2013.02.19 (Tue)

イグアスの滝!

行って来たよ来たよ~っ!

ブエノスアイレスからバスで18時間。
15時に出たバスは予定より少しだけ遅れて翌日10時過ぎにプエルト・イグアスのバスターミナルに到着。

写真忘れたけど今回乗ったのはTigre Iguazuという会社のバス。何件か聞いた中では一番安かったので。
料金は往復で1060ペソ。正規レートやと2万円くらい。

高過ぎよね。

アルゼンチンはほんまに交通費が高い。チケット買った日の闇レートやと13600円くらいか。


プエルト・イグアスの街からは路線バスに乗り換えてイグアス国立公園の入口まで20分。料金片道30ペソ。


そして国立公園への入園料130ペソを払って中へ。
0泊3日の弾丸なのでイグアス国立公園に居られる時間はわずか4時間。
ブラジル側は諦めアルゼンチン側にしぼって駆け足観光!

目的はもちろん「悪魔の喉笛」。

と、滝に突っ込むボートツアー!


まずはボートツアーを申し込み。
料金150ペソ。

乗り場まで公園内を1時間半ほどトレッキング。メインの悪魔の喉笛以外にも滝はたくさんあって上から下から眺めることができます。

水しぶきもけっこうすごい。


広い。

そして暑い。














途中こんなんがたくさん。







ボートの写真は今ない。
濡れるからiPhone封印してたので。
防水デジカメ久々に出動させたけど濡れるどころの話ではなくて。

写ってるのかも怪しいわ。


水着なんか着てないわたしは乾きやすい服を選んだものの一回川に飛び込んだかのこごとくズブ濡れ。

このまままたバスで18時間かけて帰るのに( ;´Д`)

ま、暑いから乾くっしょ。


ボートで滝に突っ込んだあと、急いで悪魔の喉笛へ向かう。
途中までは列車。

駅からは川の上の1100mの遊歩道を服を絞りながら歩く。




そしてすごい水煙が見えてきて、




悪魔の喉笛がドドーンっ!








滝つぼなんか水煙でまったく見えん!


ものすごい迫力でした。
前夜に降った雨のおかげか水量もたっぷり。しばらくマイナスイオンに浸りたかったけどわたしには時間がない。


小走りで悪魔の喉笛に別れを告げ、一路帰り道へ!
ここからバス乗り場まで列車と歩きで1時間!

なんとか目当てのバスに乗り、ターミナルまで戻り16:15発でブエノスアイレスへ帰る。


もう少し出発遅いバスにできんかったのかって?


それやとさらに高いんやも~ん。

帰りは20時間。
翌12時にブエノスアイレスに戻って0泊3日のイグアスの滝観光は終了。

ん?ああ、服ね。
外側のワンピースと髪の毛は完全に乾いてた。

下に着てたタンクトップとパンツは生乾き。
ズボンはぬいでたので無事。


まあ、つまり中だけ湿ったままバス乗った。

ほら、汗は滝でいったん流したし!



臭かったかな?わたし。
14:01  |  アルゼンチン  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

Comment

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
わかりやすい株 |  2013.06.14(金) 11:19 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://theworldaroundme.blog.fc2.com/tb.php/276-6da88d31

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |