2017.03.30 (Thu)

ヤンゴン→バンコク→そして、

経由のために戻ったヤンゴン、バンコクはとくにこれといって観光したわけではないのでまとめてみた。
  
朝戻ったヤンゴン。
 
わたしは翌日の昼前、ひー君は深夜の飛行機でそれぞれバンコク、日本へ飛びます。
 
なので帰ったこの日はとくに一緒にどっかいくでもなく…
 
 
寝てるひー君を置いて わたしはまたちょっとした土産でも見に前回下見しといた大きなマーケット、ボージョー・アウン=サンマーケットへ。
 
しかし買うものは無かったのであった…
 
ちまちま買ってたからなー
 
前回下見にこのマーケットに来た際、たまたま出会った日本語が流暢過ぎる少年にまた会いたかったんやけど、会えんかった。
 
マーケット内には日本語で売り込んでくる子供はいっぱいいるけど、会話が出来るわけじゃなくて。
 
『安いよ』とか『ロンジー?』とかそういうの言ってくるだけ。
 
でもあの少年はペラペラで。
 
 
知り合いの日本人社長に日本の名前をつけてもらったとかで、リュウイチだと自己紹介。もちろんミャンマーの本名も聞いたけど忘れちった。
 
迷路みたいなマーケットの中を案内してくれて、ミャンマー人が大好きなお菓子とか、日本人経営のお店とか連れってくれたり、かわいかったな。チップを要求することもなく。
  
 
ミャンマー着いたばっかのときやったから、リュウイチくんの説明に全部『へえ~』『ほお~』って言ってたら『郷に入れば郷に従えって言うでしょ』ってナチュラルに言われて驚いた。
   
 
もう日本語ネイティヴじゃねえか。
 
 
自分の両親もここでロンジー(わたしもバガンで買った巻きスカート)とかストール売ってるって言ってたから最後に何か買ってあげたかったのにな。
 
 
どの店か全く分からんかった…
 
 翌朝、今回は空港まで電車で行ってみることにした。着いたときは電車の存在知らんかったんよね。
 
環状線が空港近くを通ります。
  
厳密には電車ではなく列車か。電線上にないし。
  
2週間ミャンマーを旅行して、ミャンマーの交通機関は意味もなく遅れたりしない(むしろ早く着く)ことが分かったので、それなら朝の渋滞に巻き込まれるバスやタクシーより列車がいいかなって。
 
宿からヤンゴン中央駅も10分やし。
 
券売機?窓口?そんなもんは見つけられんかったけど。
  
 
通路に行き先聞いて、お金もらってキップ切る人みたいなのがいた。
 
 
空港の最寄駅の名前を言ってお金払って切符ゲット。数十円やったと思う。  

 
そしたら切符係のおっちゃんは他の人に切符を渡しながら、わたしと同じ方面に行く人を見つけて、『この外国人も同じ電車乗せてやってくれ』的なことを言ってくれた!
 
ミャンマー語まったく分からんけどきっとそう。
 
赤ちゃん連れたファミリーは頷いてわたしに着いておいで~ってジェスチャーしてくれたもん。
 
 
ミャンマー人優しい。
 
 
階段降りたホームは違ったようでそのまま線路横切って隣のホームへ。
 
  

 

 
JRではないか。車だけでなく列車も日本からやってきてるのねぇ^ ^
 

  

 
電車マニアならなんかオオ!とかなったのかな。
     
通勤時間やとは思うけど、そんな混み混みでもなく、すぐに座れて楽~に目的の駅着いた。
 
時間も予測通り1時間。
  
ミャンマー人ファミリーもここ、ここ!って合図してくれた。
 
 
ありがとね~
 

 
さらば、元JRの臨時列車よ。
 
駅はここ、Paywetseikkone。発音できません。
 

 
 
ちょっとだけ線路の脇を歩いてバイクだらけの道を左折。
あとはマップ片手に空港へ。楽勝楽勝。
最近の旅行者みんなスマホ持って歩いてる^ ^
 
マップがあるからどこに行っても迷うことほぼない。
 
googleマップはもちろんやけど、バガンで会った子に教えてもらったmaps.meという無料アプリがもう素晴らし過ぎて。
 
ネットなくても地図見れて検索できるし、これのおかげでバガン以降どこでバス降りても、宿まで歩けるのか歩けないのかすぐ分かるし、迷わず着ける!
 
日本にいたら使わないかもしれんけど、海外旅行に行くときはぜひダウンロードをお勧めします^ ^
 
 
そして再びのバンコク!
 

 
今回はドンムアン空港からバス移動してみよー。
 

 
表示通りに⑥へ。
ドンムアン空港とBTSモーチット駅を結ぶ路線バスがあるのです!モーチット駅の隣にはMRTチャトチャック駅もあるので、どちらも乗れて中心部までの移動も楽々。
 
乗り場に行くとすぐ出る!って言われて写真撮るヒマもなく乗り込んで出発!
 

 
この日はA1バスというのが空港とモーチット駅前をつないでます。料金も30バーツやったかな?100円くらい。
 
翌日は夜行列車で移動なのでなるべくバンコク駅に近い安宿を選びました。  
 
なのでモーチット駅に隣接するMRTチャトチャック駅から地下鉄に乗ってフアランポーン駅まで行けばOK!乗り換えも無し!
 
 
 戻ったこの日はほぼ何をするでもなく。
 
移動日ってあんま動く気にならないな。
 
翌日はチェックアウトしてから荷物預けてまたいつものショッピングモールへ。
 
要望のあったストールを買って。
 
着心地気に入った100バーツTシャツを追加購入して。
 
ミャンマー土産とともに再びバンコクから荷物を送る。
 
ミッション終了。
 
 
安旨屋台ご飯食べて宿に戻って。
 
シャワー浴びさせてもらう。
 
バンコクで選んだ宿はまだ出来て新しいみたいで。Booking.com でもレビューや評価がまだ無かった。お客さんも数人やったし。
 
内装も現在進行系で塗り塗り中。
 

 
なので、きっと今は少しでもお客さんに泊まりに来てもらって良い評価をもらいたいんやろな。
 
めっちゃ安かったし、めっちゃ親切でフレンドリー。
 
チェックアウト後でも部屋でシャワー浴びさせてくれたし、タオルも貸してくれた^ ^
 
 レビュー書いてあげなきゃな。
 
 宿情報
 
ヤンゴン
 
Chan Myae Guesthouse
いっぱいベッドのドミで確か1泊1000円くらい。予約せず、飛び込みで行ったけど、朝にもかかわらずチェックインさせてくれた。
 
わりと良い朝ごはん付き。
 
前回ひー君が泊まってたオススメ宿。
 
なんとベッドごとにエアコンついてる(笑)
すごいベッド数多いけど、狭い感じもなく、いい感じ^ ^
 
カーテンもあるし、プライバシーも万全。
Wi-Fiもミャンマー最速ではなかろうか。サクサクしてました!

 


 
 
バンコク
 
Pop Art Hostel
 
8ベッドドミで150バーツ/1泊
朝食はついてない。
タオル無料
 
電源もベッドにあり。
 
Booking.com で予約しときました。場所が狭い路地の奥やけど、わたしには最強の武器スマホがある!ので迷わずたどり着きました。
なんで部屋の写真撮ってないのだろ?
まだ新しいのでめちゃキレイでした。
 
スタッフもめっちゃ親切です。
ずっとこうであって欲しいな~
21:07  |  タイ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://theworldaroundme.blog.fc2.com/tb.php/381-487ef4e5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |