--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2017.03.21 (Tue)

マンダレー②

朝8:30出発~!
  
 
今日は盛りだくさん。なんせおじさんレンタルしてますから。
 
まずは宿の屋上で朝食。
 
なんと卵は自分で調理するスタイル。
 

 
あとはトースト、フルーツ、コーヒー、紅茶の定番スタイル。
 
 
朝は涼しいので屋上が気持ちいい。
 
  
そして今日レンタルしたおじさん。
 
サイドカーですよ。
    

  
 
お客がいないときはほぼ宿の前にいた。いつ外に出てもいた。
  
この宿に泊まってる人に声をかけて商売してるんでしょう。
  
 
マンダレー観光コースはざっくりインサイドプランとアウトサイドプランがあるみたい。
  
しかし、どっちのプランにも行きたいところと興味ないところがあるので、交渉して行きたいとこだけ連れてってもらうことにした。
  
もちろん時間の都合でそれ以外のとこもいっぱい寄るけどね。
 
わたしの希望場所は
  
①托鉢
②サガインヒルのなんか仏像並んでるとこ
③ウーベイン橋の夕陽
  
以上。
 
この①と③の時間が決まっているのだ。
 
なのでそれに合わせて前後は適当に連れてってもらうことにする。
 
 
最初はマハムニーパゴダ。
  
ミャンマーでも最大規模らしい。
  

 
信者の人が仏像にどんどん金箔貼ってます。
 
なので仏像がブツブツしててちょっと気持ち悪い~(ーー;) 
  
でも男性しか触れられないので女性はここまで。
  

  
鐘ついてた小坊主さんがかわい過ぎでしょ。
 
ミャンマーの人は写真撮っていいですか?って聞くとみんないいよって笑顔になってくれるのでホンマに嬉しい。
 
 
あ、この子は笑顔ちゃうけど、そばにいたご両親は笑顔でどうぞ撮ってって言ってくれた。
  
 
そしてなんとこの寺院…
 

 
通信会社からフリーWi-Fiが寄付されてるww
 
  
こういう寄付もあるのねぇ。
 
 
旅行者にはありがたいです。
  
 
ここでわさわざネットするかどうかは別として。
 
あとは定番の工芸品の工房兼土産物屋やら連れて行かれて…
  
 
一つ目の目的、托鉢を見にアマラプラという町にあるマハガンダー僧院へ! 
 
 
国内最大級、最高位の僧院のひとつだそうです。 
 
ここで修行するお坊さんたちが町で托鉢を終えて戻ってきたところを見るために観光客が押し寄せます。
  
 
托鉢とは、
 
仏教やジャイナ教を含む古代インド宗教の出家者の修行形態の1つで、信者の家々を巡り、生活に必要な最低限の食糧などを乞う(門付け)街を歩きながら(連行)又は街の辻に立つ(辻立ち)ことにより、信者に功徳を積ませる修行。
  
by ウィキペディア
  
 
僧院に修行僧の人たちが帰ってきました。
  
観光客も鉢の上にお金や数珠などを置いてく人多数。
  

 

 
 
持ち帰った食料はこのあと僧院で平等に分けられてみんなで食べるんだそうです。
  
  
この若い修行僧さんたちを見てると…
  
  
みなさん、いい身体してらっしゃる。
 
細身ではなく女子の好きな細マッチョの人がほとんど。
 
眼福です。
 
 
さて、托鉢は見た。
 
お次は…
  
 
おじさんに任せてインワという地区へ。
 
 
ここもパゴダ巡りになってしまうけど、今までのとこと違ってキンキラしてない、古い姿のままのパゴダと、ミャンマーのイメージ通りの田舎道が続く町でした。
  

 
 
 
真っ白とか金ピカとかのパゴダばっかりやったので、こういう歴史を感じる建物はなんか落ち着くねぇぇ
 
 
そして昼も過ぎ、
 
「お腹空いた!ランチ食べられるとこ連れてって」と、頼んでから早1時間経過…
 
わたくし:「ランチ! 」「ハングリー!」
 
おじさん:「YES、YES。」
 
これの繰り返し…全然通じてない…
 
 
そして②番目の希望地、サガイン地区へ。
 
サガインでは丘(hill)の上のパゴダを見たいので体力回復のためにもサガインヒルに登る前にランチしたかったのに。
  
 
結局どこにも寄ってもらえないまま 
 
 
サガインヒルの登り口へ。
 

  
 
腹ペコで登るの~…_| ̄|○
  
おじさんは上でなんか食えば、みたいなこと言ってる。
 
周りになんもないのでシブシブ登る。
 
おじさんはわたしがどっか見る間は外でずっと待機。一緒についてきて解説とかは一切ない。
 
 
そもそもわたしの英語は伝わっているのかも疑問。
 
20分くらいかかって汗だくで登った。
 
 
とりあえず、塩分補給したいし、お腹も空いてるので上がってすぐにあった休憩場所みたいなとこでひと休み。
 
 
サラダ何品かあるらしいので、トマトサラダ頼みました。
 

 
ミャンマーのサラダはどれもお気に入り~ 
なんかクリーミー。胡麻ドレみたいな味。
 
ピーナッツかな?ナッツ好きじゃないのにこの味は好きだ。何故だろ?
 
バガンで食べたジンジャーサラダも美味しかったしな~
 
 
冷たいポカリも飲んだし、回復したのでパゴダ見ましょう。 
  
ここには事前に調べておいた翡翠色の場所にズラーっと仏像が並ぶのを見にきたのじゃ。
 
  
なのに何周まわってもそんなとこない。
  
景色はいいけど。
  

 
仏像もあるけど。
  

 
 
違う。
 
わたしが見たかったのはコレジャナイ。
  

 
美猫いた。
  
 
聞き込みをすると、どうやらわたしが見たいのはさらに上へ徒歩20分くらいのとこにあるそう。
  
 
うええぇ…あのバイクジジイそんなこと言ってなかったのにぃ。
  
 
一番暑い時間にまた炎天下登るのか…と一応はそっちに向かって外に出てみる。
  
 

 
 
あ、こっちには食べ物屋台もあるやん。
 
そして目の前にはピックアップ!
 
  
乗ったら行けんじゃね⁉︎⁉︎
 
 
近づくと一人のミャンマー人お姉さんが声かけてくれた。
  
  
英語も通じる!
 
   
そしてこのピックアップで一緒に行こう~って乗せてくれました!
  

 
この緑マダムとわたしが同い年ということが判明し、盛り上がる。
 
わたしの方がだいぶ若く見えるようで、彼女は他の仲間にイジリ倒されてました。
  
 
国内旅行中みたい。東京から京都来た、みたいな?いやむしろこの人たちのノリは関西系。
 
大阪から名古屋に来ました、くらいな感じ?
  
 
女子会さながらの盛り上がりで5分もかからず目的地到着。
 
 
ゾロゾロとミャンマー人マダム達と一緒に見てまわって…
 

 
 

  
 
これを見てサガインヒル、終了。
 
 
同じピックアップでさっきの場所に戻れると思いきや、彼女たちはこれから違う観光地へ移動するとのことなので、ここでお別れになりました。 
  
一緒に行こう!って誘ってもらったけど、わたしおじさんが下で待ってるし…
  
 
ということで、さっきの場所までそこにいたバイクの兄ちゃんにブイイーンと送ってもらいました。
  
そしてまた階段を降りて降りて…
  
結局3時間近くサガインヒルにいたな。 
  
おじさん待ちくたびれてんだろな。
   
 
夕焼けにはまだ早いので、ロンジー(巻きスカート)ショップとか土産物屋を何軒か経由して…
  
 
ウーベイン橋到着。
 
最終目的地。
  
 
   

  
ウーベイン橋。
   
 《U Bein Bridge》ミャンマー中部の町アマラプラのタウンタマン湖にかかる橋。19世紀半ば、インワからアマラプラへの遷都の際に、インワの旧王宮から運んだチーク材のみで建造。全長約1200メートル。チーク材を用いた木造橋としては最長最古の橋として知られる。
  
byネット情報
  
向こう岸まで渡ろうかと思ってたけどすごい人多いし、全然かっちょいい写真撮れないので半分くらいで引き返して橋の下の河川敷をブラブラしながら夕陽を待つ。
  

  
 フムフム、悪くないじゃない^ ^
 
 
これにておじさん1日レンタル終了。
 
  
  
17:36  |  ミャンマー  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://theworldaroundme.blog.fc2.com/tb.php/374-8a6a59d3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。