素早く外へ。どこにセンサーがあるのか時間制なのか謎だらけですがとにかくこうなります。

↓↓↓↓



個室中水浸しです。
でも水が止まるとすごい早さで水が引きます。これ、洗浄のつもりなんだよね?タイミング狂ってしゃがんでるときに水が出たら大惨事ですよ。

もう女子3人で大爆笑!
こんなすごいトイレ初めてだわと大盛り上がり。

そこから帰りはずっとトイレ談義。
今までの旅で出会ったトイレ達の話に花が咲き気づいたら宿に帰ってきてました。

到着は22時。昨日の残り物食べて小腹を満たし、宿泊客が多くてお湯が足りなくなったシャワーで苦行のような水シャワーを浴びて就寝…
08:14  |  フランス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.12.30 (Sun)

パリ5日目

あ~忙し忙し!

朝、お気に入りのカルフール(大型スーパー)のバゲットにバターとジャムをサンドしてお弁当を作り、ノートルダム大聖堂にやってきました。
何か分からないテントが立ってて邪魔なことこの上ない。



ここ、入るのはタダ♪( ´θ`)ノ
地下の宝物庫と塔に上るのは有料。

入るのにけっこう長い行列ができてたけどスイスイ流れてるみたいなので最後尾に並ぶ。

半分くらいで列がUの字に折り返してたんやけども、そこから割り込んで来るフランス人一家。ジジババと孫と娘な感じ。

フランス語分からんから片言英語と日本語でここは最後尾やないから向こうから並んでと伝えた。


そしたらばあさん、

ウィウィって言いながらグイグイ列に入ろうとすんの。

いやいやウイウイちゃうって。
あっちから並べって!ってジェスチャーも入れて説明するも「ウィ。分かってるけどいいでしょわたしたちくらい」な雰囲気で笑顔で入ろうとする。
しかも小さい孫を先頭に背中押しながら。

絶対入れねぇから(*`へ´*)

わたしらのすぐ後ろの外国人カップルも苦笑いしながら間を詰めて割り込ませない。


そりゃそうでしょーよ。


でも結局その後ろに割り込んでた。












キレイで相変わらず細かい彫刻にステンドグラス。
でも…もう大聖堂どれも同じに見えてきた…


大聖堂を出て濁流のセーヌ川を見ながらサンドイッチをかじる。






寒いけど美味しかった。

もう街歩きは今日が最後なのでもっかいコンコルド広場からシャンゼリゼ通りを通ることに。

今後の寒さ対策にこちらのグッズを購入。旅友の写真ですが。



完璧でしょ。これの白を買いました。

引き続き食べ歩きしながらシャンゼリゼを歩いていると路肩に超ウルトラスーパー高級車のランボルギーニ!
ガルウィングではなかったです。

こちら、なんとレンタカー。


さて、いくらでランボルギーニに乗れるのでしょうか。買えば3000万円とか4000万円するやつです。




20分で89€。10000円です。
たった20分で!!

どんな人が借りるのでしょうか。

いつか乗ってみたいもんですな。
宝くじが当たったらかな。


明日はフランス最終日!
いよいよあそこに行っちゃうぜ!
09:16  |  フランス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.12.29 (Sat)

パリ4日目

ちょい遠出DAY。

こんなかわいい電車に乗って、




どこに着いたかというと、



はい、こちらヴェルサイユ宮殿でございます。

豪華な宮殿内に素晴らしい庭園。


のはずやったんですけどぉ~

暴風雨でぇ~

寒くてぇ~

庭散策は5分で断念。
ここは夏に来るべきです。
庭園に色とりどりの花が咲き乱れるらしい。






宮殿内はまさに贅沢の極み。
そりゃ革命も起きますわ。



↓どこの鍵?デカイねぇ。
てかこれじゃ簡単にピッキングできそ。



↓用途不明。





↓マリーアントワネットのベッド。



ルイ16世もマリーアントワネットも寝室の隣が執務室。寝坊対策でしょうかね。起きてもドア開けたらすぐ職場。

↓鏡の間。



↓ナポレオンの戴冠式を描いた絵



↓お土産屋さんで発見。



アンドレ~っ!


オスカ~ルッ!








まぁ読んだことないんやけどぉ~
アニメちろっと見たことはある。


寒かったのでヴェルサイユ宮殿から帰ってこの日はスーパーで材料を買いエジプト風サラダと野菜スープ作って晩ご飯。


写真撮るの忘れました。

なんだか行くとこが多くてパリ7泊もするのにスケジュールがいっぱいいっぱいだ。
08:54  |  フランス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.12.28 (Fri)

パリ3日目

今朝はのんびりスタート。

朝食のあとゆっくり準備してまずは溜めた洗濯。
旅友と二人でコインランドリーへ。
ありがたいことに宿の向かいにあるのです。そして、洗ってる間に大型スーパーへ。

スーパーに入るとテンション急上昇!

長くて美味しいバゲットがたったの50円ほどで買えてしまいます。
外はパリパリ中はフワフワ。これがフランスパンクオリティ…( ̄▽ ̄)

コインランドリーで乾燥待ち中にガマンできずかじり始める。



洗濯終了後、宿に戻ってさて本日の観光は…


こちら!



ルーブル美術館!

ここに行くならもっと早く行けよ、と言われそうですがこの日は夜の22時まで開館してるそうでなら昼からでもいっかって。

有名美術館にはたいてい主要所蔵作品の解説を各国言語でしてくれるオーディオガイドがあるもんなんですが普通は15年ほど前の携帯かテレビのリモコンみたいなやつで耳に当てて説明を聞く感じなのです。しかしここのはなんとニンテンドー3DS!!現在地から見たい作品までのルートを教えてくれたり、作品の3D画像を360°見れたりとすごいヤツです。

ハイテク過ぎる!

ルーブル美術館はめちゃ広いのでもちろんこれを借りたんですが…


使いこなせない…(ーー;)


要所要所作品の前で説明は聞きますが、ナビとして使おうとしてもうまくいかないのよ…紙のマップ見た方が早い。


そして、ルーブル美術館といえばコレでしょ。




ああ、間違った間違った。
こっちこっち。



世界一有名な微笑みです。
ただね、みんなモナリザに背中向けて記念撮影してて「見ないんかいっ!」ってツッコミたくなる。

もちろんこれだけではありませぬ。







たしかに解説通り無い腕がどうなってたのか想像がふくらむ美しい彫刻。

そして次に楽しみにしてたのはフランス革命を主題にした絵画「民衆を導く自由の女神」



つい先日他の美術館に貸し出されてしまっていてここにはありませんでした。残念。

あとは…ハンムラビ法典。



あの「目には目を、歯には歯を」のやつです。石碑にびっっしり文字が刻まれてました。

↓はトルコでも見た勝利の女神NIKE。ナイキじゃないよ、ニケです。



↓なぜこの場面をわざわざ彫刻に?って作品。



白鳥(?)と格闘する子供。


ですよね?解説ないから分からんかった。

さらにこんなとこにもパリのオシャレエッセンス。
美術館内での注意書き。



もうね、とにかく広くて。
5時間ほど歩き回ったけど半分見れたかどうか。

あとは夜景見て終了いたしました。

09:28  |  フランス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.12.27 (Thu)

パリ2日目

遅れましたがメッリ~クリスマス!!

まさかクリスマスにパリにいる日が来ようとは。

今日は夢の国ネズミーランドディズニーランドに行ってまいりました。

なんと20周年の記念年!



ものすごい人出でしたわ。










思わず手を振ってしまう…


クリスマスにディズニーランド。


一人じゃなくて良かった。

涙でるよね、確実に。

乗り物乗ったり、土産物屋巡りしたり、カフェでお茶しながらポストカード書いたり…女子っていいねぇ。

ランチは大奮発して「レミーの美味しい(ビュッフェ)レストラン」





奮発っていうか選択肢があんまなかったのよね。

中ではスタッフの生演奏あり、レミー(?)が登場したり。





食べ放題方式なのでオレンジ、バナナ2本、リンゴ、塩と胡椒の小袋を何度かに分けてコッソリかばんへ。お持ち帰りです。夢の国だもの。ケチ臭いこと言わんでしょ。

ミッキーは長蛇の列やったので並びませんでしたがデイジーは空いてたので一緒に記念撮影。





クリスチャンの国でのクリスマスはほとんどの店か閉まるけど、この夢の国は25日も通常通り22時まで営業。

わたしらは21時過ぎに出ましたが最後の最後にショーをやるみたい。
働くねぇ~っ!さすが夢の国。



夜の方がキレイかも。








パリには7泊します。

なのに毎日バタバタ。
なぜなんだ。

見どころが多過ぎるのよ…
10:19  |  フランス  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2012.12.25 (Tue)

パリ1日目

パリぃぃぃぃぁっ!

パリですよ、パリ!
でも宿の朝ごはんは韓国風おかず。



いいねぇ~朝から完璧だ。

そして外。

…ん?

何なの、寒くないんやけど。


今日はクリスマス・イブ。

日本ではケンタッキーが大変なことになる日。
一人でコンビニ弁当が買えない日。


でも今年は!

旅友とお~シャンゼリゼ~♪してきました。



スタートはここ↑コンコルド広場。
ここにはエジプトのルクソール神殿で見たラムセス2世が建てたオベリスクの片一方が立ってます。



やはりヒエログリフは美しい( ̄▽ ̄)

そして通りの両側にビッシリ並ぶショップや屋台を見ながら凱旋門を目指します。



同じような屋台が並ぶ中オンリーワンやったヨダレものの屋台↓



炎の両側にはシャケ、シャケ、シャケ!

それをパンにはさんだサンドイッチ屋でした。
でも高いから食べてない。

途中名前は分からんけど1€で食べたスイーツ。



色んな味のホイップクリームを薄くチョコでコーティングしたもの。
わたしはウイスキー風味クリームを買ったけど正直イマイチ。

これよりさっき買ったパンの方がよっぽどウマイ。
ほんとは毎年開催されるバゲットコンクールなるものの2012年優勝店でバゲット買うはずがあいにく年始まで休み。でも近くで行列のできてたパン屋さん2件でいくつかパンを購入。

あ~美味しいパンがどこでも手に入るって幸せ。






おおっと、シャンゼリゼから脱線してしまった。
はいこれがシャンゼリゼ通りにあるルイヴィトン本店。



え?入るわけないでしょ。


凱旋門は想像より大きい。



真下から見上げると



ここから次はエッフェル塔までブラブラ。旅友サチがクリスマスソングを携帯でかけBGMにしながらの散歩。

途中で日も暮れエッフェル塔もライトアップ♪( ´θ`)ノ




毎正午にはライトが点滅。




おおおおっ!
下まで行ってみる。



さすがに真下に行くと見上げても何も分からん。
この辺りまででしょう。

さて、今日はこれにて観光終了。
メトロの駅に向かう途中に見つけた広場の看板。



京都広場!

近くには日本文化会館なるものもありました。

明日は少し早起き。
クリスマスでほとんどの見せが閉まってしまうので絶対開いている夢の国に行きます。
09:25  |  フランス  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2012.12.25 (Tue)

ツーク→パリ

ツーク発の電車は昼なので午前中、ナオさんとサンドロさんに近くのツーカーベルグという山という名の丘に連れていってもらいました。

ここからの眺めはまさにスイス!





しかも丘の上にあるカフェで朝のカフェタイム。



贅沢過ぎるぅ~っ

そしてツークの旧市街をプラプラ。











小さいけどカワイイ雑貨屋もたくさんあって女子心わしづかみにされてました。


そして最後もっかいお茶してから二人とはお別れ。
昨日写真つけるの忘れたナオさんとチーズレストランでの一枚。



ほんっとにありがとうございました。


そして列車で一路パリへ!

宿に着いたのがもう19時半頃。

パリで旅友サチと再会の約束をしていて今夜無事5ヶ月ぶりに再会!インドでバイバイして以来です。

翌日はクリスマスイブ。
二人でパリを散策するぜ!


<宿情報>

ドリームハウス

4ベッドドミで25€/1泊

オフシーズンはも少し安い?
予約は直接メールで。

日本語ペラペラの韓国人オーナーさんです。
韓国料理や和食の朝食つき。

なんと1/1から夕食も無料でつくんやって!
05:54  |  スイス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.12.24 (Mon)

チューリッヒ

何もかもが高~いスイス。

ツークからチューリッヒまでは電車で25分ほど。料金は13スイスフラン…約1200円です。これで片道よ!?

今日はナオさんお仕事なので一人で観光。

川沿いを歩きながら旧市街散策したりウインドーショッピングしたり。
人気のおもちゃ屋なんかすごい人!
数日後にはサンタクロースになる人たちで溢れてました。











そしてチューリッヒでもクリスマスマーケットはありました。
中でも一番の注目店はこちら。




大丈夫ですか?


彼、ヒマやな~感が満載でした。
後ろに大人いるんでしょ?って思って正面まで近づいたけどいなかった…


買ってはないので会計能力がどのくらいかは分かりません。

そしてヨーロッパではお決まりの大聖堂。大きい2つあってどちらも入場無料。ステンドグラスもキレイらしい。


無料大好きだ。

一つ目の教会。上の写真で二つの塔があるとこです。
ここにはスイス人彫刻家ジャコメッティさんのステンドグラスがあるそうです。ジャコメッティさんは100スイスフラン札に描かれるくらいスイスでは有名人。

彼のステンドグラスたち。
iPhoneでステンドグラスを撮ると周りが真っ暗になってしまう…本当はもっと明るいです。







あとここには大きなパイプオルガンもありました。運良く演奏も聞けたのですよ。





無料なのになかなか見応えのある教会でした。

そしてもう一つの教会。

こちらにはシャガールのステンドグラスがあります。



この両側にも1つずつあるのですが、実はこっちの教会は写真NGで。
こっそり撮ったので両サイドのは撮れんかった…(T ^ T)

ここにもキレイなパイプオルガンがありました。



そしてチューリッヒに来たら絶対見ようと思ってたとこ。






世界一の銀行、スイス銀行本店です。

きっと隠し扉なんかあって秘密のお金を預かったりしてるんですよ。

ここでしばらく銀行を見張ってたら目の前をトラムが通り過ぎる。

おあっ(゚o゚;;




ノンストップで通り過ぎたのでうまく撮れませんでしたが運転手はサンタクロース、乗客は2人のエンジェルでした。

よし、チューリッヒ満喫した。

夕方また駅にお迎えにきてもらってこの日はナオさん、ダンナ様のサンドロさんと一緒にチーズレストランへ。

オーダーしたのはラクレット!



こうやって塊チーズを専用の機械で温めてトローっと溶けたやつをとって温野菜やフルーツと一緒にいただきます。



旨くないわけないっしょ!

トロトロチーズに夢中です。

お腹いっぱいラクレット食べたところでサンドロさんが一言。

デザートにチョコフォンデュ頼もうよ~っ


☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆





もう感無量。
10:58  |  スイス  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2012.12.24 (Mon)

ミラノ→ツーク

夜明け前に宿を出て、ミラノ中央駅から列車に乗って3時間半。

ツークにやってまいりました!




スイス入国ぅ~!


うん、寒くない!

ミラノから着込めるだけ着込んできたので暑くてしゃあない。

ツークの駅に今回泊めてもらうナオさんがお迎えに来てくれてました。
とりあえずまだ午前中で時間もあるので、ということでお隣の町ルツェルン観光をすることに。

スイスは街がキレイで川があって湖がってアルプスが見えて…

イメージ通り!
裏切りませんな。











クリスマスが近いので駅にはクリスマスマーケットが出てました。
そこでスイスのエメンタール地方のソーセージを食べてみる。



ソーセージとサラミのいいとこ取りみたいで美味しかったな~っ( ̄▽ ̄)


そしてルツェルンで一番(わたし的に)の観光スポットのライオン記念碑。





フランス革命の中ルイ16世一家を守ろうとして戦死したスイス傭兵を記念して建てられたものです。

けっこうデカイ。


そしてツークの街も一回りしてから大好きなスーパーへ。

食糧やチョコを買ってナオさん夫妻のお宅へ。

まー豪邸!





家に螺旋階段あります。

お風呂も2箇所。
上には書斎とトレーニングルーム。

そしてこの日はダンナ様の帰りが遅いということでナオさんがわたしに夕飯を作ってくれました。

ドイツ語圏でメジャーなシュニッツェル!!専用の衣用の粉があるとは知らんかった。





日本米ですよ!
サラダ付きですよ!
ゲキ旨ですよ!

デザートはチーズ。



こっちもクリーミーでほぅ…( ̄▽ ̄)

久々に家庭料理食べられて大満足!


ナオさんありがとうございますぅ!
09:55  |  スイス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.12.23 (Sun)

ミラノ

ミラノ観光は今日1日だけ。


早起きしてまずは中央駅へ明日の切符を買いに行く。
ミラノ中央駅はかなりキレイで豪華。





次の目的地はツーク(ZUG)。
フフフ…どこか分からんでしょう?

ここには依然お世話になった人が結婚されて住んでいるので会いに行くのです。そして図々しくも泊めてくださいとお願いしてるのであります。


ミラノ発7:10の切符を買い、ここからは観光。

歩けるだけ歩くでっ!

ショッピングストリートではウインドーショッピング!


にはならずタイツとあったか靴下購入。これは必要経費で許される。

そしてこの日もジェラート2回。



とくに↓の2箇所目。
ここは桃源郷ですか?







チョコのジェラートの種類が多いぃぃっ!!何ここヤダここ!

ミルクチョコとー、ラムチョコとー、ホワイトチョコの3種盛りにしました。


ここ、



イタリアナンバーワンの称号授与。


そしてミラノ観光は2箇所。

まずはドゥオーモ。
言い方違うだけでヨーロッパ中にある大聖堂の意味。英語やとカテドラルだとかドイツ語やとドムかミュンスター。大聖堂だらけ。



ミラノのドゥオーモは世界最大のゴシック建築だそうで135本も尖塔があるんですってよ。
完成まで500年かかってるらしい。
世界一とか言われると…


やっぱ見るでしょ。


あいにく雨が降ってきて楽しさ2割減。

ドゥオーモの周りには規模は小さいながらクリスマスマーケットが。
でも同じもの売ってる店ばっか。
サラミ屋、チーズ屋、クリスマス小物屋、パン屋。






そしてミラノといえば!



このサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会は世界遺産に登録されてるそうです。

ここの壁にある絵を見るために数日前からネット予約しておりました。
サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会(長いわっ!)自体には予約はいらないけど内部の壁にある絵を見るには予約した方が無難だと。



何せ15分に1回各25人の入場制限があるからです。

え?サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会のことはもういい?
でしょうね。
でもね…内部は撮影禁止なの。

なので得意のポストカード撮影。



実際はもっと損傷してて見辛い。
でも本物のレオナルド・ダ・ヴィンチの最後の晩餐がそこにあったわけです。


さあこれでイタリア旅行終了。
今夜は宿近くのスーパーで何か買って食べよとスーパーへ。

明日お邪魔する人へ少しお土産も買ったりで合計19.60€でした。

細かいのがなかったわたしは50.60€払いました。
レシートにはしっかりお釣り31€の文字。
なのにレジのおばちゃんは間違って30€しかくれなかったのでジェスチャーであと1€ちょうだいって言ったわけです。イタリア語なんて分からんし。

そしたらおばちゃんはソーリーソーリー言いながらチャリン、パラっとお金をくれた。


ん?パラっ?


そう、そこには20€札と1€コインが。


!(◎_◎;)


こ、これはどうしたら…
おばちゃん完全に勘違いしてます。


レジにはどんどん次の人が並んでます。


こちらこそソーリー


そのまま店を出ました。
19€の買い物して20€余分に返ってきちゃった♪(´ε` )タダで買い物して更に1€得した。


ありがとうイタリア。
ピザもジェラートもスパゲティも大満足です。
08:42  |  イタリア  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.12.21 (Fri)

フィレンツェ?→ミラノ

ローマを早朝に出発。
11時にフィレンツェに到着!


…はしたけどすぐにまた電車を乗り換え1時間。一目散にここへ!





そう!チラッと見えてるナナメの建物!


ピサでございます。

天気も良くてダウンが暑い…

斜塔に登るには予約と入場料がいるのでわたしはそとから眺めただけ。

近づいてみましょう。



写真やとイマイチ傾きっぷりが伝わらない…

これだとどう?



隣の大聖堂と比べると傾いてるでしょ?

今日は今日一人なので残念ながら有名な斜塔を支えるポーズ写真は撮りませんでした。

あれさ、知らない人に頼むのちょっと恥ずかしくない??わたしだけ?

斜塔の横には大聖堂。



この青銅の扉には伝説があり、彫刻されているレリーフの中にいるカエルハゲ頭のおじいさんイモリの3箇所だけが黄金に輝き、それぞれが「友情」「知性」「13の願い」を象徴しているのだとか。
それらをなでながら願いをかけるといいらしい。



必死に探したさ。
光るカエルとイモリとジイさん…

カエル、イモリ、ジジイ…

カエルイモリジジイ…


発見!!







たしかによく見りゃみんなになでられて色はげて光ってます。
でもね、カエルとイモリのあった扉にはロープで柵があって触れませんでした。

ジイサンは出口の扉やったので触れた。13個お願いしていいのか分からんけど念のためいくつかお願いしときました。


で、



今日の目的はこのピサだけなのでございます。フィレンツェ観光は無しです。

なぜならピサの駅で次の目的地ミラノへの安いチケットが取れたから!

いつも券売機ではなくわざわざ並んで窓口でチケット買ってたのです。
何故なら券売機では買えない割引きチケットが時々あるから。

この日も事前に券売機で時間と料金を調べた時はミラノまで安くて31€やったのです。それが窓口で聞くとエコノミー切符19€があると!

迷わずGETおぉぉっ!

ピサ発13:44なので斜塔だけ見てサッサと駅に戻りミラノへ向かったというわけでございます。

ミラノ中央駅到着は18時前。

地図やと駅から近そうでしたが歩いたら30分かかりました。
ピサでもずっとバックパック背負って観光してたので肩痛い…

でもどうしても徒歩圏内の宿に泊まらないとまた次の移動が朝イチで地下鉄とかが動いてないから歩いて中央駅までたどり着く必要があるわけです。

ミラノ観光は明日1日のみ。

見たいの1~2箇所やから余裕っしょ。


<宿情報>

Scream Hostel

8ベッドミックスドミ
8€/1泊

シャワー、トイレが2箇所だけなので朝はかなり混む。誰かシャワー浴びてるとトイレ使えないからちとツライ。

ここも看板はなし。住所で確認。

中は普通にキレイ。レンジはないけどキッチンあり。共用スペースがないです。





あと…便座がない…
ヨーロッパたまにこの形式あるけど未だ正しい使い方分からず…

03:49  |  イタリア  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.12.20 (Thu)

ナポリ→再ローマ

本当はナポリからフィレンツェに直接向かいたかったのですが列車がね…宿代足してもローマいったん戻った方が安くてね…

なのでローマに帰ってきました。また半日ローマ観光です。
ローマにもう1泊して明日朝イチの列車でフィレンツェ向かいます。

ローマにお昼に到着して宿にチェックイン。さあ、お出かけ!

今日は全部徒歩で回ろう。電車代節約&運動じゃ。

今回は色々リサーチしてジェラートに重点を置く。

まずはガイドブックの常連、超ミラクル有名店ジョリッティへ。





ここでなんと贅沢してテーブル席でカプチーノまで頼んでしまいました。
頼んだジェラートは3種類。

バナナ
シャンパン
ピスタチオ

ローマっ子に人気なのはピスタチオとノッチョーラっていうヘーゼルナッツのジェラートらしい。





うん、うん旨いねぇ~( ̄▽ ̄)
あっさり完食です。朝ごはん食べてなかったしこれがブランチか。

そしてジョリッティを後にしてそこから5分かからず2件目のジェラテリアへ。
2件目はFIOCCO DI NEVE。









壁には地元雑誌や新聞に載った記事が飾ってありました。
ここで頼んだのは
ザバイオーネリソのチョコレート。

ザバイオーネとは卵黄に砂糖とマルサラワインなどを加えて煮詰めたクリームのこと。

このジェラートもお酒の味がしてめーっちゃ美味かった!
リソはお姉さんにオススメを聞いたらコレって言ったやつ。
チョコジェラートにお米が入ってます。滑らかジェラートと粒々の食感が面白くて美味しい。

そして、ジェラートを食べながらちゃんと観光も。







このパンテオンは、紀元前27年に建設され、紀元後123年ハドリアヌス帝によって改修された、現代にまで遺る唯一完全なローマ時代の建造物です。この中にはあのラファエロさんのお墓もあります。
ジェラートに夢中で中入るの忘れてた…

パンテオンの前にはオベリスク。
オベリスクの下はキモカワイイ噴水。

そうそうエジプトで調べたとき現存する完全な形のオベリスクは世界に30本。エジプトにはたった6本のオベリスク(大型で、今もまだ立っているもの)しかないのに、なんとローマには本家エジプトを上回る13本ものオベリスクがあります。(所有率なんと世界一)
 中には、本当に古代に作られたものもあるし、ローマ時代の皇帝が古代のオベリスクの模造品をわざわざアスワンの石切り場から切り出させ、運んだものもあるそうです。

このオベリスクもラムセス2世が立てたものをローマの皇帝が持ち帰ったものらしい。ヒエログリフも刻まれてました。
オベリスクってご自由にどうぞ的なもんやったん?!


真面目な観光はそこそこに3件目のジェラテリアへ。このパンテオン近くにはジェラテリアが多くてウホウホです。
3件目はIL Gelato di San Crispino









ここで食べたのはクリームウイスキーハチミツのジェラート。

これまた…

クゥーッ!ってなる旨さ。
ハチミツもやけどクリームウイスキーにLOVEです。なんだろアイリッシュクリームてっいうかベイリーズなお味。

これまだあと2~3件ははしごできるわ。なんで前回もっと食べとかんかったんや~っ!


ジェラートで夕方になってしまったので晩ご飯の場所探し。
まだイタリアに来てパスタを食べてない…よし、今夜はスパゲッティ!

で、来たのがここ。



店名がすでに旨そうなラ・カルボナーラ
開店は19時やと言われたのでいったん宿に戻って19時過ぎにまた行きました。

観光客もいっぱいいたので何かに載ってるんでしょうな。

もちろんカルボナーラ頼みました。



お値段は6€。最近ユーロが高くなってきてるので670円くらいでしょうか。
付け合わせにパンがきたから食べたら、きっちり2€加算されてた…やられた…!

ナポリのピザと違って10分かからず完食でした。おかわりできそう。

よし、ローマはこれにて終了。


<宿情報>

Coconuts Female Hostel
4ベッドドミ

10.90€/1泊

女子専用ホステル
常駐のスタッフはおらず到着時間を伝えとくとその時間だけスタッフが来る感じ。

テルミニ駅前でかなり立地◎
朝早い移動のとき助かるね。





看板はないので住所だけが頼り。
インターホンには名前がある。
ここも11時から14時は必ず外に出てないとダメ。
07:47  |  イタリア  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.12.19 (Wed)

ナポリ2日目

今日はエジプトで出会った旅友と再会の約束をしております。
1日だけ旅程がかぶったので一緒にポンペイ遺跡に行ってきました。

久々に脱お一人様観光です。
いぇいっ(⌒▽⌒)

ナポリ中央駅からヴェスヴィオ周遊鉄道に乗りポンペイまで30分ほどの道のり。

ポンペイ遺跡は

「79年のヴェスヴィオ火山噴火による火砕流によって地中に埋もれたことで知られ、その遺跡はユネスコの世界遺産に指定されている。
ローマ人の余暇地として繁栄したポンペイの最盛期の人口は約2万人といわれている。18世紀に発掘が開始され、現在は主要な部分が有料で一般公開されている。」by Wikipedia

遺跡の中はひとつひとつの詳しい説明がないので事前に情報収集できた数カ所のポイントを中心に回りました。途中日本人団体客がガイドさんの説明を聞いてるのを発見してさりげなく近づいたらさ…

「こっちに近づかないでください」

こ、ここみんなの遺跡なのに!

「わたしたちガイドにお金払ってるんで」


べ、べつに説明なんて聞いてねぇし!
そこの写真撮りたいだけだし!


「じゃあどうぞ」


めっっちゃ上から目線!
こんな嫌味ったらしい日本人団体客は初めて会ったわ!
どうぞっておまえの遺跡じゃねえダロ!
入場料ワシらも払ってっから!


プリプリしながらわたしたち3人はサッサと写真撮って移動。
何っってイヤな奴らなんだ。

そのあとは奴らと出会うことなく女子3人でキャイキャイ言いながら楽しくポンペイ観光。

有名どころは、











上から

埋まってた人型を取ったもの

当時のキッチン

玄関の床にに猛犬注意のモザイク画

アレキサンダー大王とポンペイ軍の戦いを描いたモザイク画

そしてお店の壁に書かれた落書き!


2000年以上前の町やとは思えないほど生き生きしてます。落書きも家の床のデザインも今と変わらないんじゃ?っていうのもたくさん。

あとは馬車が通ってた轍とか



金持ちの家の壁画。
ポンペイの赤と言われてる色で今でも完全に再現はできないんだそう。




火山灰に埋れたって言うけどさ火砕流に比べたら逃げる余地ありそうに思えてならないんやけど、街が丸々そこにいた人ごと滅んでしまったということはきっとわたしなんかが想像もできないことが起こったわやろうなぁ…

何て話をしてたらドラえもん欲しいなぁ…って話になった。
火山が噴火する前の街が見たいねって普通の会話から、じゃあ旅でドラえもんの道具一個だけ使えるとしたら何がいい?となり、3人の意見が割れる。

わたしは翻訳こんにゃく
友達2人はどこでもドアとスモールライト。

どこでもドアなんかあったらさ、移動の楽しみなくなるやん!
翻訳こんにゃくでしょ。どこの国言っても言葉が通じれば最高でしょ。

スモールライトはありやな。荷物ちっゃくしたら運ぶの楽。お土産もたんまり買えるしね。


で協議の結果…


やっぱどこでもドアじゃね?ってなりました。
移動にメインで使うのではなく、夜になったら家に帰る。
そしたら宿代かかんないじゃん!って。さらに着替えも持ち歩かなくていいから荷物が減る。

う~ん…いいけど…旅してる感ZERO~


みなさんはどう思いますか?

あ、四次元ポケットが欲しいってのは無しですよ。


晩ご飯も3人で。
今夜ももちろんナポリピザ♪( ´θ`)ノ

昨日のよりチーズが多くてまた旨っっ!
ナポリピザ最高!

07:23  |  イタリア  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.12.17 (Mon)

ローマ→ナポリ1日目

ナポリにやってまいりました!

ナポリといえばピザ!

楽しみ過ぎます。

ナポリ中央駅から地下鉄を乗り継ぎまずは宿にチェックイン。



なんか、ナポリ…
雰囲気暗い…もちろんわたしの印象ですが。天気のせいもあるんやろな。どんよりしてるから。
暗くなってから出歩きたくない感じです。

宿も辿りついたときは

え…



ってなりましたが中は大丈夫でした。

とりあえず荷物を置き早速ピザ屋へ!

超有名老舗のDa Michele ダ・ミケーレへ。半端な時間(17時前)にもかかわらず店内は満員。外で待つ人たちも。
先にレジで人数を告げ、番号札をもらって待ちます。

が、お一人様のわたしは隙間席に入れてもらえて待ち時間ZERO~

このお店のメニューは2つしかありません。マルゲリータとマリナーラ。


マルゲリータを注文して待つこと5分。

来たぁ~っ!





直径30cm以上はあるどデカイのがやってまいりました。

ナイフで切ってかぶりつくと…


うま~っ!


旨いよ、旨いよ!

でもデカ過ぎだ…3/4まではめちゃ快調なんやけどね。残り1/4は地獄…
でも初ナポリピザなんでなんとか完食しました!

お店はこんな感じ。







このお店、なんとジュリア・ロバーツも食べに来たお店なのです!
とは言っても完全プライベートではなく映画のロケがあったためですが。

店内の壁に写真がありました。



こちらは映画のワンシーン。
食べてるのがここのピザらしい。



このロケの日、早朝にジュリアさんはピザを食べに来たらしいですよ。


この日はピザ食べただけで終了。
暗くなったし帰りましょう。

<宿情報>

La Controra Hostel Naples

10ベッドミックスドミ

11€/1泊 朝食込み
最寄駅からは近いけど中央駅からは乗り継ぎもあってやや不便。
早朝中央駅初の電車には間に合わない。

10ベッドの部屋に見つけた電源が1つ。
共用スペースはいいけどやはり電源が少ない!あと、部屋ではWiFi不可。

中はキレイで雰囲気もいいです。







23:06  |  イタリア  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.12.17 (Mon)

ローマ2日目

宿のしょぼい朝食を食べ、いざ観光!

地下鉄に乗るとみんなの注目を集めるこの子。



穴から顔を出したり引っ込めたり…
みんなキュンキュンしてたと思う。
触らないけど。見るだけ見るだけ。

何かイタリアにはサンタ・マリア何ちゃら教会が多い…マリア様大好きなのかしらね。

わたしが来たのはその中のサンタ・マリア・イン・コスメディン教会。
舌噛みそう…

でも教会には用はないの。
教会の一画にあるこれだけ見に来た。



真実の口ぃ~っ!
嘘つきが手を入れると手首を噛みちぎられるという恐ろしい伝説のアレです。

たかが伝説でしょ。こんなんで手首なくなるわけねぇし。でもほら念のため…ね。
しかし今日もお一人様のわたくしは係りのおっちゃんにiPhoneをたくし写真をお願いしたわけですが、おっちゃんに「そこ違う違う」と言われても「大丈夫オッケーやから」と撮ってもらいました。でも最後はちゃんとおっちゃんの言う通りのポーズで撮らせていただきました。




手首も無事です。


ほっ。

さあさあ観光は今日だけ。
次次ぃ~っ!


ここはスペイン広場。



ここでほんとはジェラート食べたかったんやけど…階段に座ってさ…
この人みたいに…





ツリーが、邪魔(−_−#)
そうここはあのアン王女が城を抜け出してジェラートを食べた場所なのであります。
でも現在この階段での飲食は禁止されております。残念。


「アン王女がいた場所なのであります。」


なんて書いてはみましたが実は「ローマの休日」見たことありません。

でもジェラートは食べました。
スペイン広場の最寄駅前で。



今日のはチョコとエッグノック味。
昨日のより安くて美味かった!当たり当たり!でもまだエジプトの衝撃は超えられんな。


そして、今日の、というかイタリアでのメイン観光へ。それは、


バチカン市国

カトリックの総本山。
ローマ教皇ベネディクト16世がいるところ。そして本物のエクソシストがいるところ!
先に結果を言うとエクソシストには出会えませんでした。いや、出会ってたかもしれんけど気づきませんでした。

まずはバチカン博物館。
ものすごく広くて何もかもがすごくて口開きっぱなし。

もうね、バチカン博物館の写真撮り過ぎてどうすんのって感じ。













とても1時間や2時間で見きれるもんじゃありません。人の間を縫って早足で3時間見て回ってバチカン宮殿に隣接するシスティーナ礼拝堂へ。

ここにはミケランジェロの天井画があります。ただここだけは写真NG。
神聖な場所だから、との理由やけど観光客でみっちりで神聖な雰囲気ゼロでした。

教科書やモチーフで見たことある絵ばっかり!ほぼ有名どころばっかでしたが中でも

アダムの創造
楽園追放
ノアの大洪水

見たことある~っ!の連続です。
気になる人は調べて見てねん。

そして祭壇にある一番デカイ「最後の審判」

人混みに紛れて撮ったけど…
全然分からん…
神様が邪魔したんでしょうか。



そしてシスティーナ礼拝堂から地下道を通ってサン・ピエトロ大聖堂へ。



ここにも美術の教科書でおなじみのミケランジェロ作品が。



内部も超豪華です。










だんだんお腹いっぱいになってきましたね?わたしもです。

とにかく見所満載やったバチカン市国。
次くることがあればエクソシスト探しをしてみよう。
05:26  |  イタリア  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.12.15 (Sat)

アテネ→ローマ1日目

移動日!

アテネの空港も3回目ともなると余裕ですな。理解不能なギリシャ語とさよならして、やって来ましたイタリアはローマ!

ここからしばらく弾丸予定。
いつもなら到着日は宿周り散策くらいで終了やけど、今回は時間足りないので夜まで観光。

とりあえず宿にチェックインしたのが17時過ぎ。そして地下鉄に乗り1番に向かったのがここ。





有名なコロッセオ!

ほっほう…

テレビや写真で見たのと同じ…
なかなか迫力ありますな。

中に入る予定はないのでこれでここは終了。そしてお次はここ。







こちらも超有名所、トレビの泉!
想像よりデカイ!


後ろ向きでコインを投げ、泉に入ればまたここに戻ってくることができるという伝説がありますね。

でもさ、


投げなくてもまた来れるし。

一人やったし投げませんでした。
そして、イタリアといえばこれでしょ。



初本場のジェラート!

どこが有名とか情報がなかったのでトレビの泉前のお店にしました。イタリアだし!どこで食っても美味いはず。

ティラミス味と何か分からない味を頼み早速いただきます。

うん、

はいはい、

ふ~ん、


普通…

これならカイロのスイーツ屋さんのアイスのが美味かったな…

結果、どこでも美味いわけではないことが判明。明日は美味いとこ事前に調べなくては。

でもね、調子にのってMサイズ買って最初いや、これ食えねぇなって思ったけど完食しちゃったんよね~。
てことは美味いのか?
空腹やっただけ?謎。


晩ご飯も宿近くで。



カルツォーネとライスコロッケ。

これもね…


普通。


クッソ、せっかくのイタリア1日目なのに。

<オマケ>

おちゃめな道路標識。



フィレンツェ在住のフランス人アーティストの作品らしい。
色んな場所にあるみたいなので街歩きしながら探そうと思う!なんか宝探しみたいで楽しい( ̄▽ ̄)


<宿情報>

Roman Holidays hostel

4ベットミックスドミ 13.40€/1泊

メイン駅のテルミニ駅から徒歩圏内で立地は◎。看板が出てないのでアドレスにある番地で確認。

2~3分離れたビルにも部屋があり。
わたしはそっちでした。


10時から15時は清掃等のために部屋にいちゃダメだって。個室の人は関係ないけど。

ゆっくりしたいときとかどうすんの?

何だかくつろげない感じで65点。
宿自体はキレイで問題ない。
06:44  |  イタリア  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2012.12.14 (Fri)

再アテネ2日目

精力的に動きましたよ。


今日送る荷物をリュックに詰め、メトロに乗ってアギオス・ディミトリオスという駅の前にあるショッピングセンター、メトロモールへ。

ここでの目当ては中に入っているスーパー!もちろん他の店もチラッとのぞくけども。

ここで先月は重いからガマンしたギリシャ蜂蜜をGET。あとオリーブとドライデーツも。でも写真撮るの忘れた…

メトロは90分以内なら乗り換え自由なので90分以内に戻ります。そしたら片道分ですむから。

よし、ではアテネでの最大のミッション荷物を発送へと向かいまひょか。


先月見て郵便局の場所は分かっております。シンタグマ広場の真ん前ですから。

前にはこんなんが。



多分ですがサンタクロースへの手紙専用ポストです。
だって普通郵便のポスト他にあるんやもん。黄色と緑のが。
だからこれはきっとサンタ専用。

出してみたい気もするけど今は無理なので中に入るとすごい人!
整理券を取るとなんと27人待ちです。
やれやれじゃのう…

待ってる間ボーっとみんなを観察してると気づいたことが。窓口のプレートに「全ての手続き(小包以外)」と書いてあるではないですか。

わたしのは明らかに小さくない荷物。
小包がアカンのやったら大包もアカンのちゃうん?


違うエリアにいた局員さんに聞いてみると返事がギリシャ語…(T_T)
サッパリ分からんのでもう一人に聞くとここでは送れないとの答え(゚o゚;;


で、同じ道沿いの60番地にもうひとつあるからそっちに行ってと。
よかった~ずっと待ってなくて。


そして着いた2件目の郵便局。

中に入るとたしかに荷物を主に扱ってる感じ。

ハローこの荷物日本に送りたいんですけど~

といいながらリュックをみせる。

〒「そのままでは送れないわよ。箱に入れないと」


そら分かってますがな。箱ください。


〒「大きのきらしてるの。自分で用意して」


ええ!?箱ないの?
自分でって…ここ郵便局やのに…
どっか手に入りそうなとこないの?


〒「向かいの店に聞いてみたら?」


ええ…しょうがないな。
で、表に出ると目に飛び込んで来たもの。




おお!


たしかに向かいの店にいいのあるやん!



向かいの店にっていうか向かいの店の前に山済みのダンボール!
ここからちょうどいいサイズのを漁らせていただきました。

そして荷物を詰め詰め…

すいません、テープください。


〒「3.50€ね」


金取るのおぉっ?!
仕方ない…こっそり送料に足してくれりゃいいのに。
ベリベリベリ…(←テープ貼る音)

ああちょっとだけ上にスペースできるな…

すいませんなんか緩衝材になるものないですか?プチプチみたいな。


〒「ないわね」


でしょうね。
で、また向かいのゴミ置き場でおそらく割れものが包まれていたであろう紙を掘り出しかき集め箱に詰める。

できました!
これで送れますよね!!


〒「…箱とこの紙に住所書いて」


はあ…ようやくできた。
途中で安い船便で!と付け足しなんとか手続き完了。
料金は46€でした。

明らかにトルコで送った時より重いから料金はこんなもんやとして(たしかトルコんときは35€弱)、トルコはテープもグルグル貼ってくれたし(タダで)箱も買えたし緩衝材もちゃんとしたやつあったよ?!
しかもおっちゃん愛想よかったし。


ここの人冷たいねんもう…


外に出て横断歩道で信号待ちしてると隣に同じく信号待ち中の…





昨日も違う犬見たんやけど、こっちの野良犬(やと思う。周り誰も気にしてないもん)ちゃんと信号待ちする。さらに横断歩道を渡る。

しかも人間はややフライングで渡り始めるのに犬はちゃんと青信号になるまで待ってる。はねられた仲間でも見て学んだのかしら。




では最後に今日買った冬のヨーロッパ対策グッズを紹介。



ZARAのダウン36€本日のレートで4000円ほど。

そしてクロックスはしばらく封印しこちら。



安物ですがしばらくもつでしょう。
15€で、約1700円。

この2つで冬のヨーロッパあと3週間強を乗り切ります!
07:47  |  ギリシャ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.12.14 (Fri)

カイロ→再アテネ1日目

早朝5時過ぎに起きてコソコソ部屋の外でパッキング。ドミはこういうときちょっとめんどくさい。

空港へはタクシーで行くことに。バスやといつくるか分からんしどこでもお客さん拾うしで時間が読めないので。

ガイドブックには相場は50~80LEとある。だいたい680~1000円くらいか。
念のため宿の兄ちゃんにも聞いてみると50~60LEだな、と。

気をつけてね、絶対乗る前に金額ちゃんと交渉するんだよって。

うん、分かってる。サンキュ。

でも実は財布に100LE札とあと40ELがあってこのままでは100LE札でタクシー代を支払うことに。

釣りがないとかなんとかドライバーにごねられてもイヤなので宿で両替できないか聞いてみたけど出来なかった…

なら交渉時にお釣りがあるかも確認しないとな…


タクシードライバーとの戦い。
エジプト最後の大仕事。


6時半ころ宿を出るとやっぱりいる。

「へい、タクシーっ?」

ってあっちから聞いてくるやつは100%タチ悪いから無視。

大通りまで出て流しのタクシーを捕まえるとしよう。まだマシなはず。


何台か目が合うもイヤな雰囲気なので見送る。
そして何となくマトモそうなおっちゃんドライバーを見つけアピールして止める。


わたし「エアポート!」

おっちゃん「オッケー」

わたし「いくら?」

おっちゃん「50」


ほ~らきた!
50だと?!
わたし相場知ってんだから。

たしか50~60…









((((;゚Д゚)))))))ボってこねえっ!


驚愕です。最初から正規料金を言ってくるとは。まったく予想してませんでした。


よし、なら次はお釣りの確認。


わたし「わたし100しかないんだけど」

おっちゃん「OKOK」

わたし「いやそうじゃなくてお釣り!持ってる?」

なかなか通じない…アラビア語でお釣りってなんていうか聞いときゃよかった…

何度もジェスチャーでいや、そうでなくて!おー釣ーり!ってやってるとようやく分かってくれた。

そして出発する前にお釣りもくれた。


なんてマトモ!!
こんなエジプト人もいるんやね。
お釣りどころか飴ちゃんまでくれた。


あっさり30分ほどで空港到着。
こんな早く着くならマンゴージュースでも飲んでくりゃよかった…


エジプト入りしてから初めて気持ちよく自らチップを、渡す気になりました。

10%のチップと余った4色ボールペンをおっちゃんに。


さて、これでエジプトとお別れ。




いたるところにあるお祈り場所を見るのも見納め。次はいつかな?
エジプト、面白かった!
また絶対来るからな~っ!


そして…




アテネに戻ってきました。
宿も前回と同じ。ちょい高いけど快適なので。でも、今回は一人なのでドミトリー。6ベッドルームで1泊16€。
美味しい朝食とバスタオル付き♪( ´θ`)ノ





さて、宿にチェックインして時間はまだ15時。もちろんお出かけ~っ!

何か…1ヶ月前と比べると荒んだ感じが薄れてて明るくなってる。
多分全体的にクリスマスになってるからかな。飾り付けとか電飾とか。
きっと人もみんなちょっとウキウキしてるんやと思う。


アテネでは冬のヨーロッパ対策のダウンとブーツを手に入れなければ。
到着した今日は片っ端から店に入って金額チェック。


楽しい~っっ( ̄▽ ̄)
でも高い~っ(>人<;)

トウモロコシが2.5€。
エジプトなら10本くらい買える…



地下鉄も1.4€。これまたエジプトの10倍。

よし、下見は終了。
買うダウンも決まった。

明日一気に終わらせますよ~っ
04:41  |  ギリシャ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.12.13 (Thu)

再々カイロ4日目

つまりエジプト最終日。

最終日の行き先は…


カイロ発祥の地、オールドカイロ。

エジプトに来てすぐに一度来たんやけど30分ほどで帰ってしまった場所。
あとで色々情報を得て、見逃してるとこいっぱいありそうやったので再訪。


お土産買うチャンスも最後やしね。
明日は朝イチで空港向かうからどこも行けへんし。


午前中に洗濯をすませて屋上に干し、昼頃お出かけ。メトロに乗ってオールドカイロの最寄り駅マルキルギスへ。


平日の昼やというのに電車混み混み。

一応ね、いつも女性専用車両に乗ります。

でもめっちゃ見られるのは男女問わず…アジア人観光客なんてちっとも珍しくないはずなんやけど。


さあオールドカイロに着きました。
やっぱ車少なめで歩きやすい。

このエリアには原始キリスト教のコプト教の教会があったり、博物館もあるのですがお金かかるので入ってません。エジプトはイスラム教のイメージやけど今でも一割ほどのコプト教信者がいると言われてます。





↑墓地も入ってみました。
小さい教会も中にあったり日中で天気も素晴らしいので暗い感じは全くない。逆にかわいい感じのエリアも。



でもなかには今にもゾンビ出てきそうな壊れてフタ開きかけの石棺もあったり…
そのあともオールドカイロ内にちょろっとあるお土産物屋をみたり。外から階段で降りてくオールドカイロエリア。細い路地になってます。





そして1件だけすごく大きい土産物屋があって今までで一番見てて面白かった。このまま日本に帰るなら大人買いしそうで危なかった!

↓石けん置き…かなあ?
ちょっと置き場所とるけど誰かのお土産にしたかった…



あともし買ってたら日本に送るしかないデカイ椅子。でも絶対弟は大喜びする。てかヤツが見たら買うね、間違いなく。



これであなたもツタンカーメン。


とはいえ、まだ日本には帰らないし送る金もないので全部諦めたんやけど。


帰りの電車を待ってたら向かいのホームのが先にきた。

んん?




おお!どうやら日本製のようです。

「日本のみなさんより」的な文字と共に日の丸印が。
なんかこういうのちょっと嬉しいね。


そして屋台でレバー炒めサンド20円を食べ



それがとっても辛かったのでいつものフレッシュジュース屋さんでマンゴージュースを飲み、綿菓子売りのおっちゃんを眺めつつ…




帰宅。エジプト最終日終了。
本日大人買いしたもの…


デーツ入りクッキー。
デーツとはナツメヤシのこと。
生もドライも旨いです。


毎日毎日食べてました。
色んなメーカーのを食べ比べて一番美味しかったもの(わたしの中では)を20個ほど購入。4つ入で13円くらい。

これをアテネまで…( ̄◇ ̄;)
しかたあるまい。うまいんだもの。


さ、明日は5時半起きじゃ。
00:26  |  エジプト  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.12.11 (Tue)

再々カイロ2日目&3日目

バウィティから帰った翌日。

何にもしませんでした。
もうエジプトも残すところ3日やというのに。

いつものフレッシュジュース屋さんでタマルヒンデイジュース(1.5LE約20円)を飲んでいつもの人気パティスリーでドーナツとアイスを買い、これまたいつもの宿前のサンドイッチ屋でサンドイッチを買い…あとはダラダラしてただけ。





ここ何日かバタバタしてたからいいの。

それより今ドミトリーに泊まってる1人がイケメンで大変。
しかも超フレンドリー(≧∇≦)
いつもモロッコのジュラバ着てるの。

かわいいやないの~っ!

ジュラバ覚えてますか?



↑これです、これ。


朝方まで旅友と出かけ夕方近くまで寝てるけど目の保養になってます。


そして3日目。

この日は早起きして郊外にある巨大ショッピングセンターへ!

事前に調べたところ宿近くの大通りから30番か121番のバスが近くまで行くらしい。

道端でアラビア数字で書かれた番号をガン見しながらバスを探します。


バス停?そんなもんありません。

みんな好き勝手な場所でアピールしてバスを止めます。
交差点前後が比較的止めやすいかな。
スピード緩めるし交差点常に大混雑やから自然と止まることもあるし。


しかしこのバス捕まえるのに時間かかったの…来ないのもあるけどあ、あれは?って思ってもナンバーどこか探してるうちに素通りされちゃったり。

30分はかかったね…


地元人でもバス見つけて乗る乗る!ってアピールして開けっ放しのドアに手をかけて乗り込もうとしてもバスがスピード落とさないので乗れず置いてかれる人もいる。


このシステムどうかと思う…


そしてようやく121番を発見。
タイミングを見計らって動いてるままのバスに乗り込むことに成功。
行き先も確認してひと安心。


45分ほど乗って目的地周辺に到着。
周りがみんなココよ、ココで降りてあっちに歩きなさいって教えてくれた。

今日も、エジプト人に助けられる。


そしてやってきました!





でかーいっ!そして広ーいっ!
さらにキレーイっ!

もうここはエジプトではありません。

だって商品に値札がある。
やってきたのはCity Starsというショッピングセンター。600店舗以上が入る大型ショッピングセンターです。

欧米ブランドがたくさん入ってます。

もうウッキウキですよ。交渉なしで値札見て買い物できるんですもの。

平日やったせいかもうガッラガラ。
店員さんも超ヒマそう。


最初は大興奮で見てたわけですが…

結局…


特に買いたいもの見つからず。

買ったのは妹へのお土産にエジプト綿のポロシャツのみ。あとはスーパーでお菓子を少々。

お金下ろして張り切って来たのになぁ…

でも広いし歩き回ってるだけでけっこう時間使う。途中フードコートで昼ご飯食べたりカフェで休憩もはさみつつ、なんだかんだで7時間もいた。


帰りもなんとか121番バスを捕まえ、やれやれ。

開きっぱの窓から外を眺めるけど排気ガス盛り盛りの空気の悪さに思わずむせる。でも窓は閉まりません…



ごくたまにあるただの模様と化した車線を見る限りこの道路は片側4車線。
そこに最低7台は横並びになってるね。

わずかな隙間も詰めてくるからね。
結果身動きとれなくなってるやつもいるしね。頭悪いよね。


のんびり外を眺めてたら途中でバスが故障!電気も消え動かなくなってしまいました。




今日ついてない気がする…

みんなバスを降りてまた違うバスを捕まえる人、タクシー乗り出す人…
料金てどうなんの?バス代2LEはすでに払ってるけど、乗り換えた場合また払うの?
なんか納得いかないよね?

でも仕方ないのでここでまたもやiPhone地図登場!
現在地を確認して最寄りの地下鉄駅まで歩く!メトロなら1LEで帰れる。

バスが故障した場所から15分ほど歩いてメトロに到着。ということは1kmくらいか。もうちょっとあとで故障してくれたら歩かなくてすんだのに。

まあでも帰れて良かった。
今日もグイッとタマルヒンディジュースを飲んでから宿に帰りました。


で、タマルヒンディって何なのか?


さあ?


スーパーで見かけたのはこれ



英語やとタマリンド。

見た目豆っぽい?

でも、味はグレープのような…ブルーベリーのような…ちょっと渋めで…説明できないけど旨いんです。

インスタントタマルヒンディないかとスーパーで探したけど見つかりませんでした。
18:10  |  エジプト  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2012.12.11 (Tue)

バウィティ→カイロ

リアルタイムと3日ズレてきた!


バウィティ村からカイロ行のバスは10時発。
前日チケット買いに行ったときは誰もいなくて、ていうか田舎は基本バスの発着前後しか人いない。

で、当日。

宿の人に砂漠ツアー仲間のオーストラリア人青年と一緒にバス乗り場まで送ってもらう。

彼はもともとカイロ往復のバスも砂漠ツアーもバウィティでの前後泊も含めての3泊4日プランを申し込んでいたので当然バスのチケットはある。

だから買うのはわたしだけ。

チケットブースでエジプト流に割り込みし我先にと金を出してアピール。

この時点で出発10分前。


はい。すでに満席でした。
多分やけど、わたしの前2人くらいで満席になったんやないかと。


結果チケット買えず



わたしの他にも当然何人もチケット買えなかったエジプト人がいる。


わたしはカイロに帰りたいんじゃっっ!


じゃあどうすんの?ってなるでしょ?

そこはエジプトなんで。



席がないなら立てばいいだけ。


うん、5時間。


チケットはバスの中で車掌から買いましょう。


無事(?)バスに乗り込みカイロに向けて出発。

途中、3時間くらいたったところで休憩タイム。
みんな軽く昼ご飯食べたりシャイ飲んだりするので時間もやや長め。





ここにもちゃんとお祈りのスペース。



周りは砂漠。何にもない。



お腹ちょっと空いてたけど、あまりに高いので何も買わず。
だっていつもは1LEで買えるお菓子が4LEする。いやそれでも50円ちょっとやけども。4倍て…日本でもSAとかで買ったらたしかにそれくらいするけども。
購買意欲はわきません。


結局渋滞もあってカイロまで6時間ちょいかかりました。
休憩後ももちろんずっと立ってたんやけど、最後の2時間くらいは座れたんですよ。

誰かが降りたわけじゃなく、おじちゃんがね、席譲ってくれて。

いやいや逆に気使うわ、と最初はもちろん断ったんやけども、おっちゃん立ってホラここ座れってジェスチャーずっとしてくるし、アラビア語分かんないからキチンと断ることもできず…


10分くらいしたら席を返そうととりあえず座らせてもらった。


でも席代わらせてくれない。

立ち上がっておっちゃんに座って座ってってジェスチャーするも向こうもイヤイヤ大丈夫座ってなさいとジェスチャーで返される。

そのうち逆隣のおっちゃんが立ち上がり最初のおっちゃんに席を譲る。


ええ!また違うおっちゃんが立っちゃったよ!それならわたしが立つからいいよ!とまた慌てて立ち上がるもおっちゃん2人していいから、いいからってしてくる。

結局その後もおっちゃん同士が交代しながら立ったり座ったり。
わたしはカイロに着くまで座らせてもらいました。


スキあらばボッたり、頼んでもないことしてチップ要求してきたり、バカにしてきたり腹立つことも多いけど、普通の人たちはみんな親切。たまに出会う無償の親切に10倍はある腹立つ出来事が帳消しになるね。


そしてやっとカイロ到着。
またしてもここドコ?って場所が終点。なんでバスターミナルに戻ってくれないんやろう…?

今回もバスターミナルの近くかなと思いきやどうやら全然違う。
一緒に帰ってきたオーストラリア人青年はホテルまでタクシー使うという。


タクシーて!!
どう考えても一番高くつくやん。
ここがどこかもまだ分からんのに。


わたしはなんとか公共交通機関で帰るよと伝えここでサヨナラ。

幸いiPhoneアプリでカイロの地図をダウンロードしてたので現在地を検索してみる。GoogleMAPやとネットつながってないと地図情報更新はできないけどすでにダウンロードしてある地図があれば携帯のGPSで場所を確認できるのですよ~♪( ´θ`)ノ便利な世の中。


確認したところ、どうやら近くにメトロの駅があるもよう。メトロさえ乗れればどこだろうと宿近くまで1LEで帰れる。


地元人にも聞きながら歩いてメトロの駅へ。10分弱で駅を発見。駅名を確認したらめっちゃ宿から遠い!てか終点駅やんココ!

まあでも料金は距離関係ないからいいけども。

いつものカイロの宿に戻ったときにはすでに18時前。ベッドも運良く1つ空いてた。


もうこの日は宿前のサンドイッチ屋で晩ご飯を買い、あとはゆっくりベッドで3日ぶりのネットをダラダラして終了いたしました。
09:11  |  エジプト  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2012.12.09 (Sun)

砂漠へGO

20時にシワを出たバスは時間通り6時にカイロ到着。
ただ出発したバスターミナルに着くのが当たり前やと思ってたらただの道端で降ろされる。

は?ここどこよ?って思ったけど見覚えのある場所やったためなんとか無事にバスターミナルに戻れました。
出たとこに戻ってほしいわ、まったく。

で、すぐにチケットを買いそのまま7時発のバスで次の目的地バウィティ村へ出発!なんとか乗り継げた…ε-(´。`;)


バウィティでは砂漠ツアーに行きます。でも今日は夜行明けやし、のんびりして明日砂漠ツアーで一泊して明後日バウィティ観光して…と三泊の予定してました。

ツアーも一人じゃ高いので宿やバスで仲間見つけようと。

なんで全部過去形なのか。


思い通りにはいかんかったからです。


まず、昼過ぎにバウィティ到着。

まー来るわ来るわワラワラ客引きが。
予約無し、日本人お一人様なんて絶好のカモ。

「うちにはあと2人日本人がいる」
「今から砂漠ツアー行ける」
「いくらならいい?」
「あいつんとこは高いぞ」
「うちは日本人に有名なんだ」

一斉にしゃべり出す。


もう、うーるーさーいーっっ!爻((╬ಠิ益ಠิ))


一人ずつしゃべれ。

よし、まずおまえんとこから、と端から聞こうとしてたら同じバスに乗ってた外国人グループが声をかけてくれた。

わたしたちと一緒に来る?


うんうん行っちゃう。

彼女たちはカイロでツアーを申し込んでいたのですでにお迎えが来てた。
そこに便乗させてもらう。

まずはホテルで昼食。
急に増えたわたしの分もちゃんと用意されてた。手際いいな。

そのあとボロいランドクルーザーに乗り込んで砂漠ツアー開始。

わたし…昨日夜行バスでシャワー浴びてないのに今夜も砂漠でシャワー無し。同じ服着続けて4日。ま、いっか。

ホテルに前泊してたお客さんも入れて合計9人でのツアー。すごいのは9人とも国籍が違う。みんな一人旅。最初に声かけてくれたのは5人組やったけど彼女たちもエジプトで出会って一緒にバウィティにやってきた個人旅行者。

カナダ、オーストラリア、アメリカ、メキシコ、コロンビア、グルジア、中国、スペイン、そして日本。

こんなにかぶらないのも珍しい。
たいがい1人2人かぶるんやけど。

まずは黒砂漠。







砂が黒いわけではなく黒い石がゴロゴロしてる。でも遠目で見るとたしかに真っ黒。

次はクリスタルマウンテン。
その名の通り水晶のかたまりの山。







水晶の山…あ!ちょうどええやん!
ということで。
しばし浄化タイム。



パワースポットっぽーいっ( ̄▽ ̄)


そしてメインの白砂漠へ。









夕陽に間に合うように来たけどあいにくの曇り空。
白砂漠には風化した石灰岩の岩がたくさん。キノコみたいなんが、いっぱいです。カッパドキアがぶなシメジやとしたらここはぶなピー。

今夜は白砂漠で野宿。
さすがに12月の砂漠。朝夜はちょっと寒い。
暗くて撮れんかったけど、ここで食べたご飯は本当に、うまかった。
モロッコのサハラ砂漠で食べたのと同レベルを予想してたから驚きよ。


品数もあったし、どれも最高にウマイ。エジプト人ガイド万歳!エジプト一番のシェフ!他のみんなも大絶賛。
店できるよ!ってベタ褒め。
そんなエジプト人ガイドの愛称は「たま」日本やと猫の名前で人気やでって教えてあげました。


メニューだけ紹介。

●トマトときゅうりのサラダ
●トマト系スープ何かパスタみたいなん入り
●スパイスご飯野菜の煮込みがけ
●チキンのホイル包み炭火焼き

ね?どれもヨダレものでしょ。
大人数でワイワイやれたのもよかった。ご飯のあとは焚き火を囲んでシャイTime。何杯お茶飲んだでしょう…



夜は雲がはれて、満天の星空の下で寝袋に入って就寝…


そして朝!

またもや曇り…みんな早起きしたのに!





わたしたちのキャンプベース




マッシュルーム



エリンギ



さあ、9人中7人はこのまま10時発のバスでカイロに帰ります。
わたしはさすがにあと1~2泊します。
10:05くらいにギリギリでみんなバスへ。見送ってわたしは最初にお昼食べたホテルに帰ります。

ただここが…ホテルはいいんやけど、中心部から遠くて…5kmはある。そして宿の周りには何もない。
バウィティ観光するには最悪の立地です。でも計らずもこのホテル。
昨日書いたkmpの本に出てくる宿やったのです。
16年前に比べると随分豪華になってました。









自転車もないし、ここを拠点に観光できないので、砂漠から帰ってすぐ車で中心近くまで送ってもらい、見たいところ一通り周って1時間以上かけて徒歩で帰りました。


もう明日カイロに帰ろう。

<宿情報>

Ahmad Safari Camp

ツインを一人で使う

50LE/1泊 朝食込み
夕食は別途25LE

お湯の出る時間が短い。
2日ぶりやったのでガツガツ洗ってたけど、後半どんどんぬるくなるシャワーに慌ててスピードアップ。

宿の裏手に温泉あり。

ハエがめっちゃ多い。部屋ん中もハエの死骸だらけ。蚊帳あり。
ハエが多いのはこの宿に限らずなので特にマイナスポイントではない。

日中外のベンチで日向ぼっこしながら本読むのはかなりいい感じ。
ハエにたかられるけど。

Wi-Fiはありません。
19:19  |  エジプト  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2012.12.09 (Sun)

シワオアシス3日目

生きてます。
Wi-Fiないとこいたもんで。



シワオアシスからのバスは20時発なのでそれまで、宿周りを再散策。



↑小学校。窓から子供がハローハロー!マネーマネー!って叫んでくる。

ハローは分かるがマネーって…それ、学校で教えてるん?観光客を見たらなにかせびれと。うっせ、誰がやるか!
と素通り。

シワの街は車は少なくて、メインはロバ。荷物運んだり人を運んだり。



あんま元気そうじゃないロバばっかなのが気になる。
タクシーだってロバ。



よく見ると??なとこ多い。

まずこの街はシワ。SIWAなんです。
なのにWelcome to SAWIって…地元の名前間違ってるよ。

そして、4×4の文字。
たしかに4駆やけど…足4本も4駆って言うの?4輪駆動ならぬ4足駆動。


最近思うのは一眼レフみたいなかっこいいカメラやと地元の人達を撮ったりも様になると思うのよ。撮られてる方も満更でもない気になるよね。でも携帯やとどう?


なんか撮りにくい。


遠目でコソッと撮ろうと思っても外国人の女が一人で歩いてるとみんな見てくるからちっともコソッと撮れない。
結果カメラ目線…




後ろからしかコソッとできん。


小さい街なので、散策もそんなするとこない。初日にいったシャーリー要塞前のお店でお土産用に砂埃にまみれたTシャツ購入。
絶対カイロで買うよりは安いはず。




うん、もうやることない。
宿で本でも読もう。

実はアスワンからルクソールのナイル川クルーズで会ったおばあちゃん孫ペアに本を1冊もらいました。

わたしも大好きなkmpの「エジプトが好きだから」文庫版。
字が小さくて読めないからって譲ってくれました。家にデカイのあるからどうぞって。

何年か前に読んだっきりやったのでこれはうれしかった( ̄▽ ̄)
自分がエジプトに来て改めて読むとまた違った面白さが。初版は16年前なので変わってることも多いけど、シワの街のことなんかはちっとも変わってないと思う。

写真をみても同んなじ風景。


宿の兄ちゃんにも、ほれこれ16年前のシワやでって見せたらめっちゃ食いついた!

あ、この建物まだ2階までしかない!

とか、

あ、これ◯◯んちや!


みたいな。
日本語はもちろん読めんけどしばらくずっと読んでた。



そのうち友達にも説明して見せてた。




さ、そろそろバスの時間。

兄ちゃんにサヨナラしてバス乗り場へ。
途中に止めてあった、バイク。

何気なく見て…


二度見。



夜やから暗いけど…分かる?


KAWASAKI→KEWESEKI


一人でちょっと吹いたわ。

全然違うメーカーなのかもしれんけど、いやそうであってほしい。

見ただけじゃそんな面白ないねん。
口に出して読んでみ?


ケウェセキ


あ~面白かった。
05:15  |  エジプト  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.12.05 (Wed)

シワオアシス2日目

朝はダメでしたが、夜に宿の屋上に上がると昨日行った隣の隣のレストランのWi-Fiが微妙に拾えるう(^◇^)

行ったかいありだわ。


今日はレンタサイクルでシワの街を周りました。
今回の自転車はルクソールのより更にボロい。




サドルもペダルも曲がってるし、ギーギーどころか今にもバラバラになりそうな音がする。

どうか今日一日走りますように。


ちっとも役に立たない地図を持って出発。地図にない道がありすぎて大混乱。たまに人を見かけるたびに確認確認。



最初のポイント、オラクル神殿。

風化が激しくてなんだか悲しい。
昨日行ったシャーリーとの区別つかず。唯一形が残ってるのはこの門くらい。




ここからすぐ南のアメン神殿へ。
ここも…人に聞きまくり。



ここはパッと見ただのガレキの山。

1980年代に地元警察署等の建築材料として使うため爆破されてしまったんやって。今は壁がちょこっと残ってるだけ。

かつてはオラクル神殿と続いてたそうです。

壁にはわずかに当時のレリーフが残ってました。




つーか、もうここ保存する気ないよね?誰もいないし、何もないし。ただ風化を待つのみ。持って帰れるなら持って帰りたいわ。

第三ポイントはクレオパトラの鉱泉。




写真にはうまく撮れないけど、キレイな水が湧いてます。
クレオパトラもかつてこの泉で入浴したからこの名前がついたって。
夏場は観光客がプール代わりに水浴びしたりもする。



ここまで周っていったん宿に戻る。
2時間も経ってないけど。

自転車がボロ過ぎてまっすぐ走るだけでも普通の自転車の3倍疲れる。オケツも痛い。


休憩後、もう1個所は宿から6kmほど先のシワ湖に浮かぶファトナス島。夕陽に合わせて向かいました。



途中から街灯がなくなり…




トトロが出そうな道を抜け、最後は徒歩。





夕陽鑑賞用カフェもありました。



わたしが着いた時には店のおっちゃん以外誰もいなかったけど、少し後に2組夕陽を見に観光客がやって来ました。

ワンドリンク制のようで…
おっちゃんオススメのミントティーをいただきました。モロッコ以来じゃ。
最初は大っ嫌いやったけど、だんだん飲めるようになってきて、今は割りと好き。
オヤツはおっちゃんが取ってくれたナツメヤシ。これはタダ。
アラビア語でバラハ。





今日はどっぷり曇りでどうやらキレイな夕陽は無理みたい。
おまけに街灯のない道を日が落ちてから走るのはイヤなので諦めて帰ろう。

他の2組みも帰るみたいやし。
あいつら車だけどな!

ファトナス島からの眺め。



やべやべ!暗くなる前にたどり着かないと!


ほんとは明日ここシワオアシスから違うオアシスに向かいたかったけど、やっぱり移動手段がない…

仕方ないので、夜行バスでいったんカイロに戻って着いたらそのまますぐに朝発の違うバスで次の目的地に向かいます。


ま~ハードですこと!

無事乗り継げるといいな~

明日は何もしないです。
チェックアウトして、あとは屋上テラスで時間潰そうっと。
ネット使えるといいけど…

この宿共有スペースがありません。




シングル空いてなくてツイン

交渉のすえ、25LE/1泊

典型的な安宿やけど、韓国語がいっぱいあるところを見ると韓国人に人気。
つまりほぼ客はアジア人。
ツアーの勧誘とかしつこくないのは◎。

欧米人は近くのPALM TREEってとこに行くようだ。
02:33  |  エジプト  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2012.12.03 (Mon)

シワオアシス1日目

バスのエンジントラブルで2時間ほど遅れたけど砂漠の一本道を走り続けたバスは朝10時前にシワオアシスに到着。






ここに来るまで1時間おきにバスの灯りがつきトイレ&タバコ休憩。デカい声で休憩のお知らせ。

22時前に出発してから夜中1時頃まで真上のスピーカーから大音量で流れるアザーン(イスラムのお経みたいなやつ)…しかもわたしの真上のスピーカーからだけ。


全然寝れねぇわ。


そんなこんなでシワオアシス。

何軒かの宿に当たるもWi-Fiのある宿はなく…しょうがなく最初に決めてた宿へ。カイロで会ったビーナスちゃんのオススメ宿。どうやら韓国人に人気の宿みたい。

シングル空いてなくて、ダブルを一人で使う。30を25LEにしてもらった。

そうそう、バス停にはタクシーっていうかタイのトゥクトゥクみたいな親父の客引きがたくさん待ち構えてた。



宿の名前を見せ交渉したら5LEだという。他にも欧米人旅行者が3人乗り込んだ。でもとりあえず目の前にあった無駄にデカいツーリストインフォメーションで地図をもらってタクシーの値段が適性なのか聞いてみる。


そしたら、


宿すぐそこやから歩けるで。


やっぱり!あんにゃろう!


ということでタクシー断る。


歩いてもほんまにすぐやった。
あ~良かった。

とりあえず今日は徒歩圏内の2カ所を見に行った。

1つ目のシャーリー要塞。
13世紀に建てられたもので近くの塩水湖の岩塩と泥を混ぜたもので建てられてます。
残念ながら降雨のたびに風化していってるそう。砂漠やからめったに雨は降らんけど一生降らないわけじゃないもんね。





シャーリーの上からの景色はなかなか。



次はシャーリーから見えた北側にある死者の山と呼ばれるところ。

インフォメーションでもらった地図はどうも縮尺がおかしい。縮尺が統一されてねえ。ま、手書きやししゃあないのか。



この丘のまわりにはエジプト第26王朝とプトレマイオス期の墓が点在してますが、第二次世界大戦中には防空壕として使われていて破壊されてるところも多い。






お墓の中がキレイに残っているのは4カ所。25LE払って鍵開けてもらって入りましたがまたしても写真NG。
ジーッと入り口で待たれるのでゆっくり浸れない。

4カ所みたら鍵係りのおっちゃんはさっさと退散。あとは好きにしろと。


上まで登ってみて気づいた。
ああ…ここでわたしの写真撮って欲しかった…


そこでチケット売りのおっちゃんがいるとこまで戻り、寝てたおっちゃんをたたき起こす。
チップってどうせ言われるから先に5LE渡して一緒に山登ってもらった。
めちゃイヤそうやったけど、知らんぷり。

そうまでして撮ってもらった1枚。



ちょっとわたしの指定よりズレてるけど、許容範囲。良しとしよう。


何せ人がいねえ。
観光客もゼロ。

インフォメーションの親父によると2年前までシワオアシスには毎日たくさんの観光客が来てたんやって。ホテルもしょっちゅう満室やったのに革命以降は激減…とくに日本人観光客はいまだに少ないまま。

やから最近はアジア人が歩いてると中国人か韓国人やと思われてまず、ニーハオ、無視するとアニョハセヨ、最後に…もしかして…ジャパン?みたいになる。


あれ、なんかこれ書いたな。
まいっか。

今夜はWi-Fiあるレストランでご飯食べました。大金払って。

宿の隣やからあわよくばシグナル拾えないかな?パスワードはGETしたし。

無理か…弱いし遅いし。


明日は自転車借りて街を回るぞ!
砂漠ツアーは高いからここでは行かないの~。
19:23  |  エジプト  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.12.03 (Mon)

カイロ→シワオアシス

移動は夜行バスなので、チェックアウトしてからもずっと宿の共有エリアで時間潰し。何日かネットなさそうやし。

昼間ちょこっと食料と水の調達に出て、ついでにいつものゲキ旨マンゴーアイスを食べ、甘甘パンを買い、コシャリをテイクアウト。


そしてとうとう見つけてしまった…


エジプトに来てからずっと狙ってたモノ。

借りて読んだガイドブックには80~100LE。ルクソールの店では75LE、カイロの店で50LEを見つけた時に買いそうになったのを踏みとどまり…


そして、ようやく…


10LE(約130円)発見!


路上で砂埃にさらされてたし、デザイン一緒でも値段に差があるということはクオリティは低いんでしょうが、そんなんいいんです。

ジャジャーン!





アラビア語の時計!

数字はほぼ覚えたんやけど、これでいざというときボラれないかも。
アラビア語メニューと、英語メニューで値段違うときあるからさ。

数字分かるんやで!っていうアピールになれば。130円くらいやし万が一すぐ壊れても諦めがつく。

てか、日本から持ってきた時計もうダメだな。
昨年くらいから電池替えても替えても半年持たずに画面消えちゃう。

気に入ってたから捨てるのはやだし、交渉に使うかとも考えたけど、さすがに1万円した時計と交換する価値のあるもんには出会わないやろうし。

とりあえず次、日本に送り返そう。


なのでこれからはこのアラビア語時計が相棒です。
何日もつかな♪( ´θ`)ノ
02:58  |  エジプト  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2012.12.01 (Sat)

再カイロ1日目&2日目

ルクソールからまたもや12時間かけて21時頃カイロに戻って来ました。

カイロ中央駅。出発時にはなかったはずのピラミッドのオブジェがありました。




宿は前回と同じAussie hostel。

予約はしてなかったけどベッド空いてたので同じベッドにチェックイン。

前回1泊25LEやったのに30やと言う。
ええ?って言ったら12月はハイシーズンやからとのこと。

でも今回はリピート割りということで25LE(約340円)になりました。30ならここ泊まる意味ねえし。

今回は蚊対策に虫除けスプレーを買ってからチェックインしました。
この日は寝るだけで終了。

翌朝、洗濯したあと長距離バスステーションへ。

宿から歩いて15分くらいのトルゴマーンバスステーション。



ここで明日向かうSiwa Oasisへのチケットを、買いました。

バスはWEST&MID DELTA社。
料金は75LE(約1000円)でした。



シワオアシスまでは約10時間。

明日21:45発の夜行バスです。
前回この宿で会った台湾人のビーナスちゃんがゲキ押しのシワオアシス。
どんなとこか楽しみです。

Wi-Fiあるんかな?なかったらまた4~5日更新が途絶えます。ご心配なく。


シワオアシスから違うオアシスと砂漠を経由してカイロまで戻ってくる予定。
次のオアシスまで公共の乗り物がないのでうまく仲間を見つけて車をチャーターせねばなりません。一人やと高額になるので。

バスのチケットの後は世界一周券の変更をしようと発券先であるJALの委託会社へ。


…向かったのですがそれらしい会社は閉まってました…


ええ…( ;´Д`)電話するしかないのか…
ここからやとイギリスオフィスかな…
直接相談しながらやりたかったのに~


よし、とりあえずフルーツジュース屋さんでゲキ旨濃厚マンゴージュース飲んで、



これで3LE約40円です。
ポリタンクからドローって注がれます。



実もいっぱいでとにかく旨い。
冷えてます。

さらに前回書いたこれまたゲキ旨のマンゴーアイスを食べ、宿前のサンドイッチ屋台で地元人と同じものをオーダー。同じの!ってジェスチャーすれば伝わるから楽。



マヨを追加してもらったハムサンド&玉子サンドなぜかキュウリ付き。
これで6LE(約81円)。

宿で今後のやることリストでも作ろう。行く場所もどうせなら再考じゃ!
22:43  |  エジプト  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |