2017.04.03 (Mon)

ルアンパバーン①

ビエンチャンからは夜行バス移動。
 
通貨変わりまして、バス代170000kipキープです。高いですねー、2350円くらいでしょうか。
  
宿で頼んだからかな?
 

 
ほぼ同じ値段でベトナムまで行けちゃいますやん。距離そんなんかな?ルアンパバーン行くのもベトナムのハノイ行くのも変わらん。
 
 
宿に18時半過ぎピックアップが来てバスターミナルまで移動。前より遠いとこでした。
 
 

 

 
 
デカいな。
 
 
なんとこのバス!
 
 
ラオスにはこんなバスがあると噂には聞いていたが…
 
 
 
席がベッド!
 
 

 

 
 
分かりにくいんだけども!
 
 
シングルベッドよりまだ2回りは小さくて、縦も身長160cm以上の人は足伸ばせないくらいの長さ。
 
 
でも寝れるんですよ、バスで!
 
 
完全に横になって!
 
 
 
 
しかしこのベッドバス。
 
 
 
↑上の写真よく見て?
 
 
 
A13
  
A14
 
 
という手書きの番号分かりますか?
 
 
そう、この小さめベッドは
 
 
 


2人 用!


 
 
 
枕も2つあるでしょ?
 
 
友達と2人やカップルで旅行してるならまあ、譲り合ってなんとかなるでしょう。
 
 
しかしわたしは1人。
 
 
 

知らない人とピッタリ寄り添って寝なくてはなりません!!


 
 
せめて、小柄な女子が来ますように…
 
 
 
と祈る間も無く…
 
 
わたしの番号のベッドには先客。
 
 
デカい欧米人の青年が。
 
 
1人でもすでに窮屈そうに体を縮めてます。
 
 


久々にちょっと面白ネタ来た!


 
 
ウキウキ。
 
 
番号決まってるんでね、お邪魔しますよっと。
 
 
あら、イケメン❤️
 
  
イケメン:「俺、デカくてゴメンね~」
 
 
いえいえ、とんでもございません。
 
 
むしろありがとうございます^ ^
 
  

 
2人仲良く寝ないとね❤️キャッ❤️
 
 
 
なんてことを思ってたら20:30、出発の時間。 
 
 
バス…
 
 
ガラガラ。
 
 
ベッド空きまくってるやん。
 
 
念のためバスの兄ちゃんに確認して、許可をもらったので空いてるベッドに移動。
 
 
もちろん快適に伸び伸びと朝まで寝れたけど。 
 
 
ま、いっか^ ^
 
 
残念ながらイケメン外国人と寄り添っては寝れませんでした。
 
 
 
快適に寝て着いたルアンパバーン。
 
バスターミナルから街へはちょっと距離があるのでトゥクトゥク乗りましょう。
 
1人じゃないし。
 
 
このルアンパバーンはラオスで一番人気の街ではないでしょうか。
 
 
多彩なアクティビティ、溢れるオシャレカフェ、ラオス最大級と言われるナイトマーケットに美しいメコン川の風景。
 
 
  
ヨーロッパでは行きたい国ナンバーワンに選ばれたらしいラオス。
 
 
そのせいかルアンパバーンには圧倒的にアジア人より欧米人観光客が多かった。
 
ルアンパバーンは宿もいっぱいあるから、と今回は予約せず、飛び込み。見てから決めよー!
 
バスで会ったマレーシア在住の日本人女子ミカちゃんと共にルアンパバーンの街をテクテク。
 
 
彼女は宿を予約してるのでそっちに向かいつつ、道中宿を見たらとりあえず入って金額聞く、ってのを繰り返してました。
 
 
ルアンパバーン、確かに宿はいっぱいあるんやけど最初の何軒かはドミトリーないって断られた。個室だけです、って。
 
 
ガーン( ̄◇ ̄;)
 
  
ま、まだまだ宿はありますので。
 
 
5件目くらいで好みのとこ発見。
  
 
受付なんかいい感じ。
 
 
ここにしよっかなー。
 
 
念のため、 ミカちゃんの宿も見てからにしよっと。
 
 
そこは某「〇〇の歩き方」にも載ってる宿。
 
ここも良さげ。
 
ふんふん、と値段聞いてたら近くから
 
 
『みやこさんだ!!』
 
 
 
む⁉︎我が名を呼ぶのは誰じゃ⁉︎ 
 
 
振り返るとミャンマーのインレー湖の宿で会ったユリちゃんがいた!ゴールデンロックへの出発を見送ってもらったから9日ぶりか!
 
 
彼女もラオスに行くと言ってたからどっかで会うかもねーなんて言ってたらラオス3日目にして再会!
 
 
ユリちゃんもここ泊まってるのかー。
 
 
悩んだけど、さっきのとこの方がちょっぴり安かったのでわたしはそっちにしました。
 
 
とはいえ、1本通り違うだけやから徒歩2分くらいの距離。
 
あとで気づいたけど、ちょっぴり高いと思ってたこちらは朝食付きやった…わたしの選んだ方は付いてない…
 
 
朝食代考えるとユリちゃんやミカちゃんと一緒に泊まった方が良かったか…
 
 
まだ朝やけどわたしの方はチェックインさせてくれて、寝場所も確保できたし早速朝ご飯だ!
 
  
オシャレカフェで食べますか!
 
 
女子3人でレッツゴー!
 

 

 

 
 
ラオスって国名だけで勝手に 描いてたイメージとはだいぶ違う街です。
 
 
今日はみんな移動日なので、宿でそれぞれ昼寝なんかもしつつ、夕方の夕陽は一緒に見に行こうと、集まってルアンパバーンの街が一望できるというプーシーの丘へ。
 
 
登るのに20000キープかかります。270円くらいですね。
 
暑い暑いと文句言いながら328段の階段を登ると、すでにたくさんの人が夕陽を待ってました。
 

 

 
 
夕陽見た後はラオス最大級とも言われるルアンパバーンのナイトマーケットへ!
 
 
今日は下見!
 
明日ガチで買います!!
 
 
もう、ラオス土産は全てここで買うつもりです。
 
  

 
長~い露店が続きます。
 
 
下見だけして今日は終了。
 
ナイトマーケットすぐそばの屋台で麺食べて帰りました。
 

 
フォーみたい。名前分かんないけど美味しかった。
 
 
 
 
 
 
 
20:53  |  ラオス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://theworldaroundme.blog.fc2.com/tb.php/383-d9142c1e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |