--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2017.04.01 (Sat)

ビエンチャン①②

夜行列車です!
 
 
前回マレーシアからバンコクまで夜行列車の寝台を取って移動しました。
 
 
快適過ぎて3日くらい乗ってもいいと思いました。
 
 
今回は真逆のローカルシートで行ってみようと思います。
 

 
バンコクからノンカイまで12時間乗って213バーツ。約690円。
 
これが快適寝台車やと5000円近くするのです。
 
出発予定は20:45。まあどうせ遅れるんでしょ?
 
 

 
ほうらね。
 
表示では20分遅れになってますが、出発したのは結局1時間遅れくらい。21:30頃ようやく出発しました。
 

 
おおお~ローカル感プンプンです。
 
この向かい合わせになった席は…
 

 6人掛け。


 
 
4人じゃなくて⁉︎
 
 
よく見ると番号振ってあってたしかに6人分。
 
 
そしてほぼ満席。
 
 
ピシっと行儀よく座ってるしかありません。
  
 
12時間…
 
 
うん、がんばろう。
 
 
タイ国鉄はなんでかよく停車する。理由は分からん。なので、ものすごい遅れる。
 
 
と、思っていた、今まで乗ったときはそうやったし。
 
 
今回も出発1時間遅れて、到着は2時間くらい遅れるんやろなーって予測していた。
 
 

 
なんと、最初の予定通りの時間に着いた!!
 
 
出発の1時間遅れまで取り戻した!!
 
 
本気出したな、タイ国鉄。
 
 
あ~身体痛え。
 
さて、ここノンカイはラオスとの国境のある町です。ここから2kmくらい先にタイ・ラオス友好橋というのがありまして。メコン川を国境にしてタイ側とラオス側を結んでおります。
 
 
国境歩いてもいいけど、身体痛えし、ここは大嫌いなトゥクトゥク乗るか。
 
インフォメーションにいたお姉さんに友好橋までトゥクトゥクでいくら?って聞いたら30バーツね、って。
 
そっか、100円くらいか。まあ2kmやもんね。
 
 
駅を出たらちょうど数人乗せたトゥクトゥクが待ち構えてたので、『border、friendship bridge 』って言ったらオッケー、オッケーって。
 
 
一旦は橋まで行ったのよ。んで、降りようとしたら『ノーノー』って。ここで降りたのは現地人2人。もしかして外国人は逆側とかなのかな?って思ってもっかい座る。
 
 
そしたら今度は橋からどんどん離れて行くではないか。
 
 
どんなに『さっきんとこ戻れ』、『どこ行くんだ!』、『橋だって言ってんだろが!』、と地図を見せても『オーケー、オーケー』しか言わない。
 
 
結局5~6km離れたバスターミナルに連れて来られた。
 
 
どうやらここからさっきの橋の国境を通ってラオスの首都ビエンチャンまで、直接向かうバスがあるようだ。
 
 
わたしは自分で国境越えて、ラオス側からローカルの路線バスでビエンチャン向かおうとしてたのに。
 
 しかも遠かったから50バーツだと。
 
 
『はあ?わたしは橋だって言ったのにあんたが勝手にここに連れてきたんだろが!』
 
と、駅のお姉さんに聞いてた30バーツしか払いませんでした。
 
なんかブツブツ文句言ってたけど、知るか!頼んでもないとこ連れて来やがって💢ってこっちもキレたら去って行った…
 
 
結局、ここまで来てしまったからにはバスに乗るしかない。またトゥクトゥクで橋まで行こうと思ったらその分無駄に金かかるし。
 
 
思ってたよりバスは安かった。
 
55バーツでビエンチャンまで。
 

 
 
なんか下の方にノンカイからビエンチャン行く旅行者はイミグレーションで5バーツかかるとか書いてあるけど、払う場所も要求されることもなかったです。
 
 
最終的には事前に調べてた自力で行く方法とそれほど大差ない金額で行けたのでまだ良かった。
 
 
しかし、トゥクトゥクは腹立つわ。
 
 
やっぱタイのトゥクトゥクは大っっ嫌い。 
 
  
国境にて。 

 
まず多分入国税?かな。これがパスポートコントロールの前にあるので忘れず先に。
 
  
そして、みなさん!
 
 
このノンカイからラオスに抜ける国境は必ず平日!昼間に!通ることをお勧めします。
 
なぜならこの税金の金額が平日と土日祝日でものすごく変わるから!
 
 
赤い★つけたけど、平日8~16時に通る場合は5バーツ。たったの17円。
  
それが早朝や土日祝日やと11倍に!55バーツもしますよ!それでも180円くらいですがね。
 
 
さらに友好橋の国境を通るには自動改札みたいなのを通らねばなりません。
 
それのためにone way ticketなるものを購入。
 

  
 
これいくらやったっけ?
 
 
忘れたー。高くはないです。
 
 
これで国境無事通過。ラオス入国!!
 
 
イミグレーション過ぎたとこでバスが待っててくれてるので乗り込んで、あとはビエンチャンまで1時間弱乗ってるだけ。
 
ビエンチャンは特にわたし好みの観光スポットもなく(知らないだけかも)ただこのまま次に移動するのはしんどいから1泊挟んどくか、くらいの町でした。
 
 
首都なのにねぇ。
 
 
でもラオスに来て嬉しいことに!
 
 
フランスパン超旨え❤️
 
 

 
 
バスターミナルの周りはまさにフランスパン天国。
 
フランスパンのとこをカオ・チーというらしい。 
 
そんでこのフランスパンのサンドイッチの屋台がいっぱい。
 
 

 
 
野菜とかかまぼこみたいな食感の何かとかパクチーとか。
 
ピリ辛ソースも入ってました。
 
 
でもウンマーっ!!
 
 
フランスパン最高。
 
 
食べながら宿まで歩きます。
 
 
ここでもmaps meのアプリが大活躍。
 

 
 
こーんな感じで宿を検索すると、道順も距離もすぐ分かる~
 
 
これなら歩けるね。
 
 
バスはビエンチャンの中心にあるタラート・サオ ショッピングモールの裏に着きました。
 
 
もちろんタクシーなんて乗りませんよ~
 
 
チェックインしてから宿の周りを散策して。
  
 
ラオスが想像以上に都会な感じにびっくり。
 
ミャンマーと似た感じかと思いきや、いやいや普通に『町』ではなく『街』ですよ!
 
 

 

 
オシャレカフェなんかもいっぱいあるし。
 
ラオス、ナメてた。
 
 次の日は1つくらい観光スポット行くかと
 
再びタラート・サオモールの近くまで散歩。
 
 
この辺りに『ラオスの凱旋門』と言われる場所があるんやってー。
 
 
パリの凱旋門にも行ったことあるので、
 
 
ラオスの凱旋門
 
 
  
かかってこい。
 
 
ラオスの凱旋門はパトゥーサイといいます。
 
 

 
 
う~ん、まあ…
 
 
言われてみれば。
 
 
シャンゼリゼ通りのように真っ直ぐ伸びる道もあるし?
 
 
なんかちっちゃい気はするけど。
 
 
上にも登れます。
 

 
 
残念ながら今使ってるスマホの中にはパリの写真がないので、比較して載せることができません。
 
 
でも、うん。似てる!と思う!
 
 
実はパリの凱旋門は値段高くてものっそい並んでたから上には登ってません!
 
 
パトゥーサイは裏も公園みたいになってて、散歩コースには良さそうでした。
 

 
 
これでビエンチャン観光は終了してしまった…
 
 
次は夜行バスでルアンパバーンに向かいます。
 
 
宿情報
 
AVALON B&B
 
agodaで予約。6ベット女子ドミで680円/1泊
 
朝食つき。
 
最近よく部屋の写真を忘れる。
部屋に1つシャワー、トイレあり。
でも部屋の外にも共用のシャワー、トイレがあったのでみんなシャワーは外の。トイレは中のも外のも使ってた。
 
掃除はしっかりされてるし、シャワー、トイレが足りないこともなく、良いと思います。
 
電源も各ベッドに有り。
 

 
朝食の写真はしっかり撮ってるの。
 
 
 
 
 
 

20:10  |  ラオス  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

Comment

ひーくん、同い年位の甥っ子がいるので、つい重ねてた(^^)
いいなぁ、ご飯も美味しそう(^.^)食べてみたいよ
暑くて実際嫌になるかもしれんけど、現地歩いたり人と接したり楽しそう(´∀`)
1人旅、これからもくれぐれも気を付けてね!*\(^o^)/*
Qoo |  2017.04.01(土) 22:17 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://theworldaroundme.blog.fc2.com/tb.php/382-1da902ee

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。