--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2017.03.23 (Thu)

マンダレー③

今日は夜行バス移動です。
  
チケットは宿で購入。
 
JJexpressというVIPバスにしました。
 
22:00発。16500チャット(約1400円)
 
 
今朝はあのおじさんおらんかった。
  
何故なら昨日、お客さんゲットしてたから。
  
交渉してる日本人らしき女子二人いたの見かけたもんね。
 
今頃サイドカーで走り回ってることでしょう。
あのサイドカー実は前後背中合わせで2人乗れるんですよー。
  
 
わたしは宿で自転車借りての近場観光出発。
  
 

 

 

 

 

  
観光は結局パゴダ巡りになってしまう。
 
 
でもこの木造のお寺の雰囲気は好きだな。
 
木彫りも凄いし。
  
 
パゴダの名前なんだっけかなー
 
 
マンダレーヒルや王宮近くのそこそこ有名どころでした。
 
 
あとはチョロチョロ散歩したり、屋上でまったり調べものしたり、隣のヌードル屋さんでご飯食べて、シャワーも借りて。
 
 
出発までタラタラしてるところにバガンで出会った女子パッカーと再会。
同じ宿にしたのね~^ ^
もう一人の女子と出会って一緒に来たんやって。 
  
 
そしてなんと、今日あのおじさんレンタルしたのこの二人でした。
  
 
マジか。
 
  
わたしが見かけた交渉中の後ろ姿君だったのか!
  
 
しかし、再会を喜ぶ時間もなく、わたしはまた先に次の街へさよなら。
 
運良く何人かバスターミナル行くのでタクシーをシェア。ミャンマーのバスターミナルほんま遠い上にどこにバスいるか分からんからヤダ。
 
 
予定通りバスは出発して、さすがVIP。
   
座席にはモニター、パンとコーヒーサービス有り。
  

  
 

 
夜中の爆音の音楽も無し。電気も消灯してくれて、途中の休憩でも降ろされない。
  
 
完ぺきやないか!!
 
 
 
 
 
 
22:57  |  ミャンマー  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.03.21 (Tue)

マンダレー②

朝8:30出発~!
  
 
今日は盛りだくさん。なんせおじさんレンタルしてますから。
 
まずは宿の屋上で朝食。
 
なんと卵は自分で調理するスタイル。
 

 
あとはトースト、フルーツ、コーヒー、紅茶の定番スタイル。
 
 
朝は涼しいので屋上が気持ちいい。
 
  
そして今日レンタルしたおじさん。
 
サイドカーですよ。
    

  
 
お客がいないときはほぼ宿の前にいた。いつ外に出てもいた。
  
この宿に泊まってる人に声をかけて商売してるんでしょう。
  
 
マンダレー観光コースはざっくりインサイドプランとアウトサイドプランがあるみたい。
  
しかし、どっちのプランにも行きたいところと興味ないところがあるので、交渉して行きたいとこだけ連れてってもらうことにした。
  
もちろん時間の都合でそれ以外のとこもいっぱい寄るけどね。
 
わたしの希望場所は
  
①托鉢
②サガインヒルのなんか仏像並んでるとこ
③ウーベイン橋の夕陽
  
以上。
 
この①と③の時間が決まっているのだ。
 
なのでそれに合わせて前後は適当に連れてってもらうことにする。
 
 
最初はマハムニーパゴダ。
  
ミャンマーでも最大規模らしい。
  

 
信者の人が仏像にどんどん金箔貼ってます。
 
なので仏像がブツブツしててちょっと気持ち悪い~(ーー;) 
  
でも男性しか触れられないので女性はここまで。
  

  
鐘ついてた小坊主さんがかわい過ぎでしょ。
 
ミャンマーの人は写真撮っていいですか?って聞くとみんないいよって笑顔になってくれるのでホンマに嬉しい。
 
 
あ、この子は笑顔ちゃうけど、そばにいたご両親は笑顔でどうぞ撮ってって言ってくれた。
  
 
そしてなんとこの寺院…
 

 
通信会社からフリーWi-Fiが寄付されてるww
 
  
こういう寄付もあるのねぇ。
 
 
旅行者にはありがたいです。
  
 
ここでわさわざネットするかどうかは別として。
 
あとは定番の工芸品の工房兼土産物屋やら連れて行かれて…
  
 
一つ目の目的、托鉢を見にアマラプラという町にあるマハガンダー僧院へ! 
 
 
国内最大級、最高位の僧院のひとつだそうです。 
 
ここで修行するお坊さんたちが町で托鉢を終えて戻ってきたところを見るために観光客が押し寄せます。
  
 
托鉢とは、
 
仏教やジャイナ教を含む古代インド宗教の出家者の修行形態の1つで、信者の家々を巡り、生活に必要な最低限の食糧などを乞う(門付け)街を歩きながら(連行)又は街の辻に立つ(辻立ち)ことにより、信者に功徳を積ませる修行。
  
by ウィキペディア
  
 
僧院に修行僧の人たちが帰ってきました。
  
観光客も鉢の上にお金や数珠などを置いてく人多数。
  

 

 
 
持ち帰った食料はこのあと僧院で平等に分けられてみんなで食べるんだそうです。
  
  
この若い修行僧さんたちを見てると…
  
  
みなさん、いい身体してらっしゃる。
 
細身ではなく女子の好きな細マッチョの人がほとんど。
 
眼福です。
 
 
さて、托鉢は見た。
 
お次は…
  
 
おじさんに任せてインワという地区へ。
 
 
ここもパゴダ巡りになってしまうけど、今までのとこと違ってキンキラしてない、古い姿のままのパゴダと、ミャンマーのイメージ通りの田舎道が続く町でした。
  

 
 
 
真っ白とか金ピカとかのパゴダばっかりやったので、こういう歴史を感じる建物はなんか落ち着くねぇぇ
 
 
そして昼も過ぎ、
 
「お腹空いた!ランチ食べられるとこ連れてって」と、頼んでから早1時間経過…
 
わたくし:「ランチ! 」「ハングリー!」
 
おじさん:「YES、YES。」
 
これの繰り返し…全然通じてない…
 
 
そして②番目の希望地、サガイン地区へ。
 
サガインでは丘(hill)の上のパゴダを見たいので体力回復のためにもサガインヒルに登る前にランチしたかったのに。
  
 
結局どこにも寄ってもらえないまま 
 
 
サガインヒルの登り口へ。
 

  
 
腹ペコで登るの~…_| ̄|○
  
おじさんは上でなんか食えば、みたいなこと言ってる。
 
周りになんもないのでシブシブ登る。
 
おじさんはわたしがどっか見る間は外でずっと待機。一緒についてきて解説とかは一切ない。
 
 
そもそもわたしの英語は伝わっているのかも疑問。
 
20分くらいかかって汗だくで登った。
 
 
とりあえず、塩分補給したいし、お腹も空いてるので上がってすぐにあった休憩場所みたいなとこでひと休み。
 
 
サラダ何品かあるらしいので、トマトサラダ頼みました。
 

 
ミャンマーのサラダはどれもお気に入り~ 
なんかクリーミー。胡麻ドレみたいな味。
 
ピーナッツかな?ナッツ好きじゃないのにこの味は好きだ。何故だろ?
 
バガンで食べたジンジャーサラダも美味しかったしな~
 
 
冷たいポカリも飲んだし、回復したのでパゴダ見ましょう。 
  
ここには事前に調べておいた翡翠色の場所にズラーっと仏像が並ぶのを見にきたのじゃ。
 
  
なのに何周まわってもそんなとこない。
  
景色はいいけど。
  

 
仏像もあるけど。
  

 
 
違う。
 
わたしが見たかったのはコレジャナイ。
  

 
美猫いた。
  
 
聞き込みをすると、どうやらわたしが見たいのはさらに上へ徒歩20分くらいのとこにあるそう。
  
 
うええぇ…あのバイクジジイそんなこと言ってなかったのにぃ。
  
 
一番暑い時間にまた炎天下登るのか…と一応はそっちに向かって外に出てみる。
  
 

 
 
あ、こっちには食べ物屋台もあるやん。
 
そして目の前にはピックアップ!
 
  
乗ったら行けんじゃね⁉︎⁉︎
 
 
近づくと一人のミャンマー人お姉さんが声かけてくれた。
  
  
英語も通じる!
 
   
そしてこのピックアップで一緒に行こう~って乗せてくれました!
  

 
この緑マダムとわたしが同い年ということが判明し、盛り上がる。
 
わたしの方がだいぶ若く見えるようで、彼女は他の仲間にイジリ倒されてました。
  
 
国内旅行中みたい。東京から京都来た、みたいな?いやむしろこの人たちのノリは関西系。
 
大阪から名古屋に来ました、くらいな感じ?
  
 
女子会さながらの盛り上がりで5分もかからず目的地到着。
 
 
ゾロゾロとミャンマー人マダム達と一緒に見てまわって…
 

 
 

  
 
これを見てサガインヒル、終了。
 
 
同じピックアップでさっきの場所に戻れると思いきや、彼女たちはこれから違う観光地へ移動するとのことなので、ここでお別れになりました。 
  
一緒に行こう!って誘ってもらったけど、わたしおじさんが下で待ってるし…
  
 
ということで、さっきの場所までそこにいたバイクの兄ちゃんにブイイーンと送ってもらいました。
  
そしてまた階段を降りて降りて…
  
結局3時間近くサガインヒルにいたな。 
  
おじさん待ちくたびれてんだろな。
   
 
夕焼けにはまだ早いので、ロンジー(巻きスカート)ショップとか土産物屋を何軒か経由して…
  
 
ウーベイン橋到着。
 
最終目的地。
  
 
   

  
ウーベイン橋。
   
 《U Bein Bridge》ミャンマー中部の町アマラプラのタウンタマン湖にかかる橋。19世紀半ば、インワからアマラプラへの遷都の際に、インワの旧王宮から運んだチーク材のみで建造。全長約1200メートル。チーク材を用いた木造橋としては最長最古の橋として知られる。
  
byネット情報
  
向こう岸まで渡ろうかと思ってたけどすごい人多いし、全然かっちょいい写真撮れないので半分くらいで引き返して橋の下の河川敷をブラブラしながら夕陽を待つ。
  

  
 フムフム、悪くないじゃない^ ^
 
 
これにておじさん1日レンタル終了。
 
  
  
17:36  |  ミャンマー  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.03.21 (Tue)

マンダレー①

前日にロイヤルバガンホテルすぐ近くでバスチケット購入。
  
次の街マンダレーまでは9000チャット(約750円)どこのチケット屋さんで聞いても9000チャット。
  
ここだけこっそり8500でいいよ、と言われたのでここで購入。
  
今回はドアtoドア、ホテルでピックアップしてマンダレーのホテルまで送ってくれるそう。
  
ラッキー❤️
  
 
20分ほど遅れてお迎えのピックアップが来る。
  

  
 
これでバスターミナルまで向かいます。
  
 
9時過ぎにバスは出発。
  

  
途中でお昼休憩挟んで、14:30頃マンダレーに到着。ここからまたピックアップに乗り換えてそれぞれの宿まで送ってもらいます。
  
 
宿でひと休みしてから宿周りを散策。
  
マンダレーは大きい街なので、栄えてる!
  
なので散歩にあんまり面白い感じは無いので、宿で聞いたミャンマー料理レストランで一人飯。
  

  
油ギッシュなポークミャンマーカレーをオーダー。
  
まわりのメニューは勝手について来ます。
 
これがミャンマースタイル。
  
辛いか、辛く無いか一通り味見して辛く無い奴は完食~。緑のトマトのサラダが美味しい❤️
  
 
今日は移動日なので、これにて終了。
  
明日はおじさん1日レンタルでマンダレー観光!
  
 
宿情報
 
『 Four Rivers B&B Mandalay』
住所:  543, 82nd Street, between 37th & 38th Street, Mandalay
 
Bookin.comでUS$8/1泊
 
朝食付き
 
 
なんと写真撮ってなかったです。
たしかコンセントは各ベッドにありました。
全体的にまだ新しそうな感じでキレイ。
チェックアウト後にもシャワー使わせてくれた^ ^ 
夜行バス移動やとこれがけっこうありがたくて嬉しい。
  
Wi-Fiそこそこいけます。バガンより優秀。でも画像とかは相変わらずちょい厳しい遅さ。
  
12:21  |  ミャンマー  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.03.19 (Sun)

バガン②

4:45起床!
  
 
隣の子を起こさないようにそーっと外へ。
  

 
遅れずわたしより先にバイク持ってきてくれてました!
  
夜行バスも遅れなかったし(いやむしろ1時間くらい早かった。)
  
ミャンマーやるやん。(上から目線)
  
 
このeバイクをブイーンと運転して(電動なのでホントは静か)
  
 
一番人気の朝日スポット「シュエナンドーパゴダへ!
  
 
ここはバガンの登れるパゴダの中で一番高いんだそうです。
 
 
そういえばバガンに来る時街の手前で入域料なるものを払いました。もちろん外国人だけ。
 
 
めちゃ高い。25000チャット(2000円ちょい)
 
 
  
そのときもらったチケットがないとこのシュエナンドーパゴダには登れません。ので、忘れず持ってましょう。
   
地図を見ながらブイーン(ホントはすいーっ)と走ること30分弱。
  
 
まだまだ暗いシュエナンドーパゴダ到着。すでにたくさんの人が上で朝日を待ってました。
  

  
この階段が結構急でしんどい。
 
 
待つこと1時間…
  

  
太陽が出てきましたー。
 

 
別角度から。
  

  
遠過ぎですが気球も飛んでます。
  
なんかネットの写真で見たのとはちょっと違ったけど、キレイでした。
 
 
さて、ホテルの朝食を食べに戻ろうと、降りて帰路についたとき、
 

 
なんか上より雰囲気良くね?って感じの景色が見れました。
  
 
宿に ホテルに戻ってバイクを止めたとき気づいたんですが。
  

 

 このバイクのナンバー愛車と同じやん!


 
なんということでしょう。日本でわたしの帰りを待つ愛車と全く同じナンバーとは。
 
朝は暗くて気づかんかった。
 
  
急に愛着が。
  
 
さて、楽しみにしてた朝ごはん^ ^
  

 
バイキングとかテンション上がるわぁ!
 
野菜、果物多めに美味しくいただきました。
  

 
 
さて、eバイクは1日レンタルしてるからこれに乗って近くの村まで出かけようーっ! 
 
 
ミンナントゥ村を目指します。
  
 
ミャンマーは砂埃で鼻の中真っ黒になるけど、雨よりいっか。
  
大きな道路から脇道に入って
  

   
看板発見。
  
手前の大きいのじゃないよ、左側の青い看板ね。
  
ミンナントゥビレッジって書いてある。
  

  
 
この未舗装路を行った先にミンナントゥ村が。
  
こういう村ってガイドさんいないと入れなかったりするんだよな~。入れるかな~。
  
  
って心配は無用。
  
 
村のかわい子ちゃんが颯爽と現れ、
 
 
「中を案内したげる!」
  
 
と、砂地でまったく動かない バイクを止めるのも手伝ってくれました。
 

 
 
ほら、これがコットンの木よ
 
写真撮るでしょ?持っててあげる。
 
 










 
ほほう、ふわふわの実?がなってるぅ!
  

 
プラムを干してるの!
  
なるほどー。
  

   

 
機織の道具もあったりー、
 
そしてやはりここで1枚ロンジー買ってしまいました…
  
Made in ミンナントゥ村のだけ見せてくれって頼んで。
  
15000チャット。1300円くらい?
 
市場でもっと安いのもあるけどもさ!
 
ここで織ったやつがよかったんやもんねー
  
 
この日は写真忘れてて後日撮ったロンジーの写真。
  

 
巻きスカートなので着るの簡単。
 
案内してくれてありがとねー^ ^
 
お姉ちゃんはずっと「あんたは来なくていいってば!」みたいな雰囲気のこと行ってたけど、最後まで妹も付いてきた。
  

  
 
ガイド料の相場が分からんので1000チャット(100円もしない)渡して反応を見てみて…
 
  
なんか大丈夫そうやった。
 
 
暑いから帰って夕焼けまでホテルでひと休みしてー。
  
 
今度は川沿いに夕陽を見に行くことに決定!同じとこじゃつまらんし。
 

  
 
雰囲気ばっちり^ ^
  
 
eバイクも返して、ブラブラホテルまで歩いてる途中で1人の日本人バックパッカーと遭遇!
  
そのまま一緒にご飯  食べに行きました^ ^
  
 
  
 
普段ビールは飲まんけど、暑いせいもあるのかミャンマービールは何か美味しかった!
   
 
日本のより美味しい気がする!
  
そして生ビールが安い!
  
60円くらいで飲めますよー^ ^
 
  
 
 
 

17:59  |  ミャンマー  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2017.03.16 (Thu)

バガン①

ヤンゴンの宿からもう1人バスターミナルに向かう人がいたのでタクシーをシェアしてバスターミナルへ。1台10000チャットなので割り勘して5000チャットずつ。シェアできると助かる。
  
  
自力で行くにはなかなか遠いヤンゴンのバスターミナル。
   
  
そしてすんごい渋滞。
  
  
通常40分くらいの距離を2時間かけてバスターミナルへ。バスターミナルも広大でバスがあり過ぎて自分では探せないのでタクシーの運ちゃんが聞き込みながら私たちの乗るバスを探し当ててくれました。
 
 
普通の4列バス。
  

  
普通??何だこの照明。
  
ミャンマーのバスにはノーマルとVIPがある模様。 
  
  
今回はノーマルバス。とりあえず安い方で。バガンまでは約9時間の移動。
  

  
読めないが、このバス会社。
宿でチケット買って16000チャット(約1400円)
  
  
エアコンがガンガンにきき過ぎなので上着着て、ストール被って靴下はいてちょうどいい。
  
 
そして予定より遅れるのかと思いきや、予定より少し早く到着。
  
  
まだ早朝。
  
  
ここから宿までは歩く…
  
  
  
にはやや遠い。ミャンマーはバスターミナルが街中にないのか。不便だ。
  
  
なのでタクシーで移動。ここでやっぱり料金で揉める。
  
  
ありがちなパターン。
  
  
人数集めてシェアなのにちっとも安くならない。距離を考えても大した金額じゃないはずなのに。
 
 
集まってくるドライバーみんなグルやから誰に聞いても安くならんし、無視すれば「じゃあ歩けば」って。歩けないの分かってるから。
  
  
これが一番腹立つ!
  
  
上から言いやがってぇっ!
  
  
普通に会話してくれればこっちだってじゃあいっかってなるのに、言い方腹立つから余計払いたくなくなるわ。
  
 
わたしより他の欧米人バックパッカーの方がイラっとしながら交渉してたけど、結局6人集めたのになんかあんま安くならず。
  
 
いくら払ったっけ?
  
1人2000チャットくらいやった気が。
ムカついて忘れたわ💢
  
 
バガンは大きく分けて3つのエリアに分かれます。
  
安宿の多いニャウンウー、パゴダが集まるオールドバガン、そしてニューバガン。
  
 
オールドバガンには宿はあんまりなくて、泊まるとしたらニャウンウーかニューバガンかな。
  
  
もちろんわたしはニャウンウー!
  
  
その中では多分一番いいホテルに泊まってしまいました^ ^
  
 
朝早いのでチェックインはできず、荷物を預けてまずは朝ごはん!
  
  
ここバガンでなんと…
  
  


4年振りの旅友と再会!


  
  なつかしいいぃっ!
  
 
アルゼンチン以来です。
一緒に 朝ごはん食べたあと、旅友は少し体調崩してるとのことで、宿に戻り(宿は別~)わたしもホテルに一旦戻ってロビーで休憩。
  
  
バガンは観光スポットが点在してるので、徒歩で回るのは難しい。
  
明日は朝日と夕日を見るためバイクを1日レンタルするとして、今日は宿周りの徒歩観光に決定。
  
  
地図を片手に灼熱の大地をブラブラ~
  

 

  

 
なんかのイベントでしょうか?派手な一団が通って行きました。仔象が可愛い~😍
  
 
でも親象は全然可愛くないものっそい巨大なう◯こを落として行きました…
  
 
よし、とりあえず歩いて20分くらいのとるあったパゴダ行こ。
 

 

  

  
 
暑い~…なんかのどか~
 
パゴダへの参道にはお土産物屋さん。よくあるパターン。
 

  
ようし、パゴダ到着~
  

 

 
 
 
ああぁ…修復中…
  
  
直し終わればもちろん全部金ピカ。
  
 
ランチもパゴダ近くの食堂で。
 

  
 
シャンヌードル。
 
ミャンマー北部シャン州で定番のメニュー(なのだろう、多分)
  
混ぜて食べまーす。
 

  
  
うう、辛い…
  
麺はもちもちで美味しいのに。
  
 
ミャンマー人はこれは辛くないよ~って言うのに辛い。ミャンマー人の「辛くない」は信用しないことにする。
  
ブラブラしてるうちにチェックイン時間。
  
フロントに行くと、お兄さんが
  
「ドミトリーはオーバーブッキングでベッドが足りないのでスーペリアツインにどうぞ」
  

  
  
ですってよ!ひゃっほーいっ!
  
 
この宿はホステルだとかゲストハウスとかじゃなくホテル!なのだ。
 
もともと予約してたドミトリーもツインルーム繋げただけ、みたいないいお部屋なわけです。
 
 
スーペリアツイン!
もうただの高級ホテル!
  
 
うれしさの余り、広くて綺麗なシャワー浴びて、広いベッドに飛び込み、 
  
  
パンツ1丁で昼寝。
  
 
夕方近くにモソモソ起きて、服を着ようとした時…
  
 
ドアがいきなり開く。
  
  
びっくりしてドアの方見たら女子バックパッカーとホテルのボーイさん。
  
 
ああ、この部屋もドミトリー扱いか。
この台湾人女子と部屋をシェアするのね。
 
 
勝手にわたしが1人やと勘違いしただけ。
それはいいんだけど、まあ確かにドミトリーやとノックとか普通しないけどさ…
  
 
危ねえ!1分前までパンイチやったわ!
  
 
ギリギリセーフ。
 
  
下はパンツでしたが。
  
 
油断大敵。
 
 
夜はまた旅友とご飯して、先にミャンマー回ってた旅友に色々情報を教えてもらう。
 
 
誰かと一緒のご飯は楽しいな~^ ^
  
 
 
帰り道、翌日のバイクレンタルの予約をした。
 
 
朝5時にホテルまで持ってきてくれるって。
  
バガンでは自転車かe-bikeという電動バイクのレンタルが普通。
  
砂道が多いから自転車は体力的に無理と判断してebikeにしました^ ^
  
レンタル料は夜明け前から夕陽のあとまでの1日で7000チャット(約590円)。2人乗りして割り勘できたら安上がり。
  
 
まあわたしは1人ですけどね。
  
いや、誰か乗せるのとか怖いわ。
  
 
よし、もう今日はサッサと寝よう!明日は4:30起き!
 
 
宿情報
 
「ROYAL BAGAN HOTEL」
agodaで予約してドミトリー、$14/1泊
豪華バイキングの朝食付き
プールだってあります。
お湯シャワーはもちろん、Wi-Fiも部屋で入ります?でもロビーの方が速度いいかも?
 
当日飛び込みの宿泊はネットでやれと断られてたので予約した方がいい。$10前後の安宿もまわりにはあります。
が、わたしはこの高級ホテルを選んでしまった…
 

 

  
  
 
  
 
  
  
  
  
  
11:01  |  ミャンマー  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
PREV  | HOME |  NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。