--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.04.12 (Fri)

メリダ→ウシュマル→カンペチェ

ふう。

3日サボったからその分取り戻~す!


3日間お世話になったダレリさん。
最後の夜はパスタ作ってくれました。



ほんとありがとうございました。


朝おうちを出て再びバスターミナルへ。行き先はウシュマル。

メリダからSUR社の2等バスで1時間半ほど。バス代47ペソ。

バス降りて少し歩く。






チチェン・イツァと同じユカタン州の森の中にマヤ遺跡として重要な遺跡の一つである「ウシュマル遺跡」がある。7世紀初頭に栄えたこの遺跡は「プーク様式」と呼ばれとります。

プーク様式の特徴は、建築物の壁一面に彫刻を施した石を組み合わせて、複雑なモザイク(幾何学模様)や蛇などのモチーフで過剰に思えるほどに装飾しているところだそう。


ウシュマル遺跡も広大なジャングルの中に「魔法使いのピラミッド」や「尼僧院」、「総督の館」、「大ピラミッド」などと呼ばれる遺跡たちがドドドンとあります。


バックパックを預けてメインゲートを入るとこれまた早速メインの魔法使いのピラミッドがお出迎え。






高さ36.5メートルの巨大なピラミッドは側壁部が丸みを帯びた珍しい形のピラミッド。

小人が魔法で一夜のうちに造ったというマヤの伝説から、「小人のピラミッド」とも言われている。 
地球の◯◯方によると実際は300年くらいかかって作られたらしい。


頂上には緻密なモザイクで埋め尽くされた神殿があるけどここも上れず…


「尼僧院」
と言われてるけど実際の用途は不明。








球技場を抜けて、





「総督の館」へ。
これも何となく偉い人の家じゃね?って思われてるだけで実際は分からん。



そして総督んちの北西にある亀の家。





亀がいっぱいついてるの。


さあ唯一登れる大ピラミッドへ。



ここから見るとジャングルの中にあるってのがよく分かる。




うん、写真失敗。ジャングル感ゼロやん…



そして遺跡を後にしてウシュマルからカンペチェ行のバスに乗る。


メリダ→ウシュマル→カンペチェのルートは旅行者によく利用されるのかバスの時間を聞くと教えてくれた。



13:20を逃すとマズイな。
ま、余裕でしたが。


ほぼ時間通りにバスは来てドライバーに107ペソ払い、3時間半弱でカンペチェ到着。

この街で一泊。


観光する時間はほぼ無し。
明日の移動のバスチケット買いに行って宿の近場だけ散策。







何かアートな街ですな。




メインスクエアにあるカテドラル。
メリダのとそっくり。

夜はキレイ。





<宿情報>

Monkey hostel

ソカロからすぐ。地球◯◯き方にも掲載。

6ベッドドミ 100ペソ/1泊

WiFi、キッチン、タオル付き。
暑くて死ぬなこの宿、って思ってたら夜エアコンついてた!

どうせ飾りやろうと諦めてただけに感動もひとしお。


マイナスポイントはバスルームが1つしかないことと電源が少ないこと。部屋に1つしかない!



15:25  |  メキシコ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

これは!!!

翼はえたやつ、マダオの「飛翔」ですか?
Kumi |  2013.04.12(金) 16:43 | URL |  【編集】

最後の建物、めっちゃ綺麗やん!
あんな家に住みたいな(`∀´)
妹 |  2013.04.12(金) 18:11 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://theworldaroundme.blog.fc2.com/tb.php/315-94f5e6f4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。