2017.04.10 (Mon)

サムヌア→タンホア→ニンビン

(帰国してしまったけどー。書ききろう。)
 
 
ノンキャウ出発したのは19時。チケットいくらやったか…
   
 
やることないので、ギリギリまでハンモックでゆらゆらして。
  
 
お腹空いたらどっかで食べて。
 
 
ちょっと散歩して。
 
 

 
暑くなったらカフェで休憩して。
 
 
汗をかかないようにそろ~っと行動してました。
 
 
ノンキャウから一気にベトナム、ハノイまで行くこともできるけど、めっちゃ時間かかるのでのんびり刻んでいくことにしました。
 
次の行き先はベトナムとの国境近くの町サムヌア(Sam Neua or Xam Neua)。
 
 
とくに何か見たいとかではなかったけど。
 
 
ポンポンポンとハノイまでの道で泊まれそうなとこで1日挟むだけのためにきました。
 
  
 夜明け前に着いて、チケットブース開くまで待って、次へのバスチケット購入。
 
 
出来るだけこのバスステーションに近い宿にしよう。
 
 

 

 
 
何もないバスステーションで唯一目に入ったチラシ。
 
 
このサムヌアで種から育てたコーヒー豆をさらに自家焙煎してカフェまでオープンしたらしい。
 
 
なんかチラシのデザインとかオサレ系やし後で行ってみるか。
 
 
バスステーションは小高い丘の上やったので宿エリアまで下る。
 
 
これ上りやだなぁ…
 
 
下りきって大きな道に出てすぐの宿に チェックイン。
 

  
 
ドミトリーとかありません。
 
 
シングルにチェックイン。
 
 
で、さっきチラシ見たカフェまで歩いてみる。
 
 
ほんと何もねえな~
 
 

 

 
でもオサレcafeはありました!
 
店員さんもこんにちはー、とありがとう❤️は日本語で言ってくれた。あ、あと甘いの?甘くない?も日本語知ってた!すごい。
 
 
遠回りした帰り道、市場発見。
 

 

 

 
タマリンド!!
 
 
けっこう売れてました。
 
料理に使うのかな?これだけやとレモンみたくただだだ酸っぱい。ルアンパバーンでタマリンド100%ジュース頼んだら酸っぱくて飲みきれんかった。
 

 
あと素材がよく分からんジューススタンド。
 
地元女子で繁盛してたから一番売れてたココナッツを頼んで、
 

 
美味い。
 
さらに散歩してると何やら上の電線に引っかかってる…?
 
 
 
拡大。
 

 
!!ジュースのカップ!!
 
 
なんであんなとこに…上から落としてジャストミートしたんか?
 
 
晩ご飯は宿の隣で。
 
 
翌朝のバスで国境越えてベトナム入り!
 
 
 

 
こっちの長距離バスって宅配便も兼ねてるみたいで。お客さんは乗らないけど、荷物はどんどん道端で頼まれる。 
 

 
適当荷物は包んで手書きで宛名と電話番号書いてるっぽい。
 
封筒とか段ボールとかこんなのが↑どんどん置かれ…
 
 
途中途中で降ろされてく。
 
 

  
 
16時頃ベトナム側の街、タンホア(タインホア?)に到着。
 
 
怒涛の用にタクシーやバイクの客引。さらにハノイ行きのバスの客引きもくるからちょっとウザい。
 
 
『ハノイ?』『どこ行くの?』『安いよ』
 
 
こればっか!うるせえし、今ベトナム着いたばっかでベトナムの金もねえし!
 
 
ええい、わたしに構うな!! 
 
 
と振り払って歩き出すと、誰も追ってこなかった。
 
 
ここらへんはアッサリ引くのね。
 
 
とりあえずATMでベトナムマネーをゲットして、さてこのまま次へ移動するか、泊まるか考える…
 
 
ハノイに向かうと多分着くの夜遅く。
 
 
それは嫌。
 
 
ハノイとここタンホアの間に観光名所タムコック渓谷があるニンビンという街がある。
 
 
ハノイから日帰りで行く人も多いというニンビン。
 
 
ハノイまで行って戻るより途中寄った方が楽やん!
 
 
でも今ニンビン向かっても結局着くのは夜。
 
 
 
よし、タンホアで泊まろ!
 
 
ラオス側のサムヌアより都会っぽいけど、やっぱなんもない。ただの街。
 
 
maps me とGoogleマップのホテルマーク見ながら歩いて、見た感じそこまで高級そうじゃないとこに泊まることにした。
 
 路地の裏にあって分かり辛かった…
 

 
ベトナムの壁なんかいい感じ。絵になるねえ…
 
 
タンホアはただ泊まっただけ。
 
  
何かフロントで英語もあんま通じなくて…ニンビン行くバスが出るバスターミナル聞きたかったけど、分からず。
 
 
ネットでやマップで調べてみるとタンホアには降りたとこ以外にも何ヶ所かバスターミナルがある。
 
 
ネット情報を頼りに宿から歩ける北バスターミナルに行ってみることに!
 
降りたとこより近いし。
 
 
着いたそうそう『どこ行く?』攻撃。
 
 
ニンビンだというと、アレに乗れ!とミニバスに誘導されたのでまあいっかと乗り込みました。
 
他にも何人か乗客いたし、いっぱいになったら出発してくれるでしょ。
 
 
で、10:30にようやく出発。
 
ニンビンまでは80000ドン(約400円)
 
朝ご飯まだやったので途中車に来た行商のおばちゃんからパイナップル購入(10000ドン)
 
1人から買うと我も我もとおばちゃんが押し寄せるけど、そんな食えねえから。
 
 
で、ニンビンの街中まで行ってくれるのかと思いきや5km位手前で降ろされた!!
 
 
ここで車は曲がる……だと⁉︎
 
 
ニンビン行くって言ったやん! 
 
 
まだニンビンちゃうやん!
 
 
英語も通じねえし、ジェスチャーでひたすら降りろと言われる…
 
 
シブシブ下りるとバスはサッサと行ってしまった。
 
 
なんか腹立つ。
 
 
案の定バイクのおっちゃん登場。
 
 
どこまで行くのか聞いてくる。
 
 
ニンビンだよバカヤロー💢
 
 
5kmは歩きたくないので、バイク乗る。
 
 
30000ドンで交渉成立。
 
 
バスがちゃんとニンビン行ってくれればこのバイク代かからなかったのに…と思うとバイクのおっちゃんが悪いわけではないがちょっと機嫌も悪くなるわ。
   
 前日に予約した宿近くまで連れてってもらって到着は14時。
 
 
チェックインしてからまずは宿回りの散歩から。
 
 

 
の前にお腹減ったし、ベトナムやし!
 
ここはフォーでしょう!
 
 
野菜のフォー。
 
 
と、フォークオン?なるものを注文。
 
 

  
切る前のフォーで具を巻いたものだそうです。
 
生春巻きとはまた違うみたい。
 
記事が厚め。
 
美味いけどどっちもかなりのボリュームで食べきれず、フォークォンはお持ち帰り。晩ご飯にしよう。
 
 
食後はもちろん!
 
 

 
 
ベトナムコーヒーでしょ!!
 
 
濃いコーヒーに甘々の練乳。
 
 
混ぜるとまるでチョコレートのようなお味。
 
 
 


うめえぇっ!


 
 
ベトナム中は飲みまくろう。
 
 
 
宿情報
 
サムヌア の宿
 
BOUNHOME GUESTHOUSE 
 
シングル 70000キープ/1泊 (約950円)
 
普通のビジネスホテルっぽい感じー。
他にお客さんいたんだろうか…
受け付けしてくれたおっちゃんはいい人そう。朝イチでも入れてくれた。
 
 
タンホア(Thanh Hoa)の宿
 
Hoa Thuy Tien Hotel
  
広~いダブルベッドの部屋 400000ドン/1泊(約2000円)
 
ここも普通のホテル。
 
朝食付いてて、フォー頼んだけど美味しくなかった…
 
 
ニンビンの宿
 
Go NinhBinh Hostel
 
8ベッド男女混合ドミでUS$5/1泊
 
Booking.comで予約しました。
 朝食は付いてませんがレストランつうかご飯のメニューはあります。たいして美味しくないけど。表にたくさんレストランもカフェもあるので外の方が絶対いい。
 
電源、シャワー、トイレ設備は申し分無し。
全部独立してるので、混むこともないし数もある。
 

  
旧ニンビン駅の駅舎を再利用した宿。
 

 

 

 

 

 
いかにも、バックパッカー向けの宿!って感じ。好きです、こういうとこ。 
 
 
 
 
 
 
 
 
16:20  |  ベトナム  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://theworldaroundme.blog.fc2.com/tb.php/388-48b2b2c7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |