--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.11.07 (Wed)

イスタンブール2日目

昼前…

サクッとトルコ風サンドを食べて観光へ。

本日の行き先はブルーモスクとアヤソフィアと地下宮殿!

どれも宿のある新市街から金角湾を越えた旧市街にあります。

プラプラ歩きながら昨日のガラタ塔を通り過ぎ、ガラタ橋を渡って旧市街側へ。

ガラタ橋の上には釣り人がめっちゃいました。



何が釣れるんでしょうかねぇ。

橋を渡ったとこから路面電車のトラムに乗って3つ先まで移動。
初日にこのカードを買ったので乗り物にはもう困らず乗れます。



このカード、ICOCAみたいなもんです。チャージしといてピッとやるんです。そのへんのキオスクで買えるしチャージもできます。

まずはブルーモスク。
トルコ語ではSultanahmet Camii スルタンアフメット ジャーミィといいます。
特徴は世界でも珍しい6本のミナレット(塔)

1日5回のお祈りの時間は観光客は入れません。







次にここから見えるお隣のアヤソフィアまで公園を通って行きます。



しかしっ!残念ながらアヤソフィアは休館日(月曜)で入れませんでした…また日を改めて行くことにします。

なので次は地下宮殿。

宮殿と呼ばれてますが実際は5世紀頃に建てられた貯水池。もちろん水があり魚も泳いでました。



とにかく暗いっ!
iPhoneでは写真撮れませんでした。

ここの目玉は建築資材として使われたメドゥーサの柱。水に浸かってて何か気持ち悪っ(−_−;)





ああ、これは得意のポストカード撮り。実際撮ったのはフラッシュつけてもこれ。



地下宮殿を出たあとは歩いて15分ほどのグランドバザールへ。

ここは超巨大な屋内バザール!
今では5000件近い店がぎっしり並んでます。買い物天国~っ



こんなとこ!
短い時間では見きれません!
なので、今日は偵察のみ。後日ゆっくり、じっくり見させてもらいます。

そのまま歩いてまたガラタ橋まで戻り、名物のサバサンドで晩ご飯!
サバを焼く船がいっぱい並んでます。







焼いたサバと野菜がはさまったサンド。自分で塩とレモン汁をかけて食べます。なかなか美味。
イケメン店員がいるというだけで選んだこの店。なんと以前もこみち君がテレビの取材で来てたんやって!
おっちゃんが自慢げに写真見せてくれました。会いたかったな~もこみち君。

ああ、そうそうこれの前にもうひとつトルコB級グルメ食べました。





これ、ピクルスなんです。
この漬け汁も飲みます。漬け汁だけ買ってった現地人もいてビックリ。

でも美味しかった。
キュウリとキャベツが入ってました。

ここらで今日は終了。
乗り物に乗りたがる相棒Uさんをダマしダマし誘導し、たくさん歩いてもらって宿まで帰ってきました。


お疲れ様です!
二人やと歩くのも楽しいねえ!
01:46  |  トルコ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.11.05 (Mon)

イスタンブール1日目

今回は写真少ないです。


前夜予定より30分遅れて20:30に出たバスは、12時間以上かかってようやく朝の9時過ぎにイスタンブールのオトガル(長距離バスステーション)に到着。

予定ではそこからバスで宿の近くまで行けるはずやったのですが、何か交通に問題発生らしくバスが行かない事態に。

どうすっかとやや困ったけどどうやら行き先が同じ旅人がかなりいるもよう。
しめしめ、これならどうにかなるなと様子を伺いつつ、周りから情報収集。
どうやら、ここからミニバスに乗り、すぐそこの地下鉄駅まで行き、地下鉄とバスを乗り継いだら何とかなるみたい。

デカいスーツケース持った相棒Uさんとなんとかミニバスに乗り込んで地下鉄駅へ。電車に乗ると、さっきミニバスに乗るときスーツケース乗せるの手伝ってくれたお兄さんも一緒。このお兄さんわたしたちの行きたい場所までの行き方も聞いてくれてなにかと親切にしてくれる。

駅に到着して、ここからまたバス。
ていってもバスだらけでどれに乗るのかサッパリ。ここでも先ほどのお兄さんがバスのドライバーに聞いてくれる。このお兄さんもわたしたちと同じ場所に行くんやって。

バスを発見し、乗り込むもわたしたちはまだ切符を持ってない。
いくらなのか、ドライバーから買えるのか聞いてるうちにバスは出発。どうやらまたお兄さんが先に払ってくれたみたい。

ありがとう、着いたら払うね~っと目で合図しといた。

ようやく目的地に到着してバスを降りたあとお兄さんにバス代を払おうとしたけど受け取ってくれない。
ここまで助けてもらってさすがにそれはイカンとわたしらもお願いしたけど結局お金は受け取ってもらえなかった。

笑顔で去っていくお兄さん…


なんていい人やったんや…
これも相棒の女子力が高いおかげかな。わたし1人のとき、こんなみんな助けてくれないよ?

たどり着いたのはタクシムTAKSIMという場所。駅やバスの発着も多い新市街ど真ん中。ここから宿へは難なく到着。

予約は12ベッドの男女ミックスドミトリーやったんですが、ここでも相棒の女子力パワー炸裂。悩殺された宿の親父はもう少しいい部屋(4ベッドのドミトリー)へ移ることを提案。相棒も部屋を見てそれを承諾。少し追加料金になるとのことやったので、わたしは辞退。

相棒が部屋の見学をしてる間、宿の親父はわたしにずっと聞いてくる。

「何故友達なのに違う部屋に泊まるんだ」と。

もちろん、答えは「金がないから」

同じ宿やし、部屋が違うくらいたいしたことじゃないと思うんやけど。

それでもずっと、友達なのにそれは良くないと延々と言ってくる。

もう大丈夫やって!

わたしはまだこれから旅が長いからお金節約せにゃならんの、と説明するとなんと追加料金無しで相棒と同じ部屋にしてくれるとのこと!

相棒は追加料金を払ったのでこれじゃ彼女は怒るかと親父は心配したけど、相棒は怒りませんでした。


おお、心広いな。


めでたく2人で4ベッドルームにチェックインしたのでした。

荷物を部屋に置いて、でもまだ昼前なので当然出かけます。疲れは若干あるので遠出はしないけど。

宿近くのメインストリートを歩いて一駅先まで行くつもりが駅を見逃し通り過ぎた先に観光スポットのひとつガラタ塔。



登るとイスタンブールを見渡せると評判ですが、登りませんでした。

ここまで来て駅を通り過ぎていることに気づいたので来た道を戻る。そして駅を発見、地下鉄に乗り込み2駅先に向かいます。ここは始発駅なので乗る電車にも困らない。そして、2つ先にはガイドブックに載ってるナチュラルコスメのお店がある!

と、ここでおかしなことが。
乗った駅から2駅先にいくはずが2駅目に着いた駅はさっき電車に乗り込んだ始発駅。


!?!?

何が起こったのでしょう?
ガイドブックで路線図を見てもやっぱり2つ先が目指す駅。

当然降りるわけにいかずそのまま席に居座る。
と、ここでわたしたちが終点に着いてるのに降りないことに気付いた可愛いトルコ人ガールが、


「あなたたち、どこに行きたいの?」


そんなこと、わたしらも聞きたい。何で戻ってんの?


かわい子ちゃんが言うには次の駅で乗り換えが必要とのこと。つまり今乗ってる電車は2つの駅の1区間だけを行ったり来たりしてるってこと。


それ、必要ですか?

言われた通り、次の駅で向かいのホームに移動して乗ったらちゃんと着きました。やっぱ何か無駄な気すんだけど…


さて、2件のコスメ屋さんをはしごしました。わたしが買ったのはこの2つ。

箱を捨ててしまったので、成分とかは分かんないけど(どのみちトルコ語ですが)、このオイルを塗るとまつ毛と眉毛がバッサバサになるとか。

店員さんに一ヶ月後には君のまつ毛はもっと長くなってるよ!と言われたので一ヶ月後が楽しみです。

そして2件目で買ったのはハンドクリーム。このブランドトルコではメジャーみたい。





相棒Uさんは他にも何点か買ってたけど、わたしはこの2種類だけ。ハンドクリームは日本にもお土産に送るぜいっ!

そして、晩ご飯。
自分で、選んだものを盛ってもらって最後に支払う"ザ・めしや"方式。
ちょい高めでしたが野菜も取れて満足のご飯。



この味付けご飯が激ウマなんです。
ホントはご飯だけでもいいくらい。

そんなこんなでイスタンブール初日終了。文章ばっかになりましたがお付き合いありがとうございました。


<宿情報>

Chambers of the Boheme Hostel

12ベッドミックスドミ 8€/1泊
4ベッドミックスドミ 15€/1泊

この4ベッドルームをUさんは11€に。わたしは8€のままにしてもらったのです。でも電源が部屋に1箇所しか見つからなかったです。

タクシム駅からも近い便利な場所でした♪( ´θ`)ノ





23:08  |  トルコ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.11.04 (Sun)

ギョレメ2日目その②

気球から帰って5トルコリラ払って朝食。

お茶は飲み放題。しかもわれわれが愛してやまないアップルティーがあるではないですか!ここぞとばかりに濃いめに入れておかわりもしてやった!

朝ごはんも終り、でもまだ10時前。
今夜また夜行バスでの移動を控えているので、夕方までには宿に戻らなくては。

最初に向かったのは昨日から目をつけていた宿近くのレンタルバイク屋。

フフフ…そう、わたしたちは今日バイクをレンタルしようとしてるわけです。

カッパドキアは広くエリアを4つに分けてレッド、グリーン、ブルー、イエローとそれぞれミニバスでのツアーがあるのですが、わたしたちはそのうちのレッドコースを自分たちで回ろうとしてるのであります。

Oz kappadocia toursってことでまずはバイクを物色。そんな大きいのは乗れないので125ccくらいかな。

チロチロ見てると店の人が。

「朝ごはん食べてて忙しいから早よ決めてーな」


何ですと!?

客を何やと思っとるんじゃ(♯`∧´)


気を悪くしたので違う店に行くことに。

さらに宿から近い店に入ってみる。

バイクもボロボロちゃうし、料金もまあ良心的なので、ここで決定。
お世話になったので宣伝しとくね。



ここで125ccのスクーター1台借りました。

バイク歴のある相棒Uさんに運転はまかせて、レッツゴーっ!

え?バイクの写真?
ないのよ。相棒がダサ過ぎるから写真NG出すもんで。

わたしだけのなら相棒が撮ったものが。



まあまあイケてます。

さあ、最初のポイントへ。
さっそく若干道に迷い、地元人に教えてもらった脇道を通り、無事到着。



おお、すごーい!
登れるようなので登ってみましょう。



洞窟からの景色もなかなかです。



まだまだ上にいけそうやけど、相棒がこれ以上高いのは…とのことなのでここまでにしときまひょ。

お次のポイントも地元人に確認してから向かいます。
自力ツアーなので止まるのも自由。
途中の景色も楽しみながら走ります。





そして、第二ポイント。







大量のキノコ~っ!!
これぞ、カッパドキアでしょう!
こういうのが見たかったの♪( ´θ`)ノ

さらにノリノリで第三ポイント。
通称ラクダ岩と呼ばれてます。



そして、一番楽しみにしてた最終ポイントへ。やっぱり途中の景色も堪能しつつ…



お、遠くに見えて来た!



ここ、ここ!
三本シメジ~っ!



奥のが隠れ気味やけども。


ここで、またもや結婚式に遭遇。
どこ以来やっけ?
ああ、ドイツのマインツや!
ここでもカメラマンに混じってパチリ。



お幸せに♪( ´▽`)

よし、わたしらもシメジと遊びましょう。





うん、なかなかの出来。
さあ、そろそら帰るか。
帰りも道に迷いつつ…

こんなんに出会いつつ…



たけのこの里と命名した岩を見つけて…




無事帰還。

バイクを返し、サクッとケバブサンドで夕食を食べた後、イスタンブールへ向け長いバス移動の始まりです。
11:20  |  トルコ  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2012.11.03 (Sat)

ギョレメ2日目その①

4時過ぎ起きです…

5時のピックアップを迎えるべく宿の外で待機。寒い…いや、そうでもないな。

30分遅れでお迎えが到着。いったんオフィスのようなとこにみんな集合してました。



お茶とオヤツが並んでて全員揃うまで15分くらい?待ってました。
そして、ミニバスに乗り、いざ出発!



5分もせず到着。






気球ですっっ♪( ´▽`)

周りも気球だらけ!どんどん膨らんでいきます。



わたしたちも乗り込みます。

次から次へと昇っていく気球たち。



日本の会社の気球もチラホラ。



そして、日の出を迎えます。



あいにくの曇り空ではありましたが、雲の隙間からの朝日に浮かぶたくさんの気球は幻想的でした。





今日は100個くらいの気球が上ってたそうです。

1時間ほどのフライトのあと、キャプテンの腕の見せどころ、着陸!

地上チームと連絡を取り合い、着地点へ。着地はトラックが引いてくる台の上!ズレるわけにはいきません。



少しずつ高度をさげ、トラックに近づいていきます。
小山に駆け上がり、気球を誘導する地上チーム。



なのに、気球には触れずまた駆け下りる!走って走って…


無事着地!

パチパチパチパチ(=´∀`)人(´∀`=)

上にはまだ多数の気球。



無事の帰還を祝してみんなでカンパイ!



ただのリンゴサワーですが、シャンパンみたくポンッと栓を抜いてみんなで飲むとウマイね~。

キャプテンとも記念撮影。



お疲れさまでした。

最後にフライト証明書をもらうのですが…


((((;゚Д゚)))))))





名字も名前も間違っとる!

しゃあないので自分で訂正。



まったくもう…

そして、またミニバスで宿まで送ってもらってバルーンは終了。この時点でまだ8時過ぎ。まだまだカッパドキアは終わらないっ!



<宿情報>

DORA MOTEL

11ベッド、ミックスドミ(ベースメント)
5.58€/1泊、朝食は追加5TL。
WiFiフリー、部屋でもばっちり。
電源は部屋に延長コードで6つ。

シャワー、トイレが1箇所ずつ。





掛け布団がフカフカしてて寝心地良かったです。シャワーも広め。ただ色んなとこからお湯が漏れるので、ヘッドからでるのがややゆるいかな。でもたいした問題じゃないです。

安いし、よかった。
22:48  |  トルコ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2012.11.03 (Sat)

ギョレメ1日目

昨夜23時前に出たバスは今朝8時頃ギョレメに到着。

早速、宿にチェックイン。まだ朝早いけど入れてくれました。
このギョレメの街は…


そう、ここはカッパドキアの街!

宿からもニョキニョキ岩の山が見えます。

でも今日は到着日でお疲れなので宿の周り散策と次の移動のバスチケットを買っただけでどこも行ってまへん。

明日は早朝からがんばります。



岩をくり抜いてホテルになってるとこもいっぱい。本格的な洞窟ホテルは高くて泊まれないけど。



↑なんの場所やろ、窯?



↑不思議な人形。何除けですか?
その鵜飼いのような白鳥は何の為ですか?



↑散策途中でお茶。
これ、キャラメルケーキらしいけど、カッサカサに乾いててちーっとも美味しくなかった(−_−;)

夜はギョレメ名物の壺ケバブ。
壺で蒸焼きされてて、目の前で割ってくれんの。最後まで熱々。





デザートはクネフェ。
ほっそい麺にチーズを挟んでパリッと揚げ焼きしたものに熱々シロップをかけたもの。
わたしらが店に入ろうとしたとき入れ違いで出たカップル(スペイン語圏の人やった)が激ウマやというので頼んでみた。





うん…


クソ甘えっっ

美味しいんやけど、お腹もいっぱいやったしなかなかキツイ…!

さ、明日は4時起き!
サッサと寝ます。
03:38  |  トルコ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
PREV  | HOME |  NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。