--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.09.10 (Mon)

エッサウィラにいます。

マラケシュからバスで西に3時間弱。

港町エッサウィラにやってきました。



漁師さんの捨てる魚の切れ端を狙って集まってくるカモメがハンパないっ!
フンが落ちて来ないかとヒヤヒヤする。しかも人に慣れてるのか逃げもしねぇ(~_~;)ハエもいっぱい。







この街、宿のWiFiが壊れてるのに加えてモロッコの携帯の電波も入らないという驚きの場所。時々は電波入るんやけども。なんのために現地のSIMカード買ったのやら。城壁の外に出て3G拾えるまで太陽の下をウロウロ。
てか、3G回線て昔の壁ごときに阻まれるもんなのか…上は開いてんのに。



この街は16世紀初めにポルトガル人によって支配され、大西洋沿岸に要塞が築かれました。城壁の上には塔が立ち、その北側と南側に大砲の攻防に備え、円形や四角形の見張り台が建てられてます。





今ではそこは海や旧市街を眺める展望台となっていて、観光用に大砲が並んでました。







エッサウィラの街は小さくて、1日あれば街中見れてしまう感じ。お店が並ぶスークもマラケシュと違って迷路になってないので、迷うことも無し。



大量のミント!モロッコ人はミントティーが大好きです。





ここで3泊するんですが、すでに明日行くとこが無い。ビーチあるけど水着ないし、そもそも一人でビーチって寒過ぎるでしょ。



アーティストが集まる街としても有名らしく、ギャラリーみたいなのもたくさんあります。マラケシュみたいに客引きがないと聞いていたけど、普通にありました。マラケシュほどではないけども。わたしが日本人やからなのかもしれません。

あ、まだもっと有名なものがあった。

それはアルガンオイル!と寄木細工。

アルガンの木はモロッコ南西部にしか生えてなくて、ここ、エッサウィラ近郊は数少ないアルガンツリーの生育地。100kgの実から1Lしか取れないそう。純度によって金額はピンキリですが、なんとかいいの見つけたいところ。

寄木細工もすごいんやけど、写真撮ると金取られるからなかなか撮れない…。店の真ん前に人がいるから隠し撮りしにくいのよね…

てもこれだけは撮った。怖くない?



なんでこの吊り方になっちゃったのかなぁ…

よし、明日はアルガンオイル製造所まで遠出するかな。欲しい人!送りますよ~。わたくし、予算は上限3000円を考えております。

石鹸とかハンドクリームとかオイル入りの何かなら安いだろね。
純正手絞りオイルっていくらするのか…スークの店舗で1000円くらいのが売ってますが、クオリティが分からん。明日工房探して比べてみます。
22:54  |  モロッコ  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

Comment

You already moved to Morrocco?

Scary, about the Baby dolls. lol 日本語打たないと書き込めないてどういうこと?
SAE |  2012.09.16(日) 21:04 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://theworldaroundme.blog.fc2.com/tb.php/130-32b6e812

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。