--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.11.05 (Mon)

イスタンブール1日目

今回は写真少ないです。


前夜予定より30分遅れて20:30に出たバスは、12時間以上かかってようやく朝の9時過ぎにイスタンブールのオトガル(長距離バスステーション)に到着。

予定ではそこからバスで宿の近くまで行けるはずやったのですが、何か交通に問題発生らしくバスが行かない事態に。

どうすっかとやや困ったけどどうやら行き先が同じ旅人がかなりいるもよう。
しめしめ、これならどうにかなるなと様子を伺いつつ、周りから情報収集。
どうやら、ここからミニバスに乗り、すぐそこの地下鉄駅まで行き、地下鉄とバスを乗り継いだら何とかなるみたい。

デカいスーツケース持った相棒Uさんとなんとかミニバスに乗り込んで地下鉄駅へ。電車に乗ると、さっきミニバスに乗るときスーツケース乗せるの手伝ってくれたお兄さんも一緒。このお兄さんわたしたちの行きたい場所までの行き方も聞いてくれてなにかと親切にしてくれる。

駅に到着して、ここからまたバス。
ていってもバスだらけでどれに乗るのかサッパリ。ここでも先ほどのお兄さんがバスのドライバーに聞いてくれる。このお兄さんもわたしたちと同じ場所に行くんやって。

バスを発見し、乗り込むもわたしたちはまだ切符を持ってない。
いくらなのか、ドライバーから買えるのか聞いてるうちにバスは出発。どうやらまたお兄さんが先に払ってくれたみたい。

ありがとう、着いたら払うね~っと目で合図しといた。

ようやく目的地に到着してバスを降りたあとお兄さんにバス代を払おうとしたけど受け取ってくれない。
ここまで助けてもらってさすがにそれはイカンとわたしらもお願いしたけど結局お金は受け取ってもらえなかった。

笑顔で去っていくお兄さん…


なんていい人やったんや…
これも相棒の女子力が高いおかげかな。わたし1人のとき、こんなみんな助けてくれないよ?

たどり着いたのはタクシムTAKSIMという場所。駅やバスの発着も多い新市街ど真ん中。ここから宿へは難なく到着。

予約は12ベッドの男女ミックスドミトリーやったんですが、ここでも相棒の女子力パワー炸裂。悩殺された宿の親父はもう少しいい部屋(4ベッドのドミトリー)へ移ることを提案。相棒も部屋を見てそれを承諾。少し追加料金になるとのことやったので、わたしは辞退。

相棒が部屋の見学をしてる間、宿の親父はわたしにずっと聞いてくる。

「何故友達なのに違う部屋に泊まるんだ」と。

もちろん、答えは「金がないから」

同じ宿やし、部屋が違うくらいたいしたことじゃないと思うんやけど。

それでもずっと、友達なのにそれは良くないと延々と言ってくる。

もう大丈夫やって!

わたしはまだこれから旅が長いからお金節約せにゃならんの、と説明するとなんと追加料金無しで相棒と同じ部屋にしてくれるとのこと!

相棒は追加料金を払ったのでこれじゃ彼女は怒るかと親父は心配したけど、相棒は怒りませんでした。


おお、心広いな。


めでたく2人で4ベッドルームにチェックインしたのでした。

荷物を部屋に置いて、でもまだ昼前なので当然出かけます。疲れは若干あるので遠出はしないけど。

宿近くのメインストリートを歩いて一駅先まで行くつもりが駅を見逃し通り過ぎた先に観光スポットのひとつガラタ塔。



登るとイスタンブールを見渡せると評判ですが、登りませんでした。

ここまで来て駅を通り過ぎていることに気づいたので来た道を戻る。そして駅を発見、地下鉄に乗り込み2駅先に向かいます。ここは始発駅なので乗る電車にも困らない。そして、2つ先にはガイドブックに載ってるナチュラルコスメのお店がある!

と、ここでおかしなことが。
乗った駅から2駅先にいくはずが2駅目に着いた駅はさっき電車に乗り込んだ始発駅。


!?!?

何が起こったのでしょう?
ガイドブックで路線図を見てもやっぱり2つ先が目指す駅。

当然降りるわけにいかずそのまま席に居座る。
と、ここでわたしたちが終点に着いてるのに降りないことに気付いた可愛いトルコ人ガールが、


「あなたたち、どこに行きたいの?」


そんなこと、わたしらも聞きたい。何で戻ってんの?


かわい子ちゃんが言うには次の駅で乗り換えが必要とのこと。つまり今乗ってる電車は2つの駅の1区間だけを行ったり来たりしてるってこと。


それ、必要ですか?

言われた通り、次の駅で向かいのホームに移動して乗ったらちゃんと着きました。やっぱ何か無駄な気すんだけど…


さて、2件のコスメ屋さんをはしごしました。わたしが買ったのはこの2つ。

箱を捨ててしまったので、成分とかは分かんないけど(どのみちトルコ語ですが)、このオイルを塗るとまつ毛と眉毛がバッサバサになるとか。

店員さんに一ヶ月後には君のまつ毛はもっと長くなってるよ!と言われたので一ヶ月後が楽しみです。

そして2件目で買ったのはハンドクリーム。このブランドトルコではメジャーみたい。





相棒Uさんは他にも何点か買ってたけど、わたしはこの2種類だけ。ハンドクリームは日本にもお土産に送るぜいっ!

そして、晩ご飯。
自分で、選んだものを盛ってもらって最後に支払う"ザ・めしや"方式。
ちょい高めでしたが野菜も取れて満足のご飯。



この味付けご飯が激ウマなんです。
ホントはご飯だけでもいいくらい。

そんなこんなでイスタンブール初日終了。文章ばっかになりましたがお付き合いありがとうございました。


<宿情報>

Chambers of the Boheme Hostel

12ベッドミックスドミ 8€/1泊
4ベッドミックスドミ 15€/1泊

この4ベッドルームをUさんは11€に。わたしは8€のままにしてもらったのです。でも電源が部屋に1箇所しか見つからなかったです。

タクシム駅からも近い便利な場所でした♪( ´θ`)ノ





23:08  |  トルコ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://theworldaroundme.blog.fc2.com/tb.php/186-9d263b5e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。