--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.02.28 (Thu)

ラパス→ウユニ

まずバスから。

ツーリスト専用やという高級バス会社TODO TURISMO。ツーリストだけなので盗難等の危険が少ないらしい。
料金は230ボリ(約3000円)。ローカルバスの倍はします。

ラグジュアリーなシート、あったかい食事等のポスターを掲げておきながらたいしたことなかった。

噂ではしょぼいバスとラグジュアリーなバスと代わる代わる使ってるとか。
わたしは運がなかったみたい。


ラパスからウユニへの道は後半未舗装のガタガタ道。まー揺れること揺れること。

なにはともあれ、21時過ぎにラパスを出発したバスは11時間後無事にウユニの町に到着。




とりあえず宿も決まり、あとは仲間を探さなくては。
ここウユニの町からウユニ塩湖に行くにはツアーか車をチャーターかになる。

チャーターの方が時間や場所に融通がきくので日本人にはチャーターが人気。しかし一人でチャーターするわけにはいかん。高過ぎるからね。


ウユニ塩湖へのツアーをやってるエージェントは80近くある。少人数のグループはそこで仲間を募集したりする。張り紙で「あと何人必要です!」みたいに。



そしてわたしはツいてる。



宿には他に4人の日本人がいた。
とりあえずその人たちに混ぜてもらうことに。


5人になったわたしたちは日本人がよく利用するエージェント、Hodaka Mountain Expeditionへ。穂高と日本名やけど日本人スタッフはいないし、もちろん日本語も通じません。


チャーターするには7人必要。1台当たりの金額が10000ボリ。がんばれば8人乗れるらしい。


あと2人探さなくちゃね、と話しながらホダカに着くとなんと5人募集してる人が!


あっさり7人パーティになりました。


ウユニ塩湖の絶景は朝日、昼間、夕焼け、星空と4パターン。


この日、他にも仲間が集まり早速15時からのサンセットツアー、そして早朝3時からのサンライズツアーといっきに行くことに。



ん?寝る時間ある…?


15時からのが終わるのが21時。

3時からのは9時まで。


う~ん、ハードスケジュール。
でもま、いっか。


問題は町全体が停電してること。


シャワー浴びれない!


聞けば昨晩から続いてるそう。
水は出るのでトイレとかは大丈夫やけど。

そしてまず15時に7人でランドクルーザーをチャーターし、早速ウユニ塩湖へ!

町からは1時間くらい。
日本人が見たいのは水の張った塩湖。
欧米人は水の干上がった真っ白な塩の大地が好みらしい。


塩湖には水のないとことあるとこがあるのでドライバーさんは水のあるとこまで連れてってくれる。

これがウユニの鏡張り!








もうね、大はしゃぎですわ。


だって見たことないもの、こんな景色。

真っ白な塩の大地に張った水に空が映り込むので空と大地の境界線がなくなって、ここは天国ですか?な風景が出来上がる。


ここで夕日を待つ。


鏡張りを美しく見るための条件は、

晴れていて風がないこと。

惜しくも夕方から曇りだし風が出てきて夕日の頃には暴風。こうなると浅い水面は波立ってしまって鏡ではなくなってしまう。



それでも美しいことには変わりないんやけども。
そして、夕日…あれが出来るんでは?





◯~め~◯~め~波~っ!


うん、ちょっと足間違ってるわ。


あと、日が沈むと寒いいいぃぃっ!


かさばるダウンを持ってきてほんまによかった。


サンセットツアーは完全に日が落ちて夜空になるまでやけど、曇ってて星も見えんし、寒くて全員車に避難。

そしていったん宿に帰る。


停電は続いてた。


もうフテ寝。


3時間ほど仮眠じゃ。


<宿情報>

RESIDENCIAL WARA DEL SALAR

アドレス: Calle Bolivar 84

ダブル40ボリ/1泊


キッチン有り、WiFiなし。

サンセットツアーから帰ると正面入口には鍵。ピンポン攻撃したけど開けてくれるまでだいぶかかった。

ベッドが快適♪

お湯シャワーは停電で使えず。
1階にはレストラン。



22:12  |  ボリビア  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

Comment

美しすぎる(>_<)

何?塩湖?凄いな…(゜〇゜;)
そりゃこんな風景見せられたらテンション上がるわ
写真がこんだけ綺麗に見えるんやから
生で見たらもっとなんやろうなー
アイルー |  2013.03.03(日) 13:01 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://theworldaroundme.blog.fc2.com/tb.php/281-227a1832

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。