--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.02.05 (Tue)

チレチコ→プエルト・トランキーロ

さあ、思いがけず成功したヒッチハイク。

拾ってくれた優しいおっちゃんはミルトンさん。4人の子持ちだ。





スペイン語で色々話しかけてくれるも一切分からず。
でもジェスチャーで何とかなるのもたくさん。どうしてものときは書いてもらう。そして調べる。

ブエノスアイレスでもらった指差し会話帳miniがここで大活躍!
おっちゃんの質問はわかんないけどわたしから自分のことを伝えることはちょっとできる!

会話が弾むことはないけど、終始無言てこともなくトレーラーは進む。


ていうか、チレチコからの景色が!

絶景過ぎ。

とくにわたしの座ってる助手席側!進行方向右側にはずーっと真っ青な湖。
アルゼンチンとチリにまたがるヘネラル・カレーラ湖(チリ側名)。目指すトランキーロは湖をぐるっと回った向こう側。日本なら即「○○大橋」作るんやろな。












しかし、自然のままのこちらは想像以上のアップダウンの激しい道。舗装もされてない。細いし狭いしくねくね…。
スピード出したら即崖から真っ逆さまよ、これ。

デカいトレーラーなので普通車よりゆっくり進むけど、よく曲がれるなこんなとこってコーナーもいっぱいでスリリング。

しかも驚くのはこんな山道なのに自転車ライダーと5人くらいすれ違った!チャリダーすげえな。体力ハンパないぜ、あれ。
たしかにいいカラダしてましたわ。

チャリだけじゃなく馬の人も。



自分の小腹が空いたのでおっちゃんにお礼もかねてクッキーとバナナ1本おすそ分けしたら逆にブドウとチョコもらってしまった。



途中の崖で花が備えられてるとこがあって「ここで3人女性が転落して死んだ」とかいらん情報くれたり、停車して自生してる食べられる実をもいでくれたり。



そんでこれ食べたら舌が真紫になんねんでと二人で見せてゲラゲラ笑ったり。

あとはひたすら景色を堪能。
水のある景色ってやっぱいいな。


5時間くらい進んだとこで山道に工事現場が出現。ここで積んでた重機を下ろす。中で待ってるとミルトンさんが

「トイレもあるから行っとくかい?」

と教えてくれた。
いや今そんなめちゃトイレ行きたいわけじゃないけどこの時点ではあとどのくらいか分からんかったので行っとくことに。


そこにあったのはよく工事現場にある溜める式の簡易トイレ。土日は仕事が休みらしく昨日のうちにキレイに掃除されてた。臭くもない。


でも考えた。今ここでわたしが用をたしたら2日間わたしのしたやつだけがここに残るわけで。
月曜日仕事に来た人たちはどう思う!?金曜日キレイにしたのに!ってなるよね?しかも2日放置…



できねえよ…_| ̄|○


でもトイレをいったん見てしまうと何となくしたくなるのが人間。
結局丘をちょっと登って草むらで野ショ○△@#&+%☆□!!


失礼。


そんなこんなで5時間半ほどでプエルト・トランキーロ到着!
最大級にお礼を言ってお別れ。
ミルトンさんはまた明日チレチコまで戻るんだそう。あの山道また行くのか…。


こうしてトランキーロまで今日中に着いた!到着は19時半着くらい。まだまだ明るい。
着いてすぐ翌日のツアーを申し込み、宿探し。ちっさい何もないとこやけど、キャンプしにくる人も多いのか宿は何軒かある。

4軒ほど回ったけど7000チリペソ(約1360円)を切る宿がないので仕方なく7000チリペソで泊まることに。
スーパーって感じのとこもなく商店な感じの店が2~3件。
街っていうより村。

ここに来た目的は明日行く場所。

ほんまにチレチコで無駄な2泊しなくてすんで良かった。多分最低20000チリペソは(約4000円)浮いたね。だってここからチレチコまでのミニバスの料金が12000チリペソらしいから。宿代も2泊分無駄にならんかったし。


ミルトンさん、ほんとうにありがとうございました。


<宿情報>

HOSPEDAJE La Paz

朝食無し7000チリペソ/1泊
朝食有り9000チリペソ/1泊

わたしが泊まったのは3ベッドドミ。

WiFiは壊れてるらしい。直す気は多分ない。
英語はほとんど通じない。時々お客さんが通訳してくれた。あとはスペイン語の単語のみで何とかする。

掃除はよくされててキレイ。
電源は部屋に2個。
狭いけど特に不便はなかったな…
家族経営っぽい。

キッチン有り。でも食材を買うスーパーがない。あくまで商店クラス。

Hospedajeとは民宿のことらしい。
チリはこのタイプが主流?




09:33  |  チリ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://theworldaroundme.blog.fc2.com/tb.php/267-53dbaba0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。